しみずたいき Official Blog
  • 15Sep
    • 本当の自分に目覚めた日

      相手に腹が立つのは、「隠している自分」が相手に映っているから。隠している自分とは超自我が「認めていない自分」のこと。もし怒っている人が苦手だったり、気になってしまうなら、あなたは自分の内側にある怒りに気づいていないのかもしれない。もし 赤ん坊の泣き声が気になってしまうなら、あなたは本当は泣きたいのかもしれない。もし 甘え上手な人を見てイライラするとしたら、あなたも同じように甘えたいのかもしれない。本当は優しくしてほしい本当はこんなことしたくないそんな自分の本心を無視していることを教えるために病気をつくりだす事もあるカラダはいつも隠してきた本音を語っている。(しみず たいき )これまでの人生を振り返ってみると幼少期から 無意識に周りの期待に応えることを学び、恥をかかないように、嫌われないように自分を抑えて生きてきた気がします。ある時期は 猛勉強したり、ある時期は ミュージシャンしたりある時期は 仕事に没頭したりそんな時期もありましたが、そうやって何かに夢中になることで存在の中心にある切なさ(空虚感)から目をそらしていた気もします。ある年の夏隠してきた内面の不安やストレスが突然 「パニック発作」という形でやってきました最初は強烈な腹痛から始まり手足がしびれ、脳の機能がおかしくなり呼吸ができなくなってしまったのです。最初「これ脳梗塞だ」と思い、死ぬ、死ぬ、絶対 死ぬ俺…死ぬんだ…。とパニックになりました。しかし、病院に行って検査しても脳に異常は見つからず、「パニック障害(不安神経症)」ではないかと言われました。その後も「予期不安」が度々やってきて一進一退の日々を過ごしている時、ある朝 「○○(地名)に行きなさい」というインスピレーションがやってきたので(いろんな疑念や不安が渦巻きつつ)ゼェゼェ…言いながらその場所に行ってみることにしました。この日は よく晴れた日で裸足で川に入り、目の前の景色を眺めているのですが、頭の中のお喋りは止まりません。↓このような感じで次から次へとネガティブな思考が湧いてきます。ただその思考を観察し続けていたとき突然 「それ(見ること)」が起こりました。!白光!ふと気づくと不思議なことが起きていました。目の前の景色全体が自分の顔になっていました。これまで通り何一つ変わらずそこにありますが決定的に何かが違うのです。まるで別の星に生まれ変わったような感じというか…すべてが裏返ってしまったような感覚。これまで自分の内面だと思ってきたものが、すべて外側に今あるのです。そして 内と外の境界線なんて どこにもないのです。ふと周りを見まわすと「ナンジャコリャーー」と松田優作ばりに叫びそうになりました。川が流れている。 木々が風で揺れている花が咲いている。太陽が輝いている。子ども達が走っている。これらのすべてが「自分」なのです。でも 同時に自分なんてどこにもいないのです。さらに人と会話できることや(自分の)腕(らしきもの)が内側に曲がることがこれまた不思議でなりません。「ナ…ナンジャコリャーー(ミラクル感が半端ない)」夫婦が一緒に歩いているのを目撃するだけで涙が溢れてくるのです。そして笑いもこみ上げてくるのです。ある意味「目覚めの体験とは ギャップ萌え」のようなもので今まで当たり前になりすぎてその存在すら忘れていた「在る」ということの感覚が強烈に感じられたのです。この後 自我が戻ってきて「今まで逆をやっていたんだな」という思考が湧いてきました。ずっと「 パニック障害がある(問題)だから 外出できない」↓だから「 原因(問題)である パニック障害を 治さなければいけない」って思ってきました。でもこのコンセプトを採用すると無意識の世界では「 外出しないためには パニック障害が必要だ」という観念を掴んでいることになります。治さなければ、愛さなければ幸せにならなければ、もっと向上心を持たなければ覚醒しなければスピリチュアルに目覚めなければという努力や未来志向 そのものが問題や苦しみの原因である「自分」という感覚を強化していたのです。つまり『問題がある』のではなく、『問題がある』と思っている自我がいるだけで、問題なんてなかったのです。(※ただし、ここだけ要注意なのは『現実は 幻想である』『問題なんてない』と見抜いた私、悟った私も幻想で、悟った私と悟ってない私は全部 脳が作り出すドラマです…。)あなたが最も探しているものはあなた自身です。そのことを思い出せば恐れることなく、内なる喜びに従って生きることができます。本当の自分に目覚め喜びから生きれば、あなたは必ず必要な人(もの)と必要なタイミングで出逢います。現実は あなたの創造物で本当のあなたは『真っ白なキャンバス』だからこそ、現実を好きな色で自由に創造できることもわかるでしょう。これからは自分探しではなく、自分を生きる時代。そんなことを いろいろと書き綴った本が10月6日に全国の書店で発売されます。これまで、壁だと思ってたものが本当は扉だった。新刊『本当の自分に目覚める本』を読みながら その扉を発見して、勇気をもって 開けてみてくださいこちらで冒頭35ページだけ無料でプレ読みできます↓https://www.evergreenpub.jp/taiki-bookpre/映像も歌も すごい好みなやつ

      529
      2
      9
      テーマ:
  • 31Aug
    • シンメトリックな物語

      言葉にならない思いだけが言葉にする価値がある思考と思考の間にある何かだけがあなたを癒すことができるいつかまた君に会うような気がして連絡先と思い出が消せない夜いつかまた君に会うような気がして恋文を打ち込んでは 気恥ずかしさで削除キーを長押しする夜いつかまた君に会うような気がして過去のやりとりを眺めては 虚しさに包まれた夜いつかまた君に会うような気がして寂しさが怒りに変わった夜もう二度と会えないような気がしてわざと終電を逃して誰かと傷を舐め合った夜一時的に心の穴は埋まったかもしれないが、失くしたものが大きすぎたと後悔した夜悩み抜いた果てにもう二度と会わないと誓った夜いくつもの夜を 切なさに押し潰されそうになって私たちは 強さと弱さを知っていくあなたは あなたになっていく女が男の愛を感じる時は男が女の傍にいる時かもしれない男が女の愛を感じる時は女が男の横にいない時かもしれない変化の【兆し】 逃げるか、挑むか。得ではなく 徳を選ぶとき損は 尊になる。言葉を交わすことで安心できる人は 相性のいい人言葉を交わさなくても安心できる人の方は 愛性のいい人豊かな人を心から応援できる人が次に豊かになれる人。幸せな人を心から祝福できる人が次に幸せになれる人。愛もお金も豊かさも知恵も『ない』から与えられないのではなく、与えないから『ない』状態が引き寄せられる。与えるとは、出すことであり、表現すること出す(表現する)から 内から湧いてくる。出す(表現する)から 『ある』と気づく。失ったんじゃなくて最初から私は 手に入れてなかったんだ離れたんじゃなくて最初から私のものなんてなかったんだそこにあるのは絶望ではなく 不思議な安堵感だった人生はパラドックス『私が、私が』と 私らしくなろうとするほど 私らしくなくなる。『私が、私が』がないほうが 私らしさが 湧き出てくる不思議。素直だと傷つきやすくなる分気づきやすくなる。素直じゃないと傷つけやすくなり、壁を築きやすくなる。築いてしまう人より気づきで壁を壊してくれる人に出会えたとき 人は素直になる。不幸な人は、相手を操作し 変えようとするが、幸せな人は、相手を変えようとせず 自分が変わる。面倒なことを後回しにした結果が、一番面倒なことになり、面倒なことを さっさとやれば面倒は消える。ルールや周りに従っているからやりたいことができなくなり、自分の好きに従っているからやりたいことが叶っていく。生きるとは 表現することであり、表現するとは行動すること。行動しなければ 失敗したり傷つくことはないけれど、同時に 満たされる喜びもない。失敗しなかった1日は何も挑戦しなかった1日であり新しいことにどれだけ挑戦できたかで毎日の充実度は変わってくる。あなたの人生を豊かにするのは行動するための少しの勇気とたくさんの失敗。プラスに思うと書いて【恵まれる】と書くけれど、「現実」は=「目の前で起きてること+それに対する解釈」 にすぎない。だから、好きなように解釈(=現実)を書き替えることもできる。どこから見るかで現実は天と地の差が出てくる(この文章…右から読むか 左から読むか)この丸い地球の上で幸せを 追いかけると幸せは 逃げていく。少し立ち止まってみて幸せを背中に感じてみる。幸せは 探すと最も遠い所(未来)にあるけど感じると 最も近い所(ここ)にある。自分の本心を抑え込んで、周りに迎合していても遅かれ早かれ抑え込まれた「本心」たちが「私に気づいて」とばかりに目の前にあらわれて 自己主張をはじめる。「私だって、本当は甘えたいのに!」「俺だって、本当はわかってほしいのに!」「私だって、本当は これをやりたかったのに!」と、あなたの目の前の出来事が 教えてくれる。大事なのは“自分とたたかわない”こと“自分とたたかわない”とは自分を甘やかしましょう、とか嫌な人・苦手な人を受け入れましょう、という話ではなく、苦手は苦手のままでOKなんだけど、相手の価値観を否定せず、ただ 自分の考えと戦わないこと。たとえば自分は やりたいことがあるのに、親や周囲に反対された場合、相手の価値観を「そういう考えもあるんだ」と眺めるそうやって相手の価値観を認めた上で、それに対して自分が『どう感じているのか』をメタ認識する。たとえば「悲しい」って感じていることに気づく。「ああ、どうせわかってもらえないんだわ」って思っていることにただ気づく(メタ認識)「ああ、私は寂しいんだ」って思っていることにただ気づく(メタ認識)そして【でも、わたしはそれを選ばない】【自分の道を貫くよ】と、自分の声に従って自分のやりたいことをやればいい。ただし 自分らしい道は こわい道である。自分のやりたいことを貫くことは恐いものである。それが自分のやりたいこと、自分らしい道であるなら、どれだけ目を背けても恐怖や不安が追いかけてくる。親の期待を裏切るかもしれない恐怖、世間の常識に反するかもしれない恐怖、未知なることに挑戦する恐怖失敗して 周りに笑われるかもしれない恐怖その恐怖を勇気と行動で越えていった時はじめて 見える世界がある。10月に 一年以上ぶりにこんな本を出します↑どうぞ よろしくお願いします✨(詳細は後日)そして9月9日(ククリヒメの日)にトーングラムをやります(講座はしばらくお休みになるかもしれませんが、もしかしたら 10月に東京でするかも)自分が生まれてくる直前 どの惑星に滞在し、どのような使命を携えて生まれてきたのか?を読み解くコツをレクチャーしますトーングラム基礎講座(大阪) 申込(満席→増席→満席→増席)

