亡国の内閣

テーマ:


株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『嘘つき安倍政権①』三橋貴明 AJER2018.9.25
https://youtu.be/oSSjTkO9aV4
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一般参加可能な講演会のお知らせ。

【第5回 日台親善シンポジウム「一帯一路構想に日本と台湾は如何に対処すべきか」】https://kokucheese.com/event/index/535633/

11月3日 BumB(東京スポーツ文化館)研修ルームB(東京都江東区夢の島2丁目1-3) 講演 田村 秀男、三橋貴明 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 チャンネル桜「Front Japan 桜 」に出演しました。


【Front Japan 桜】沖縄県知事選報告~我那覇真子 / 消費税増税の嘘 / 国連演説から読み解くトランプ外交 / 日本のeスポーツ最前線~東京ゲームショウ2018突撃レポ[桜H30/10/1]
https://youtu.be/ckJBQSgiAIg
http://www.nicovideo.jp/watch/1538378343


 安倍政権の得意技は、統計マジックと詭弁です。


 GDPについては、
「名目GDP600兆円」
 という目標を掲げておきながら、GDPに技術投資を加えて30兆円嵩上げし、目標(600兆円)は変えない。


 断っておきますが、わたくしはGDPの定義を変更したことは一切、批判していません。技術投資追加により30兆円実数値が膨らんだ以上、目標も630兆円に再設定するべき、と主張しているのです。


「また、三橋はGDPの定義変更を批判してやがる。技術投資をGDPに含めることに全く問題がないのに」
 などと、くだらないことを言い出したら、即アク禁ね


 あるいは、実質賃金のかさ上げ。サンプルを変更し、「変更前のサンプル」と「変更後のサンプル」を比較し、「実質賃金24年ぶりの増加!」などとやっている。


 実に姑息です。もはや、日本の統計は韓国を笑えません。(要は緊縮を継続しているため、経済的成果が出ないためなのでしょうが)


 さらには、詭弁。「言葉」をいじり、自己正当化を図るわけです。例えば、日米FTAを日米「TAG」と言い換える。日本側がいかに、


「これは物品貿易協定(TAG)であり、自由貿易協定(FTA)ではない」
 と、言い張ったところで、トランプ政権側は「日本と(日本側が嫌がっていた)FTAの交渉を始めた」と、成果を誇っているのです。TAGを締結し、適用範囲を広げていけば(広がるでしょう)普通に日米FTAです。


 しかも、日系自動車メーカーがアメリカで販売する自動車の大半をアメリカ国内で現地生産しているにもかかわらず、「自動車関税は回避した!」などと成果を誇る。本当に姑息・・・。


 そして、移民受入。


               


『電子産業、外食も…人手不足業種から新資格要望
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180929-OYT1T50001.html
 政府が来年4月の導入を目指す外国人労働者の新たな在留資格について、計14業種を候補としていることが分かった。関係者によると、農業▽介護▽飲食料品製造業▽建設▽造船・舶用工業▽宿泊▽外食▽漁業▽ビルクリーニング▽素形材産業▽産業機械製造▽電子・電気機器関連産業▽自動車整備▽航空――からなる。
 政府は、このうち十数業種を新たな在留資格の対象とする方針だ。当初、農業や介護など5業種を見込んでいたが、人手不足に悩む業界から要望が相次ぎ、さらなる受け入れ拡大へかじを切った。
 新たな在留資格は、省庁が定めた試験で一定の知識や技能などがあると認めた外国人に、最長5年の在留を許可する。政府は新資格導入のため、秋の臨時国会に出入国管理法改正案などの関連法案を提出する。』


 次々に移民受け入れ策を推進しておきながら、「これは移民ではない。外国人労働者だ」と詭弁を弄する。


 しつこく繰り返しますが、国連やOECDの定義でも、移民とは、
「一年以上、祖国を離れている人」
 という定義になっているのです。「
移民」の響きが悪いからといって、言葉を変えて誤魔かす。


 安全保障関連法を「戦争法」と呼び、レッテル貼りで攻撃する左翼とやっていることが変わりません。


 安倍政権が移民の受け入れを「拡大」していっている以上、遅くとも「今年か来年」に、我が国が世界第三位の移民受け入れ大国(イギリスを抜く)になっているのは確実でしょう。


 実質賃金が下がり続ける状況で、移民を受け入れて賃金切り下げ競争を加速する。さらには、生産性向上の機会を潰す。


 別に大げさでも何でもなく、安倍政権は「亡国の内閣」として歴史に名を遺すでしょう。

「安倍政権の移民受入政策に反対する!」にご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

 ◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。
   
◆三橋貴明関連情報

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ

「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。