フランス同時多発テロ

テーマ:

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『経済成長するにはどうしたら良いか?①』三橋貴明 AJER2015.11.10

https://youtu.be/V7wTRklnlJo

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   


 フランスで同時多発テロが発生し、100名以上が亡くなりました。


パリ同時多発テロ:ISが犯行声明 128人死亡
http://mainichi.jp/select/news/20151115k0000m030076000c.html
 パリ中心部と近郊で13日夜(日本時間14日早朝)に起きた同時多発テロで、過激派組織「イスラム国」(IS)は14日、インターネット上に「(ISの)戦士たちが“不貞の都”を攻撃した。爆弾と自動小銃で武装した8人の同胞がパリの選ばれた場所を標的にした」などと犯行への関与を主張する声明を発表した。AFP通信によると、死者は少なくとも128人に上っている。また、約300人が病院に搬送され、うち80人が重体。短時間のうちに劇場やレストラン、競技場など6カ所が襲撃されており、仏メディアは「フランスで起きた戦後最悪のテロ」と伝えた。
 オランド仏大統領は14日、国民向けのテレビ演説で、「フランスと、我々が世界中で守っている価値に対するISの戦争行為だ」と非難し、テロについてISの犯行と断定した。根拠は明かさなかったが、「国内の共犯者の支援を受け、海外で準備・組織・計画された」と指摘した。また、「全土は3日間の喪に服す」と述べた。(後略)』


 11月13日。パリの中心部のバタクラン劇場付近で、複数の銃撃、爆破テロが発生。さらに、国産親善試合のフランス代表対ドイツ代表戦の競技場スタット・フランス近辺で銃乱射事件が発生。


 パリ警察は実行犯8人のうち7人が自爆死し、1人が射殺されたと明らかにしました。

 ISILは「ISフランス州」の名義で「いまいましい十字軍とのパリでの戦い」という声明を出し、フランスのシリア空爆や、ムハンマドに対する風刺を非難しました。IS広報部門がネットに掲載した映像において、
「空爆を続ける限り平和はないと思え。IS支配地域に移住できない者は仏国内で作戦を実施せよ」
 とテロを扇動しました。


 オランド大統領は、フランス全土に非常事態を宣言し、国境を封鎖しました。


 シリアを中心とする中東諸国から、何百万もの難民・移民がヨーロッパを目指している状況で、大規模なテロが発生してしまった・・・・。大変な事態になりそうです(すでに大変な事態ですが)。

 すでに、ポーランドはEUが決定した難民受入割り当てを拒否するとの報道が流れています。


 フランスは今年1月に風刺週刊紙シャルリエブド本社襲撃テロが発生し、警備を強化していたのですが、テロを止めることができませんでした


 フランスの地元テレビで、コメンテーターは「私たちは戦争状態にある」と繰り返しましたが、テロにせよ戦争にせよ「非常事態」です。


 本ブログで何度も書いてますが、グローバリズムとは「平穏」「平時」「平和」の下でしか成り立たないわけです。すでに、中東から何百万もの難民・移民が流入している時点で「非常事態」です。そこに、今回の大規模テロ。


 人権。人道主義。多文化共生主義。欧州連合の理念は、本当に言葉としては美しいです。


 国境を引き下げ、人種、民族、言語、文化、伝統、ライフスタイル、そして「宗教」が異なる方々も受け入れ、多文化共生、ダイバーシティがある「国」を作ろうとした結果、
「取り返しがつかない状況」
 を作り上げてしまったのが、現在の欧州なのだと思います。


 フランスが、中東にルーツを持つ移民を「追い出す」などということはできないでしょう。さらに、ドイツやスウェーデンが難民を「受け入れない」などという判断はできないと思います。


 もし、難民受入や不法移民の国外追放を本格的に始めれば、東欧をはじめとする国々は「国境閉鎖」を本格化させることになるでしょう。


 取り返しがつかない状況に至った「グローバリズム」は、いかなる結末を迎えるのでしょうか。分かりません。


 分かりませんが、今後の欧州で「民族紛争」が拡大していかないように、心から願わずにいられません


本ブログで「世界が見えてくる」とご評価下さる方は、
↓このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


◆三橋貴明関連情報

Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。