いま「転機」を感じている方も、そうでない方も。

 

 

転機という時期は、とても繊細なもので

ここから「いい流れ」に行くときもあれば、気づかずに「よくない流れ」に行っているときもあります。

 

 

色んな方々の人生に触れているなかで

観察していくと、こんな「傾向」がみえてきました。

 

 

よくない流れに向かっているとき

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・この変化の流れの「答え」のようなものを知りたい

・「直感」と言いながら、考えることを停止している

・自分だけで何とかしようと思う

・「これが正しいと思いたい」「それ以外の人や世界を排除したくなる」という自分の正しさに固執している

 

 

よい流れに向かっているとき

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・ひとつひとつの感情や出来事に対して

良い悪いで捉えず、まっすぐ向き合えている

・思考と直感、どちらも使っていく

・自分だけではなく、他力もつかっていく

・試練がくる(目を背けてきたことと向き合う出来事がくる)

 

 

 

こういう表現をしてアレですが

 

「自分はどっち?」と当てはめたくなっているときは

その傾向が、すでに「前者」に偏っているのでご注意を!笑

 

 

なので、その答えをみつけるよりも

 

「自分は前者かもしれないな」という捉え方で

『今、目の前にあるコト』と向き合う

 

この方がとても自然で、直感も思考も力をかしてくれるような気がします🙆‍♀️

 

 

 

じゃあ、何からはじめる?

 

過去や周りと比較して

「調子がよい/悪い」と評価をせず

無理に未来も描こうとせず

 

いま起こっているコトと

「まっすぐ」向き合えるといいですよね。

 

 

「まっすぐ」とは

《良いコト/悪いコト》という

評価の捉え方ではなくて

 

 

仮に悪いコトであっても...

 

 

(Step1)

お利口さんという仮面をおいて

ぶっちゃけると、今何を感じてるよ?

 

まずは感じていることを出しきってみよう

 

 

(Step2)

それでもスッキリしないなら

具体的に、それの「何」が嫌なの?と問いかけてみる

 

 

(Step3)

最後は、しっかり『行動』へ!

いまの自分が「笑顔」になるために

今の自分でもできる範囲で、何ができる?

 

 

この辺の問いと向き合ってあげながら

そこから出てきた答えを、まずは『行動』してみる

 

すると、その一歩が『次』を教えてくれます♪

 

 

 

最後に。

 

こういう時期に、頑張り屋さんほど

「100点満点」を目指そうとしがち。

(これが余計、息苦しくさせる)

 

 

それよりも

『今の100%で、今の自分と世界と向き合う』ことに集中してみるといいですね👌

 

 

他の誰でもなく、「自分」へ。

過去や未来でもない、「今」の自分へ。

 

 

 

 

最近クライアントさんが

先月あたりから、それぞれの転機を迎え

一生懸命「答え」や「行動」を求めようとして

息切れしそうになっていたところ

 

ここで書いたことをお伝えすると

ふっと力が抜けて、いい状態で、また歩み始めていっています。

 

 

ご無沙汰の投稿となりましたが

きっと他にも同じような感覚で日々を過ごしている方もいると思って、ちょっとシェアしてみました。

 

 

そんな私自身も約1ヶ月前から

大きな転機のなかに、どっぷりいます。

 

そして、まだ途中です。

本番と思っていたことは「序章」に過ぎず、本番はこれからのようです。笑

 

 

 

まぁ、日々生きていれば色々とあるし

うまくいかないときも、ありますよね。

 

向き合うものも人それぞれですが

同じ時期を過ごす仲間がいたら、まずは心からエールと祝福をおくらせてください👏

 

そして、一緒に

まずは「今できること」からいきましょ✨

 

 

 

もし私で力になれることがあれば

いつでもご連絡お待ちしております^^

 

 

▪︎私のコーチングはこちら▪︎

 


こんにちは。田島です。


ちょっとここ2ヶ月間
日々クライアントさんの人生に寄り添いながら感じていたことを、言語化してみたい。

もしかしたら、これを読んでいるアナタも同じ心境でいる(いた)かもしれません。
 

なのでこの記事がその背中を押すようなきっかけになれますように。

そんな祈りをこめて、書いてみます。
 

 

 

この2ヶ月の、心の流れ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

4月は「新学期」「新年度」ということもあり
新しい職場や人間関係のはじまりを迎えることは例年どおり。

ただ今年の4月に関しては
私個人としても、クライアントさんも

「えっ、何でこんなに色んなコトが起きるの?」
「あなたは結局、どうしたいの?どこへいくの?という言葉を出来事から問いかけられて、つらい。笑」
「はぁ、また手放すのか...笑」


