僕たちの国家

テーマ:
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

『2013年を振り返って2014年を考える(後編)③』三橋貴明 AJER2013.12.17(3)

http://youtu.be/5MLSAVnKaao

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1月18日 「2014年 日本はデフレ脱却し成長路線に回帰するのか?」( 日本橋人形町)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページはこちら。https://www.facebook.com/mitsuhashipress

NEW! さかき漣がフェイスブックページを開設致しました。
https://www.facebook.com/sazanamisakaki

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 


 さて、わたくしもそろそろ出陣となります。今後一か月間、講演や取材、収録以外の時間で予定がかみ合えば、必ず街頭に出たいと思います。(出張が多いので、なかなか難しいのですが)


 街頭演説等の予定は近々分しか確定していないのですが、決まり次第、順次、お知らせしていく予定になっています。


【田母神俊雄 街頭演説】
1月10日(金)
 14時00分 有楽町イトシア前(~16時)
 16時30分 新橋駅SL広場前(~18時)
1月11日(土)
 11時30分 町屋駅前(地下鉄千代田線)
1月12日(日)
 14時30分 秋葉原駅西側駅前広場(~17時30分)<<<三橋、参加します。


【田母神俊雄 政治資金パーティ】
東京都新宿区 1月13日 (月祝) 14時~

「東京を守り育てる都民の会」結成大会 (会長 田母神俊雄)
http://www.ganbare-nippon.net/news/diary.cgi?no=108

三橋参加するかもしれません。予定調整中です。
 調整つきました。↑三橋、参加します。

 
 金、土の街頭演説も出たかったのですが、残念ながら金曜日が「たかじんのそこまで言って委員会」、土曜日が「たかじんnoマネー」の収録なのです。やしきたかじんさんがお亡くなりになられたわけですが、今週末の収録は双方共にあるようです(今後、どうなるかは分からないのですが)。事前に決まっていた収録、講演のキャンセルはできませんが(お客様にご迷惑がかかるため)、隙間を縫って田母神氏の支援のため、車上に立ちたいと思います。


 三橋経済塾の第一回講義が、1月19日(日)14時からあるのですが、田母神俊雄先生に顔を出して頂くことになりました。(ゲストは青木泰樹先生でございます。豪華でしょ?)
http://www.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

 経済塾におけるわたくしの講義のテーマは「経済人の終わり」、青木先生のテーマは「現代経済学の潮流と、なぜ「新自由主義思想」が社会に蔓延しているのかについて」になります。



 本日、TAC社から「学校では絶対に教えてくれない 僕たちの国家 」が発売になります。本書のテーマは、まさに「学校」が教えてくれなかった「僕たちの国家」になります。


「国家とは?」
「日本は建国何年?」
「安部政権が憲法改正を目指す真の理由、緊迫事情」
「政府とは与党のこと?」
「日銀はどんな条件で紙幣を発行しているの?」
「法治国家・日本から考えるTPPの問題点」
「防空識別圏の解決に必要なこと」
「国益のために嘘八百を並べる韓国の従軍慰安婦“問題"」


 思えば、戦後に産まれた僕たちは、「国家」について一度も学ぶことなく大人になりました。マスコミや「大人」たちの口から聞こえてくるのは、
「日本はアジアに悪いことをしたんだ」
「日本は悪い国だ」
「日本国家は、日本国民を苦しめる存在だ」
 等々、日本国を悪者にし、「国家から自分たちを守らなければ」という奇妙な発想に支配され、国家を、ナショナリズム(国民意識)を嫌悪してきたわけです。


 無論、国家という存在は、時に僕たち国民を苦しめるときもあります。大東亜戦争で散った全ての英霊が、喜んで日本国のために命をかけたわけではないのは、確かでしょう。


 とはいえ、人間は一人では生きていけません。国家という共同体に属さなければ、日々の食料や飲料水を入手することすらできず、飢えて死ぬことになります。あるいは、自給自足で生きていたとしても、大震災に代表される自然災害や、「外国」の侵略に対し、徒手空拳で立ち向かうことは不可能です。


 国家とは、一人では生き抜くことができない人間が、共同概念を持つことで集った共同体です。共同概念とは、「同じ言語」であり、「同じ文化」であり、「同じ伝統」であり、「同じ歴史」であり、「同じ物語」であり、時には「同じ宗教」になります。共同概念を共にする個人が、互いに助け合うために構築した共同体の「最大のもの」こそが国家なのです。


 ときに、国家は「国家を守るため」に、国民が命を捧げなければならない時期もあります。専制国ではなく、民主主義国家である以上、日本国では「国民に選挙で選ばれた政治家」が、国民に戦地に向かうことを命じざるを得ないことが、残念ながらあり得るのです。