      427
      16
      12
      テーマ:
  • 29Aug
    • シルバー川柳

      自虐ネタが脱帽レベルなシルバー川柳…▼. シルバー川柳傑作選 より・『君の名は?』老人会でも流行語・ピンポーンにやっと出たのに不在票・遺言書『すべて妻に』と妻の文字・ポケモンを探し歩いて探されて・寝てるのに起こされて飲む睡眠薬・iPad 指舐めスライド 孫怒る・ルンバさえ越えてる段に足とられ・通帳に 暗所番号 書いている・暖かく 迎えてくれるは 便座のみ・ペットロス 主人のときより 号泣し・いつ死ぬか 分かれば 貯金使うのに・マイナンバー ナンマイダー と聞き違え・誕生日 ローソク吹いて 立ちくらみ・恋かなと 思っていたら 不整脈・どこで見る 東京五輪 天か地か・三時間 待って病名 加齢です・年上が タイプだけれど もういない・いびきより 静かなほうが 気にかかり・厚化粧 笑う亭主は 薄毛症・紙とペン 探している間に 句を忘れ・改札を 通れずよく見りゃ 診察券・万歩計 半分以上 探し物・味のある 字とほめられた 手の震え・孫たちに アドレス聞かれ 番地言う・無農薬 こだわりながら 薬漬け・糖尿病 甘い生活 記憶なし・オレオレと 名乗って妻に すぐ切られ高齢な自分をネタにボケれるってメタ認識(俯瞰)しないとできないわけで、自分も歳とったら こんな風に自分をネタにボケてみたいと思った。シルバー川柳を見ながら以前よく紹介していた「95歳の老人の詩 」を思い出した▼.「95歳の老人の詩 」もう一度人生をやり直せるなら・・・・今度はもっと間違いをおかそう。もっと寛ぎ、もっと肩の力を抜こう。絶対にこんなに完璧な人間ではなく、もっと、もっと、愚かな人間になろう。この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。もっとたくさんのチャンスをつかみ、行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。もっとたくさんアイスクリームを食べ、お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。もっと本当の厄介ごとを抱え込み、頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。もう一度最初から人生をやり直せるなら、春は、もっと早くから裸足になり秋は、もっと遅くまで裸足でいよう。もっとたくさん冒険をし、もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、もっとたくさんの夕日を見てもっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。もう一度人生をやり直せるなら・・・だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?自分に規制をひき、他人の目を気にして、起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、構えたり、落ち込んだり ・・・・もっとリラックスしよう、もっとシンプルに生きよう、たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。 ピータードラッカー(享年95歳)より2色を合体させた色鉛筆を画用紙に書き、その線を拡大してみるとかすれや雲や大地の起伏に見えてくる。天と地が創造され、ミクロとマクロの世界がひとつになる。あなたの瞳は宇宙であり、世界の創造者である。真っ白なキャンバスに 意味付けすることでドラマ(物語)を生み出している。この世のドラマはすべて 自我の自作自演。この中指と人差し指が根っこでは繋がっていても表面上は被害者と加害者のドラマは生まれる。自我は満たされなかった過去を未来で満たそうと試みる。問題のない今から離れ問題を見つけ、解決しようとするがいつもどこかで自爆してしまう。(でもどこか可愛いくて憎めない)【1日数分でいいからドラマから離れてみる】あなたが いま読んでいるこの文字たちも文字を読んで 意味を理解するよりも、文字と文字の間にある 何か…真っ白なスペースをただ眺めてみると何か見えてくるかもしれない。ふっふっふ…わからんやろ?わからんことが わかるやろ?自分が生まれてくる直前 どの惑星に滞在し、どのような使命を携えて生まれてきたのか?を読み解くコツを◆9月9日にレクチャーします(満席→増席→満席→増席)トーングラム基礎講座(大阪) 申込※Instagramを始めたので、よかったらフォローよろしくお願いしますこちらから

      273
      4
      5
      テーマ:
  • 15Aug
    • 終戦記念日と日本の霊性

      自分のメールには返信がないのにFacebookは更新されている…とか電話をかけても 出ないのにtwitterでつぶやきがある…とかLINEが既読なのにリアクションがない…とか他の人には「いいね」してるのに自分には「いいね」してくれない…とか便利になった分だけ、悩みも増えている時代ですがあまり相手に依存したり、期待しすぎないこと。人がこう変わるべきだとか、これをすべきだとか、これをシェアすれば相手が変わるかもとか、期待をしない方が 健康にいいと思います。人間関係だけではなく、「人生はこうあるべきだ」とか、「自分はこうあらねばならない」とか、「べきだ」「ねばならない」を持てば持つほどハートや胃の周辺が重くなります。ところが人は、自分が「べき」「ねばならない」をいかにたくさん持っているかに無自覚です。当たり前になりすぎていて、「べきだ」という正しさと同化しています。よくよく観察してみると「べき」「ねばならない」の数だけ重さが生まれていて、さらに その奥に過去の感情の痛みのエネルギーがあなたの心とカラダに住みついてるのが見えてきますその感情の痛みを隠すために「べき」「ねばならない」という正しさの仮面をかぶりそうしているうちにいつの間にか 仮面(思考)があなたと一体化していたのがわかるでしょうかでも そこに気がつけばあなたは痛みと仮面から自由になります。あなたに感情的な痛みがあってそれを隠していることをしっかりと見ることができた瞬間感情的痛みと仮面(思考)のつながりを断つことができます。そこに新たなスペース新たな次元の意識が生まれてきます。いま 何を考えているのかよりもいま何を感じているのかしっかり感じてみてください不快感や怒り、悲しみなどモヤモヤした重いエネルギーがあったとしてもそれは 過去の感情のおしゃべりだと気づいて 受け止めてくださいそして今この瞬間に身をゆだねます心にあるすべての抵抗から離れます目の前の行為と一つになりきります。そうしているうちに味わったことのない心安らかで軽い感覚がやって来ると思いますあなたは何をしていても何をしていなくても相手が あなたのことを必要としていようが いまいが、あるがままで完璧で「大丈夫である」ということが感覚的にわかってきます。幸せを求める人生から幸せに生きる人生にシフトするのです。( しみずたいき )終戦記念日なので、思うままに書いてみます古来の日本には、武士道、華道、弓道、剣道、柔道、神道があり、「行動よりも静寂」「頭ではなくハラで考える」(上虚下実)仕組みがしっかりあったように思います。明治維新があり、そして 昭和の敗戦後日本に西洋マインドが流入しはじめると、「静寂より行動(生産性)を」「ハラではなく、頭で考える」(上実下虚)の方向にパラダイムが変わりはじめたのです。西洋マインドの美徳は 「いかに有能な人物になって、 社会に貢献するか」「生産的なことをして、 いかに価値あるものを世に生み出すか」を重視します。そのおかげで日本は高度経済成長を遂げたのですが、その一方で、心が競争意識に疲れ、殺伐としてきたのです。毎日あらゆる情報や刺激を大量にインプットし、それでも 心は満たされずいつしか気枯れ(ケガレ=生気漏れ)をもたらしました。気枯れは不安を生み不安をなくすためにさらに情報を求めるようになり、「自分探し」や「いかに有能な人物になるか」のような情報が巷に溢れています。なぜ、そうなっていったのかというと、歴史を見ていく必要があります。欧米列強の植民地支配が 近づいてくる中、その力に対抗するため日本は一致 団結し 富国強兵する道を選びました。そして 明治時代に 中国(日清戦争)に勝ち、ロシアとの海上戦(日露戦争)でも日本が勝利したのですが、昭和の太平洋戦争でアメリカを苦しめた 日本の強さの秘密を探るために、GHQは 日本を徹底的に調査しました。その結果、GHQは 日本には三つの柱があることに気がつきました。1つは「天皇」、2つ目は「神道(神社)」、そして3つ目は「麻」です。そして戦後、GHQは 法律改正で1.天皇の主権を奪い、2.神道神社を国営から民営化し、3.麻を違法にして全てを撤去 したのです。GHQの思惑通り、現代の日本人の多くは 3つの柱を失いました。(もちろんネット社会の到来など環境変数の変化もありますが)ただ見失ってしまったかに見えた日本人の霊性はまだ失われていなかったことを世界中が知る出来事が起こりました。1995年以降 度々起きた大震災です。大震災が発生した時のスーパーやコンビニ、食料品が売り切れていく中人々は 整然と列を作ってレジの順番を待っていました。「なんで 盗みや略奪が起きないの? 私の国なら必ず誰かが盗みます」これは 外国人の目には不思議に映ったようです。諸外国では 「物を盗んではいけない」というのは 宗教が教え、法でコントロールするものであるの対し日本では 宗教や法 以前に「(人目がなくても)盗むは人の恥」という感覚が あります宗教意識が希薄な日本で、どうして「盗むな」という教えが浸透しているのかと不思議に思われるようです。以前 紹介しましたが、トレイシーアッシュさんは 日本についてこのように分析しています。「富士山は日本全体を安定させるという重要な役目を果たしています。また、世界的パワースポットである富士山を擁する日本は、鍵となる位置にあります。富士山こそ、地球の東西をつなぐ平和のポータルであり、日本人は 新しい生き方を示す上での立役者だと思いますまた 日本人は本来 非常に波動が高く、新時代のワークをする準備ができています。日本には 他人を助け、他人を奉仕することの大切さが常識として根付いています。西洋人の方が分離感が強いように感じます。多くの日本人は頭だけではなく、ハートにも入り、両方 使うべきだと分かっているようですその繊細な生き方は とても大切なものです。人類全体が、もっと平和を重んじ、すべてを神とみなす心を現代社会に取り入れれば、生命を大切にするという古代の理念が蘇るでしょう。これから 日本が世界に道を示していく時代になっていくのではないでしょうか。世界における日本人の役割について話しましょう。日本は古代から続いてきた素晴らしいスピリチュアルな伝統があります。神道に根ざした、きわめて神聖な系譜が存在します。日本には本来のスピリチュアルな系譜が今も生きているのです。日本人は、歴史を通じて、個人レベル集合レベルでいろいろな学びを経てきましたが、過去のさまざまな歴史があったからこそ、非常に健全な状態にあると言えます。平和がかけかえのないものであることを、世界全体に知的に伝えることができています。日本各地に聖地と呼ばれる場所も数多く点在していますが、その中でも伊勢神宮は、まさに地上の天国を体現している場所だと思います。そこで感じられる天空の波動は、まさにエデンの園と言えます。日本の神道は、正確な理解に基づいたアルケミーの原理を取り入れていて、伊勢神宮の遷宮の儀も、聖なる女性性と男性性の原理に基づいています。これは私の考え方にもよく似ています。日本人は 平和の尊さを世界に訴えることを怖れてはいません。それは、いままでの歴史の中で 平和ではない時代も体験してきたからです。その体験こそが今の日本人の礎になっています。日本の古代の系譜においても、平和は中心的役割を果たします。芸術であれ、文化であれ、人と人の関わりであれ、「和」の理念は日本の生活の中心にあります。これは草分け的なひな型だと思います。誠実で、真実を重んじ、「武道」「華道」「茶道」「弓道」など【道】を生きる、日本人ならではの生き方です。」西洋マインドの根底には 男性性があり日本マインドの根底には 女性性があります。男性性の性質は「火」であり、目的志向で、いつでも臨戦態勢ですが、女性性の性質は「水」であり、女性はだんだん温められて臨界点を超えると沸騰します。女性が臨界点に達したときに生じる 大きなエネルギーの渦に男性が巻き込まれることで、お互いのエネルギーの好循環が起こり、本当の快感、喜びが味わえる。あなたが女性を選んで生まれてきたのは、男性性を理解するためであり、あなたが 男性を選んで生まれてきたのは、女性性を理解するためです。(戦後の日本(女性性)の歩みは、男性性を理解するためと捉えることもできる)その理解は、自分の中に男性性と女性性の両性性があることに気づくことから始まります。男性性に傾きすぎている人は、自分中にある女性性を見出していくことが鍵であるし、女性性に傾きすぎてる人は、何でも受け入れてしまうので、流されっぱなしにも成りかねないので、男性性の軸を立てることによって、女性も自立して生きていけるようになります。『日本が これからの世界の精神的なリーダーになる』とよく言われるのは、潜在的に女性性(アマテラス)を有する日本のあり方が、男性社会全体の問題を解決する鍵を握っているからです。世界(資本主義)全体が行き詰まりを見せている今岩戸を開いていく道しるべはかつて大和の国と呼ばれた精神もっと古くは縄文と呼ばれた精神の中に今も息づいていると 思います。いよいよ明日↓男性性と女性性を掘り下げますまだ席があるので、よかったらご参加ください◆8月16日びこLW&しみずたいき『引き寄せの法則とパートナーシップの本質』申込はこちらから自分が生まれてくる直前 どの惑星に滞在し、どのような使命を携えて生まれてきたのか?を読み解くコツを◆9月9日にレクチャーします(満席→増席→満席→増席)トーングラム基礎講座(大阪) 申込