どこか自分の本心を試されるような場面がとても多かったように感じます。



私だけではなく、クライアントさんが
実際どんなことが起きていたかというと

・自分が本当に在りたかった言動と、現実が真逆の選択をとっていた
・今まで目を背けてきた、けどどこかでずっと向き合わなければと思っていたことといよいよ対峙した
・何か大きなものを手放す決断をした
・勇気を出して、誰かと真正面から向き合った
・別れもあったけど、新しい仲間の存在が現れた
・自分の理想を手放して、「自分の輝く場所」を思い出した

そんなことが、家庭や仕事上で起きていました。


もしあなたもそんな変化がありましたら
まずは『お互い、本当にお疲れさまです!』と伝えさせてください。

 

 

 

そんな大きなお試し期間を
しっかり自分自身と向き合い、区切りをされた方は

5月に入った瞬間、何か力がふっと抜けて、そこから一気にやることがハッキリして、現実が『動き』だした

そんな流れが、とても増えたように感じています。

(あなたはどうですか?)



ただ、動き出したからこそ
色んなご縁とも繋がりはじめたからこそ

また新たに向き合うことに直面し
もしかしたら今も「うーん、なんだかな〜」という気持ちでいるかもしれません。

そんな方に、ぜひ伝えたいコトがあります。
 

 

 

大きな支援の前には

必ず「試練」がやってくる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

私はこの言葉を、日々何かが起こる度に思い出します。


何かに挑戦しているとき

自分にとって大切な想いがあるときほど

「えっ、何でここでこんなことが起きるの?!」
「せっかく調子良くなってきたのに、また〜?!」
「なんか急に、周りに対してモヤモヤ/イライラが増えた」
「別にネガティブな感じはないけど、うまく言葉にできない何かがあるんだよなぁ」


そんなマイナス感情のような『違和感』に、必ず出会います。


その瞬間はとっても嫌な気持ちになりますが
ではそのマイナス感情や違和感が「悪」なのかというと、私は全くちがうと考えています。

なぜなら、日々のなかでの「悲しみ」も、「怒り」も、「モヤモヤ」も、それだけ《自分にとってゆずれない大切な何かの琴線に触れたから》生まれるものだからです。
 

 

 

そもそも、悲しみも怒りも、ものすごくエネルギーを使います。

出した後どっと疲れるので、どうでもいいことにはイチイチ反応していられないわけです。


そんな視点からみると
マイナス感情は「悪」ではなく

むしろ、自分にとっての『強い光(信念)』に出会うためにわざわざ顔を出してくれている強い味方と言えないでしょうか。



私たちは年齢を重ねるほど

「いい歳なんだから、弱音を吐いちゃダメだよ」
「イライラを出すなんて 子どもじゃないんだから」


そんな言葉を言われたり、見えない空気も感じたりもします。


だけど、その言葉に縛られてしまうと
きっとマイナス感情や違和感は「悪」というイメージに変わっていってしまうような気がします。


ただ、確かに「他人」には、出さない方がいいですね。

余計な面倒が増えますし(笑)
本来は別にそんな選択をしたいわけじゃないはずなので。


だけど、だからといって
「出してはいけない」わけではない

少なくとも『自分のなか』では出してもいい👌


いや、そもそも出さないと不健康です。

体には食べたものを出す機能があるように
感情も、それは一緒ですね。

変に溜め込みすぎると
どこかで気持ちがフッと切れてしまったり

つい抑えられなくて他人に出してしまって
余計な面倒を増えてしまったり

本来出していたら体験しなくてよかったことは、案外多い。


なので、今もし何かしらの違和感があったら
「支援の前の試練なんだな」と思いながら

ぜひ『自分ひとりで、その感情を出すこと』を、自分に赦してあげられるといいですよね^^








そして、少し感情が静かになってきたら
一度立ち止まって


私にとっての大切なものを思い出させてくれるために
わざわざこの感情が顔を出してくれているとしたら、どんな大切なものがあったのだろう?



そんな問いを通して、自分と対話するのがオススメです!

自分にとって大切にしたい何かが、マイナス感情から出会わせてくれますよ。




最後に、一言。

そもそも違和感が生まれるのは
あなたが何か新しい選択を取り入れたという証です。

それはとっても素晴らしいこと!
まずはそんな選択をした今の自分を、褒めちぎってやりましょう!


