接客を何年か担当してくれていた、優秀な女性スタッフ...
がその店を辞めることになった。

店長は一生懸命仕事をしてくれた彼女に、何かお礼が
したかった。

いよいよ彼女の最後の出勤の日がきた。

出勤してきた彼女に店長は、まず、トイレ掃除を命じた。

もちろん素直な彼女は、一生懸命トイレをきれいにした。

彼女がトイレを掃除している間、密かに店長は、
店内にいるお客様の間をまわりはじめた。

「10年近く勤めてくれたスタッフの○○が、
 今日で辞めることになりました」

一本のバラをお客様に渡しながら、

「今、彼女がお客様の間をまわりますから、
 どうかこの花を彼女に渡してもらえませんか?」

店内にいる30人近くのお客様が全て協力してくれた。

トイレ掃除を終えた彼女に、店長は次の指令をだした。

「すべての客席をまわって、お客様に感謝の気持ち
 を込めてご挨拶してください」

彼女は客席をまわった。

最後のお客様をまわり終わった時、彼女の手には
30本の大きなバラの花束ができていた。

そして、彼女の目には大粒の涙があった。

帰り際にお客様から、店長に

「何でこの店が人気があるのかわかったよ。
 素晴らしいスタッフ達だ」

とお褒めの言葉があった。

このことをその女性スタッフは一生忘れないだろうし、
お客様も忘れないだろう。

 

こう言ったお店がお客様より 支持を得続けるでしょうね

 

きっとあなたにピッタリのサロンがある  http://takami-g.com/