彼の国々の話

テーマ:

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

NEW!『財政均衡主義の罪(後編)③』三橋貴明 AJER2013.7.23(1)

http://youtu.be/b4kuVx5fL1w

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋経済塾・東北地区特別講義のお知らせ
 開催日:2013年8月10日(土)
 会場:宮城県仙台市内(詳細はお申込み後ご連絡致します。)
 開場:13時30分 開始:14時00分
 講義テーマ:「正しい規制緩和 間違った規制緩和」。約1時間30分の講義です。今回の特別講義を受講するには、三橋経済塾への本登録もしくは仮登録が必要となります。ご登録はこちらから→ https://m-keizaijuku.com/

【東京都中央区】 赤池誠章と日本を取り戻す会

 日時:平成25年8月8日(木) 19時00分 (18時00分開場)
 場所: 日本橋サンライズビル 2階 ザ・グリーンホール 

      中央区日本橋富沢町11-12
 参加費:5,000円  ※ ドリンク・食事付
 詳しくは⇒ http://www.ch-sakura.jp/events.html#9454

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


三橋貴明「国家経済と土木」(土木を語る 第2回)
Youtube http://youtu.be/f4Y3jHBQDHw
ニコ動 http://www.nicovideo.jp/watch/sm21520641


 しばらく日本の話が続いたので、久しぶりに「彼の国々」のお話。

 まずは呉善花氏の入国拒否に続き、相変わらず斜め上に突っ走っている韓国でございます。


韓国、対日協力の清算強化 爵位受けた人の財産没収
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130804/kor13080416310003-n1.htm
 日本による朝鮮半島の植民地支配に協力した「親日派」が日本から受け取った財産を没収し国有化する法律をめぐり、韓国憲法裁判所は4日、日本から爵位を受けた人物に与えられた財産を没収対象にすることは合憲だとの判断を示した。聯合ニュースが伝えた。
 植民地支配への協力行為の清算を強化する動きといえる。
 韓国では2005年に成立した特別法で、爵位を得た人物が日本から受けた財産の没収については、1910年の日韓併合で日本に協力したかどうかを基準とした。しかし、2011年の法改正で、爵位を受けた全ての人を対象としたため、法改正前にさかのぼって罰する遡及立法に当たるとの指摘が出ていた。
 しかし憲法裁は、爵位を受ける行為自体が植民地支配への協力だとみなし、財産没収は遡及立法に当たらないと判断、改正特別法は合憲とした。』


 そもそも、共同通信(産経の記事だけど共同の配信)の書き方もおかしく、朝鮮半島を「植民地支配」をしていた日本が、朝鮮人に爵位を授けていたんだ、ふ~ん・・・。てなもんでございます。


 大日本帝国は1910年に大韓帝国を国際条約(韓国併合に関する条約)により併合したわけで、いわゆる帝国主義的な植民地支配をしたわけではありません


 ちなみに、「植民地支配」の現在版を見たければ、中韓人民共和国を見ればいいわけです。中国では共産党、太子党という「支配者」が暴力装置(人民解放軍など)を独占し、国内の人民(国民ではありません)から所得を吸い上げる仕組みを作っています。人民側には民主主義で戦う術がありませんので、現在の中国は「現代版植民地主義」の一つの形です(他にも「形」は有るのですが)。


 それはともかく、植民地支配の特徴は、「愚民化政策」と「分裂統治」です。支配者側にとって一番困るのが、植民地現地住民が一斉に襲いかかってくることです。何しろ、人数が桁違いですので。


 というわけで、欧米諸国は支配下に置いた植民地の住民から「文字」を奪います。あえて教育を施さず、文字による情報伝達を防ぐわけです。さらに、植民地住民に「階級」を作り、互いに争わせます。そうすることで、怒りが自分たちに向くのを防ぐわけです。


 日本に併合された朝鮮半島では、次々に「学校」が造られていきました。李氏朝鮮時代の朝鮮人の多くは文字を知りませんでした(漢字しかなかったため)。日本は朝鮮人に文字を教えるために、ハングルを普及させました。