「仕方ないでしょ? 世界は残酷なんだから」


 と、進撃の巨人でヒロイン(?)が口にした台詞は、現実の世界にも当てはまります。「そんなことはない!」と反発したくなった人は、是非とも、北京の天安門広場で「戦争反対!」のシュプレヒコールをしてきて下さいませ。


 さて、日本の場合、国家のために戦死した「英霊」は、靖国神社で神として祀られることになります。戦地で命を落としても、死後に靖国神社で神として祀られることを信じたからこそ、かつての英霊は「国家のために、命をかけること」に納得できたわけです。無論、納得できなかった方々もいらっしゃったかも知れませんが、少なくとも「国民共有の物語」として、戦死者は靖国神社に祀られることが共有されていたわけです。


 そういう意味で、靖国神社はやはり「戦争でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りする場所」ではないのでしょう。何しろ、靖国神社に祀られているのは、あくまで「戦死者」のみで、アメリカ軍の空爆や原爆投下で亡くなられた一般市民の方は含まれていません。


 意外でしょうが、上記の「物語」は、自民党でもある程度は共有されています。


自民方針案「靖国参拝受け継ぐ」明記 「平和国家」削除
http://www.asahi.com/articles/ASG184HGNG18UTFK00C.html
 自民党は8日、2014年の党運動方針案を決めた。「靖国神社への参拝を受け継ぐ」と明記し、党の憲法改正草案を説明する対話集会を開いて改憲の機運を高めることを狙うなど、保守色の強い内容となった。19日の党大会で正式決定する。
 靖国参拝について、当初案では「不戦の誓いと平和国家の理念を貫くことを決意し、靖国神社の参拝を受け継ぐ」と例年通りの記述だった。だが、7日の総務会で「靖国神社は不戦の誓いや国家の平和を祈るところではない」などの異論が出た。一方で「自衛隊員にもしものことがあった場合、靖国神社に奉る覚悟を示すべきだ」と表現を強めるよう求める声も出たため、総務会での了承は見送り、石破茂幹事長に一任された。
 最終的に「不戦の誓い」と「平和国家」の文言を削除し、「日本の歴史、伝統、文化を尊重し、靖国神社への参拝を受け継ぎ、国の礎となられた方々に対する尊崇の念を高め、感謝の誠を捧げ、恒久平和への決意を新たにする」との文言に落ち着いた。(後略)』


「靖国神社は不戦の誓いや国家の平和を祈るところではない」


 その通りです。靖国神社は国家の英霊に感謝し、自らも国家のために戦うことを誓う場所であり、不戦の誓いや国家の平和を祈る場所ではありません。もちろん「ご冥福」をお祈りする場所でもありません。


 自民党が最終的に、都知事選で誰を推薦するのか、色々と情報が飛び交っていますが、「外国人参政権推進」「靖国参拝否定」の人物(しかも、自民党を除名された人物)を担ぎ上げるようでは、
「ああ、結局、自民党は選挙に勝つことが目的で、国家のことも、安全保障のことも、口先はともかく、内心はどうでもいいと考えているんだな・・・」
 との認識が広まることになるでしょう。


「お前は自民党員で、自民党への政権交代のために動いていたじゃないか」
 と、言われそうですが、自民党員で、第二次安倍内閣実現のために尽力したからこそ、自民党に「正しい道に戻って欲しい」と提言しているわけでございます。無関係ならば、無責任に批判するだけです。


 いずれにせよ、わたくしたちは「国家」を思い出さなければなりません。国家の存在なしに、来たるべき大震災や仮想敵国(中国)の侵略行為から国民を守るすべはありません。


 わたくしが田母神俊雄氏を支援しているのは、最も「国家」について意識し、正しく理解していらっしゃる方であると確信しているためです。次なる東京のリーダーが、国家について正しく意識しているか否かは、冗談でも何でもなく、将来の東京都民の行く末を決定することになります。


 とはいえ、そもそも日本国民が「国家」について考えようとしなければ、「国家に関する正しい認識」も何もあったものではありません。というわけで、三橋はこのタイミングで(まさに「この」タイミングで)、日本国民に「国家」について考えて頂くための一冊、「学校では絶対に教えてくれない 僕たちの国家 」を出版することにしたわけでございます。

 お買い求めいただき、「国家を理解していない周囲の方々」へのツールとしてお使いいただければ幸いに存じます。


 日本国家について正しい認識を持つ東京都知事の誕生を!


「日本国家について正しい認識を持つ東京都知事の誕生を!」に、ご賛同下さる方は、

このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。