安倍総理へのお願い

テーマ:

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

『都知事選を振り返って(後編)③』三橋貴明 AJER2014.2.18(5)
http://youtu.be/kI0G8qNxN3U

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブック

さかき漣のフェイスブック

NEW!さかき漣公式フェイスブックページが開設されました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




 TAC出版から刊行予定の「電力崩壊!(仮)」の〆切に追いまくられ、そろそろ人間の限界を更新しそうな状況です。すでに、一日に原稿用紙100枚書くのが日常になってしまっております。
 というわけで、本日は短め。


 安倍総理は東日本大震災から三年を迎えようとしている3月8日、福島県いわき市を訪問されました。


安倍首相:いわきでイカ試食「風評被害払拭に頑張りたい」
http://mainichi.jp/select/news/20140308k0000e010238000c.html
 安倍晋三首相は8日午前、東日本大震災から3年を迎えるのを前に福島県いわき市を訪問した。4月から入居が始まる災害公営住宅の内部を視察した首相は「こういうものができると、しっかり防寒ができる」と語った。その後、近くの複合型観光施設ではイカなどの海産物を試食し「おいしい。風評被害を払拭(ふっしょく)するために頑張りたい」と述べた。
 8日午後には、4月1日に避難指示が解除される田村市都路(みやこじ)地区を訪れるほか、大熊町大川原地区(居住制限区域)で除染の進ちょく状況を視察する。』


 総理に一つ、是非ともお願いしたい件があります。菅内閣の「計画的非難区域」が間違っていたことを、政府として認めて欲しいのです。


 2011年3月11日に福島第一原発が事故を起こし、菅内閣は半径20キロメートル以遠で、居住し続けた場合の年間放射性積算線量が20ミリシーベルトに達する恐れがある地域について、「計画的避難区域」に指定しました。


 シーベルトやベクレルが何か、という点については、「電力崩壊(仮)」で書きましたので、本エントリーでは省略します。


 いずれにせよ、「喫煙」をしている人は、年間の放射性積算線量2000ミリシーベルトと同等のリスクを背負うことを知ってほしいのです。すなわち、福島県の計画的避難区域の100倍のリスクです。


 計画的避難区域は、2012年4月に、年間積算線量に応じて「避難指示解除準備区域」「居住制限区域」「帰還困難区域」に再編されましたが、最も積算線量が多い帰宅困難区域ですら、
放射線の年間積算線量が50ミリシーベルトを超えており、5年経過しても20ミリシーベルトを下回らないおそれのある地域
 という定義になっています。


 帰宅困難区域に居住するより、喫煙をする方がはるかに健康被害は大きいのです。(受動喫煙は100~200ミリシーベルトと同等とのこと)


 また、人間ドックで受けるCTスキャンは、1回で上限で10ミリシーベルトの被曝をします。CTスキャンを一年に2回受けることが、それほど問題になるのでしょうか。


 放射線を浴びた際に「発ガンする確率」は、100ミリシーベルト以上の被爆線量で、一応、確認されています。

「放射線による発ガンの影響は、1000ミリシーベルトの場合は5%」
 というものです。100ミリシーベルトの場合、0.5%になります。すなわち、200人に1人です。
 現在の「帰還困難区域」の年間積算線量50ミリシーベルトの場合、「影響が出るかどうか、分からない」というのが、世界の科学者の見解なのです。


 国際放射線防護委員会(ICRP)は「一年間50ミリシーベルト」という「閾値」を設定していますが、別に科学的な根拠があるわけではありません。単純に発ガンのリスクが放射線の量と比例すると考えると、50ミリシーベルトの発ガンの可能性は0.25%になります。すなわち、400人に一人です。(くどいですが、100ミリシーベルト未満の発ガンの確率上昇は確認されていません)


 無論、ガンになったとしても、必ず死に至るわけではありません。0.25%未満の発ガンのリスクを恐れ、故郷を失った人たちは、それゆえに却って健康を害しそうな気がします。


 などと書くと、例により、
「お前は福島県民の気持ちがわかるのか!?」
「そんなこと言うならば、帰宅困難区域に住んでみろ!?」
 などと「ひすてり~く」に言い出す人が必ずいますが、わたくしは別に福島県の帰宅困難区域に住んでも構いませんよ。仕事に支障がないならば。わたくしは現在、喫煙者なので、発がんリスクは帰宅困難区域に住む以前に元々高いのです。帰宅困難区域に住んで禁煙した方が、現在よりも健康的な生活を送れるでしょう。


 要するに、この世界で生きている限り、全てのリスクから逃げることはできないのです。放射線でガンになる確率よりも、交通事故で「死ぬ」確率の方が、我が国の場合は間違いなく高いです。


 ところが、現実には放射線を科学的根拠を無視して恐れる人が多く、まさにヒステリックに騒ぎ立てる彼、彼女らこそが「風評被害」を作り出してい元凶なのです。菅内閣の「極端に厳しい基準」を設定した上での避難の強制が、風評被害に拍車をかけたのは、今更言うまでもありません。


 というわけで、安倍総理には是非とも「菅内閣の計画避難区域の設定は間違っていた」と、国民や世界に説明して欲しいのです。それこそが、風評被害を払しょくする最も適切な手段だと信じます。


 本日のエントリーのコメント欄には、わたくしに対する批判や非難、恐らくは誹謗中傷が溢れるかも知れませんが、あえて書いてみました。


「あえて書いた」本日のエントリーをご評価下さる方は、

このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。