電話相談などに対応。病気や様々な困りごとがある。全てに何かできるわけではないが、私にできることはさせてもらっている。聞いていて私も同じように辛くなる場合もある。今日は大変お世話になった方が入院したと言って電話をかけてこられたが、その話を聞くだけで悲しくなる。とはいえ私が落ち込んでいたら駄目だ。しっかりしないといけない。克己である。

参院選の公示日。兵庫県選挙区は12人もの候補者が乱立する混戦。公営掲示板も追加で必要となるなど驚くような数。17日間の選挙戦の戦いの幕が切って落とされた。

その後、安田の姫路市役所。市議会市民クラブ控室でT市議からJR山陽本線の棚田踏切アンダーパス事業(組員施行)について説明を受ける。知人から少し細かいところまで尋ねられたので教えてもらう。

その後、市議の皆さんやU議会事務局長らと懇談。

その後、事務所に戻り、播但線で京口。国府寺町のこまき。店主や中学校同級生のYくん夫妻と懇談。

その後、下寺町の姫路商工会議所。姫路青年会議所の創立記念例会があり、シニア会員として出席。

秋本理事長、米谷シニア会長、清元姫路市長、法田県中播磨県民センター長らの挨拶ののち、清水直前理事長による乾杯の発声があり懇談となりました。







その後、余興として玄心会・書人会さんの監修による書道パフォーマンスがありました。




立派な書が完成しました!

最後は糴川先輩による万歳三唱でお開きとなりました。

例年ゆかたまつりの日にこの記念式典が行われていますが、残念ながらゆかたまつりは中止でした。来年は開催できるようにコロナには落ち着いてほしいですね。子どもの頃からのルーティンでゆかたまつりに行かないとどうも落ち着かないんですよね。

その後、最近ご無沙汰している面々と懇談。Kさんからは色々家族の病気のことも聞かせてもらう。皆通る道かもしれない。しかし、大変だ。普通に見ているとそんな背景があるのかとか絶対にわからない。何か困ってないですか?そんな姿勢で接しないと自分の話ばかりしていては駄目だ。

昼食抜き。

当日記にUPすることを失念していたので少し前の記事だが、衆議院の新たな区割りが公表されたことについて毎日新聞の記事が興味深い。山口県、和歌山県のほか、野党も関係してくる東北地方の話などもあり網羅的である。


区割り審議会の内容はほとんど漏れていなかったこともあり、公表で初めて知られた内容も多く、審議会メンバーである大学教授らに反発する声も出ている。逆に区割りを政治家そのものに委ねないほうがよいと改めて感じさせる。

 

 

生憎の雨模様。梅雨らしい天候の姫路。事務所を基点に諸活動。電話対応など。昼食抜き。


夕刻、Kさんと旧友Mくんを交えて懇談。Kさんはいつぞや私の街頭演説の場所に突然訪問して話をしてくれた。少し話すと、姫路のこと、世の中のことを考えていることがよくわかった。そして世の中を少しでも良くするために行動で示してくれた。何より初めてのことで感動した。Kさんは高校時代から当日記をたまに見てくれていたというが、色々話しているとかなり近い人間関係にあることもわかった。私も負けずに頑張らないといけない。改めてそう思う。

参院選のため朝の街頭演説を自粛。二階町のはまもとコーヒー。常連の皆さんと四方山話。県議会の話や参院選挙の話など。


5・6月限定の春尽ブレンド(コロンビアベース)

その後、NPO法人コムサロン21事務局。M理事長と懇談。その後、事務所。

 

その後、神戸の県庁。控室で会派のK政調会長と話す。その後、政務活動費の事務処理など。

 

その後、神戸駅近くのHクラウンパレス神戸。連合兵庫主催の参院選決起集会。

兵庫選挙区に出馬予定の元県議 相崎佐和子さんの決意表明。初めて話すという政治の世界を目指した理由をはじめ何を目指すのかをわかりやすくかつ力強く説明。県の元広報専門員であり、ケーブルテレビアナウンサーの経歴がなせるわざだろう。3年間同じ会派に所属していたが、とにかく真面目で熱心な議員だった。




最後は団結ガンバロー!!

