6日の54レことフクツー便には先日もお話ししました押桃ことEF210形式電気機関車の300番台は通称:押桃が充当されました。本来ならばこの編成にはEF66形式が充当されるのですが、今や飛ぶ鳥を落とすがごとく!?の押桃の代走が東海道を朝日に向かって駆け上って行きました。

 

 いやー、吹田カマゆえの代走ハプニング!?が、その傍らではやはり往年のカマたちの衰退も気になるところですね。押桃に関しましては最近、320号機がロールアウト。先月初めには出場早々の319号機も東海道を行き来しています。たまたま6日は3075レのロクヨンは原色機である1034号機が充当されましたがEF65は広島色の2127号機も然り、いつまで頑張れるのかも気になるところです。そんなカマたちから。

 

         ※4枚目はさめたろうさん、5~7枚目はまっつんさん撮影です。