本当に大切なもの

テーマ:

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました。
『三橋貴明のギリシャ紀行(後編)①』三橋貴明 AJER2012.10.23(1)
http://youtu.be/7824Ar8qJkQ
『三橋貴明のギリシャ紀行(後編)②』三橋貴明 AJER2012.10.23(2)
http://youtu.be/B1Brp4qsEqo
後編がアップされました!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【11月29日(木)国家ビジョン研究会シンポジウム(司会:三橋貴明)】
http://www.kokka-vision.jp/
 日時:11月29日(木)13時~17時 会場:衆議院第一議員会館
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 本日はキャリアコンサルティング社主催「三橋国家経済塾」の開催日です(三橋経済塾ではありません)。塾生の皆様、よろしくお願いいたします。


 いよいよ先週木曜日発売の週刊実話から、連載「三橋貴明のマスコミに騙されるな!」が始まりました。第一回のタイトルは「デフレと情報の歪み」になります。よろしくお願いいたします。(今週木曜日発売号に掲載される第二回は「国の借金というプロパガンダ」になります)


 個人的にとても嬉しいニュース。


自民党は「マニフェスト」を使わず「政権公約」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121101/stt12110119340005-n1.htm
 自民党は1日の総選挙公約検討委員会で、次期衆院選の公約は「マニフェスト」との名称を使わず「政権公約」とすることを確認した。民主党が先の衆院選で掲げたマニフェストの目玉政策が軒並み修正を余儀なくされていることを念頭に「マニフェストという言葉のイメージが地に落ちている」(甘利明政調会長)ことから敬遠した。
 自民党の掲げるキャッチフレーズは「日本を、取り戻す。」。それだけに、甘利氏は「カタカナでごまかさず、政権公約という正しく美しい日本語で表現する」とアピールした。』


 民主党政権は、とにかく様々な「用語」や「フレーズ」を汚しまくってくれました


政権交代:「単なる政権が代わる」から、「とりあえずやってみたら、却って状況が悪くなること」に意味が変化

トラストミー:「信じて下さい」から、「信じてはダメだよ。ボク、ルーピーなんだから」に意味が変化

近いうち:「近々にしましょう」から、「とりあえず口約束しただけで、いつかは分からない」に意味が変化

腹案がある:「わたくしは何らかの代替案を持っている」から、「実は何も考えていない」に意味が変化

政治主導:「専門家の政治家が官僚を主導する」から、「ド素人の政治家が官僚に主導される」に意味が変化


 まあ、「コンクリートから人へ」のように、当初から、
将来世代のための投資を削減し、現在生きている人にお金を配りましょう
 と、おぞましいコンセプトのスローガンもありましたが、日本国民が民主党お得意の「フレーズ」「スローガン」に疑問を抱かず、定義や意味を考えようとせず、
「そうだよ、政権交代だ! コンクリートから人へ、素晴らしい!」
 とか印象に基づきやってきたツケを、わたくし達は今、支払わされているわけです。このツケは何とかわたくしたちの世代だけで支払いを終え、将来世代には「ツケを残さない」という態度が求められるのだと思います。


 そういえば、野田総理お得意の「将来世代へツケを残さない」について、
「それは、日銀が(インフレ率が許す限り)買い取れる国債発行残高を減らすことではなく、適切な投資を怠り、将来世代に荒廃した日本、所得を稼げない日本、犯罪率が上昇した日本、安全保障が崩壊した日本を残すことだろ。日銀が買い取れば話が終わる『国の借金』とやらと違い、インフラや国土、社会基盤の崩壊はそう簡単に回復できないんだぞ」
 と、批判を繰り返していますが、本当に現在の日本の問題は「言葉の問題」が多いです。というよりも、ほとんど言葉の問題のみにより、解決策を講じることを妨害されているようなものです。

 民主党お得意の「言葉」に、「ムダの削減」というものがありました。


 三橋は今月に徳間書店から発売になる「2013年 激変する世界 狙われる日本 」の校正作業をしているわけですが、この中で取り上げたエピソードを一つだけご紹介。


 来年10月に、神宮(伊勢神宮)の式年遷宮が行われる予定になっています。神宮では、原則として20年ごとに内宮や外宮のお宮を造り替え、神様にお移り頂く行事を執り行います。神宮の式年遷宮は、飛鳥時代の天武天皇が定め、持統天皇の治世に第一回が行われたと記録されています。何と西暦690年です。


【写真 現在、建築工事中の正宮(内宮内)】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

 現在、来年10月に神様(天照大神)にお移り頂くお宮を建築中なのですが、この建築方式が何と「弥生建築方式」なのです。信じられますか。「弥生」建築方式です。弥生とは、もちろん弥生時代の「弥生」になります。


 二十一世紀に、1500年以上昔の建築手法が現役の国など、間違いなく世界に我が国だけです。そして、日本に弥生建築が残されたのは、まさに神宮が二十年ごとに式年遷宮を繰り返し、建築技術が若い世代へと受け継がれてきたためなのです。


 ところで、この式年遷宮ですが、コストが約500億円かかります。


 さて、この500億円は、高いでしょうか? それとも安いでしょうか? 特に、デフレが継続している現在の日本において、500億円分の日本円など、日銀が指先一つでパパパッと生み出す(日銀当座預金の残高を増やす)ことが出来る「程度」のモノでしかありません。


 それに対し、蓮舫氏方式で、
「500億円もかける必要があるんですか!? ムダです! 今回は式年遷宮は見送りましょう」
 などとやってしまうと、1500年以上前から連綿と伝えられてきた弥生建築方式は失われてしまいます。そして、二度と取り戻すことはできないでしょう


 日本国民は、「言葉」(「ムダの削減!」とか「官僚制度は非効率!」とか「既得権益が!」とか「利権が!」とか)に惑わされ、本当に大切なものを失いつつあったのだと思います。結果が、現在の体たらくなのです。


 というわけで、自民党が「マニフェスト」という汚されてしまった言葉を捨て去り、「政権公約」に立ち戻るニュースを嬉しく感じたわけです。

マニフェストにはルールがあるんです。書いてあることは命懸けで実行する。書いてないことはやらない。それがルールです」

 ↑これを言ったのが、野党時代の野田総理大臣でございますので、もはやあまりの情けなさに憐憫の情がわいてくるほどです。


「はじめに言葉ありき」
 でございますよ。言葉を大切にしなければ、コミュニケーションは巧く行きませんし、問題の解決もできません。コミュニケーションが巧くいかず、問題が深刻化すると、社会が荒廃します。これは、どこの国でも同じだと思います。


 ましてや、我が国は「言霊」の国なのです。



本日のエントリーで「本当に大切なもの」について考えて下さった方は、

このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。