      499
      1
      8
      テーマ:
  • 13Aug
  • 07Aug
    • いつかまた君に会うような気がして

      星空を見上げたときに思い出す人がきっと大事な人美しいものを見たときあの人にも見せてあげたいって思う人がきっと特別な人だからきっと今でも大事な人なのだと思うもう会えないと知ってから一緒に乗り越えた面倒な日々がとても幸せな日々だと知った もう会えないと知ってから大嫌いって大好きな人にしか言えない言葉だと知ったもう会えないと知ってからおやすみ を送信する相手がいることがこの世で一番の喜びだと知った。もう会えないと知ってから…この人を好きになってはいけないと思った時が 好きの始まりで、この人を傷つけてはいけないと思った時が 好きの終わり。好きの終わりは愛の始まりにバトンタッチされることもあるけど…ある日 突然 はじまった物語はある日 突然 終わってしまうもので『あなたを好きでいるのを もうやめようと思ってる』と告白された。『離れてみないと 出逢った理由がわからないなんて 私って馬鹿だよね』って金星人が言った別れる時に 相手のすべてが見えたような気がした。もう寝落ち電話に付き合う必要はないし、君が何を考えているのか 察する必要もない。もう既読されてるかを気にする必要もないし、書いては消すを繰り返しながら言い回しに悩む必要もなくなった。返信がないと落ち込むから自分からはあえてLINEしないというとても狡いやつもする必要がなくなった。返事が遅くて心配することも、嫉妬にかられる必要もなくなって確かに 楽になった。ただ…唯一の問題は心の中に まだ キミがいるということ。『もう私のことは忘れて、 いつまでも幸せでいて下さい』 って祈る自分と『せめて私と同じくらいに貴方も寂しくなって、 時々貴方の人生の中にも私が居ますように…』 って願う自分。 忘れたいという気持ちと 忘れたくないという気持ちの狭間で …執着や願望は、ハーゲンダッツの夏限定のアイスのような期間限定のものだと考えてみる。執着は 未練が終着するまでの期間限定の感情。まだ誰かを忘れられないときまだ何かをあきらめきれないときそんな今だけの特別な感情。『賞味期限のある好きなんて要らない』って思いも 今だけの特別なもの。私はあなたを、束縛せずに 愛したい 批判せずに 称賛したい ジャッジせずに 受け入れたい責めることなく ゆるしたい変えようとせずに 認めたい 見下すことなく寄り添いたい 一人でいる自分を尊重したい あなたと一緒にいる自分を好きになりたい あなたも同じようにしてくれたら、二人は本当に出会い、お互いを自由にできるだろう初めて訪れたのになんだか懐かしい風景があるそんなふうにずっと昔から好きだったような人がいる生まれる前からずっと愛していたような人がいる。そんな人と出会ったことが意味するのはそれ自体が 再会の証明であり、 別れも また再会の約束なのかもしれない。この宇宙は すべて円(縁)で成り立っている。時空を超えて あなたと大事な人は 一つの糸で繋がっていて    その「軌跡」は 「奇跡」なのかもしれない出会いには別れが必ずついてくる。それでもめぐり逢う運命にある者同士は出会うべくして出会う。タイミングが違ったらもっと違う展開になったのに・・・と思うような 出会いであっても、その時期 に出会ったことにも必然的な意味がある。それらは かけがえのない大事な人。心と時間を分かち合った人だからこそ       別れたとき、亡くなったとき      心に穴が空き、涙が流れる。でも   あなたの涙はかけがえのない時間を一緒に過ごせた 幸せの証。結婚を交わすのが「マリッジリング」とするなら永遠の絆を交わすのが「メビウスリング」。「メビウスの輪」には始まりも終わりもなく、陰も陽もなく、表も裏もなく あるのは「永遠の世界」。あなたと大事な人は「メビウスの輪」で結ばれているから、別れは、さよなら ではなく、「また会おうね」という再会の約束。人は 幸せの中にいるのにいつか 幸せになるために努力し今ここにしかいないのに今ここに戻るためにワークしすでに目覚めているのにいつか 目覚めるために瞑想している。過去と未来への恐れが消えたとき当たり前すぎて見失っていた音が聞こてくる 奇跡『今』感じることができる奇跡 『今』見ることのできる奇跡『今』を思い出した。あぁ…そうか今だけが事実でありこれがすべてなんだ。私たちには唯一「今」だけが与えられている。だから今のことを【プレゼント(present)】と言う。あなたの仕事は、死事か、志事か。あなたの想いはネガったり 悲ったりか願ったり 叶ったりかあなたの毎日は相変わらずの毎日か愛変わらずの毎日かあなたの現実は、限実か、幻実か、源実か条件がそろわないと動けないという人は条件がそろっても 動かない。 お金がないから豊かになれないという人は、お金があっても豊かになれないチャンスがないからやる気がでないという人は、チャンスがきても やる気がでない「変えられない」のではなく「変わらない」という目的が 先にあるのかもしれない雨が降ったから不幸なのではないように失恋したから不幸なのではない。現実は自分を傷つけない現実に対する自分の評価だけが、自分を傷つける。起こっている状況が不幸なのではなく、それにしがみついているのが不幸の原因 次のステージに進もうとするとき まるで 進級試験のような 試される出来事が起こる。 過去と似たような事が起きたり 自分の弱点が浮き彫りになったり 問題が起こったりする。 それは 飛躍の前のかがむ時期。 そこで 過去の失敗を繰り返すのか   また 新しい道の選択し、 前に進むのかが問われている。 だから     そんなときは逃げずに、向き合って 蓋してきた想いたちを理解した上で 恐れではなく、愛を選ぶ。 「難が有る=有り難い」と書くように、   どんな     苦しいことも 悲しいことも     それをどう解釈するかによって より素晴らしい人生を歩むための よき糧にすることができる。その時にしか咲かない『花』があるように   その時にしか生まれない『気持ち』がある   その時にしか持てない『夢』がある   その時にしかできない『経験』がある   その時にしか現れない『人』がいる   そして それを逃してはいけない『タイミング』がある   ずっと 伝えられるわけではないから伝えたい想いがあるなら伝えられるうちに伝えておく   ずっと 体が動くわけではないからやりたいことがあるならやれるうちにやっておくずっと一緒にはいられないから大事にしたい人がいるなら、大事にできるうちに大事にする〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜自分が生まれてくる直前 どの惑星に滞在し、どのような使命を携えて生まれてきたのか?を読み解くコツ、そしてトーングラムで願いを叶える秘訣を◆9月9日にレクチャーします(満席→増席)トーングラム基礎講座(大阪) 申込