何かのきっかけになれたらうれしいです。

本日もお読みいただいてありがとうございました✨

 

 

 

 

 

パーソナルコーチング
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

うまくいっている人のやり方や

「こういうものだから」という常識から

自分の輝く場所を探すのではなく


あなたの心のコンパスから

それを表現&実現するためのやり方や生き方を考え

自分が輝く場所を一緒に模索しましょう。

そして、ないなら一緒に生み出していきましょう!

そんなモットーで、コーチングをしています。
(コーチング実績:述べ3,600名)

 

▪︎コーチングの詳細はこちら▪︎



【補足】私がなぜこの仕事をしているのか


 

 

Compasea-人生のための学校-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

決まった校舎をもたない、大人が『自分の生き方』について気軽に学べ、見つめ直せる学校です。
1対1のコーチングとは違い、『仲間との対話や体感を通して、人とのちがいに触れながら、自分の心のコンパスを思い出せる』ような授業が、皆さんをお待ちしております!

◾︎ 公式HPはこちら ◾︎

 

 


コミュニティ「たじカフェ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 『自分に「余白」が生まれ、自分の「素」になれる場所』
をコンセプトに、2017年12月に誕生した場です。
(76回開催/2021年4月現在)

年齢や肩書きや立ち位置に関係なく(問われもなく)。
フラットに、自分の『余白』を楽しみ、人とつながる場所です。


◾︎ 公式HPはこちら ◾︎

 

 



ビジョンストーリー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「どんな流れで、自分の心のコンパスに出会ったのか」
「なぜ、教育なのか」という質問をよくいただきます。

それを、ビジョンストーリーとして綴っています。

◾︎ ビジョンストーリーはこちら ◾︎



 

私のこと、お問合せについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メール お仕事の依頼 ▷▷ こちら

(例)セッション/法人企業様の研修・コンサルの依頼/取材・雑誌掲載の依頼など

メモ 関係者が語る「田島」とは? ▷▷ こちら

 

facebook Facebookではプライベートなことも綴っています ▷▷ こちら
(申請時は「ブログみました!」と一言メッセージお願いします。
直接お知り合いではない方の場合、申請を許可しないことがありますので。)

 

 

 
 

 

 

 

こんにちは。田島です。

 

 

今日の記事では

 

会社や学校や病院といった「組織」のなかで

やりたいことがあるんです(いま挑戦しています)

 

そんな方の想いが実るように

ひとつの視点を共有したいなと思って、書きます。

 

 

というのも、2年前からでしょうか

冒頭のような想いをもった方のお手伝いをさせていただく機会が、すっかり増えました。

 

で。お話を聴いていくと

 

「素敵なことだけど、難しいよね...」 

「なんか意識高いね...」

 

本人含め、周りからもそう言われたり、空気を感じるんだそう。

 

 

だけど、それも分かった上で想いをもって

あえてその難しいに挑戦する姿が本当にすごいですよね!!✨ 

 

 

 

 

ただ、その強い想いがある故に

 

自分から、相手との間に

「戦い」を生んでいる

 

ということが、実はよくある。

 

 

たとえば、

 

相手から協力をしてほしいのに

自分の想いばかりを『主張』しているとか

 

話を聴いているようで

『自分の主張を"通す"ために、話を聞いている』とか

 

いざ自分がその渦中にいると

自分一人だとなかなか気づけないから

気づけば「戦い」になっていた

 

ということは、少なくないのではないかなと。笑

 

 

そんなとき、下記の問いに向き合ってみていただくと

今までみえなかったことがみえてくるので、オススメです👌

(これは実際コーチングで投げかける問いです)

 

 

【問い】

★「本当は」どんな関係を築きたかったんだっけ?

★「本当は」何を手にしたかったんだっけ?

★その上で、これまでを振り返ったとき、自分に「非」はなかっただろうか?