 

終了後、三宮。議会関係者と夕食懇談。急な話だったが、様々なことについて忌憚のない意見交換ができたのではないかと思う。


昼食抜き。

 

砥堀小学校。スポーツクラブ21主催のソフトボール大会へ。コロナ禍で3年振りの開催。私もPTA・子ども会連合チームで参加。

 


先攻後攻を決めるじゃんけん

先発はスポーツクラブ21の駒田理事長

1番ピッチャーで出場!

ヒット!一ヶ月に1回程度バッティングセンターに行ってはいますが関係はないですね(笑)。


守備はピッチャー。途中、なかなかストライクが入らずに焦りました。暑さや日頃の運動不足により3回でいっぱいいっぱい。ヒットも一本打てたのでお役御免となりました。

 

チームには助っ人として始球式を務めて頂いた服部小学校長はじめ、筋骨隆々の森崎先生、明石商業野球部OBという菅原先生という超強力な助っ人に入ってもらっていい勝負ができました。


服部校長先生。ヒット。

森崎先生。ヒット。

菅原先生。

速球を見事にホームラン!


お見事でした!!

男性だけでなく、女性役員も打席に立ち、子どもも飛び入り参加


一試合目のスコア。いい勝負になりました。このあともう一試合行いました。

最後の駒田理事長のご挨拶


最後にガリガリ君を食べて終了です。

スポーツクラブ21の皆さんや審判を務めてくれたパパさんソフト仁豊野チームの皆さんたちのおかげで最後までみんなで楽しくプレーできました。怪我や熱中症になる人もいなかったです。ありがとうございました!


球技といえばこんなニュースも



昼食は自宅でそうめん、揖保乃糸。
友人Kさん宅のじゃがいも掘りにお声がけいただき参加。

私も備中鍬(びっちゅうぐわ)を借りて参戦!一般的な黄色のほか、赤色、紫色の3種のじゃがいもがありますね。

掘りもれがないようにしないとですね。


そして、じゃがいも



凄い量のにんにくがとれました!

網干メロンの苗もありました。播磨らしい風景です。



終わったあと穫ったばかりのじゃがいもを蒸してもらってじゃがバター!!揚げてもらってポテトチップス!!美味しかったです!楽しい体験ができました。ありがとうございました!

その後、山野井町の姫路文学館で「播磨の黒田武士顕彰会」の定期総会、講演会がありました。総会では活動報告や決算予算の承認が行われました。




そして作家・郷土史研究家の三浦 明彦さんの「黒田官兵衛と九州の関ヶ原(九州と播磨武士)」と題した講演です(県中播磨県民センター助成事業)。



関ヶ原の戦いの裏で官兵衛が九州平定に動いた話は知られています。しかし、それに先立ち、官兵衛が幽閉された有岡城の戦いで官兵衛の子 長政を救った竹中半兵衛に対して、関ヶ原の戦いでは、長政が竹中半兵衛の子 重門を東軍に招き入れ、竹中家の繁栄に恩返しをしたとの話は知らなかったので驚きました。

息子の命を救った竹中半兵衛



また講演後の質疑応答も活発に行われました。姫路在住の竹中半兵衛の子孫の方の豊臣秀吉の晩年の変節についての質問や回答は特に興味深かったです。

歴史の話は昔から好きなんで楽しい一時でした。ありがとうございました。




播磨の黒田武士顕彰会


その後、五軒邸。NPO法人ひょうご里山の会合。鳥の写真をSNSでアップなどしていたことやひょんなことから今年度から顧問を頼まれている。そば打ち体験という催しも。自然を守る、里山を守る、大切なこと。


昨日、紹介状のない大規模病院の受診にかかる患者負担(選定医療費)の増額について病院局から説明を受けていたが、UPを失念していた。現行では個人負担は5千円となっているが、今回の国の改定では、医療保険側の負担を減らして個人の定額負担を7千円とする内容(詳しくは下記資料参照)。かかりつけ医を通さず、いきなり大病院を受診して医療資源の効率的な運用を妨げることがないようにとの国の考え方。今回の改定では、保険者の負担も減らし、個人の責任の度合いをあげようとするもの。これまで同様に紹介状があれば選定医療費の負担はない。