      523
      3
      15
      テーマ:
  • 05Aug
    • いつかの夏の恋文

      自分らしさを忘れた時から喜びは 失われていく切なさを忘れた時から魅力は失われていく静寂を忘れた時から美しさは 失われていく好きな人のことを よく知らない時、恋は どんどん広がっていく。好きな人のことを知って 理解する時、愛は どんどん深まっていく。溢れる情報が邪魔をして大事なものが見えないように期待が邪魔をして本当の貴女が見えないさみしさが邪魔をしてありのままの貴方が見えない嫉妬心が邪魔をして嫉妬している自分が見えないよく思われたいが邪魔をして自分がどうしたいかが見えない告白せずに終わって何年も悔やみ続ける人はきっと告白してうまくいっていたとしてもいつか 後悔するのだろうこういう人は過去の思い出を癒そうとしてるのではなく過去の思い出に癒されようとしている。 外からかける鍵 と 内からかけた鍵 知りたいことは わからないのに知りたくないことはすぐにわかってしまう貴女へ今を まるごと受け入れるとは「返事がこないことが返事なんだ」と認めること。「答えがないことが答えなんだ」と明らめること。自分を愛するとは今に抵抗しないこと誰かと別れるとログアウトして自然に パスワードも忘れゆくけれど誕生日や店先に流れる曲をきっかけに突然 パスワードを思い出すことがある。時間の流れは、待つ者にとっては 遅すぎて、恐れる者にとっては速すぎる。悲しむ者にとっては長過ぎて、楽しむ者にとっては短過ぎる。しかし 愛する者にとって時間は永遠なのである。『もう会えなくなりますが、あなたにギュッとしてもらえたことを忘れません』と未来が 言った。『俺は お前と夫婦ではなく、永遠になりたかった。だから 忘れない。忘れられない。』と過去が 言った。愛する人の手を握っている時間よりスマホを握っている時間の方が長いのはなぜ?土の上を歩く時間よりコンクリートの上を歩く時間の方が長いのはなぜ?誰かを愛する時間より誰かを責める時間の方が 長いのは なぜ?一人なら一人でいるなりに辛くなり、二人なら二人でいるなりに辛くなる。好きな人がいればいるなりに辛くなり、好きな人がいなければ、いないなりに辛くなる。あなたは今よりお金持ちになっても、今より健康になっても、今より自由になっても、今より美しくなっても、今より愛されても、いずれ また 辛くなる…それが人生。素直な人を求めるより素直な自分でいられる相手を手放してはいけない自然体な人を求めるより自然体な自分でいられる相手を手放してはいけない優しい相手を求めるより優しい自分でいられる相手を手放してはいけない大事なのは あれもこれも欲しがることではなく本当に欲しいものがわかること「上手くやる」よりも「熱くやること」「なにをするか」よりも「どんな自分でそれをするか」が大事『愛したいし 愛されたいのに、 時々 何もかもが嫌になって 誰も愛したくないし 誰からも愛されたくない 本当は愛されたいのに…』っていう 想いさえ 愛から湧いてきている。 『悟りたい』っていう想いも 実は 悟りから湧いてきている。愛は いったん自分を忘れた後で求め、探し回り、最後にはこのゲーム全体が自分だったことを発見するゲームをしている。キミは 愛を求めるけど、愛とは もともと君自身であることを忘れている。キミは 愛を探し求める それそのもの。「 悩み 」はいずれ「思い出」に変わり、「 涙 」はいずれ「経験」に変わる。「 キズ 」はいずれ「キズキ」に変わり、「出逢い」はいずれ「 絆 」に変わる。「 育児 」はいずれ「 育自 」に変わり、「 苦労 」はいずれ「 感謝 」に変わる。「 試練 」はいずれ「 宝物 」に変わり、「 哀 」はいずれ「 愛 」に 帰る。「楽な道」を選べば見える景色はいつも同じ「楽しい道」を選べば見える景色はいつも変わる「他人」に期待すればイライラする方へ流され、「自分」に期待すればワクワクする方へ導かれる。「自分はダメ」と考えれば未来は暗い方へ流され、「自分のタメ」と考えれば未来は明るい方へ導かれる「できない」と思えば限界が 形作られ、「できる」と思えば可能性が 形作られる。「不満」ばかり数えれば足を引っ張る人になり「感謝」ばかり数えれば手を引っ張る人になる。だから2人の終わりを想像するより、2人の始まりを思してみる。足りないものを数える前に、いつか消える 今あるものを数えてみる。忘れたくないのは正解 探しをやめて、いまを正解として生きること。 喜びの大きさと悲しみの深さはつながっていること。 癒しの大きさと悩みの深さは表裏一体であること。 執着してはいけないと執着するより、終着するまで 味わいきること。 競争するためではなく協奏するために人は出逢うということ そして、競争も協奏の一部だということ。 両想いなんて存在せず片想いがふたつあるだけということ。 傷ついたのではなく、気づいたんだということ。 二人でいないと安心できない人になるより、一人でいても 二人でいても楽しく生きられること。 『愛されていない』という思いも 愛から生まれてくるということ。 生き抜くことも大事だが、息抜くことも忘れないこと。今 一瞬だけでも手放そうとか、安らぎを得ようとか、理解しようとするのをストップしてみる。すると 突然空間と時間の感覚がわずかになくなる「私」が開こうとしても開かなかった次元の扉が自然と開かれる。これまでは問題があるから考えなければと思われてきたが、実際は 逆だった。考えるから問題が生まれていた。私たちは自分の考え(物語)に溺れてきた。『それ』は考えたから理解できるものでは なく、考えが やんだとき、あなたはそれそのもの(答え)になっている。皮肉なことに、わかろうとする必要性を手放したとたん、あなたはわかる。そして わかった、と思った瞬間、あなたはわかっていないのである。あなたは探し求めているまさにそのものを避けている。そして避けようとしているまさにそのものを探し求めている。(お借りしたビジュアルアート loundraw、げみ、他 リスペクトするクリエイター達 )自分が生まれてくる直前 どの惑星に滞在し、どのような使命を携えて生まれてきたのか?を読み解くコツ、そしてトーングラムで願いを叶える秘訣を◆9月9日にレクチャーします(満席→増席しました)トーングラム基礎講座(大阪) 申込◆8月16日びこLW&しみずたいき『引き寄せの法則とパートナーシップの本質(大阪)』申込はこちらから2018年の講座、コラボに参加された方、今後 参加予定の方は アメンバーの承認をさせていただいてるので、講座参加時のお名前を明記の上 メッセージください

      344
      2
      13
      テーマ:
  • 04Aug
  • 02Aug
  • 30Jul
    • 未来はすでに5次元で起きている

      ▽. イリュージョン パートナーシップ◆恋愛は正気と狂気の間の反復横とび。結婚は 安定期と倦怠期の間の反復横とび。◆相手を通して 不足感を埋めようとすることを 恋愛と呼ぶが、それを続けているといずれ痛い目にあう。不足感を埋めるというのは、自分の心の痛みを偽ポジでごまかし、その痛みを相手のせいにすることだから。◆パートナーシップの真の目的は、相手から愛を得ることではなく、自己を知ること。◆「自分を愛する」という言葉には2つの意味がある。ナルシズム→自分にないものを求め続けること。満たそうとする自分に固執すること。自己受容→ありのままの自分を認めること。充たす人。事実を事実として認めること。◆【満たす】から【充たす】にシフトしない限り、どんなに綺麗になっても「相手に大事にされても」、本当の意味で 幸せにならない。◆満たそうとする人は、相手が自分の思い通りにできないとわかると、今度はその相手を否定(批判)しはじめる。充たす人は、相手を自由にする。◆「これだけはわかって欲しい」とか「あの人に嫌われたくない」といった[将来への期待と不安]で頭がパンパンになると、相手の本当の姿が 見えなくなる。◆人を好きになると苦しいのは「自分が 自分を受け入れていない(充していない)事実」に気づいてしまうから。そのことを知るために 人と人は 出逢うとも言える。◆「自分は愛される価値がない」と無意識に思っている人は、一見 愛されたいと願っていても、実際に愛される現実が近づいてくると心のザワザワが大きくなり、相手を批判し始めたり、体調を自ら悪くすることで、現状を維持しようとする。◆ネガティブな感情が出てきた時は あれこれ考えて相手を責めたり、自分を責めたり、自分を正当化したりせず、ただ感情を【感じきって】あげる。感情の雲は味わいきると離れていく。◆「今 目の前で起きていること」を 純粋に楽しんでいると、 求めていたものより ずっと素敵な贈り物が 届けられる。◆なぜなら 頭が期待した【こうあって欲しい】未来ではなく、今ここで【起きている現実】の中に、喜びや新しい価値を見出す能力を持っているから。◆料理でも エッチでも 育児でも 【すること自体】が 幸せであり 喜びであれば、「せっかく ここまでしてあげたのに…」といった自分を犠牲にしている感覚にはならない。 ◆あなたを開く鍵を持った相手とのまぐわい(SEX)の時、蝶形骨と仙骨が 振動し、松果体が活性化し、超能力が開発されることがある◆我々の中に性力をあらわす蛇(龍)が眠っており、あるトーンに触れると、女性の性力であるシャクティが目覚め、体を駆け上り、頭から宇宙へ飛び出す◆1984年~1995年生まれの♇冥王星蠍座世代は、社会の中で新しい仕組みに作り変え、新たな道を切り開いて行くことが求められている。◆現在 木星が蠍座にあるが、蠍座のルーラーは死と再生の星、♇冥王星。つまり、何かの終わりと共に、新しい何かが生まれようとしている時期◆ 携帯アプリを複数インストールし、長く使用すると充電がすぐに切れてくるように、我々も 様々な情報や概念を脳にインストールしていくうちに一日の過ぎるスピードは早くなり、充電も早く切れるようになっていく。いま必要なのは 新しいアプリのインストールなのか?削除なのか?それともOS全体のアップデートなのか?◆男も女も役割から自由になる時間(余白)をつくった方が うまくいく▽. 引き寄せの真髄未来はすでに5次元で起きているのですが、3次元にいる私たちの時間軸ではまだそれは起きていない。なので、3次元での私たちは 普段〝「原因」があるから「結果」がある”「過去の経験則(記憶)に基づいて 何かを 選択していく」という感覚…つまり主に左脳領域を使う顕在意識(βベータ波14Hz=水平意識)で生きているですが、これが実は人生最大の錯覚で時間を超越した量子の世界ではこの瞬間に「すべての可能性(未来)」があり、原因(過去)はなく、結果(今)しかありません。これからは「未来記憶(可能性の次元)に基づいて、 今 やるべきことをする。」右脳領域(θシータ波=縦意識)を活用する人が増えていくような気がします。βベータ波のときは、分析意識になっており、θ(シータ)波のときは、創造モードに入ります。βベータ波(人間クラブモード)状態のとき、問題について深刻に考えたり、なんとかしようとして、余計 ドツボに嵌ったことってありませんか?逆に θ(シータ)波状態に入ると、問題は消えます。たとえば一方で 眠ってるとき、悩みや不安は 消えてますよね?ずっと別れの痛みを抱えてきた人が、それを越える好きな人に出会ったとき、一瞬で過去の痛みが消えますよね…?つまり 意識が 量子的に変わると、未来も 過去も 現在も 同時に変わるのです。これは【量子もつれ】と同じ原理で、繋がりをもつ量子は、どちらか片方の変化が確認されると、距離(時空)の離れた もう片方も同じく変化するという性質に由来します。βベータ波状態のときに自己啓発本を読んで「現実を変えよう」としても変えられないのは、ゲームの中の主人公マリオがゲームのプログラム(シナリオ)を書き換えようと試みるするようなもの。たとえば「あがり症(原因)だから 人前で喋れない(結果)」↓だから「原因(問題)である あがり症を 治さなければいけない」って思うかもしれませんが、このコンセプトを採用しても無意識の世界では「人前で話さないためには あがり症が必要だ」という信念を採用していることになりますθ(シータ)波状態に入りゲーム(現実)の外側の時間を超えたプログラマー(未来人)としての自分と接続すると逆をやっていたことが明白になります思考と同化すると問題が生まれます。問題が生まれると私たちはそれについて考えます。原因や意味を考えれば答えが出ると錯覚しますが、実は考えていない瞬間あなたは 答えそのものになってます。あなたをずっと支えてきたのは意味ではなく、愛です8/16 自分からはここを掘り下げようかなと考えてました(僕もびこさんも 参加者の皆さんのエネルギーを感じながら喋るので、内容は変わると思いますが)自分が生まれてくる直前 どの惑星に滞在し、どのような使命を携えて生まれてきたのか?を読み解くコツ、そしてトーングラムで願いを叶える秘訣を◆9月9日にレクチャーします(残席少)トーングラム基礎講座(大阪) 申込◆8月16日びこLW&しみずたいき『引き寄せの法則とパートナーシップの本質(大阪)』申込はこちらから

