24年体制 前編

テーマ:

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました。
『日本維新の会の皆様へ①』三橋貴明 AJER2012.12.18(1)

http://youtu.be/oIRU_556Cqg

『日本維新の会の皆様へ②』三橋貴明 AJER2012.12.18(2)

http://youtu.be/-r7ZtQu_uB0

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【2013年1月11日 江別商工会議所 新春経済講演会】
http://www.ebetsu-cci.or.jp/ibent/h25keizai/h25keizai.html

【2013年1月21日 羽島商工会議所 新春講演会】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_40.html#Hashima
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 UU数の方は10万強で落ち着いているのですが(この数値も凄いんでしょうが)、人気ブログランキングのポイントが昨日、38万を突破しました。まさかまさか、40万ポイントに至ってしまうのでしょうか。


 ここ数日、「真冬の向日葵 ―新米記者が見つめたメディアと人間の罪― 」と「コレキヨの恋文 」の売れ行きが、再び加速しているわけですが、「コレキヨの恋文」は、間もなくリアル世界で「平成の高橋是清」が誕生するでしょうから、まだ分かるのですが、「真冬の向日葵」の方はなぜなのでしょう。


 ここまで書いて気が付きましたが、現在の我々の目の前で繰り広げられているのが、まさにリアルな「真冬の向日葵」なわけです。そもそも、「真冬の向日葵」は07年の安倍政権期から、09年の麻生政権期までをモチーフに、マスコミの執拗な「反麻生」「反安倍」そして「反中川昭一」キャンペーンを小説と化したものです。


 すなわち、マスコミ内に蔓延する「空気」が最も嫌なお二人が、間もなく政権の中枢に返り咲くことになるわけです。結果的に、再び日本に「真冬の向日葵」の季節が訪れることになります。この季節は、少なくとも来年7月の参議院選挙までは続くわけです。


 というわけで、元々わたくしとさかき先生は「総選挙」のために本書を書いたのですが、来年の参議院選挙までは「対マスコミツール」としてお役に立つことになりそうです。安倍総理、麻生財務大臣という、現在の日本にとって最も適した方々が政権を握られ、もはや感情的と言ってもいい「反麻生」「反安倍」のマスコミのアンチ・キャンペーンが始まり(すでに始まっています)、彼らのプロパガンダと戦うためのツールの一つとして「真冬の向日葵」が売れ続けるという、何だかよく分からない状況になっているわけですね。
 「真ん中の「アンチ・キャンペーン」がなければ、わたくしがこんなに苦労することもないのですが。


谷垣、石原氏ら入閣へ 麻生氏は財務・金融相兼務
http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012122001001433.html
 自民党の安倍晋三総裁は20日、閣僚や党役員など新政権の骨格をほぼ固めた。谷垣禎一前総裁を閣僚起用する方向で検討に入った。総務相か法相が有力。9月の総裁選で争った石原伸晃前幹事長も入閣させる意向だ。新設の「日本経済再生本部」を担う経済再生担当相に甘利明政調会長の起用も内定し、下村博文元官房副長官や山本一太元参院政審会長も閣僚で検討。下村氏は文部科学相が、山本氏は環境相が検討されている。
 副総理での入閣が固まっていた麻生太郎元首相は財務相・金融担当相兼務が、官房長官には菅義偉幹事長代行がそれぞれ内定。残る重要閣僚では外相や防衛相、経済産業相が焦点だ。』


 谷垣前総裁は衆議院議長かな? と思っていましたので、ちょっと意外でした。(となると、衆院議長は誰でしょう・・・・)


 麻生元総理が財務相と金融担当相を兼務するとなると、冗談抜きで「平成の是清」誕生になりますが(このフレーズで煽り立てるべきだと思うわけです)、権力が大きくなる分、マスコミの集中砲火が浴びせられることになるでしょう。デフレ脱却を願う国民は、彼らのプロパガンダと戦っていかなければならないのです。もはや「政治家に任せておけばいい」という時代は過ぎ去りました


 総選挙投開票日のチャンネル桜の生放送が、アーカイブされていました。


【1/4【アーカイブ】VOTE2012 「ネット生放送」選挙特番[桜H24/12/17] 】
http://youtu.be/u1mIQ6H9BTw
【2/4【アーカイブ】VOTE2012 「ネット生放送」選挙特番[桜H24/12/17] 】
http://youtu.be/OrBhRe1NQzY
【3/4【アーカイブ】VOTE2012 「ネット生放送」選挙特番[桜H24/12/17] 】
http://youtu.be/7QinaNN6mCE
【4/4【アーカイブ】VOTE2012 「ネット生放送」選挙特番[桜H24/12/17] 】
http://youtu.be/Z4ykDRrMt2I