 

 

 

そもそも、はじめから

相手を嫌な思いにさせたくて意地悪な態度をとる人って、そんないないと思うんです。 

 

お互いが、日々に一生懸命で

お互いが、それぞれの事情を抱えながら

お互いに、正義もありますから。

 

それが本来シンプルなことを、複雑にしていくんだと思います(笑) 

 

#私も今日まさにあったw

#日常茶飯事で反省と改善の繰り返しよね

 

 

 

想いがあるからこそ

「主張する」ことを、一度手放してみる

 

これは結果、一番の近道。

そして、     

 

 

『相手との間に、架け橋を結ぶ』

 

そんなイメージで相手の想いや考えに、耳を傾けてみると

きっと見えなかったものが、見えてくる。

 

 

とまぁ、偉そうなこと書いてきましたがw

人間そんな強くないわけで

 

凹むこともあるし、

キーーーってなることもあるし、

心折れそうなときもありますよね。

 

 

けど、それでもまた起き上がって1歩を踏み出そうとする

その想いが、なにより素晴らしいこと✨

 

 

私は、そんな想いをもった人が 

 

その土地(組織)で花開くように

『難しい』を、『喜び』にシフトする

 

そんなお手伝いがしたいと思いながら

今日も朝から晩まで、クライアントさんと一緒に作戦会議をしあっていました。

そして今日も、新しい決意が生まれました。

 

 

 

この2年間だけでも

本当に色んな感動するドラマがありました。

 

 

私に何かお力になれることがあれば、いつでもメッセージください。

 

 

これをよんでくれた方の想いが、実りますように^^

 

 

 

 

 

パーソナルコーチング
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

うまくいっている人のやり方や

「こういうものだから」という常識から

自分の輝く場所を探すのではなく


あなたの心のコンパスから

それを表現&実現するためのやり方や生き方を考え

自分が輝く場所を一緒に模索しましょう。

そして、ないなら一緒に生み出していきましょう!

そんなモットーで、コーチングをしています。
(コーチング実績:述べ3,600名)

 

▪︎コーチングの詳細はこちら▪︎



【補足】私がなぜこの仕事をしているのか


 

 

Compasea-人生のための学校-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

決まった校舎をもたない、大人が『自分の生き方』について気軽に学べ、見つめ直せる学校です。
1対1のコーチングとは違い、『仲間との対話や体感を通して、人とのちがいに触れながら、自分の心のコンパスを思い出せる』ような授業が、皆さんをお待ちしております!

◾︎ 公式HPはこちら ◾︎

 

 


コミュニティ「たじカフェ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 『自分に「余白」が生まれ、自分の「素」になれる場所』
をコンセプトに、2017年12月に誕生した場です。
(76回開催/2021年4月現在)

年齢や肩書きや立ち位置に関係なく(問われもなく)。
フラットに、自分の『余白』を楽しみ、人とつながる場所です。


◾︎ 公式HPはこちら ◾︎

 

 



ビジョンストーリー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「どんな流れで、自分の心のコンパスに出会ったのか」
「なぜ、教育なのか」という質問をよくいただきます。

それを、ビジョンストーリーとして綴っています。

◾︎ ビジョンストーリーはこちら ◾︎



 

私のこと、お問合せについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メール お仕事の依頼 ▷▷ こちら

(例)セッション/法人企業様の研修・コンサルの依頼/取材・雑誌掲載の依頼など

メモ 関係者が語る「田島」とは? ▷▷ こちら

 

facebook Facebookではプライベートなことも綴っています ▷▷ こちら
(申請時は「ブログみました!」と一言メッセージお願いします。
直接お知り合いではない方の場合、申請を許可しないことがありますので。)

 

 

 
 

 

 
こんにちは。田島です。

私は会社員時代も含めると
約12年間、ずっと大人の「生き方」「働き方」をテーマに、人生に寄り添わせていただきたのですが、私のなかでひとつの確信があります。


それは、自己啓発やビジネスの業界で使われる
「自分らしさ」「自分軸」「ミッション」といった『自分の心のコンパス』なんて探す必要はないということです。

私は探すのではなく、『思い出す』ことが大事だと考えています。

 

 

 

ないと思っているときはなかなか納得できないのですが(私はそうでしたw)、元々その人のなかに心のコンパスは「すでにある」わけです。

しかも、いざ辿り着いてみると「あっ、これ昔から思っていたな」というものばかりなんです。笑


これは私自身だけではなく、何人もの心のコンパスに出会う瞬間に携わるなかで共通する体験です。
 

 

 

思い出すために、まずは手放す。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

私たちは年齢を重ねれば重ねるほど
宝物のような出会いや知恵や経験とともに、『余計な荷物』も同じくらい増えていきます。

ここでいう余計な荷物とは、全くいらないものよりも、これまでの自分が生きるうえで必要だったものがほとんどです。


もう少し、丁寧に言語化しますね。

たとえば、過去に傷ついた痛みをまた経験しないよう「守るために身につけた考え方や習慣」だったり、自分がこれまで努力してきたことで手にした「成果や実績」も該当します。


なので、厳密にいうと『その当時必要だったけど、「いまの私」にはもう余計な荷物になった』という表現が適切かもしれません。

これはあなたが成長し、役割や環境が変わってきたからこそ起こる「移り変わり」なので、本来祝福すべきことなんです。

 

 

 

いまはとても便利な世の中なので、日々私たちの生活は色んな「新製品」「新情報」が飛び交っています。

それはたくさんの恩恵もいただいている一方で、何もしなくても自動的に、色んなものが増えていくとも言えないでしょうか?