      596
      13
      テーマ:
  • 29Jul
    • 勝ち組の時代から 価値組の時代へ

      10年以上前 ミュージャン辞めて コミュニティの管理人を始めたときに トップに貼ってたやつ。今でもFacebookページなどでよく引用されてるようです。当時は『行動すること』がポリシーだったようです(なぜか他人事)~気づきの言葉~□ 望む現実を創るとは、望む自分を創ること□ すべての壁は 自分の心の中にある□ できるかできないかではなく、 やるかやらないか□ やる人は「時間」を作り やらない人は「理屈」を作る□ 他人に期待すれば不満になり、 自分を信頼すれば自信になる□ 理解してもらおうとする前に 自分(の仕組み)を理解しよう□ 他人を変える一番良い方法は、 自分の ものの見方を変えること□ 人間関係とは、他人を通して 自分自身との付き合い方を学ぶ機会□「辛」+「一」=『幸』□「+」+「思」=『恵』□ 転ぶ者ほど転び方がわかる□「損した」と書いて「せいちょう」と読む□ 知らない者ほど 成長が早い□ 自分の苦しんだ経験が他人の役に立つ□ 悩むのは、思いやりがあるからかもしれない□ 自分の短所を受け入れるとき、 自分らしさという魅力が生まれる□ 雨降って 地固まり、虹が輝く。□ 大変とは 大きく変わること□ うまくやるより 本気でやる□ できない理由はできる理由□ 楽な日々は過ぎ去る、 充実した日々は積み重る□ 辛いから逃げるのではなく、 逃げてるから辛くなる□ 劣等が劣等感を生むのではなく、 劣等感が劣等を生み出す□ 想うから夢が叶うのではなく、 叶う夢だから想いをキャッチする□ 理屈よりも 本当の気持ちを大切にする□ 現状維持より冒険を選ぼう□ 人生に夢があるのではなく、 夢が人生を創っていく□ 楽を求めるほど不自由になり、 夢に向かうほど自由になる□ 最も空しい人生とは すべてが思い通りになる人生である□ 幸せは得るものではなく 気づくもの□ 何をするのかよりも、なぜするのか□ 二度と会えないと思って相手の話を聞く□ 大事なものほど 当たり前にある□ 樹木は上に伸びる前に下に伸びる□ 相手にくだす価値判断はすべて 自分に対する価値判断□ 他人との対立は、 自分の心の中の対立に過ぎない□ エゴのレベルで敗けることができれば、 真の意味で勝利する□ 不平不満の多い人というのは 「ただ感謝(気づき)が足りない」だけ□ 何が起こったかではなく 起こったことに対しあなたがどうするか□ 幸せだから感謝するのではなく 感謝するから幸せに感じる□ 失うことで得ることもある□ 幸と不幸はワンセット。 独立しては存在できない□ 貧しさを知らなければ、 本当の豊かさが分からない□ 孤独を知らなければ、 本当の繋がりが分からない□「できない」苦しみが無かったら 「できた」喜びは生まれない□ 自分の弱さがわからなければ、 自分の強さにも気づけない□ 人生で恐れることは実は何もなくて 気づくことがあるだけ□「築いた者」より「気づいた者」が進化する□ ただしい生き方よりも、たのしい生き方へ□ いつかやるではなく “今”できることからやる□ 内側から生まれてくる喜びは失われない□ 現実は 外の世界で起こっているのではなく、心が創り出している□「幸」「不幸」は存在しない。 その人の心が そう決めているだけ□ ウマク生きるのではなく、自分を生きる□ 勝ち組の時代から 価値組の時代へ□ 答えはすでに今ここ にある□ すべてはうまくいっているあなたの現実は、あなたの心の状態の現れです。あなたの現実は、あなたの内面が投影されたものであり、これからもそのすべてが、あなたの内側で体験することによって色づけされることになります“あなた自身の意識が、あなたの世界をつくり上げています”今のあなたの心にヒットするワードはありましたか?今度 コラボトークするびこさんです↓生のびこさんとしみずたいきに会いに来ませんか?いい感じに 席も埋まってきたので、お早めに◆8月16日びこLW&しみずたいき『引き寄せの法則とパートナーシップの本質(大阪)』申込はこちらから◆【こちらはソロ講座】9月9日トーングラム基礎講座(大阪) 申込

      280
      1
      11
      テーマ:
  • 28Jul
    • 【皆既月食】グランドクロスが、 水瓶座の満月で再び起こる

      「足りない」と思い込んできた現実が、「足る」現実だったと気づく時、「現実」という言葉を逆にすると「実現」になるがごとく、世界がひっくり返る。 心底 求めていた『願い』はすでに実現していたことを知ります (行き抜いて 息抜いて 生き抜いてより)28日 AM4:30から皆既月食がはじまります。しかも今回は接近した火星も重なり、過去世を表すドラゴンテイルにて起こります。影響は半年間に及び、「過去世から今まで積み重ねてきたものや 潜在的に抱えて来たものが明るみに出る」つまり、デトックス(膿み出し)の激しい満月になるかもしれませぬ🌕接近中の火星は男性を表し、通常より数倍の力が溢れているので、我々の内なる男性性はすぐイライラしたり、カッとなりやすくなる人も…(イラッときたら、深呼吸を)◆男性を表す火星と女性を表す月が一緒で月食と同時というのは、前世からの因縁のある人と恋に落ちる人もいるかもしれないし、 6つの惑星の逆行により 過去の忘れ物を見つける人もいるかもしれない。松村潔氏の本にはこのような記述がありました。 1999年の日食は、固定サインの真ん中でグランドクロスができたので、四元素が均衝を保つ瞬間があり、そのときに、第五元素的な領域にスイッチが入った。第五元素的なものは、四元素が均衝をとらないと出現しない。というのも、第五元素とは、四つの元素の総和だからだ。 足すと出現するのならば、四元素すべてそろえないとやってこないことになる。 なので、1999年の日食は、冥王星が橋渡しをして、外宇宙から第五元素的な種がやってくる時期。ノストラダムスはそういうことを言いたかったのだと思う。 新しい時代が来るための、仕込みのようなものがあるよ、と。 出典:エドガー・ケイシーの占星術論を読み直す / 松村潔著四元素とは火・地・風・水のエレメントのことで、全て足すと、第五元素が生まれるという。第五元素とは、「霊(エネルギー)」的なもの。1999年に起こった四元素のグランドクロスが、7月28日水瓶座の満月で再び起こります。獅子座 と 水瓶座は、主観 と 客観。牡牛座 と 蠍座は、私のもの と あなたのもの。このグランドクロスを作る四元素は、牡牛座・地、獅子座・火、蠍座・水、 水瓶座・風(蠍座は、昔は鷲座と呼ばれていた)それぞれのサインのシンボルは牛、ライオン、鷲(蠍)、女性を合わせると「スフィンクス」が完成します!古代エジプトでは、神聖な存在(統合のシンボル)として扱われていたようです。スフィンクスの語源は シェセプ・アンクシェセプ=姿・形、アンク=再生・復活の神 「アンク神の像」という意味です。(アンクは 女神イシスのパワーを表すシンボル♀でもある)「アンク ♀」は 現代では女性のマークとして使われたり、占星術では(金星)を示すシンボルとして使われています。またアンク( ♀)は、【この世とあの世を繋ぐ鍵】であり、他にも♀は1【子宮(創造)】、2【生命の樹】、3【イシス(儀式の帯)の結び目】、4【死後の生命の息吹を与える力】、5【再生、復活のエネルギー】を象徴しています去年 『反転する宇宙』の記事の神話やジブリ映画の仕組みのところで書きましたが、エネルギーというのは、上下の運動(振動&重力波)によって発生します。自分の限界を突破して、高く飛ぼうとする時も、必ず下方向に堕ちる(奈落の底を経験する)というエネルギーが必要になります。占星術で言う四大元素(エレメント)がそれに当たります。火・情熱 = 上昇螺旋地・現実化 = 下降螺旋男性性(サヌキ)とも呼ばれるもので、情熱は自身の能力を高めます。能力を高めたら、その能力を使って現実化をする。ここで不安や恐怖心が出たりしますが、腹をくくって行動すると、これが成長に繋がり、現実を変える力になります。風・思考 = 拡大水・感情 = 縮小思考(考え方)を広げて可能性の模索をし、あらゆる選択肢の中から感情的に心地よいものを取捨選択します。つまり感情的な癒しを得るのは横軸のエネルギー(精霊・天使系)で、変革を起こす(腹をくくる)のは縦軸のエネルギー(龍神系)です。なので、精霊・天使のエネルギーで目標を達成しましょうとか龍神のエネルギーで 癒されましょうとはあまり言わないですよね。「頑張らない癒し系のスピリチュアル」は 横軸(精霊系)が多いのですが、横のエネルギーには 小さな変化は起こせても、大きな変化を起こす力はないので、感情的な満足は得られても 現実が大きく変わることは難しいのです。ただ感情が癒され、人生が楽になります。(※ちなみに ここ誤解されがちなんですが、一瞥を経験した人たちの語る【ありのまま】は、『頑張らない癒しスピリチュアル』と 似て非なるものです)一方、縦軸のエネルギー(龍神系)は、行動や変化を起こすことはできるものの、感情的になかなか満足はできません。だから縦のエネルギーばかり使うと、目的を達成しても達成しても、感情的な満足が得られなくて、破滅的な人生をおくる人もいます。だから 使い方次第で精霊・天使系は依存的にもなるし、龍神系は破壊的にもなる。エネルギーそのものが悪いわけでは無い。どちらも必要な力であるにも関わらず、どちらか一方に偏りやすいので、そこを上手くできれば(補い合えれば)、感情的にも現実的にもバランスよく満たされる現実を創造することが出来ます。(あれがシェフの気まぐれサラダじゃありませんようにあれがシェフの気まぐれサラダじゃありませんように あれがシェフの気まぐれサラダじゃありませんように あれがシェフの気ま…)今後現象界でのデトックスは起こりますが、第五元素的な領域にスイッチが入り古代の叡智である「霊的スフィンクス」が完成していくプロセスのような予感がします。我々全員が、いまここ(霊=他力)に目覚めながらも、星に動かされるのではなく、星を動かす時代がやってきます。 自分が生まれてくる直前 どの惑星に滞在し、どのような使命を携えて生まれてきたのか?を読み解くコツ、そしてトーングラムで願いを叶える秘訣を◆9月9日にレクチャーします(残席少)トーングラム基礎講座(大阪) 申込◆8月16日びこLW&しみずたいき『引き寄せの法則とパートナーシップの本質(大阪)』申込はこちらから2018年の講座、コラボに参加された方、今後 参加予定の方はアメンバーの承認をさせていただいてるので、講座参加時のお名前を明記の上 メッセージください

