小澤征爾さんがお亡くなりになりました。


僕の音楽武者修行の本も読みましたし、沢山のCDを買い漁った時期がありますし何度聴いたか知れません。サイトウキネンオーケストラの熱い演奏にワクワクしました。


ウィーンフィルと来日した時にはサントリーホールに聴きに行き、その時のウィーンフィルの弦の美しさが今でも耳に残っています。


なによりも私が高校時代、小澤征爾さんのドキュメンタリー番組「OZAWA」を授業で見てその最後に演奏されていた曲に猛烈に感動し、それがマーラーの「復活」の最終部であることを知り、その日の帰りにCDを買って帰った思い出があります。私のマーラー体験のきっかけは小澤征爾さんです。最初の感動はいつまでも残るものです。

浦上天守堂で行ったマーラー復活の演奏会の美しい映像と演奏も擦り切れるほど見ました。


的確な棒捌きと妥協を許さない音楽に対する姿勢は日本人として誇りです。


心からご冥福をお祈りいたします。


本当にありがとうございました。