 また、日本は併合後の朝鮮半島で、「身分制度」を撤廃させました。もし日本の韓国併合が「植民地支配」だったとしたら、元々存在した階級制度(両班等)を存続したはずです。両班を優遇し、階級が下のマジョリティを抑え込むのが、最も効率的です。


 ところが、大日本帝国は朝鮮の身分制度を消滅させました。おかげで両班階級から恨みを買いましたが、何しろ日本に「併合」された以上、全ての朝鮮人は「日本人」となり、天皇陛下の赤子となったのです。この意味を韓国人が理解する日は、永遠に来ないと思いますが。


 さらに、日本政府は大韓帝国の皇帝一家を大日本帝国の皇族に準じる「王公族」に封じました。すなわち、大日本帝国の貴族としたわけです。


 ちなみに、イギリスがミャンマーを滅ぼしたとき、王族はインドに追放され、二度と故郷の土を踏むことはありませんでした。


 それはともかく、日本の「爵位」を受ける行為が「子孫」まで処罰されるとなると、李氏朝鮮の王統に連なる人々は、全員「財産没収」となってしまうわけですね。過去の歴史に鑑み、現在の子孫を処罰する。さらに、法の遡及適用も平気で実施する。


 呉善花氏の入国拒否でも分かりますが、韓国は民主主義国家でも何でもありません。「反日至上主義国家」です。反日が民主主義の「上」に立っている国なのでございます。


 自分たちもかつては日本人だったくせに、その歴史を拒否し、反日に邁進し、過去にかこつけて現在を叩く。別に、韓国人に「劣等民族」などとレッテル貼りする気は全くありませんが、「劣等感に満ち満ちた民族」であることは間違いありません。


 さて、中国。


『鉄鋼業が再び単月赤字、上半期は「2トン売ってもアイス買えない」ほどの薄利に―中国
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economy/355583/
 中国鉄鋼工業協会が7月31日公表したデータによると、今年上半期、中国鉄鋼業界で主要企業の利益は計22億6700万元(約362億円)だった。6月は単月で今年初の赤字。赤字額が6億9900万元となった。中国網が1日伝えた。
 2011年下半期以来、中国鉄鋼業はずっと採算ラインをさまよっている。鉱山や投資による収益を除けば、鉄鋼業はすでに7期連続の赤字だ。
 上半期、鉄鋼業の平均販売利益率はわずか0.13%で、各種工業のうち最も低い水準だった。1トン当たりの利益はピーク時には1000元程度だったが徐々に下がり、今年上半期には0.43元で、2トンの利益を合わせても「アイスキャンディーが1本も買えない」レベルに落ちた。』


 鉄鋼が完全に供給過剰状態に陥っています。鉄鋼が不振ということは、不動産、造船、自動車も供給過剰という話になります。


 また、いわゆる「シャドーバンキング」のお得意様は「鉄鋼商社」です。信じがたいことに、中国には20万社もの鉄鋼商社があるのです。


 09年の中国の景気対策で、リーマンショックで息絶え絶えだった鉄鋼商社は息を吹き返します。不動産バブルを中心に、これらの鉄鋼商社が鋼材を供給して行き、資金は「シャドーバンキング」で調達したわけです。


 ところが、2012年以降に不動産バブルが崩壊を始め、鉄鋼商社は一気に危機に陥ります。彼らは、在庫の鉄鋼を担保にカネを借り、急場をしのごうとしますが、とにかく鋼材が売れないため、何と在庫が1億トンにも積み上がっています。その多くは、差し押さえられてしまい、すでにシャドーバンキングの持ち物になっています。とはいえ、すでにして担保価値は無きがごとき(何しろ2トンの鉄鋼の利益でアイスキャンディーを買えない・・・)でございます。


 中国の「投資依存経済」が、どうやら最終局面に達しつつあるようです。


 それにしても、日本国民は北西方向に「非・民主主義国」が三カ国(中国、韓国、北朝鮮)もあるという現実を、いい加減に認識しなければなりません。日中友好だの、日韓友好だのが実現する日は、今後1000年くらいは訪れないというのが現実なのです。


最後の一文にご同意頂けた方は、

このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。