2005年11月17日

視察報告 岐阜県恵那市 社会福祉法人恵那たんぽぽ その2(「育ち」へのこだわり)

テーマ:ビジネス・経営

前回のエントリー では社会福祉法人恵那たんぽぽの経営感覚に焦点を当ててご報告しました。

今回は、別の側面からの報告です。この、恵那たんぽぽは経営的にも成功しているのですが、もうひとつ、徹底的な個人個人の「育ち」へのこだわりにも特徴があります。

 

『恵那たんぽぽ作業所18年目の実践』の冒頭、「たんぽぽのめざすもの」には、

 

・たんぽぽの全員に対し、一人一人の個別支援活動に合わせ支援し、すみよい環境づくりに努力する

・授産の近代化とビジネス感覚をもって、利用者に少しでも多くの工賃を支払う努力をする

・健康に対して、最大の努力と配慮をする

・地域で受け入れられるために、多くの経験によって社会性を身につける支援をする

とあります。そのために、「トラブルがあるから成長する」という思想の下、独特の体制がとられています。

入所者の居宅には、外からかける鍵がありません。普通の家と同じで中からの鍵のみがあるのです。

問題発生とその解決により、次のステップへ進んでいくという考えだからこそできる体制です。

もっとも、そのために脱出する入所者があると職員の皆さんが大変苦労されたようです。青森まで迎えに行ったこともある、とのこと。

また、中央西線沿線などはほとんどといえるほどあちこちに入所者を探しに行ったという話もあります。

一部の施設はトラブルを未然に防ぐために鍵をかけるなどの規制をしますが、たんぽぽではトラブルは育ちの大切なツールという考えがあるからこそ、規制をほとんどしていないというわけです。(さらには出て行けるということは、なぜ出て行ったのかを考えるきっかけにもなるわけです)

 

前述のように当初はトラブルが続出しました。このような場合、また、罰を与えたり、叱り付ける施設もあるといいますが、それを一つ一つ、本人と話し合ったそうです。「こんなことをすると心配するし、指導員さんが困るでしょ」などと話し合いを進める中で、入所者が次第に理解し、納得する、というプロセスをたどった結果、今ではほとんどトラブルがないとのことです。

心配してくれる、わかってくれた、などというやり取りが人の成長をもたらすのであって、センサーや鍵では成長は得られないという考えです。手間隙はかかります。しかし、育ちには必要な手間隙だと理事長さんは言います。これまで隔離されてきた人々ではありますが、話をすればわかるのです、と。

この大変なプロセスは多くの施設の逆を行くものです。なにしろ大変ですから。しかし、それこそが納得の末にある、自分で選択する生活です。

本当に、大変な方大変な方を選んでいるのがこの施設です。ただ、前回の報告でもチラッと書きましたが、「成長しなければ意味がない」という考えの下、皆が着々と成長している、と理事長さんは熱く語ります。

もう一つ、この施設では意図的に完全バリアフリーを避けています。

「バリアフリーで数年生活したら、人間の感覚はだめになるよ」とは理事長さんの弁。参考になります。

また、前回も書きましたが、少しでも多くの賃金を支払う努力は、お金の使い方を教える努力へとつながっています。

 

地元のある方はしみじみとおっしゃっていました。

 

「あのようなしっかりした経営の作業所はなかなかないと思う。あそこで働いている人は幸せだ」

 

当初55人だった入所者・通所者は230人になりました。売り上げもグループで3億を越えたとのこと。

基本的に県内の希望者のほとんどを受け止めてきた結果だといいます(基本的に県外からは受け入れていない)。

また、不景気でも給与は下げていません。育てるには働いたなりの給料をしっかり支払う、という信念があるからです。それにより、高いモチベーションが維持されてきたのではないでしょうか。手間隙といえば、もう一つ印象的だったのは、差益の内部化へのこだわりです。なるべく自分で仕入れて差益はすべて取り込むというのがこの法人の方針です。

 

職員は交代で早朝から市場に仕入れに行きます。米も米屋ではなく農協から買います。これだけでも月に数十万円も浮いているといいます。

 

また、経済的な自立のベースを作るために、施設の給食も福祉工場で自ら受託(月350万円)しました。これにより、売り上げの安定がもたらされ、施設運営の足腰を強くしているといいます。

 

「今、菌床しいたけが最盛期なんです。3トンのしいたけを職員が自ら市場に持ち込みます」その口ぶりはまさに繁盛店の経営者そのもの。

(このしいたけ、買ってきてすき焼きに入れたら、本当にぷりぷりで、最高でした。)

 

 

最後に福祉施設のイベントについて、アドバイスをいただきました。

「会の結成時から、イベントではしっかりとお金を残すこと心がけてきました。お客さんにもおいしいものでおなかを満たし、しかもお金は置いていっていただく。もちろん安い金額ではありますが。そこで作ったお金が法人のビジネスの原資となるのです。展示中心では一回は来ても次が続きません

