【工藤孝文医師考案】緑茶コーヒーダイエット | 工藤孝文先生のスマホ通院できるダイエット外来

テーマ:

ダイエット外来の患者さんに

 

私が考案した「緑茶コーヒーダイエット」があまりにも好評なので、

 

ブログで紹介させていただきます。

 

「緑茶コーヒー」とは、

 

緑茶とコーヒーを半分、半分で割った緑茶コーヒーです。

 

患者さんの体調や時間帯によって割る割合を調整することもあります。

 

これがまためちゃくちゃおいしいんです。飲むとリラックスした感じになり気持ちが落ち着きます。

 

現在、患者さんには、緑茶コーヒーを積極的に飲んでもらっています。

 

皆さん順調に減量できており、血糖値の改善した患者さんもいらっしゃいます。

 

様々ないいデータが出てるので、今後のブログで報告していこうと思っています。

 

 

まずはコーヒーのダイエット効果から再確認してみました。

 

 

自律神経の働きが悪いと太りやすくなります。

 

 

自律神経には「交感神経」と「副交感神経が」があり、

 

 

体重や体脂肪の量をコントロールするのは「交感神経」です。

 

この交感神経の働きが悪くなると

①満腹を感じにくくなる

②脂肪を分解・燃焼しにくくなる

 

 

コーヒーにはこの交感神経を活発にする成分が含まれていることが実験で分かっています。

 

 

まずは、緑茶、コーヒーのそれぞれの健康効果を少しずつ説明していきますね。

 

引き続きよろしくお願いします。

 

本日発売の「からだにいいこと」に特集記事を組んでもらいました。

よかったらご覧ください。

 

 

 

 

工藤孝文先生のスマホ通院できるダイエット外来さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります