まず、復興

テーマ:

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました。
『新古典派経済学の正体(前編)①』三橋貴明 AJER2012.11.20(3)

http://youtu.be/QZuYIh3S234

『新古典派経済学の正体(前編)②』三橋貴明 AJER2012.11.20(4)

http://youtu.be/mU3kutVIQjY
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【11月29日(木)国家ビジョン研究会シンポジウム(司会:三橋貴明)】
http://www.kokka-vision.jp/
 日時:11月29日(木)13時~17時 会場:衆議院第一議員会館
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

藤井聡京都大学教授 平成24年度総選挙に向けてのFacebook発信記録
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/index.php/general-election
是清プロジェクト開催中!(場所が変わりました)
https://m-keizaijuku.com/event
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 先日発売になった徳間書店「2013年 大転換する世界 逆襲する日本 」、相変わらず凄まじい勢いで売れ続けています。何と、一時はAmazonの総合ランキングで「2位」になっていました。(「任天堂公式ガイドブック とびだせ どうぶつの森 」だけ抜けなかった・・・・


 昨日0時より、本書のAmazonキャンペーンが始まっています。明日までの限定キャンペーンとのことですので、ご留意くださいませ。

【「2013年  大転換する世界 逆襲する日本」発売記念 Amazonキャンペーンのお知らせ】
期間:11月24日(土)0:00~11月26日(月)23:59
三橋貴明の著書 『2013年 大転換する世界 逆襲する日本』(税込1,680円)を Amazonでお買い求めの方に、 豪華著者特典(すべて語りおろし)をプレゼント!
詳しくは以下を!
http://www.maroon.dti.ne.jp/takaaki2013/  


 昨日はテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」の収録(放映は明日21時)と、頑張れ日本!全国行動委員会の「安倍晋三自民党総裁来場決定! 安倍「救国」内閣樹立! 国民総決起集会&国民大行動」の街頭演説部門に参加させて頂きました。本当は、安倍総裁がお越しになられた日比谷野外音楽堂のイベントから参加したかったのですが、「TVタックル」で正しいデフレ対策を強く主張するというのは、わたくしにしかできない仕事だと思い、頑張れ日本!の方は街頭演説のみの参加とさせて頂きました。


【2012年11月24日 有楽町にて 街宣車の上から撮影】

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


11/24 安倍救国内閣樹立!街頭演説会 1/3【三橋 ペマ・ギャルポ 田母神】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19432714
11/24 安倍救国内閣樹立!街頭演説会 2/3【三橋 三輪 倉山 他 】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19432768
11/24 安倍救国内閣樹立!街頭演説会 3/3【 赤池 永山 三輪】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19432869


 なぜわたくしが二回喋っているかというと、デモ行進組の皆さんが有楽町にたどり着かれる時間が遅れ、街頭演説開始の時間が10分押しになり、すでに1000名近くの皆様がお集まりになられていたので、前ふりを務めさせて頂いたためでございます。
  
 無料メルマガ「三橋貴明の「新」日本経済新聞」の執筆者として、柴山桂太先生(滋賀大学准教授)、施光恒先生(九州大学准教授)のお二方に加わって頂きました
http://www.mag2.com/m/0001007984.html
 なかなか豪華絢爛になって参りましたでしょう。


 さて、自民党の政権公約が公開されました。順次、解説をしていきたいと思います。


【日本を取り戻す 自民党】
http://special.jimin.jp/political_promise/index.html?tg=top


 経済関連だけピックアップ致します。


まず、復興
震災からの復旧・復興の加速 | 事前防災を重視した国土強靭化
■経済成長
日本経済の新しい姿 | デフレ・円高対策 | 弾力的な経済財政運営 | 成長戦略の推進
ニッポン産業再興プラン | 国際展開戦略 | 女性力の発揮


 「まず復興」は、まさに当然すぎるほど当然です。自民党以外の政党で「復興」を優先順位トップに掲げているところはあるのでしょうか。「日本の絆」とか綺麗ごとを言っておきながら、「脱原発!」「瓦礫処理反対!」だとか「自分のため」の政策ばかり叫ぶ連中には、本当にウンザリです。


 今回の自民党の公約のトップに「まず、復興」とあるのは、個人的に本当に嬉しく思います。


 さらに、事前防災を重視した国土強靭化 。国土強靭化基本法を制定し、「首都直下型地震」「南海トラフ巨大地震」に備えるための事前防止、減災対策を十年間の集中投資で実現する。


 特に危ない(というか、人口が集中している)三大都市圏の都市機能を守るための「都市防災」に重点を置く。さらに、北海道から東北、北陸、山陰、九州などの「第二国土軸(日本海国土軸)」を形成し、太平洋側のバックアップを図る。加えて、問題の首都機能のバックアップ、分散化を推進する。


 などなど、完璧に藤井聡先生の「列島強靭化論」に沿った形の政策となっています。


 また、「道路・鉄道のミッシングリンク(=未開通部分)解消」「港湾など交通網整備」「学校、公共施設、民間建築物等の耐震化加速と通学路の歩道整備」と、民主党政権下では絶対に不可能だった「国家としての当たり前のインフラ整備事業」が盛り込まれています。


 自民党は国土強靭化の取り組みにより、地域経済の中長期的発展の呼び水とし、雇用を創出する(そう書いてあります)という、デフレ期にはまことに正しい方向を目指そうとしているわけです。現在の問題(デフレによる雇用・所得不足)を解消することで、将来の問題(インフラ老朽化、次なる大震災)をも解消する。現在の日本にとって、グランドビジョン的な話でこのコンセプトを上回るものはないでしょう。


 さらに「経済成長」。


 本ブログで、わたくしはくどいほど「成長こそが全ての解」と繰り返していますが、自民党の公約では「縮小均衡の分配政策」から「成長による富の創出」(厳密には「付加価値の創出」ですが)と、経済成長による諸問題を解決する姿勢が前面に出ています。


 デフレ対策については、2%のインフレターゲット(物価目標)を設定、その達成に向け、日銀法の改正も視野に、政府・日銀の連携強化の仕組みを作り、大胆な金融緩和を行うとのことでございます。


 また、TPPについては「「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、TPP交渉参加に反対します。」と書かれていますので、現行のTPPである以上、自民党政権が勝てば話はジ・エンドになるわけです。TPPとはまさに「聖域なき関税撤廃(しかも、多国間で期限を切って)」という自由貿易協定でございまして、さらにすでにして参加国で相当程度ルールが詰められています。


 ここで日本を参加させるために、
「あ、ごめん。じゃあ、聖域なき関税撤廃というコンセプトは取り消しで、ルールは全てゼロから作り直し」
 となったら、それはそれで面白いのですが、まあ不可能でございますね。何しろ、ここ二年間くらいの各国の議論が全て「白紙」という話になってしまいますので。ちゃぶ台ひっくり返しもいいところです。


 自民党の経済政策には、
「財務省と日銀、さらに民間が参加する「官民協調外債ファンド」を創設し、基金が外債を購入するなど様々な方策を検討します。」
 などと、何を言っているのか、何をやりたいのかさっぱり分からない妙なものもありますが、この辺は党内議論の妥協の産物なのでしょうね。なかなか「パーフェクト!」とはいかないのが、現実の世界です。


 それにしても、資源関係で、
「資源確保の推進に関する法律」を制定し、従来の化石燃料に加えて、メタンハイドレート・レアアース泥なども含む海洋資源開発への集中投資(ヒト・モノ・カネ)や都市鉱山の活用などによりエネルギーの供給体制強化及び「資源小国から資源大国へ」の転換を図ります。」
 という文言が入っているのは、なかなか驚きました。(原発については明日、取り上げます)


「資源小国から資源大国へ」
 上記は国家(及び民間)の大々的な投資なしでは実現できません。そして、新たな分野への投資は、そのまま「国民の付加価値の増大」になり、GDPという国民経済全体のパイを増やします。


 何を言いたいかと言えば、同じ「投資」であっても、「生産性を高める(労働者一人あたりの付加価値を高める)」投資や、あるいは「他者のシェアを奪い取るための投資」は、デフレ期の国はあまりやらない方がいいという話です。何しろ、生産性向上や「シェア奪取」は失業者を増やし、消費を中心とした全体の需要を押し下げてしまいます。


 無論、企業というミクロレベルで「生産性向上」や「限られたパイの中でシェア拡大」を目指す投資をするのは当然であり、止められる話ではありませんが、マクロ(国民経済)レベルでは好ましくないという話になります。


 エネルギー分野は、日本にしては珍しく「インフレ状態」になっています。この分野で政府が投資を拡大し、供給能力を増やせば、単にその分だけGDPが押し上げられ、雇用が生まれるだけなので、マクロでデフレに陥っている国にとっては実に適切な投資ということになります。


 明日以降も自民党の経済政策について解説を続けたいわけですが、とにもかくにも「まず、復興」を頭に持ってきてくれたことは、一日本国民として大変うれしく思ったわけでございます。

 他の政党は、果たして「東北復興」を公約の中に入れてくれるのでしょうか。注目しています。



「まず、復興」に「当然だ」とご賛同下さった方は、
このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。