理事長さんのビジネス感覚と施設長さんをはじめとする福祉職員の皆さんの高い志は、絡み合いながらこの法人を成長させているようです。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

takeyanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

18 ■音次郎さまコメントありがとうございます

ここのパンはとにかくうまいです。
純粋にパン屋として推薦できます。
ちなみに、私の中では都内で一番のパン屋は四谷の浅野屋です。軽井沢店はさらに旨いです。
それにしても、あの理事長はビジネスマンとして尊敬できる人物です。

17 ■圧倒されました。

2部作を何度も読み返し、感銘を受けました。陳腐な感想は書きませんが、よいものを読ませていただき、ありがとうございました。

takeyanさんてパン好きだったんですね。
私も目がないんですよ。

16 ■なにわのおっさんさまコメントありがとうございます

ちなみに、この法人の強さはしたたかさにあります。
補助金という施設特有の飛び道具を背景に、設備投資に注力し、地方の一パン屋ではできないような規模とセンスのカフェレストランを作っているわけですから。

15 ■ビジネスとして成立。

「社会ときちんと関わって生きている」という事が、成り立っているという事が素晴らしいことです。
しかも、きちんと「ビジネスとして成立」している事が、凄いことだと思います。
「生きているだけ」というか「生かされているだけ」というのは、不自然なことです。「人間として生きること」が、本当の福祉だと感じます。

14 ■ウーツー(CDレビューア)さまコメントありがとうございます

短期的な効率化が表に出ている気がします。
長期の視点に立てば、人は大切にするのが効率的なのですが。

13 ■悪代官さまコメントありがとうございます

この視察をどう生かすか、方向を探っています。なかなかまねのできない話が多いものですから。
ただ、とりあえず、見てきたことを的確に伝えようとがんばってみました。

12 ■¢нIнiЯоさまコメントありがとうございます

人の能力を最大限に引き出すのは経営者の大切な役割です。
あらためて、それは私企業でも公益法人でも同じなんだ、と感じました。

11 ■センサーや鍵では成長は得られない

「心配してくれる、わかってくれた、などというやり取りが人の成長をもたらすのであって、センサーや鍵では成長は得られないという考え」が大切と僕も思います。ただ、効率化の世の中で、そうゆうプロセスが尊重されてないような気が..

10 ■人間教育の原点

毎度です。
一人間として向き合い、尊厳を守る。血の通った活動をされていると。とても参考になりました。
今後益々、発展していくでしょう。

9 ■この会社の方針

は日本の風土にあった物だと思います。社の為に貢献して欲しかったらやはり働く人の待遇を考えなければいけません。派遣、フリーター、契約社員の増加は労働者の労働意欲を削ぐだけです。私も自分が起業する時、この点を念頭に置いて起業しようと考えています。

8 ■レブロンさまコメントありがとうございます

障害者の育ちの観点から見ればそうですよね。高齢者福祉にも、子育てにも言えることだと思います。

7 ■valveさまコメントありがとうございます

ビジネスの社会を離れて、福祉の現場を見るようになり、違和感を感じるケースもあったのですが、結局、長続きするしっかりした組織は同じようなしっかりした理念と情熱、実行力が支えているのだと最近は納得しています。
行政組織もそうなんでしょうね。

6 ■どんぐりんさまコメントありがとうございます

手間を惜しまず旅をさせて、その結果、確実に成長しているというのがすばらしいと感じました。
理事長さんは「結局、子を思う親の心なんです」とさらりと言われました。格好良かったですよ。

5 ■経営者のモラルの高さ

でまったく組織の形態が変わるという見本ですね。 こういう経営だと世界では勝てないとかいう理由で とことんコストを削って無駄を取る経営が流行してるのは残念なことです。

4 ■ハッとさせられました

「バリアフリーで数年生活したら、人間の感覚はだめになるよ」

この言葉は…ちょっと違う角度から見れば、でも当然そうですよね。一面的にしか見ていなかった自分が恥ずかしいです。

3 ■感動です。

この世の中で、一緒に生きていこうとする姿勢、すごいですね。「バリアフリー」もつけたから文句ないんでしょ!みたいな感じより、特別扱いはしない愛情、かわいい子には旅をさせるっていう感じがします。

2 ■みかんさまコメントありがとうございます

実は福祉施設の実態は外からはなかなか見えません。視察では何も見えないと行っても過言ではないと思っています。
しかし、この「たんぽぽ」の話を聞いていると、普通の人々と同じスタート地点を目指して稀有な努力を当たり前のようにしておられる、と感じさせられました。素直に感動しました。

1 ■個人的に

ボランティア活動に携わる者として、また福祉系への就職を目指すものとして、今回のエントリーは興味深く拝見させていただきました。
入所者の方々と向き合って『本音』で話をして理解してもらおうとする職員さんの姿勢には、読んでいて考えさせられるものがありました。自分はそういう風に相手の方と向き合えているのか?と自問自答すると、失敗した、お互いに分かり合えなかったことばかり思い浮かびます。ボランティア活動を行う時間はあとわずかですが、少しでも相手の方に活動を喜んで、楽しんでもらえるように努力したいと思います。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース