酒井タタミ店二代目 長崎県 島原市 南島原市 雲仙市 島原半島 違いがわかる畳屋さんの畳職人日記

酒井タタミ店二代目 長崎県 島原市 南島原市 雲仙市 島原半島 違いがわかる畳屋さんの畳職人日記

長崎県 島原市 南島原市 雲仙市 島原半島の「違いがわかる畳屋さん」酒井タタミ店二代目のお仕事や畳の情報、い草で作る「ほたるかご」などについて書いてます。

長崎 島原市 「違いがわかる畳屋さん」酒井タタミ店二代目のお仕事や畳の情報、い草で作る「ほたるかご」などを書いてます。


テーマ:
幼なじみからの一本の電話。




お仕事で訪れたお宅のお客様が、幼なじみが使用している畳スマートフォンケースをご覧になられて…




畳で子育てをしたいから…ということで幼なじみから私の方に相談の電話が。




当店でもオススメしている畳で子育て。




これまでも当店にはたくさんのお客様がそのようなご相談をいただき、子育てに畳を使用していただき喜んでいただいております。




また、私も参加しているNPO法人たたみネット21でも、「子供に畳はよかげなばい!」という講演会を二度開催しています。









私自身も息子達は畳の上で成長してきた過程を体験していますので自信を持ってオススメしています。




今回ご相談されたお客様は熊本県のお客様で、子育てのために国産の畳が欲しいとの事。




島原からは熊本はフェリーを使えばすぐの場所ですが、こちらからおうかがいするとなると経費等もかかりますし…幼なじみのほうには熊本県の信用できる畳屋さんを紹介することも出来るという選択肢もあることを伝えたところ、お客様から、信用できる方なら地元の方を紹介してもらっても良いとの事で、熊本県の信頼出来る畳屋さんにご相談させていただきました。




「畳で子育てをしたい…」




このように子育てにも畳は適している事を理解していただける方が増えていただけたらなぁ〜。




畳で子育てのご相談、お待ちしております。






テーマ:
久しぶりのブログになります(;^_^A




今年もたくさんのご注文をいただき、10月には11月末までいっぱいになる程で、今月に入る頃には年内いっぱいで来年お仕事させてもらえるようにお願いしないといけないほどで本当に感謝感謝です。




そんな中、秋口にはご相談いただいていたお寺さんの紋縁を使うお仕事が年末に納品となり、なんとか今日納品させていただきました。




こちらが紋縁を使ったお部屋。









こちらは無地の畳縁のお部屋








紋縁のお仕事は丸い紋を隣の畳と合わせないといけないのですが、それが凄く手間がかかるんです。








このような反物になっている物を裁断して畳縁として使います。








一枚の畳でも両端は紋が欠けないようにしないといけませんし、そうするためには採寸したお部屋の寸法や紋縁の数などの関係で寸法を割り直したり、隣り合う畳や出合う畳と紋が合うように工夫をしないといけないため、通常の畳製作の数倍もの手間がかかります。




しかも今回は他のお仕事もぎっしりの年末…




なんとかしてやるためには、お客様宅の畳替えのお仕事の後や雨でお客様宅のお仕事が出来ない時、それと夜…。




なんとか納品が間に合いましたが、現場のお寺さんは野母崎町で片道二時間ちょっとかかるため、もしも寸法を勘違いしてたりしたら…という心配もあり、ドキドキしながらの納品となりました(;^_^A




なんとか間違いもなく納品出来てホッとしました(^^;





こういうお仕事はそうそうあるものではないので緊張するお仕事ですが、毎回勉強になります。





今年もあと少しですが、明日1件、来週4件のお仕事でラストとなりますが、一番気になるのがお天気です。




とにかく雨が降らないことを願うばかりです(;^_^A






テーマ:
今日はものづくりマイスターのお仕事で長崎市立山里中学校へ。







今回は体験教室を受ける一年生全員の前で講話をするお役目まで…💦










畳製作を選んでくれた35名の子供達に、ミニ畳作りを通じて、ものづくりの面白さや楽しさを伝えます。




終了後の質疑応答では色々な質問を受け、生徒達が興味を持ってくれたことが伝わるような質問もたくさんありました。





次のものづくりマイスターのお仕事は年が明けてからになります。




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス