遠交近攻

テーマ:

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


チャンネルAJER 更新いたしました。
【『「インフレ」って何なんだろう①』三橋貴明 AJER2012.8.7(3)】
http://www.youtube.com/watch?v=UaeFBJd-9g8&feature=plcp
【『「インフレ」って何なんだろう②』三橋貴明 AJER2012.8.7(4)】
http://www.youtube.com/watch?v=D4yKo-4R55A&feature=plcp
珍しく「経済学的」な話。マネタリーベースとマネーストック、それにコアコアCPIについて予習してから、ご視聴くださいませ。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

8月26日(日)15時-山陽小野田市シンポジウム「企業誘致フォーラム」 開催

9月8日(土)15時45分-長浜市長浜商工会議所主催 講演会「『日本経済ダメ論』のウソ 」開催

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【【耐震補強】浜岡原子力発電所 取材特集~浜岡原発は今[桜H24/8/14] 】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/1344929075
Youtube:
http://www.youtube.com/watch?v=9F6_nfM2A00


 本日は福岡で麻生太郎元総理の「麻生政経文化セミナー 21世紀への提言」での講演のお仕事があり、早朝の飛行機で博多空港に飛びます。う~む・・・・、微妙に眠い。


 李明博大統領の「暴挙」のおかげで、緊急の仕事が複数舞い込み、単行本のゲラチェックと同時にそれらをこなさなければいけなかったため、昨日まで大変でした。何とか寄稿系の執筆は(あと一本を残して)終わりましたので、本日から「今月の仕事」に書かれます。って、あと十日しか残っていないじゃないですか!


 最近になって気が付いたのですが、韓国はいつの間にか97年と08年の二回、通貨危機に陥ったことになっているんですね。いや、もちろん、それで合っているんですが。わたくしのデビュー作(ヤバ韓)は、08年の危機を予見し、07年6月に出版されたものですし。


 とはいえ、最近まで08年の危機は「通貨危機」と呼ばれていなかったような気がするんですが・・・・。日本のマスコミが言わなかっただけで、韓国国内の受け止め方は違っていたのでしょうか。

 それはともかく、李明博大統領は後になってみれば、
日本にとって最も素晴らしかった韓国大統領
 と「評価」されるような気がします。何しろ、重症としか表現しようがない平和ボケに陥っていた日本国民の目を覚まし、日韓関係を「正常化」に向かわせつつあるのです。


 そもそも、遠交近攻と表現されるように、隣国同士で「日韓友好!」とかやっている方が異常なのです。遠い国と親しくし、近い国とは揉めるのが「グローバルスタンダード」でございますよ、日韓友好!とか有り得ない幻想に浸っている一部の日本マスコミ殿。大体、領土問題を抱えている日韓両国で友好など、現実には不可能です。もし、形だけでも「友好」が成り立っていたとしたら、それは片方の国が一方的に国益を相手国に献上している場合だけです。外交はゼロサムゲームで、片方が国益を増やしたとき、反対側の国は必ず減っているのです。


 今回の一件、韓国軍の総司令官である李明博大統領の竹島上陸もそうですが、それ以上に天皇陛下に対し無礼な発言をしたことが、日本国民の逆鱗に触れました。わたくしも、韓国人ではないですが、「血がたぎる」ほどの怒りを覚えました。国家や国益、あるいは「日本」が何なのか、思い出させてくれてありがとう、李明博統領。


 本ブログユーザーのほとんどの皆様はご存じでしょうが、韓国では「世界唯一の皇帝」である天皇陛下について、「日王」などと言語道断な呼び方をしています。中国でさえ「天皇」ですから、韓国がどれほどまでに歪んだ異常国家であるかが分かると思います。
  
