ご報告

テーマ:

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『グローバル化疲れ(後編)①』三橋貴明 AJER2018.1.30

https://youtu.be/zTZAffiW9yU
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 ご報告。

 1月5日の件につきまして、昨日、検察から結論が出まして、不起訴となりましたのでご報告いたします。



 不起訴になったとはいえ、今後、二度とあの種の夫婦喧嘩を起さないよう、夫婦カウンセリングは続けています。


 先日は、川畑先生の二度目のカウンセリングでした。


【写真 1月30日 川畑のぶこ先生のカウンセリング】

 大雑把に言うと、世の中には「合理的」を好むシンカーと、「感情的(あるいは感性的)」を好むフィーラーの二種類の人間がいる


 もちろん、シンカーにしてもフィーラー的(あるいは、その他のパラメータ)な部分もあるわけですが、一番「底」に基盤としてシンカーの思考がある。


 逆に、フィーラーにしてもシンカー的な部分はあるのですが、やはり「底」はフィーラー一色。


 シンカーが家事や育児をやる場合、それこそ工場の段取り替えのごとく「ピシッ!」と完璧にやろうとする。それが、フィーラーには全く理解できない


 逆に、フィーラー的な家事のやり方を、シンカー側は「何でこの人は怠けているんだ」などと誤解する。フィーラー側からしてみると、シンカー側が何に腹を立てているのか理解できず、最終的には衝突する。


 川畑先生の言葉を借りると、「それでも【機能】する夫婦」になることを目指し、夫婦関係を構築するしかないのです。そのための、様々な手法を二人で学んでいるところです。

    
                 

 さて、ドナルド・トランプ大統領。


米大統領のインフラ計画、詳細発表は2月半ば=政府関係者
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-infrastructure-idJPKBN1FJ08B
 米政府関係者は29日、トランプ米大統領のインフラ投資計画に関して、30日の一般教書演説で概要が示されるものの、詳細の発表は2月半ばになるとの見通しを明らかにした。
 2000億ドルのインフラ投資計画で、新たな予算を呼び水に今後10年間に投資全体を増やすことを狙っている。  
 トランプ大統領は先週、「(インフラ投資計画が)実際には約1兆7000億ドルに達するだろう」と語った。大統領は当初、連邦と州の予算を合わせて1兆ドル以上をインフラ投資に回すとしていた。(後略)』


 先日の「移民制限⇒生産性向上」の件では、
「イギリスを見倣え!」
 ですが、今回は、
「アメリカを見倣え!」
 でございますね。


 トランプ大統領は今後十年間で、1兆7000億「ドル」ものインフラ投資計画を推進することを発表。


 現在のアメリカでは、老朽化して危険なダムが1万5千か所。構造的に欠陥がある橋梁が5万カ所以上。都市部は慢性渋滞に陥り、年に1000憶ドル超の経済損失があると試算されています。


 トランプ大統領が「インフラ投資を!」と叫ぶのは、当然と言えば当然なのですが、リーダーが「当然のこと」を叫べる国が、何と羨ましいことか。


 誤解している人が少なくないですが、我が国は世界屈指の自然災害大国でありながら、かつアメリカ同様にインフラ老朽化が著しいにも関わらず、公共投資は増やしていません。


【日本の公的固定資本形成(左軸、十億円)と対GDP比(右軸)】

出典:内閣府

※93年までは平成12年基準、94年以降は平成23年基準


 元々は48兆円規模だった公的固定資本形成は、すでに半分規模。安倍政権は、13年14年と増やしましたが、15年16年は削減


 公的固定資本形成の対GDP比も、すでに5%。これは、だいたいフランスと同じ水準です。


 フランスは地震がありません。台風も来ません。国土は平たんで、川は長大な距離をゆっくりと流れていきます。


 それに対し、我が国は世界屈指の自然災害大国で、台風や雨季(梅雨)があり、山がちな国で、豪雨災害、水害・土砂災害が多発する国なのです。


 その日本が、対GDP比でフランスと同程度の公共投資しかしていない。何度も書いていますが、国家的自殺です。


【日本とフランスの高速道路の橋脚】

出典:大石久和先生


 日本の高速道路と比べると、フランスの高速道路の橋脚はまるで「板チョコ」のようですが、これでも大丈夫なのです。何しろ、地震がありません


 それに対し、我が国は震災大国が故に、高速道路一つ作るにも、欧米よりもコストをかけざるを得ないのです。その日本の公的固定資本形成対GDP比がフランスと同程度


 これが、どれほど恐るべき事態か、想像してみてください。


 安倍政権下においても、日本の国家的自殺は継続しているのです。


「日本もインフラ投資拡大政策に転じるべき!」に、賛同頂ける方は、

↓このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog                         

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。
 
◆三橋貴明関連情報
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。