紹介状の無しの受診比率は県立病院では、こども病院が0.5%と最も低く、あとの病院は約5〜15%程度だそうだ。

県東部方面へ出張。その後、姫路へ戻る。事務所。作業。その後、友人の声掛けで和菓子経営、大手企業従業員、歯科技工士の方らと意見交換。少しずつウイズコロナ社会に適応できるように戻してきている。何かの集まりや会合等にも出席するのでお声がけいただきたい。その後の会合では私へのアドバイスも。人との距離のとり方、SNSでの幅広い表現方法などについて。意識しておきたい。

昼食抜き。

神戸の県庁。控室に県各部局の幹部が挨拶に来られる。議会は今日から新しい常任委員のもとで始動する。


その後、健康福祉常任委員会。まず病院局。正副委員長の挨拶のあと、委員の自己紹介。そして、当局の挨拶、幹部職員の紹介。今年度の重要施策並びに事務概要について総務課長から説明を受ける。このやりとりを、保健医療部、福祉部の3部局でそれぞれ行う。


その後に、閉会中の調査として、 ⑴ 地域福祉施策の推進について ⑵ 社会福祉法人の適正運営の確保について ⑶ 国民健康保険事業等の推進についてについて説明を受け、質疑応答。


私からは(1)民生委員の定員充足率が低下傾向にあるなかで今秋一斉改選を迎えることについて。独居老人なども増加傾向にある中、民生委員の成り手不足に対応するため、県の民生委員アンケート結果の意見を踏まえることや、待遇を向上させることも必要ではないかという観点で質問。民生委員法では、民生委員には社会奉仕の精神をもって常に住民の立場にたって相談に応じ、必要な援助を行い、社会福祉の増進に努めるものという規定がある。県のアンケートによると対象者の安否確認など一ヶ月の活動日数は13日にも及ぶ。一方で、同法では、民生委員には給与を支給しないと規定され、交通費程度の費用弁償だけが支給される。非常に高邁なボランティア精神が求められている。2005年の全国調査では姫路市の民生委員の法定充足率は100%だったが、残念ながらその維持はできていない。西宮市では直近では90%台となっている。災害時の要援護者の避難対応など新たな業務もある。大変な仕事だ。後継者を見つけられないと辞められないという切実な声も聞いた。今秋の改選を前にさらに行政として支援しなければならない。


(2)社会福祉法人の監査、特別監査などの活用と監査基準の県下での統一的運用について質問。


(3)国民健康保険の保険証の氏名へのフリガナ記載の推進(読みにくい名前の人が増えており、保険証を返却するときに読めない名前があり、間違ったため母親から強い抗議を受けた小児科現場の声あり)について質問。私が本会議で取り上げた2016年段階ではフリガナ記載は8市だけであったが、2021年12月1日現在のデータで23市町でフリガナ記載が行われるようになったとの答弁。


保険者が県になったことで、都道府県繰入金(2号分)の配分について、フリガナ記載の有無を算定のインセンティブ項目に加えたことで増えたのではないかという。戸籍へのフリガナ記載も検討される時代。健康保険証が使われる医療現場での本人確認はとっくに厳格化されているし、協会けんぽや健保組合の健康保険証ではフリガナ記載などとっくの昔に行われている。保険証のあり方はこれから変わるかもしれない。しかし、フリガナを記載するシステム変更にそこまでの大きな負担はないはず。やはり早期対応が必要だ。


思えば、M健康福祉部次長が国民健康保険課長時代に質問した事項。忘れずにきちんと対応して下さっていた。感謝したい。


健康福祉常任委員会資料(198頁あります)

https://web.pref.hyogo.lg.jp/gikai/iinkai/index/joniniinkai/kenko/documents/shiryou2kenkour040616.pdf


委員会散会後、控室で来客対応など。


 衆議院選挙区確定審議会から選挙区の新たな区割りについて政府に勧告がある。知り合いの新聞記者から電話あり。



細田衆議院議長はこのアダムズ方式による10増10減を何とか阻止したがっていた。そうした発言を議長就任後も行って問題視された。最終的に国会で法改正が必要になるが、政府は勧告をそのまま法案にして提出するだろう。政府が任命した審議会、選挙には中立の第三者機関のような立場で出されたものをいくら国権の最高機関であっても国会側が多数で修正するのは難しいだろう。定数減の対象が山口県や和歌山県。大物議員がいる県であるが、そんな当事者も逆に動けないのではないか。一票の格差の拡大を棚に上げて批判する意見もある。一票の格差の拡大は地方の人口流失を止められない国会の問題でもある。選挙制度は専門家に任せたほうが中立で良い。