つまり、何かを増やすことはとても簡単な世界なわけです。


そんなときに「探そう」と思えば思うほど、意識は「外へ外へ」と向かっていきので、場合によっては「自分にないものを補うため」に色んな情報や行動を取り入れることもあります。
そうやってまた余計な荷物が増えていったら、どんどん『自分』が見えなくなっていってしまう。

このサイクルから、まずは勇気をだして抜けることが大事なわけですね。

 

 

 

ただ、荷物をおろすことは勇気が必要です。

そこには「それがなくなってしまったら自分が自分でいられなくなるんじゃないか」という恐れがチラつくので、ポイっと簡単にできないわけです。恐いじゃないですか。笑
 
けど、自分の奥底では「余計な荷物」と何となく感じているからこそ、モヤモヤするんだと思います。



なので、いきなりガラッと変えなくて大丈夫!
ちょっとずつでもいいんです。

ちょっとずつでも、手放した人にしかわからない「自由」が、その先には待っています。


その作業はまるで玉ねぎの皮を1枚1枚剥くのと似ています。

そうやって手放しを繰り返すなかで
あっ!という自分の心のコンパスが、どこかで顔を出していきます。


なので、探す必要はありません。

じっくり立ち止まって
余計な荷物をおろして、思い出せばいいのです。


私がこのサイトでも
「自分の心のコンパスを思い出そう」という言葉を使うのは、こういった背景があります。


何かのヒントになったらうれしいです。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。




もし、自分の心のコンパスを思い出したいと思ったら、ぜひコーチングをご活用ください。
一緒に対話しながら、思い出していきましょう^^
 

 

 

パーソナルコーチング
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

うまくいっている人のやり方や

「こういうものだから」という常識から

自分の輝く場所を探すのではなく


あなたの心のコンパスから

それを表現&実現するためのやり方や生き方を考え

自分が輝く場所を一緒に模索しましょう。

そして、ないなら一緒に生み出していきましょう!

そんなモットーで、コーチングをしています。
(コーチング実績:述べ3,600名)

 

▪︎コーチングの詳細はこちら▪︎



【補足】私がなぜこの仕事をしているのか


 

 

Compasea-人生のための学校-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

決まった校舎をもたない、大人が『自分の生き方』について気軽に学べ、見つめ直せる学校です。
1対1のコーチングとは違い、『仲間との対話や体感を通して、人とのちがいに触れながら、自分の心のコンパスを思い出せる』ような授業が、皆さんをお待ちしております!

◾︎ 公式HPはこちら ◾︎

 

 


コミュニティ「たじカフェ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 『自分に「余白」が生まれ、自分の「素」になれる場所』
をコンセプトに、2017年12月に誕生した場です。
(76回開催/2021年4月現在)

年齢や肩書きや立ち位置に関係なく(問われもなく)。
フラットに、自分の『余白』を楽しみ、人とつながる場所です。


◾︎ 公式HPはこちら ◾︎

 

 



ビジョンストーリー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「どんな流れで、自分の心のコンパスに出会ったのか」
「なぜ、教育なのか」という質問をよくいただきます。

それを、ビジョンストーリーとして綴っています。

◾︎ ビジョンストーリーはこちら ◾︎



 

私のこと、お問合せについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メール お仕事の依頼 ▷▷ こちら

(例)セッション/法人企業様の研修・コンサルの依頼/取材・雑誌掲載の依頼など

メモ 関係者が語る「田島」とは? ▷▷ こちら

 

facebook Facebookではプライベートなことも綴っています ▷▷ こちら
(申請時は「ブログみました!」と一言メッセージお願いします。
直接お知り合いではない方の場合、申請を許可しないことがありますので。)

 

 

 
 

 

 

 

こんにちは。田島です。

 

 

 

私は約3年前から

『いまの自分に余白をつくる』というコンセプトで

たじカフェという場を運営しているのですが

 