 上記番組(長いですが)の中で、上念司先生が「24年体制」という言葉を使われていました。まさに、先日の選挙結果は「24年体制」の始まりを告げる、「歴史的な意味」が我々が思っている以上に重いものだったと思います。


 先日、メルマガ「「三橋貴明の「新」日本経済新聞」 」において、中・・・、じゃなかった東田剛氏が「日本を取り戻す」をスローガンに掲げた政党が大勝したこと」について「反動」が勝利したと語っていらっしゃいましたが、「55年体制」ならぬ「24年体制」の始まりを告げる選挙結果だったとすると、まさに反動の勝利になってしまいます。


 要するに、日本国民が「果てしなき改革」に疲れ果て、あるいは「改革」とやらの薄っぺらさに気が付き、
「本当に自分たちを幸せにしてくれる政治体制とは、何なのだろうか」
 と考え、結果的に「55年体制」ならぬ「24年体制」に回帰したという話なのかも知れません。(この辺は皆さんそれぞれ意見がおありでしょうが)


 なぜ今回の選挙結果が「24年体制」なのかと言えば、55年体制期と同様に「日本には自民党以外に政権を担える政党がない」ことが明らかになってしまったためです。09年の総選挙で民主党が今回の自民党以上の議席を取ったときには、きちんと対抗馬(自民党)がいたのです。ところが、今回はいません。


 かつての55年体制の時代は、自民党という巨人に対し、社会党などが冷戦構造下のソ連的共産主義的思想でもって、反自民層の受け皿になっていました。とはいえ、受け皿はあくまで受け皿で、当時、社会党に票を投じつづけた人々でさえ、同党がまともに政権を採ったり、あるいは政権を運営できるとは思っていなかったでしょう。


 92年に冷戦が終わると、社会党など日本の左派は、本来は役割を終えたはずでした。ところが、ここに「新古典派経済学」あるいは「グローバリズム」という勢力が流入してきた結果、事態がややこしくなっていきます。何しろ、グローバリズムの「国境線を越えた自由を」という思想は、朝日新聞に代表される「地球市民」たちと親和性が高いのです。結果的に、朝日新聞に「規制緩和!」「グローバリズムは不可避だ!」といった、
「ちょ、お前ら庶民の味方とか言っておいて、何をグローバル資本家の味方をしているんだよ」
 と、絶句したくなるような記事が載り始めます。


 さらに、新古典派と地球市民は、「反公共事業」「反原発」などについても、見事に親和してしまいます。動機こそ異なれど、両者とも「日本政府なんかいらない」と考えているのは同じなのです。彼らは日本政府がやる事業は、公共事業だろうが原発だろうが、どちらにせよ「嫌」なのです。(地球市民側は、社会保障支出については拡大路線で、新古典派は縮小路線(あるいはバウチャー)なので、ここの部分は一致しません)


 言うまでもないですが、地球市民が「日本政府が嫌い」なのは、自虐的歴史観に基づき「日本が嫌い」が前提になっているためで、新古典派の方は「市場」を「国家」の上に置くためです。いずれにしても、日本政府が嫌いなのは共通してしまうのです。


 加えて、日本では官僚たちがアメリカで学び始め、すっかり新古典派経済学の思想に染められてしまいました。結果的に、橋本政権以降の日本は、
民党の政権が、新古典派経済学の教義に則り、デフレ下のインフレ対策を継続する(緊縮財政、金融ビッグバン、中央銀行の独立、行政改革、構造改革などなど)」
 ことになり、日本はマイナス成長が恒常化するようになりました。


 すなわち、バブル崩壊後の日本は、「冷戦の生き残りの地球市民たち」と「新勢力(日本にとって)の新古典派経済学」の両者から挟み撃ちを受け、体力を減らしていっていたのです。結果的に2012年、日本の民主主義は、この両者を相手取って戦わなければならなくなりました。別に説明はいらないでしょうが、「地球市民たち」が共産党、社民党、日本未来の党、さらに民主党の一部で、「新古典派」が日本維新の会、みんなの党、そして民主党の一部になります。


 世界の「戦線」は、基本的には民主主義対新古典派というスタイルなので、日本の民主主義にとっては「敵」が一つ多かったということになります。それでも、国民は、
「地球市民的なのも、新古典派的なのも、両方とも嫌だ! かつての国民経済が国民中心で成長できていた時代を【取り戻したい】
 と願い、自民党の「日本を取り戻す」というキャッチフレーズが見事に嵌ってしまったのだと思います。


 明日に続きます。



本日のエントリーを興味深くお読みくださった方は、

↓このリンクをクリックを

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。