      355
      3
      6
      テーマ:
  • 27Jul
    • 言葉の花束を

      相手の悪いところを探す時間を相手の良いところを探す時間に変えてみるできない理由を考えてる時間をできる理由を考える時間に変えてみる悩んでいる時間を行動する時間に変えてみる不幸の数を数える時間を幸せの数を数える時間に変えてみるたったこれだけで面白いほどに人生が変わるこれ本当お金が欲しい安心が欲しい愛情が欲しい自信が欲しい恋人が欲しいいいねが欲しいLINEがほしい子供が欲しいつまり思考の「~が欲しい」「~があれば、幸せになれる」 は、「~が足りない」「~がなければ 不幸だ」の裏返しで、「今の自分ではいけない」「そのままの自分は幸せでない」が根底にあるので、生涯をかけて「幸せの青い鳥」を探す人生になってしまうだから胸の奥から「新」 呼吸して「清」 呼吸しながらいま ホッとするいま 心地いいことをする。腹の底から「芯」 呼吸して「神」 呼吸しながらいま 呼吸できる幸せを感じるいま 生かされている豊かさを感じるいまの目の前で起きてる問題はこれまで それを無視したり、ごまかしてきた事の積み重ねの結果かもしれない。 でも それは 本当にしたいことに目覚めるための本来の自分を生きるための 魂からの残酷で 美しいギフト。口で「助けて」と言いながら、行動が何も変わらない人。神様はどっちが本音だと思うだろう?どうやって導けばいいのだろう?頭であれこれ計画を練っているだけでは、何も変わらない。誰かが何かをしてくれるのを待つのではなく、何かひとつでも新しいアクションをすれば、シンクロも起こるようになり、意識の変化は 起きてくる。特別さを求める人は特別に見せようとする人にだまされやすい完璧さを求める人は完璧に見せようとする人にだまされやすい劣等感から抜け出せないのは、自分を人と比較し、その人のようになろうとするから。幸せを探すほど、幸せは見つからない。探さなくなったとき、ありのままの幸せが現れる自分らしく見せようとするのではなく、自分らしくいられるように今の自分に不要なものを手放してあげる逆境であろうが、順境であろうと今きみのいる場所で、今きみの持っているものを使って今きみのできることをやればいい。言いすぎて失うことも言えないで抱えることも それがしこりとなる前に落ち行く紅の葉の習いなら 君の想いも結んだまま乾いた晩秋に置き忘れてしまおう  君の本当の魅力とは、孤独の香りであり 君の本当の個性とは傷の深さであり 君の本当の友人は後ろの正面にいる行ったこともない土地なのに写真を見るだけでなぜか胸が締めつけられたりはじめて会った人なのになぜか懐かしい感じがしたことってありませんか?夢から覚めたときなぜか 涙を流していて大事な何かと出会っていた感覚は残っているのに それを忘れていることってありませんか?きっと異国の物語のように聞こえるうちにまだ好きだと言えないだろうそんな片手の愛をもって近いと知っているのに遠すぎる曇り空について語って耳を閉ざして四つ辻を折れていく雨のない日に傘をさして雨の日の彼女の足跡を追うためにうつむきながら もう聞こえない音楽の休符にも慣れてしまった鍵をなくした引き出しの奥には忘れられない後ろ姿のように夏が折りたたまれている遅れて届く言葉の半分がきみを求め、届くことのない想いがきみを抱きしめているあなたの能力を引き出すのは、 今までのやり方を手放す覚悟と 新しい一歩を踏み出す勇気です。 お金の流れを変えるのは、 今まで以上に損する覚悟と 今まで以上に得を受け取る勇気です。 パートナーシップを豊かにするのは、 プライドを捨てる覚悟と 愛する(愛される)勇気です。 あなたを最大限に輝かせるのは、 最低の自分と向き合う覚悟と 最高の自分を生きる勇気です。掴んだ手も離れてしまった手ももう次はないのに『またね』に『またね』と返した時も求められていることに対する震えるほどの喜びを感じた時も伝えられた言葉ものみ込んだ言葉も思い出の中から貴方を消したかった時も忘れたくても忘れられないことを知り近くにいたいと近づくほどに近くにいられないことを知りしばらく 泣いてたよ。失ってから気づくのが恋です苦しくても 会いたい人が貴方です探そうとしても見つからないのが 【私】です。探さなくてもずっとあり続けるのが【これ】ですわからなくてもわかっているのが【愛】ですわかっていてもわからないのが【私たち】です​終わった恋があったから見つけた恋がありました届かなかった思いがあるならたどり着いた道がありましたあの挫折があったからつかんだ経験がありました人生に無駄なことは何一つなく君が 苦しんできた経験はいずれ 誰かへの贈り物になっていく。どんな挫折や終わりもいつか違う形になって実を結びこれまでの『軌跡』がここからの『奇跡』につながっていく不機嫌になってはいけないと思うと不機嫌はずっと自分の中にあり    怒ってはいけないと思うと怒りはずっとあなたの中にある    現実はパラドックスで     怒ってもいい・・ってなると不思議と怒らなくなるし、        不機嫌になってもいいってなると なぜか不機嫌は消えていく。無駄なことの中に自分にとって重要な何かが隠されている苦手なことの中に自分の視野を広げる何かが隠されている抵抗を感じることの中に自分を豊かにする何かが隠されている困難なことの中に自分を成長させる何かが隠されている好きなことの中に自分の才能に直結する何かが隠されている大きな苦悩の中に自分を目覚めさせる何かが隠されているあなたがいま ジャッジ・分別している相手は、 あなたが自身の信念を強めたいから登場させた 信念の鏡像反転です。 相手が「そういう人」というよりも、 あなたが今まで使ってきた信念・ 古いエネルギーを 相手を通して見ているだけ。 どうしたら 自分(相手)を変えられるかではなく、 どうしたら 自分に還られるのか に意識をシフトさせていくと だんだん楽になる。その子は、あなたを選んで生まれてきた。そのままのあなただったから、あなたを選んで生まれてきた。そのままのあなたに笑ってほしくて、あなたを選んで生まれてきた。そのままのあなたと 口喧嘩したくてあなたを選んで生まれてきた。そのままのあなたに叱られたくてあなたを選んで生まれてきた。そのままのあなたの価値観に反発したくてあなたを選んで生まれてきた。そのままのあなたのやさしさに触れたくて、あなたを選んで生まれてきた。そのままのあなたの温もりを感じたくて、あなたを選んで生まれてきた。あなたがそのままのあなただったからあなたを選んで生まれてきた。どれだけ、親子関係がうまくいっていないように思えてもあなたとその子との関係は、すべてがうまくいっている。「頼りないママでごめんね」だいじょうぶ、その子が望んだプログラム通り、そのまんまのアナタとの関係を分かち合うことができているだいじょうぶ、悩みたければとことん悩んだっていい。アナタは アナタのままに悩んでいるそんなアナタを体験したくてその子は、アナタを選んで生まれてきたんだから。仮に あなたのことを「毒親」「反面教師」って思っていたとしても、その子があなたと同じ年になったとき、ふと同じ事をしているのに気づいて。あなたの気持ちを理解するかもしれない。人間である以上完璧な親など存在せずどんな親でも毒親の要素はあるのだからだからあなたはあなたのままでだいじょうぶ。その子はすべてのあなたを体験したくてあなたを選んで生まれてきた。子どもの幸せを心配しようがしまいが子どもは既に幸せそのものだった愛情深くなろうとしなくても、あなたは既にそれそのものだった。だからあなたは あなたのままでだいじょうぶ自分が生まれてくる直前 どの惑星に滞在し、どのような使命を携えて生まれてきたのか?を読み解くコツ、そしてトーングラムで願いを叶える秘訣を◆9月9日にレクチャーします(残席少)トーングラム基礎講座(大阪) 申込◆8月16日びこLW&しみずたいき『引き寄せの法則とパートナーシップの本質(大阪)』申込はこちらから2018年の講座、コラボに参加された方、今後 参加予定の方はアメンバーの承認をさせていただいてるので、講座参加時のお名前を明記の上 メッセージください

      384
      6
      26
      テーマ:
  • 25Jul
  • 24Jul
  • 17Jul
    • ワニに襲われかけた事件

      頭が痛いとき、「私は何に抵抗しているのだろう?」と問いかけてみてください。腰が痛いとき、「私は何に腹を立てているのだろう?」と問いかけてみてください。胃に問題があるとき、「私は何に納得がいかないのだろう?」と問いかけてみてください。下痢になったとき、「私は何が不安なんだろう?」と問いかけてみてください。皮膚に問題が起きたとき、「私は何(誰)が肌に合わないのだろう?」と問いかけてみてください。本当は優しくしてほしい本当はこれをしたくないそんな自分の本心を無視していることを教えるために病気をつくりだす事がありますカラダはいつも隠してきた本音を語っています。( 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて より )心身の調子が よくなかった頃(7年前)にある悪夢を見ました。エメラルドグリーンの綺麗な海で泳いでいたら巨大なワニに出くわしました。ワニは こちらに向かって近づいてきたのでパニックになりました。岸に向かって逃げようとしても何かが足に引っかかって 進めないうちにワニが 目の前に来ました…『あぁ…やられる』と思った瞬間突然 ワニも時間も止まったのです。そのとき【これは夢かもしれない】という思いがわいて来ました。夢だと理解すると、 だんだん腹が立ってきて『なんで追いかけてくんねん』と 叫びましたすると どこからか声が鳴り響いてきて、『これはあなたが 無視してきた苦しみと悲しみの姿ですよ。』と言う。そのとき 初めて 足にひっかかっていたものがもう悲しみを感じたくない…というブロック人に見られるのが怖い…というブロック(抵抗)変わること(未知)が怖い…というブロックであることに気がつきました。そこに気づくと、面白いことが起こりました。追いかけてきた巨大なワニがグルグルと円を描くように回転しはじめ、波の形が 螺旋状に変わるとそこから 美しい女性が姿を現したのです。そして その女性は『感じることを遅らせてきたことの代償が、心身の不調です。苦しみがあるという事実ではなく、苦しみを感じることへの抵抗によるものです。ですが コントロールしようとすることは、実際に 苦しみを長引かせるのです』と言う。さらに変化(未知)が怖い…から【予め 色々 知っておきたい】と無意識に 情報収集をしていたのですが、その情報や思い込みが 私の可能性や視野を狭くしている…と指摘してきたのです。確かに 当時を振り返ってみると、感情を感じないようにコントロールしていたし、色々な情報を収集していました。マインドは 【自分】として機能し続けるために 感情を抑え込もうとしたり、内面の問題を忘れるために、情報や予定をつめこんで忙しく動き回ろうとします。このように「恐れ」を原動力にして、動こうとするといずれ撃チンします。湧き上がってくる感情を感じて 傷を癒すには、準備ができたときに そこに飛び込んでみること。それを先に延ばし続けると だんだん具合が悪化し、あなたが気づくまで 宇宙からのサインはさらに強く、激しくなっていきます。ですから一度でいいから本気で「怖い」「悲しい」を感じてあげること。そう、本気でこわい〜〜かなしい〜〜さみしいよ〜〜って泣き叫ぶこの感情の受容が「怖いを怖がったり」「また不安にならないか不安がったり」のような二次的恐怖や不安を弱めていきます。恐れや不安、悲しみの感情は感じることに抵抗すればするほど強まっていきます。その抵抗をやめてみる感じてOKにすると現実はどうであれ恐れや不安は弱まります恐れが弱まるということはあなたの放つ 心の波長が変わります『わからなくていいから思い切ってやりたいことをやりなさい。望みが叶えられないときは単に軌道修正を受け取っているだけです』最後 ↑この言葉が 胸に響いて 目が覚めました。不思議なことに その夢を見て以降 、心身の調子が 劇的によくなったのです。「不安でもいいじゃん。 不安になって何か問題あるの?」 「わからなくてもいいじゃん。 わからなくて何か問題でも?」「お金がなくなって何か問題でも?」ということが腑に落ちてから、不安や恐怖のループにも はまらなくなっていきました。(というより不安や恐怖に 燃料を与えなくなったという表現の方が正しいかもしれない)後々 記紀に八尋和邇(ワニ)と呼ばれている存在がいるのを知り、それが 豊玉姫であると書かれている文献があったので、もしかすると 夢でみた女性は豊玉姫のご利益かもしれないと思ったのでした色即是空 空即是色〜 色即是空 空即是色〜猛暑続きなので 熱中症には気をつけてくださいびこLWさんと 『引き寄せとパートナーシップ』をテーマにした イベントをします。僕からは トーングラムの観点から 引き寄せ、パートナーシップ、オーガズムグリッドと繋がると 引き寄せが最大限に機能する理由 など について話す予定。引き寄せは 知って満足するものではなく、使ってナンボのものだと思っています。だから あなたの現実を根底から大きく変える力を持っています。このテーマで話すのは 最初で最後になると思うので、生の 2人に会いに来てください。◆8月16日 びこLW&しみずたいき『引き寄せの法則とパートナーシップの本質(大阪)』申込はこちらから◆【こちらはソロ講座】9月9日 トーングラム基礎講座(大阪) 申込(←前回の7月6日に 申込んだけれど、大雨で来れなかった方は、申込のみでokです)

