地上波に乗せて

テーマ:
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明後援会ホームページの「三橋通信 」で、三橋の日々の活動内容をご紹介しています。
株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから」

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

--------------

三橋貴明の新刊、続々登場!

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました.

『バブル崩壊と資本主義(前半)①』三橋貴明 AJER2011.9.20(1)

『バブル崩壊と資本主義(前半)②』三橋貴明 AJER2011.9.20(2)

今週と来週、二回連続で「バブル崩壊」についてお話いたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 先日、発売になった飛鳥新社「大マスコミ 疑惑の報道」http://www.amazon.co.jp/dp/4864101108/  ですが、またもやamazonで在庫切れになってしまいました。まことに申し訳ありません。
 楽天ブックス(http://books.rakuten.co.jp/rb/item/11377751/ )、セブンネットショッピング(http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106085534/subno/1 )は在庫があるようです。よろしくお願い致します。


 「なぜか」PHPの「韓国人がタブーにする韓国経済の真実 」や青春出版の「サムスン栄えて不幸になる韓国経済 」が売れています。わかりやすいんだから、皆さん。
 
 さて、来週の木曜日10月6日の21:00から、TOKYO MX(首都圏だと9ch)の「ゴールデンアワー
http://www.mxtv.co.jp/gold/index2.php 」の【ゴールデンサミット】にレギュラー出演します。【ゴールデンサミット】は、時事的な経済ネタについて、わたくしがグラフやフィリップを使って解説し、出演者および視聴者に「正しい情報」を伝えていくというものです。


 初っ端から、いきなり「税金とは何か?」をやります。無論、「なぜ財務省が増税をしたいのか?」「2010年7月まで財務次官だった人物は、今、何をやっているのか?」まで全てお話しするつもりです。


 その後も「為替とは何か?」「お金とは何か?」「デフレとは何か?」などなど、本ブログや著作で解説してきたことを、地上波に乗せてお送りしていく予定になっています。ご期待ください。


 チャンネル桜の【桜プロジェクト】や、TOKYO MXの【ゴールデンサミット】の他にも、東京の地上波からお仕事の「打診」が来ております。こちらはまあ、いつものように没ると思いますが、決まりましたらまたお知らせ致します。


 繰り返しになりますが、日本国の問題は、ただ一つ。「情報の歪み」だけです。


 これを是正できるのであれば、わたくしは何でもやるつもりです。なんというか、「真っ当な戦い方」「王道の戦い方」をした挙句、国民経済が崩壊した日本を将来世代に残すのはごめんです。やれることは全てやり、現在以上に強靭な日本経済を将来世代に残したいと思います。


 そのためのキーワードは、以前から書いているように、やはり「票」と「ビジネス」です。特に、マスコミ問題は上記の「大マスコミ 疑惑の報道」の最後に書きましたが、政治家が動かなければどうにもなりません。そして、政治家が動くためには、結局のところ国民が動くしかないという話です。


 クルーグマン教授が「まず、議会を通らん(残念ながら)」と言っていた、オバマ大統領の雇用創出計画について、ガイトナー財務長官の発言です(情報提供:clabrar様)。


ガイトナー米財務長官:大統領の雇用計画、インフラ再構築が特徴
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=a8VQdYkZERto
 ガイトナー米財務長官は、オバマ大統領が提案した4470億ドル(約34兆円)の雇用計画ではインフラの再構築が重要な特徴だとの認識を示した。
 ガイトナー長官は26日、ケンタッキー州ルイビルで、同計画の重要な部分の一つは「米国のインフラを再構築するために国民をすぐに雇用することだ」との声明を発表。「可能な限り生産的かつ効果的であるために、米国のビジネス界には力強く、信頼できる、近代的なインフラ基盤が必要だ。それは政府がその一翼を担うよう求められていることを意味する」と続けた。
 同長官はルイビルを訪問し、実業界の幹部と同雇用計画について協議したほか、米小荷物輸送ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)の事業所を視察した。 』
 
 上記の記事は、恐らく日本の大手マスコミには取り上げられないでしょう。何しろ、マスコミが中心になって推進してきた「公共事業悪玉論」とぶつかる政策ですので。


 本日収録のチャンネルAJERで「バブル崩壊後にどうするべきなのか」について話す予定ですが、いくら超低金利だからといって、政府が「産業政策」とやらを推進するべきではありません。国民のニーズや将来ニーズを捉え、製品開発をし、設備投資をし、供給をする主役は、資本主義下においてはあくまで民間企業なのです。


 資本主義とは、民間主導で国民経済の規模(GDP)を拡大し、国民が豊かになり、政府の税収も増え、安全保障を実現するのが本質です。「政府主導」で国民が豊かになることなど、できません。それは、ソ連共産党の失敗からも明らかです。(そういう意味で、ユーロも「政治主導型」のシステムで、国民が豊かになることを目指し、失敗したわけですね)
 日本の国民経済が強靭なのは、他国よりも公務員が少なく、民間の力が強いためだと確信しています(強すぎてデフレですが)。
 
 とはいえ、バブル崩壊とは、その資本主義の主役たる民間が投資を減らし、借金を返し始めるからこそバブル崩壊なのです。民間が借金返済、投資縮小に走ると、GDPは激減します。


 また、民間がお金を借りなくなるため、政府の国債金利はぐんぐんと下落していきます。


【図 日本の長期金利の推移(単位:%)】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_35.html#10


 上記の日本の長期金利の推移を見ると、「資本主義の神様」からのメッセージが聞こえてこないでしょうか。
 すなわち、
「民間が借金して投資をしようとしていないのだから、日本政府が代わりに借金し、将来の成長のための社会基盤整備(インフラ整備)をしなさい」
 というものです。


 そういう意味で、同じくバブル崩壊し、日本同様に長期金利が大恐慌期並に低迷しているアメリカが、インフラ再構築で雇用創出を試みるというのは、全くもって正しい政策になります。
 問題は、これまた日本同様に、「バブル崩壊の意味」を理解しない国民や政治家が多く、真っ当な政策を実施できないという点です。現在の日本とアメリカは、まるで兄弟のように似ています。 


本ブログで「国民経済」の本質がわかってくる、とご評価下さる方は
↓このリンクをクリックを。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


【三橋の新刊、続々登場!】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!
 
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。