 

この3年という月日のなかでも

この『余白』があるかないかということが

 

ただの心を整えるという意味合いを超えて

 

日々のなかで幸せを感じられているかどうか

自分らしく、自分の存在を輝かせられているかどうか

相手と心地よい関係を築けているかどうか

 

など、私たちの人生の色んな場面での幸福に、密接に関係しているように感じています。

 

 

 

 

さらに私は、普段

 

 

✔︎ 経営者やリーダー、学校の先生のような教育的立場にいる

✔︎ コーチやカウンセラー、セラピストのような相談業をしている

✔︎ ひとりひとりの個性を大事にしながら、関わりたい

✔︎ 自分の存在を活かして、周りへもっと貢献できる自分になりたい
✔︎ 人とのちがいを受け入れながら、もっと人と共創していきたい
✔︎ もしくは、上のような存在をこれから目指していきたい

 

 

そんな想いや役割にいる方をお手伝いしているのですが


「部下や生徒、クライアントさんの人生にはすごく寄り添っているけど、自分自身の人生をじっくり考える時間がなかなかとれなくて」
「関わる人たちはすごく喜んでくれるし、私もうれしい。だけど、どこか心から喜べていない自分がいる」

 

 

というお話をよく聴きます。

 

 

 

ただ、このジレンマは
「目の前の人の力になりたい」という想いがあるが故に生まれるものだと思います。

そして本人も、それが長期的・本質的にズレた選択であることは、わかっているはず。だからこそ、モヤモヤするんだと思います。


ただ、気づいているからこそ
私はあえて「取り組みましょう!」と伝えたいです。


何も初めからひとりでやらなくていいわけです。

私がコーチングという「場」を通して分かち合っていることは、知識やノウハウはほんの一部で、一番の価値は「あなたが自分自身と深く向き合える環境(習慣)」です。


その環境を通して
あなたがより自分らしく在れるように
より目の前の人に集中できるように
「余白」をつくります。

それが、目の前の人との関わり合いにどんな変化を生むのか、それを是非『体感』していきましょう。


それが体感できたら、私がいなくても、自分ひとりでとれるようになります。

なぜなら、本来は「人のお力になりたい」という想いがある方なんですから。

 

 

 

 

『余白』は、日々の偏りを

自分の「まんなか」に戻してくれます。

 

自分にとっての大切なことを思い出させてくれます。

 

ちがいを面白がれて、色んなことを、シンプルにしていってくれます。

 

 

 

実際に私のクライアントさんは

経営者さんや会社内での管理職やリーダー職、学校の先生、お父さんお母さんといった立場にいる方々が9割を占めているのですが

 

そんな方にとって必要な、その方に合った「余白の習慣」を一緒に模索しながら、習慣にされていくなかでよくこんな感想をいただきます。



ーーーーー

 

たじーさんのコーチングを通して

自分の無意識に感じていることや、大切にしたい価値観をハッキリすればするほど、周りの人たちのちょっとした変化に気づけたり、前よりも落ち着いて話を聴けたり、相手が求めている関わりをできるようになってきた気がします!

 

そして、自分の心や頭の中がゴチャゴチャしていると、相手ではなくつい「自分のこと」に意識が向き過ぎてしまって、集中力も発揮されなくなる。

 

自分を整えること、自分の心身につねにスペースをもっておくことの大事さがわかっていたつもりでしたし、やってもいたつもりでしたが、今では最優先事項なんだという捉え方に変わっていて、自分で驚きます!笑

 

まずは、自分から。という言葉の意味がわかりました。

ーーーーー
 

 

自分に「余白」が生まれるほど

自分も、相手にも、もっと優しくなれます。

 

そして、ただ優しいだけではなくて

より深くつながり、関われるようにもなっていきます。

 

 

 

だからこそ、私は伝えたい。

 

 

自分自身をもっと活かしていきたいなら

 

周りにもっと貢献していきたいなら

 

人ともっと繋がり、深い共創関係になりたいなら

 

 

何かを学ぶとか行動するとか

「増やす」ことではなく

 

まず、余計なものを手放すことからはじめる。

そうやって

いまの自分に『余白(スペース)』をつくることからはじめませんか?

 

 

と。

 

 

 

私でお力になれることがあれば

ぜひ下記のコーチングという場を通して、次の未来を創るための「余白」を、一緒につくりあえたらとてもうれしいです^^

 

 

*コーチングの詳細をみてみる*