      354
      8
      テーマ:
  • 15Jul
    • 自分を責めてることに気づく瞬間

      心臓が動いていることの幸せに気がつくだけでいま生きているだけで幸せを感じられるようになる。不自由を選べる自由に気がつくだけでいま生きているだけで自由を感じられるようになる。ただ呼吸ができることの喜びに気がつくだけでいま生きているだけで喜びを感じられるようになる。あなたが いま「自由」に気づいた時現実はその「自由」にシンクロしはじめる。あなたが いま「喜び」に気づいた時には現実はその「喜び」を引き寄せはじめる。そう現実は 固定されたものではなく、現実はあなたの「気分」にシンクロして、その現実「のように」映る。だから日常(軌跡)は 非日常(奇跡)と共にあったことを思い出せばいいだけ。何もかも失われた時にも、今は 一度も失われていない。何もかも奪われた時にも、最も大事なものは 永遠に残っている。お金がほしいお金がほしいお金がほしいお金がほしいなら今までとは違うやり方を選び、今までと違う選択をしてみよう現実を変えたい現実を変えたい現実を変えたい現実を変えたいなら自分を責めるのをやめて、今までとは違う視点から見てみようマインドは「ハートを開くために 瞑想したり」「幸せになるために ありがとうと言ってみたり」「自由になるために 手放そうとしてみたり」「愛されるために 人にやさしくしたり」と頑張るけれど本当は逆で「瞑想状態(無私)にあるから ハートが開く」し「すでに幸せだから 感謝がわいてくる」し「すでに豊かだから 収入も増える」し「すでに愛されてるから 人にやさしくなれる」わけでそもそもの話幸せに理由はなかった( しみずたいき )『現実を変えたいなら自分を責めるのをやめましょう』とよく言うよね。でもほとんどの人が『自分を責めている』っていう自覚は ないと思う。もし自分を責めていなかったら現実は もっと軽やかなものになっているはず。(思い通りにいかないことはあったとしてもね)さて、『私は 自分を責めていない』という人に 質問します…誰かを責めてませんか?または自分が受動的攻撃をしていませんか?親、パートナー子供、恋人、友人、上司、部下、会社、ネットで活躍してる人を心の中で責めてませんか?(裁いていませんか)実は誰かを責めているその心は自分を責めているということ。受動的攻撃は甘えが抑圧された攻撃性で、・無関心(既読スルー)・義務感(返事しなきゃ)・皮肉(嫌味)・不機嫌・先延ばす傾向・他の人からの権威や提案を嫌うなどの態度にあらわれます。怒りにマスクをかけて隠している感じです。それが身体の症状に出ることもあります。カラダの右側に何らかの問題や症状が現れた時は、あなたの内なる男性性に問題があることを教えてくれています。たとえば 父親(男性)・仕事・上司・友人などに関する葛藤があります。カラダの左側に症状が現れる時は、あなたの内なる女性性(内面世界)に葛藤や問題があることを 示してくれています。つまり、母親や子供、もしくは我が子のように愛着のある自分の事業や自分のあり方(being)に関係しています。まずは 常に受動的攻撃行動の裏にある怒りや悲しみをわかってあげることが鍵になります。もう一つ他人の目が気になっていませんか?ダメな奴だと思われているいい歳しやがってと思われているしっかりしてない頑張っていないダメな親だダメな夫、妻だダメな子だダメな部下だダメな恋人だもし心の中で誰かを責めたり誰かを妬んだり誰かの目がすごく気になったりしてたとしたら自分を責めていてそれが現実(他の人)に 反映していますですから少しずつ自分を責めるのやめてみませんか??大丈夫!それだけでも今目の前の現実が違って見えてきますよ自分が生まれてくる直前 どの惑星に滞在し、どのような使命を携えて生まれてきたのか?を読み解くコツ、そしてトーングラムで願いを叶える秘訣を◆9月9日にレクチャーします(残席少)トーングラム基礎講座(大阪) 申込◆8月16日びこLW&しみずたいき『引き寄せの法則とパートナーシップの本質(大阪)』申込はこちらから2018年の講座、コラボに参加された方、今後 参加予定の方はアメンバーの承認をさせていただいてるので、講座参加時のお名前を明記の上 メッセージください

      387
      11
      テーマ:
  • 14Jul
  • 13Jul
    • 引き寄せの法則と 霊的パートナーシップ

      息を吸いながら、ハート(心臓)に 気づく息を吐きながら、ハート(心臓)にほほえむ息を吸いながら、胃腸に 気づく息を吐きながら、胃腸にほほえむ息を吸いながら、肝臓に 気づく息を吐きながら、肝臓にほほえむ息を吸いながら、緊張(痛み)に 気づく息を吐きながら、緊張(痛み)に ほほえむ息を吸いながら、我慢してる自分に 気づく息を吐きながら、我慢してる自分にほほえむ息を吸いながら、将来の不安に 気づく息を吐きながら、将来の不安に ほほえむ息を吸いながら、愛されてる自分に 気づく息を吐きながら、愛されてる自分に ほほえむ呼吸しながら 緊張してる部分に『微笑みと思いやり』のエネルギーを贈ると、緊張は和らぎ、心臓は安らぐ。私たち(マインド)は よそ見ばかりして、長年 心臓のことを気にも とめてこなかった心臓や胃腸、肝臓を無視して、『夫(親)には わかってほしい』とか『幸せになるには 〇〇が必要』と【ないもの探し】をしてきたのである。「どうせ わかってもらえない」→「どうせ わかってもらえないって 信じている観念」「やっぱり 私はダメなんだ」→「やっぱり 私はダメなんだって思ってる観念」被害者意識が ダメなのではなく、被害者意識は サイン。あなたが隠してきた感情、観念に気づいてほしくて、彼ら(副人格)は、問題を引き寄せる。傷ついた副人格の言い分をわかってあげると、私が被害者意識を手放すのではなく、被害者意識の方が 私を手放す。長年 心臓や肝臓、そして副人格は、私たちを支えるために働き続けてきた。でも 私たちは、彼らに協力的とはいえない。だから、毎日心臓や肝臓、緊張している部分に微笑みと思いやりで包み込んであげると、エネルギーが整います。1分間に波が押し寄せる数は18回。【1+8= 9】これは人間の1分間の呼吸数と一致している。倍すると36、平均体温。【36:3+6=9】これを10倍すると360、古代の一年は360日で、東洋医学では人体には計360のツボがあると言う。【360:3+6+0=9】...地球の7割が 海であるのに対し、人体も7割は 水分であることから人間と海はどこか繋がっているように感じさせる。さらに、宇宙に意識を向けると、星座は全部で12あって、黄道十二宮と呼ばれており、春分の日に東から上る太陽にもっとも近い星座が次の星座に 移り変わるのに、2160年かかると一般的に言われている。【 2160…2+1+6+0=9】さらに12の星座全部が1周するには、2160×12=2万5920年かかる。 この天体のリズムが人間のリズムと不思議な一致をしており、人間が1日に行う呼吸数を、人間の1分間の呼吸数18回で計算すると、18×60[分]×24[時間]=2万5920回になる。【25920…2+5+9+2+0=18…1+8=9】この不思議な一致から何を感じるだろう?あなたと海と宇宙は 深い部分で繋がっている。銀河の渦、天体の渦、台風の渦、竜巻の渦、海峡の渦潮、つむじ、カタツムリ、チャクラ、DNAなど 、9の動きをした螺旋状の渦巻きが 無限に繰り返されており、マクロからミクロの世界まで、万物は 同じ構造を為している。この生命をあらわす「9」は、線形の二元性を示しておりそれは特異点でもあり、真空でもある。9以外の1ケタの数字の合計は36.1+2+3+4+5+6+7+8=36 (3+6=9)また 9にどの数字を足してもその数字に戻る。9+1=10(1+0=1)9+2=11 (1+1=2)9+3=12(1+2=3)9+4=13 (1+3=4)9+5=14 (1+4=5)つまり 9は1ケタの数字のすべての合計であり、また同時に0でもあると読めるのだ。つまり9は すべてに存在し(すべてを含み)、同時に存在していないのだ。別な言い方をすると「あなたは全て【色(きゅう)】であると同時に0【空(くう)】でもある」ということ「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ということわざがある。心豊かな人ほど謙虚になって頭を下げるという意味であるご、実は頭(ワタシ)が消え 素直になるほどに、心豊かになるというふうにも捉えられるのである。少し違う表現をすると求めている「私」が 完全に降伏すると求めている幸福は 今ここにある( しみずたいき )「人間は、神に似せて造られた」と言われますが、「あなた」は 人体にチャクラという7つの天体を持っている「宇宙(スペース)」であり、探し求めていたものが 実はあなた自身だったというわけです。7色を調和させ 1つにまとめると、8番目の新しい白色光になるように、7つの内分泌線(チャクラ)の間にバランスがとれてると、1オクターブ高いドが鳴り始める。それが 松果体の働きです。1オクターブ上がった8番目の音は、次の音階の最初のドとなり、ここから第2のオクターブが始まる。第1オクターブ( 自立意識=自力)氷としての私ドレミファソラシ カタチの次元 (現象界)第2オクターブ(受動意識=他力 )波(水)としての私ドレミファソラシ ハタラキの次元(潜象界)第3オクターブ( 阿頼耶識 =αΩ) 海としての私ドレミファソラシ 空の次元私たちの住む現実世界(カタチの次元)の本質である 有理数の特徴は、それが周期性を 持っているということ。有理数の世界では、同じ数、もしくは同じ順序の数が 循環していく。肉体の寿命、星の寿命、地震の周期、文明の周期、春夏秋冬、人生のバイオリズム、。万物が周期的に循環する有理数のこの世界は、遅かれ早かれ、やがて必ず崩壊する運命にあります。(カタチは 時間の流れの中にしか存在していないから)これに対して、無理数には、繰り返しが起こらない。陰が極まって陽が姿を現わすように、今は前文明が崩壊し、新文明が誕生しようとする【夜明けの晩】を迎えようとしているのですが、どうやら 未来人(設計者)は、わたし達の生きるこの現実世界のなかに、無理数を注入しようとしていることがわかってきました。古代の叡智やトーングラムのシステム、禅、ノンデュアリティなどは、無理数である超感覚的なイデアの世界(空)を、有理数としての現実世界(色)の中に浸透させて、時間のマトリックス(輪廻)を抜け出し 永遠を思い出すための 宇宙が企てた壮大な仕掛けかもしれません。さて、超感覚的なイデアの世界を、この現実世界の中に浸透させ、世の中の闇に光を当てようと している 一人の女性がいます↓「びこL.W.」さんという方で、現在オーストリア在住のハーフの女性です。L.Wは、Light Workerの略で、光を与える人という意味です。実際に彼女に会ってもらったり、話してもらえれば わかりますが、外見以上に、内面の素敵な人で、人間や自然、地球に対する ”愛” があります。超感覚も鋭く 、僕の心の中も 普通に言い当ててきます。(こっちが映画の話題を出そうとすると、彼女の頭に 映画というワードが思い浮かんできたり…)今YouTubeから目覚めの情報を発信しており、累計 再生回数は100万に達していますそんな びこさんと 『引き寄せとパートナーシップ』をテーマにした イベントをします。僕からは トーングラムの観点から 引き寄せ、ツインソウル、オーガズムグリッドに繋がると引き寄せが最大限に機能する理由、パートナーシップなど について話す予定。引き寄せは 知って満足するものではなく、使ってナンボのものだと思っています。だから あなたの現実を根底から大きく変える力を持っています。引き寄せやパートナーシップの本やブログでは中々伝わりきらない真髄を、人生に取り入れてもらえればと思います。このテーマで話すのは 最初で最後になると思うので、生の 2人に会いに来てください。8月16日 びこLW&しみずたいき『引き寄せの法則とパートナーシップの本質(大阪)』申込はこちらから

