2019年2月19日〜23日まで野沢温泉村にて、通称インカレこと第92回全日本学生スキー選手権大会が開催されました。

1年間で一番大切な大会が全日本学生スキー選手権大会です。野球でいう甲子園!大学だけど笑

 

その舞台で、フィジカルコーチとしてサポートしている立教大学体育会スキー部女子チームが悲願の

1部昇格決めましたえーんえーんえーん

創部初の1部昇格アップアップ


 

熱戦が終わり、色々と考えていたら数日が過ぎていました。

その時、考えていたことを少し記事にしますニコニコ

 

昨年は女子2部総合11位という成績で終え、今年は「優勝、1部昇格」を目標に掲げ監督、選手、チームスタッフで1年間過ごしてきました筋肉

 

思えば3年前の春からフィジカルコーチとして携わらせて頂き、その当時から監督と前任のコーチ、そして今の4年生は1部昇格を見据えていましたびっくり

 

 

私も強い思いを持ち、フィジカルコーチとして自分が出来る全てのことを注力しました。

そして選手や監督、チームスタッフ、雪上のスキルコーチも力を注ぎました。

 

結果は2位。1部昇格!!

目標である、優勝には届かず。

4年生にとっては(このチームにとっては)最初で最後の挑戦。

 

何かが足りなかったのかもしれません。

勿論、私も同様で何かが足りませんでした。

もっと出来たはずの準備。試合までの心身面での準備がその何かです。

来年は目標を達成できるように、トレーナーとして最高の準備をしていきます。

 

足りなかったものは、大学を卒業する4年生は社会人になって、他のメンバーは引き続きこのチームで来年に向け「シンカ」し補い越えていきたいです。

 

国士舘大学も昨年の12位から9位へ、立教男子も2部、昨年19位から13位へジャンプアップアップアップ

来年は更なる舞台で飛躍する為にも、

トレーナーとして最高の準備をして戦っていきたいですグッド!

 

なんと夏合宿に来てくれた横須賀トレーナーも応援に来てくれましたおねがい

 

たかね