韓国外相、天皇陛下は「謝罪すべき」http://sankei.jp.msn.com/world/news/120821/kor12082119170002-n1.htm
 韓国の金星煥(キム・ソンファン)外交通商相は21日、国会外交通商統一委で、李明博(イ・ミョンバク)大統領の天皇陛下に対する謝罪要求に関し「謝罪すべき部分があれば謝罪すべきなのは間違いない」と答弁。また昭和天皇にも言及し「戦争責任がある」との認識を示した
 天皇陛下への謝罪要求をめぐっては韓国政府高官が韓国メディアに「日本側に誤解があり、十分に説明する用意がある」などと釈明していた。
 藤村修官房長官は21日の記者会見で金星煥外交通商相の発言について「事実なら極めて遺憾であり当然、韓国側に抗議する案件だ」と語った。(後略)』


 もうあれですね、対韓外交で「遺憾」という言葉を使うのはやめましょうよ。百歩譲り、国内問題で政治家が「遺憾」と言うのは構いませんが、天皇陛下に対する失礼な物言いにまで「遺憾」(思い通りに事が運ばなくて残念だ、程度の意味です)というのは無いと思います。


「我が国として許しがたい無礼であり、断固として対抗措置をとる」


 と発言し、「相手にダメージを与える具体的なアクション」を、淡々と進めていけばいいのです。もはや、韓国は日本の「敵性国家」なのです。


 別に、煽りたいわけではないですが、現実的に「我が国固有の領土」である島根県竹島に軍隊の総司令官が不法に上陸した時点で、相手国は敵性国家です。と言いますか、これでも柔らかく「敵性国家」と呼んでいるわけで、「グローバルスタンダード」であれば、ずばり「敵国」と表現するでしょう。


 李明博大統領及び元韓国政権が「日本にとって本当に素晴らしい」と思うのは、「あの民主党政権」すら動かしてしまっていることです。


ICJ共同付託、拒否なら日本単独提訴 韓国に説明義務
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120821/plc12082123130018-n1.htm
 政府は島根県・竹島の領有権に関する国際司法裁判所(ICJ)への共同付託を、韓国が正式に拒否した場合は単独提訴に切り替える方針だが、これには韓国側の主張の不当性を国際社会に訴える狙いがある。日本がICJに単独提訴して、韓国が同意しない場合は、理由の説明義務が生じるためだ。
 ICJの裁判は相手国の同意がなければ成立しない。仮に韓国が同意すれば裁判が始まり、判決が出れば国連憲章に基づいて履行義務が課され、不履行の場合は国連安全保障理事会が勧告や措置を決定する。
 しかし、韓国は共同付託に同意しないとみられ、日本政府が単独提訴した場合、韓国は同意しない理由を説明しなければならない。その説明が合理的でなければ日本の主張の正当性を国際的にアピールできるというわけだ。同時に政府は1965年の国交正常化時に交わした日韓紛争解決交換公文に基づき、第三国による調停を提案しているが、韓国はこれも拒否する見通しだ。』


 野田政権は昨日、竹島の領有権について国際司法裁判所(ICJ)に付託するよう韓国政府に正式に提案しました。無論、韓国側は「断固拒否」でしょうから、日本側は単独提訴の手続きを進めることになります(訴状を作らなければならず、少し時間がかかります)。


 日本の方は「ゴール」が明確(竹島について国際司法裁判を実現すること)ですので、淡々とプロセスを進めていけばいいわけです。ゴールを達成するまで、一つ一つ、敵性国家と化した韓国に対する「経済制裁」を課していく。しつこいですが、これが外交のグローバルスタンダードです。
 
 先ほど「遠交近攻」と書きましたが、日本は韓国や中国との関係を疎遠にし、「その向こう側」の国々と交友を深めることが国益に沿います。これは「定説」というよりは、過去の歴史が証明している事実です。


 そう考えると、麻生元総理の「自由と繁栄の弧」は、見事に遠交近攻だったなあと思うわけです。「次なる」日本の政権は、再び「自由と繁栄の弧」を推進することを宣言しても構わないのではないか、などと考えているわけでございます。



「自由と繁栄の弧の復活を!」にご賛同下さる方は

このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。