経済時事

テーマ:


株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

『自然失業率①』三橋貴明 AJER2014.12.16(3)

http://youtu.be/AjgzRylJOYk

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 チャンネル桜「日本よ、今...闘論!倒論!討論!2014 年末スペシャル ― 安倍政権の行方」に出演しました。

1/3【討論!】2014 年末スペシャル ― 安倍政権の行方[桜H26/12/31]
http://youtu.be/-OPoxSoFvu8
2/3【討論!】2014 年末スペシャル ― 安倍政権の行方[桜H26/12/31]
http://youtu.be/8mE3qpLA0xA
3/3【討論!】2014 年末スペシャル ― 安倍政権の行方[桜H26/12/31]
http://youtu.be/hhWH86fhpGM


 お待たせいたしました!


 三橋経済塾第四期「経済時事」、本日、開講です。




 三期は主に「経済学」に焦点を当てた講義でしたが、今回は「時事問題」です。文字通り、現実に起きている経済現象に焦点を当て、統計、経済理論から読み解いていく講義になります。


 例えば、
「ECBがマイナス金利を導入した」
 と聞いたとき、普通の人は、
「ユーロ圏の銀行などがECBの当座預金にお金を預けたとき、銀行側がECBに金利を払うことになる。ECB当座預金をマイナス金利とすることで、ユーロ圏の銀行に『民間への貸出』を増やさせることが狙い」
 などと、すらすら出てきませんし、結果的に何が起きるかについては、なかなか予想がつかないと思います。


 ちなみに、わたくしはある政治家さんの講演で、ECBのマイナス金利について問われた際に、
「ECBがマイナス金利を導入しても、民間への貸出は増えない。むしろ、これまで以上にユーロ加盟国の国債が買われる事態になり、特にドイツ国債は長期金利で間もなく1%を切ると思います
 と、お答えしたわけですが、一か月後に現実のものとなりました。なぜ、わたくしが上記の回答をできたかといえば、現在のユーロ圏の問題が「デフレーション」であると理解しているため、日本の例を参考にすれば、

「デフレの国の中央銀行がマイナス金利を導入すると、何が起きるか」

 と、ユーロ圏の銀行や民間企業の行動の予測がつくためです。


 上記の類の「現象と背景と将来」について、日本に限らず世界各地について取り上げていくのが第四期「経済時事」 になります。皆様、是非、ご入塾下さいませ。

※年始のため、IDとパスワードの送付が1月5日以降になります。ご了承下さいませ。


 さて、改めまして、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 年始恒例の「人口減で、日本終わりだ~」系のニュースが流れていますが、実はわたくしは「将来の日本」についてはあまり心配していません


人口自然減最大の26万人、出生数4年連続最少 14年
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO81505410R31C14A2CR8000/
 2014年に国内で生まれた日本人の赤ちゃんは前年より2万9千人少ない100万1千人で、統計の残る1899年以降最少を更新したことが31日、厚生労働省の人口動態統計の年間推計で分かった。死亡数も戦後最多の126万9千人。出生数が死亡数を下回る「自然減」は26万8千人で過去最大となった。(後略)』


 上記の記事は、日本の「総人口」の減少について取り上げたものです。とはいえ、26万人の人口減少など、日本全体から見れば0.22%程度に過ぎません。正直、放っておいて構わないレベルの人口減少です。


 我が国の人口問題は「総人口」ではなく、少子高齢化を主因とする「生産年齢人口」の減少なのです。厳密には、
「総人口に対し、生産年齢人口の割合が下がっていく」
 すなわち、生産年齢対総人口比率の低下なのです


【日本の総人口(左軸、千人)と生産年齢人口対総人口比率(右軸)】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_49.html#Jinko


 日本の人口が減り始めたのは2005年ですが、生産年齢人口比率の方は、バブル崩壊直後に早くも減少を始めています。総人口という「総需要」に対し、生産年齢人口という「供給能力」の割合が下がっているわけでございます。


 すなわち、今後の日本は実質賃金引上げのために必要な「人手不足」が、深刻化することはあっても、改善することは(しばらくは)ないのです。このまま生産年齢人口比率が低下し、人手不足が顕著になっていけば、やがては国民の実質賃金は上昇に転じることになります。人手不足でインフレギャップ状態になった産業は、市場の力により、必然的にサービス費や賃金水準は上昇していかざるを得ません。


 すでに、人手不足は土木・建設分野のみならず、運送、IT開発、介護サービス、医療サービス、外食産業など、様々な分野に波及していっています。現場で汗を流し、労働を提供する国民にとっては、まことにありがたい環境が誕生しつつあるわけです。


 特に、「若い世代」の労働が、今後は貴重になっていくわけで、デフレから脱却しさえすれば、自然に若年層の雇用は安定化し、賃金も上昇局面に入るでしょう。「外国移民」などという、全てをぶち壊す解決策に頼らない限り


 というわけで、我が国にとって必要な政策は、三つ。
「外国移民受入や労働規制緩和に代表される、賃金切り下げ政策は実施しない」
「デフレから速やかに脱却する」
人手不足に端を発するインフレギャップを、日本国民の【生産性向上】によって埋める
 これだけなのです。特に、若い世代の雇用環境が安定し、実質賃金が継続的に上昇する局面に入れば、婚姻が増え、少子化も解消に向かいます。


 上記三つから、現在の日本政府が採るべき政策、
不要な労働規制の緩和は実施せず、将来の生産性向上のために民間や政府が投資を拡大し、現在のデフレギャップを埋める
 が導き出されるわけです。


 日本の場合、現在の経済問題や少子化問題、人口問題(そもそも「問題」ではないのですが)等を解決するための政策は、あまりにも明らかなのです。


 それにしても、国内のマスコミ報道だけに触れていると、「人口が減少している」「生産年齢人口が大幅に減少した」といったニュースを聞き、絶望的な気分になりませんか。実際は、そんなことはないわけでですが(むしろ、生産年齢人口比率の低下が、現在の日本の実質賃金低下問題を解決する)、誰も正しい情報を発信しようとしません


 というわけで、わたくしは今後もテレビ等の仕事も断らず、様々なメディアで「正しい情報」を発信するとともに、「三橋経済塾第四期」のテーマを「経済時事 」と名付け、現在、発生している様々な現象について正確な理解をして頂くべく、今年も頑張りたいと思っているわけでございます。


本年も三橋貴明の言論活動をご支援くださる方は、

↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ
◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
 

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆三橋貴明関連情報

Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 載中

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ
はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。