昼食は薫庵でもりそば。玉子トッピング。
事務所。来客対応など。事務作業も。小学校のオープンスクール(学校参観)はRが対応。

その後、陳情のあった方に進捗などを報告。今日は、短期間では対応が難しい、できないという報告もしなければならなかった。

その後、昨日に引き続き学校の通学路の安全確認。やはり、保護者の方の言われるように道路の道幅が狭い箇所があり、歩道もなく、大型バスと児童の間の接触の可能性は否定できないと判断。当該の校長と面談。バスの運行について細心の安全対策、最徐行区間を導入するなどの対策ができないかなどについて相談。

その後、訪問した個人宅で話のあと、仏間の額に目がいく。亡くなられたお父さんのものという。許可を得て撮影させてもらう。

坂井時忠兵庫県知事の額。達筆だ。

どなたの書かわからなかったので尋ねると、清瀬老人とあるのは、清瀬一郎衆議院議長(旧兵庫4区選出)という。

昔の政治家は書を求められることが結構あった。
私の事務所に掲げている奥田敬和先生の額

残念ながら、いま、書を求められるような、学や素養のある政治家が減ってきている。時代の流れもあるのだろうが、優秀な人が集まる世界になっていない。その逆ではないかとさえ感じることがある。残念だ。

夕刻、皮膚科診療所へ。先月初めに出た湿疹が市販の薬を塗っているが、なかなか治らない。さすがに専門家に診てもらう必要があると診察を受ける。薬疹の可能性も聞かれたが時期の関係からそれはない。他にも漆か植物の可能性のある湿疹も出ている。元々肌が弱いのかもしれないと言われる。軟膏を出してもらう。

その後、市議会関係者、中小企業関係者、商店街関係者と夕食懇談。市議会の話や一般人からみた政治家の感覚のずれなどを店主も交えて聞く。ふむふむ。

昼食のタイミングを逸したので抜く。

 表題のキャッチャーなニュースがテレビ各局のニュースで報道されていた。内閣府の男女共同参画白書に記されている調査結果らしい。

 

 

 

 白書のデータ

 

時代は変化している。結婚や家族に対する考え方も変わってきている。少子化とか晩婚化というのはこうした結果に過ぎないということなのか。打てる対策も限られるということになる。

 

今日、気象庁から梅雨入りが発表された。姫路も午後から雨が降ってきた。船場は国道2号線沿いの珈琲専門店 MUC 姫路琴岡店。久々に店主と少し話す。


ストロングを注文

 

その後、先日話があった通学路の安全確認。実際の状況を少し時間をかけて確認。雨模様でもあり、今日一回見ただけでは結論は出せない。


昼食は花田町の播磨松匠でそば御膳。昆布巻きなどのおかずと、ちりめん山椒ご飯がセットになっている。

昨日は香寺産のそばだったが、今日は福崎町産だった。
竹のお箸を気に入ったので購入。お箸は好きなアイテムかも。
玉手グランド。荒川校区老人クラブ連合会主催のグランドゴルフ大会。
 

池田連合会会長のご挨拶
 
服部連合自治会長
 
不肖 私
 
竹尾姫路市議
 
選手宣誓
 
ラジオ体操
 
プレー開始!
 
その後、近隣の旧知のSさん宅で久々に少しゆっくり話す。その後、夢前町へ。行政書士のKさんとNPO関係の諸手続き、行政書士会のことで意見交換など。友人宅なども訪問。
 
その後も夢前町の夢やかたに行くなど。新緑の雰囲気が素晴らしい。
 
その後、事務所。週末から何人かの方から連絡がある。大阪からも連絡があったので驚く。その後、外出。団体のHさんと意見交換など。
 
夕飯は昨日に引き続き私が担当。
 
昼食は香寺町恒屋にある大寿庵でそば。赤花という品種の十割そば。つゆには最初から辛味大根が入っているので苦手な方は要相談。
 
古民家の雰囲気も相まって人気店である。先日も来たが、12時30分というのに売り切れだった。
 
移転前の上大野時代から知っているので食後店主のNさんと話す。遠方からくる人もいるようで、埼玉県から来たという人も。売り切れの場合もあるので遠方からの場合は特に電話してほしいと言われていた。確かにそう思う。