覆せない真実

テーマ:
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明後援会ホームページの「三橋通信 」で、三橋の日々の活動内容をご紹介しています。
株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから」

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

--------------

三橋貴明の新刊、続々登場! 

 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

NEW!チャンネルAJER更新しました.

『TPPに反対する理由』三橋貴明 AJER2011.8.23(1)
『TPPに反対する理由』三橋貴明 AJER2011.8.23(2)

今回は、珍しく経済学的な話(リカードの比較優位論とか、セイの法則とか)をしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 うぉっ! 昨日のUU数がパソコンだけで4万近くにまで達しております(プラス、携帯ユーザ)。尖閣諸島のビデオがYoutubeに公開されたとき以来でしょうか。


 民主党代表選のせいなのでしょうが、携帯合わせて5万を超える(UU数で)方々に、昨日のエントリー「真に危機感を煽るべきこと」をご覧頂いたというわけで、大変嬉しく存じます。


 話が変わりますが、昨日はなぜか一日にテレビ関係の仕事のオファーが二件来ました。まあ、例により決定するかどうかは分からないのですが、決まり次第、お知らせいたします。


菅内閣きょう総辞職 在任449日目 3カ月居座る異例の展開
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110830/stt11083007570007-n1.htm
 菅内閣は30日午前の閣議で総辞職する。菅直人首相の後継となる野田佳彦民主党代表は30日午後の衆院本会議で首相に指名されるが、組閣はずれ込む方向。それまでは憲法の規定により菅内閣が「職務執行内閣」を務める。(後略)』


 日本憲政史上「最悪」と断言できる(今のところ)菅内閣が、ようやく幕を閉じることになりました。

 「尖閣諸島に代表される領土問題」「東日本大震災」「福島第一原発の事故」といった、国家が主導しなければどうにもならない件について、まともな対処が出来ず、その割に「TPP」「税と社会保障の一体改革」「再生エネルギー」などなど、
今やるべき話か!」 
 と叫びたくなる余計なことには次々に手を出し、人気取りを図りました(失敗しましたが)。さらに、「人権侵害救済法案」を推進し、在日韓国人から献金を受け、返金したと言いつつ領収書を出せず、しかも市民の党の関連団体に五千万以上の寄付をするという、まさに「日本の国益のためにならない事象のデパート」のような人でした。


 しかも、最後の最後で、こんなことをやって行きます。


菅首相、最後も思いつき 朝鮮学校無償化を「唐突」指示 党の親北体質、疑惑上塗り
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110829/plc11082923120016-n1.htm
 菅直人首相が退陣まで秒読みとなった29日、唐突に朝鮮学校への高校授業料の無償化適用手続きの再開を指示したのは、首相が「思いつき」ばかりとさんざん批判されてきた政治手法について全く反省していないことを示す。「首相は自ら決着をつけるつもりだったのだろう」(高木義明文部科学相)とい
うが、むしろ立つ鳥が跡を濁した形で、本心では拉致問題を軽視している証左でもある。(後略)』


 何と言うか、日本人の常識や感性とはかけ離れた人物だったのだなあと、つくづく思います。


 次の首相は、現時点では民主党の新代表である野田氏になります。わたくしが恐れていたシナリオの、下から二番目というわけです。(最悪は前原氏)


 さすがに、菅氏よりははるかに仕事をするでしょうが、もちろん野田氏は財務省の傀儡です。復興増税、税と社会保障の一体改革の二路線で、増税路線をまい進し、国会を停滞させることになるでしょう。


 野田氏が自民党にしつこく大連立を呼び掛けていたのは、さすがに増税となると連立無しでは成立しないためです。そういう意味で、増税が目の前に迫っているというわけではないですが(自民党が連立しないので)、増税論議で東日本大震災の復興がさらに遅れるのを懸念しています。


【図 全ての源泉はGDPである】


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_34.html#GDP


 しつこく上記の図を使いますが、政府の税収の出所は、GDP以外に存在しません。そして、GDPは政府の支出(消費、投資)と国民の支出から成り立っています(額が小さい上に、ややこしくなるので純輸出は省略します)。


 すなわち、税率が一定であっても、GDPが増えて行けば税収は増えます。逆に、税率が一定であっても、GDPが減れば税収も減ります


 日本政府が増税をすると、国民に渡る可処分所得が減ります。すると、よほど剛毅な国民でないかぎり、次の段階の支出(消費、投資)は減ります。
「政府が増税して、可処分所得が減った! よっしゃ! 金を使おう!」
 などと思える人は、あまりいないと思うわけです。普通の人は、消費性向はそのままに、単純に支出を減らすか、最悪は「所得が減ったため、将来不安を抱き、貯蓄を増やす」という行動を取ってしまうでしょう。


 可処分所得から貯蓄に回るお金が増えると、逆にGDPに回る支出は減ります
 いずれにしても、政府が増税をすると、次の段階のGDPが減ります。無論、政府からGDPに回った支出(公共投資など)に乗数効果が働き、GDPを少しは戻せますが、民主党政権が復興以外の公共投資増に乗り出すとは思えません。むしろ、増税で増やしたお金をGDPとは無関係な所得移転に回してしまうでしょう。


 さて、政府の増税でGDPが減ると、翌年の税収が減ります。すなわち、財政の悪化です。これがそのまま発生したのが、まさしく98年なのです。


 あの時は、政府が97年に消費税アップ(及び社会保障の国民負担引き上げ)で「国民⇒GDP」の支出の流れを細くした挙句、「政府⇒GDP」の支出までをも絞り込みました。翌年(98年)のGDPが減って当たり前ですし、結果的に税収が(4兆円も!)減少して、これまた当たり前なのです。
(橋本政権の緊縮財政や、「なぜ、そんなことをしたのか」については、9月1日に角川書店から発売になる「黄金の復興計画 成長を阻む道路不要論から脱却せよhttp://www.amazon.co.jp/dp/4048851047 」で詳しく解説しています。)


 無論、政府が増税するべき時期もあります。名目GDPが想定を超えて拡大していっている時期です。すなわち、高インフレ率のときか、もしくはバブルの時です。


 インフレ率が高い時期、あるいは経済のバブル化が進んでいる時期は、政府は増税や支出削減で「名目GDPを成長させない」を目指す必要があります。


 それでは、現在の日本はどうでしょうか。


【図 日本の名目GDPの推移(単位:十億円)】


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_34.html#Meimoku


 恐ろしいことに、97年の橋本政権以降、日本の名目GDPは延々と横ばいを続けています。GDPとは国民の所得の総計ですから、これがまさに、デフレの恐ろしさなのです。


 こんな時期に、増税を強行し、国民の可処分所得を減らしてしまったら、どうなるか?
 名目GDPが横ばいの時期は、増税をすると却って減収になり、財政が悪化するのです。これはまさに、「統計的に覆せない真実」なのです、野田さん。




政府は増税よりも「経済成長」を目指せ!と思われた方は、
↓このリンクをクリックを。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


【三橋の新刊、続々登場!】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!
 
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。