希臘から来たソフィア(3)

テーマ:

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました。

『安倍政権発足2ヶ月を迎えて(後編)①』三橋貴明 AJER2013.2.19(1)

http://youtu.be/NhVpsceOrCo

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【3月9日”三橋貴明シークレットセミナー アベノミクスと日本経済復活の秘策http://hikarulandpark.jp/shopdetail/001004000004/

【3月28日 因島商工会議所後援会「アベノミクスでどうなる日本経済?!」】NEW!

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_41.html#0328  

【3月31日 下館青年会議所講演会「日本経済の嘘と真実!!」】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_40.html#Shimodate
【4月6日 FUNAI MEDIAセミナー「アベノミクスで激変!日本経済はどうなる!?」】
http://www.funaimedia.com/seminars/seminars_main.html?data_id=287
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!
https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 月刊テーミス3月号(http://www.e-themis.net/new/index.php )にインタビュー記事「「サムスンに学べ」とは大笑い 「円安・ウォン高」で韓国経済は崩壊寸前!」が掲載されました。


 昨日はテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」の収録で西田昌司先生と共演させて頂きました。(放映日は明日)


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

 テーマはTPP、韓国などでしたが、西田先生は見事にTPPの問題点をご説明されたと思います。(問題は「編集」です


 プラザ合意前の日本は、西側先進国という「所得の高い人々」に製品を輸出し、大いに所得を稼いでいました。当然「輸出」なので、日本国内で雇用が継続していました。


 プラザ合意で円高が強制され、日本の企業は西側先進国に販売する製品を「現地生産」していかざるを得なくなりました。結果的に、企業が所得を稼いでも、日本国内の雇用が生まれないという現象が始まります。


 現在、浮かれグローバリストたちは「アジアの成長を何とか」と繰り返していますが、アジア諸国の国民は日本よりも所得が低い人々です。西側先進国とは違い、日本国民に受け入れられる高品質高額な商品は、アジアの人々には買ってもらえません(高すぎるから)。


 というわけで、結局、日本企業は工場をアジア各国に建設し、現地の人件費が安い人々を雇って生産することになります(開発等は日本に残るのでしょうが)。結局、アジアの成長を取り込むとか何とか言っても、日本の雇用は増えません


 すなわち、日本でもとっくに、
「企業の利益(所得)拡大」
 と、
「国民の所得(雇用)拡大」
 の二つが乖離し始めており、まさにこれこそがグローバリズムの究極の問題なのです。企業が「国家」を意識しなくなり、世界を「市場」として捉え始めると、国境線が邪魔に思えます(実際、ビジネス上は邪魔です)。彼らは各国の政治家を動かし、国境線に代表される「規制」を緩和、撤廃させようとしてきます。TPPが典型です。


 政治家は本来「国民」のために選ばれた人たちなのですが、自民党議員を含めた多くの政治家が、なぜか「企業」「投資家」の手先と化します。いわゆるロビー活動が行われているのでしょうが、現在の日本では国家意識がない政治家が少なくなく、平気で、
「我が国は衰退するから」
 などと言ってのけます。


 衰退するか、繁栄するかは、今後の日本の国民、そして国民から選ばれた政治家の選択次第です。選択次第で、どっちにも転びます。少なくとも日本の前には、繁栄へ向かう道と、衰退へ向かう道の二つが存在しており、現在は分岐路に立っているのです。


 とはいえ、3月4日のタックルを見て頂ければお分かりになるでしょうが、妙な「自虐史観」に染まった政治家もおり、彼らに世論が牽引された場合、我が国は「衰退への道」を歩きはじめることになるでしょう。


 というわけで、政治家を含めた日本国民に「国家」を思い出してもらおうということで始まった企画が「希臘から来たソフィア 」になります。


 昨日、無事に自由社から「希臘から来たソフィア 」が発売となりました。おかげさまで、Amazonの順位が凄いことになっております。


 「希臘から来たソフィア 」のテーマは、ずばりグローバリズムと国家、血脈、神々でございます。日本は変な国で、懸命に自国を貶め、国家を否定しようとする連中がわんさかと存在しています。そんなに日本が嫌ならば出ていけばいいのに、彼らは決してこの素晴らしい国家から離れようとしません。


 その代わりに、他人に対しては、
「日本の若者は世界に飛び立て」
「日本の農業は世界に雄飛できる」
 などと無責任に煽り立てる醜い連中です。代表はもちろん、朝日新聞。

 というわけで、最近の朝日新聞の代表的な「変な記事」をご紹介。(情報提供TN様)


国土強靱化は「復興にマイナス」3割 被災地首長調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130228-00000037-asahi-soci
 防災などの公共事業を全国で増やす安倍政権の国土強靱(きょうじん)化について、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の42市町村のうち、28人の首長が復興にプラスとみる一方、13人がマイナスとみていることが朝日新聞のアンケートで分かった。復興財源の確保につながるとの期待がある一方で、人手不足や資材高騰を加速させかねないと懸念する声があがった。
 津波被害を受けた沿岸部と、原発事故の避難区域が設定された42市町村の首長に聞いた。国土強靱化が被災地の復興に与える影響は「プラス」が5人、「どちらかと言えばプラス」が23人、「どちらかと言えばマイナス」が12人、「マイナス」が1人だった。1人は回答しなかった。
 岩手県大船渡市の戸田公明市長は「全国にとってのプラスは被災地にもプラス」と評価。一方、宮城県南三陸町の佐藤仁町長は「人手や資材の不足で復興の速度が鈍らないか不安」と答えた。』


 え~と・・・・、すみません。記事を読むと「七割の首長が国土強靭化が復興にプラスと考えている」にしか見えないんですが。七割の首長が国土強靭化を評価しているという記事の見出しに、
国土強靱化は「復興にマイナス」3割 被災地首長調査」
 とやってくるのが朝日クォリティーです。上記の類の意味不明な自虐主義者たちは、「希臘から来たソフィア 」にも出てきます。彼ら「日本を否定する人々」に対し、主人公の航太郎がどうしたか。是非、ご一読を。


「相変わらず朝日新聞は・・・・異常だ」と思われた方は、このリンクをクリックを
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。
 

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。