      237
      2
      テーマ:
  • 01Jul
    • オーガズムグリッドに目覚める

      一人きりでいる時の方が二人きりだった二人きりでいる時の方が一人きりだった私達は太陽の周囲を巡る星のように一度も近くなったことがないのに遠く離ればなれになったふりをしていた未来の心配をしすぎたり不満を抑圧していると【肝臓】に問題が生じる。       現状を消化できなかったり人を受け入れられなかったりすると【胃腸】に問題が生じる。    想いをうまく言えなかったり言葉による誤解があったりすると【のど】に問題が生じる。    自分を責めていたり深い悲しみを抱えていると【肺】に問題が生じる。          すべてを理解しようと無理したり自分に多くを要求し ストレスをかけると額や首から【頭痛】が生じる。     運動不足だったり、夜更かしや寝過ぎといった生活を繰り返すと右の後頭部から【頭痛】が生じる。           現実から逃げたかったり先のことを見たくなかったりすると【目】に問題が生じる。             ずっと「いい子ちゃん」していたり親に対する憎しみをため込んでいると【うつ(鬱)】を生み出す。        必要以上に疑い深かったり社会(人間)に嫌悪感をもっていると【アレルギー】をつくり出す。    病気は「生活習慣病」というより「性格習慣病」かもしれない。( しみずたいき/ 行き抜いて息抜いて生き抜いて )私たちの国は、かつて倭の国と呼ばれていた。「わ」とは、始まりも終わりもない【円】の概念であり、「和」の心の「わ」、平和の「わ」である。この和の精神は「禅」「神道」「華道」「茶道」「弓道」『剣道』として受け継がれ、日本の生活に 今も深く息づいている。この国民性が、現実社会の場ではネガティブな形で表れることもあるが、日本は、今後 (平)和の中心的役割を果たしていく草分け的なひな型なのかもしれないと個人的に感じている。ガイアの法則によると、現在、脈動点となっている東経135度は、日本の標準時を定める兵庫県明石の経度であるけれど、日本列島の中でも脈動の中枢は、 『135度から東へ1.4度以内を中心に創造エネルギーが流れ出す。』 と書かれている。西端は兵庫県の明石、淡路島で、そこから1.4度東の東端は滋賀県の東側の県境に沿う線である。龍体である日本列島の生殖器である大阪~京都~滋賀(琵琶湖は子宮)の範囲をスッポリ含んでいるのである。昔の日本人は、龍(鯰)が動く時、地震が起こると考えていたが、先日の震度6の大阪の地震も 創造(龍体=プレート)の脈動であり、人類への目覚まし時計のようにも感じられる。▼.火星人 VS ユダヤ人&日本人の歴史(ここからは 夢物語と思って読んでほしい。)ロスチャイルドやイルミナティなど…これまでの地球を支配してきた(良い言い方をすると導いてきた)国際エリート達、金融エリート達のルーツは、もともと【火星】からやって来たのだが、 火星人たちは「ルシファーの反乱」に参加して、自分たちの惑星を破壊してしまったのである。お互いへの愛が欠如していたことから、彼らは全面戦争を起こし、火星の外圏大気やすべての海洋、その他のすべてを破壊してしまった。「火星は、海洋や水、植物などの多様性にあふれる、地球によく似た美しい惑星だった」とドランヴァロの指導霊のトートも言っているのだが、彼らは、その美しい星、火星を殺してしまった。しかもそれは、生き絶えてしまった、他の約8万個もの惑星のひとつに過ぎないようなのだ。そんなことになってしまったのは、彼らが感情体や女性性を切り離し、男性性だけでまっしぐらに行こうとしたからである。(だからか男性性を火星人と表現する人は多い)そして、火星での自分たちの問題を解決するために、遠い昔に彼らは地球にやって来た。火星人たちが地球にやってきたのと同じ頃、ユダヤ人と日本人も地球にやって来た。(同祖と云われる)ユダヤ人や日本人もまた人間ではなく、銀河の他のエリアからやって来たのである。ユダヤ人と古代日本人は火星人とは違い、進化した惑星から、やってきており、まさに意識が拡大して「ワンネス(すべて)」となるところだったが、ある誤解のためにそれが出来ずにいた。地球にユダヤ人や日本人がやって来た理由は、自分たちの惑星の進化の中で、たったひとつの小さなスピリチュアルな知識について、誤解(錯覚、思い込み)をしていたためである。落第した中学3年生が、もう一度中学3年生をやり直すように彼ら(私たち)は、ここ地球に来てもう一度全部やり直すことになったのである。主にユダヤ人が男性性(物質)を担当し、日本人は女性性(精神)を担当することになった。それが、ユダヤ人と日本人たちのやっていることであるが、火星人は ユダヤ人と日本人をひどく嫌うようになった。なぜなら、ユダヤ人と日本人さえいなければ、火星人は地球をいとも簡単に征服できたのに、ユダヤ人と日本人がそれを止めたからである。彼らは、ユダヤ人の創造的な力を恐れ、日本人の 『あけわたし(無私)』の力を恐れた。『あけわたし』とは 「空け私」であり、 【無私の状態】のこと。これは女性性のエネルギーの強い日本特有のものである。【あけわたし(空け私=降伏)】が起こる時、想像を絶するほどの変容(幸福)がもたらされる。トーングラムの世界では これを【オーガズムグリッドに繋がる瞬間(=オーガズムグリッドが私を見つける瞬間)】と描写している。人類全体がオーガズムグリッドの次元へと至る時、人類そのものを変容させるものとなる。地球自体の男性性(サヌキ)の表出ポイントが イギリス、女性性(アワ)の表出ポイントが日本列島にあるが、日本列島の大地が 地球上で最も母性的なフィールドであり、それは円的エネルギーとして表出されている。それは 国旗の円(アマテラス)のシンボリズムにも象徴される。(また琉球は 龍宮だった)たとえば、『古池や蛙とびこむ水の音』というわずかな句に、私たち日本人は、広大な宇宙を認識することができた…しかし 現在はどうだろう?環境の変化や教育などの影響により、日本人の感性は失われかけてはいるのかもしれないただ母性的フィールドに住む日本列島に住む日本人には【和のこころ、あけわたし(空け私)の精神』が深く刻まれている。イザ波(女性性・空け私)が 螺旋回転を生み出し、螺旋回転は中心軸(イザ凪・男性性)を生み、すべてを統合させる・・・古代語で『アメ』とは天(全体)であり、『ウズ』とは螺旋回転(渦)であることから『アメノウズメ』= 天の螺旋(舞い)で、『天の螺旋(アメノ渦メ)』を地上にもたらすものこそ【あけわたし(空け私)】のエネルギーを持つ日本の働きであると思う。つまり世界の復活は、日本の復活から始まるのである。その一歩は私たち日本人一人一人が、本来持っている内なる女性(アワ)に目覚め、内なる男性(サヌキ)が役割を発揮することで、人類の癒しに繋がり、汚染が進行している地球のストレスが一掃されいく。2018年後半〜2020年は 自然災害など 大変なことが続くと思われるが、私たちの世界を真に本質から変容できるものは、今ここにある 全体の愛(オーガズムグリッド)を思い出す以外にないのである愛とは 思考以前のあるがままの現実豊かさとは「今、この瞬間」のすべて人は本当は探し求めている何かを見つけたいのではない本当に望んでいるのは自分はすでに探し求めているものそのものであることを思い出すこと自分が生まれてくる直前 どの惑星に滞在し、どのようなリズムと音を携えて生まれてきたのか?そしてトーングラムで願いを叶えるコツをレクチャーする講座です。満員御礼→キャンセルが出ました→3人分増席【7月6日】トーングラム基礎講座大阪

      507
      9
      テーマ:
↓Facebookはこちら


個人セッションの問い合わせ・仕事の依頼はこちら



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス