しみずたいき 〜Official Blog〜
  • 21Sep
    • すべての感情は、あなたの中に家を探しているだけの画像

      すべての感情は、あなたの中に家を探しているだけ

      今日は魚座満月で、その数日後に「秋分の日」がやってきます。心にも体にも、デトックス現象が起きやすい時期なので、無性に眠たくなったり、 気分がモヤモヤしたり、無意識にあった感情が湧いてきて爆発したり、人間関係などで色々なデトックスが起きた方もいるのではないでしょうか!?今日はそんな感情さんに向けての瞑想意識からのメッセージです。▼.すべての感情は、あなたの中に家を探している瞑想の中で、悲しみや恐れ、予期せぬ怒りや憂鬱などの感情の波が訪れたとき、その波に寄り添い、呼吸を整え、「手放そう」とするのをやめて、ただありのままに、生きているままに、自分の中で今まさに表現されていることを受け入れることができますか?抵抗したり、拒否したり、気をそらしたり、自分の経験(今ここ)から離れようとする自分の衝動に気づくことができますか?その衝動を自分で裁いたり、恥じたりしないでください。自分が経験しているのとは違う経験をしたいと思うことは、古来からの習慣であり、切り離そうとする衝動、逃げようとする衝動、「別の場所」への中毒です。しかし、「あるがまま」に近い状態でいられるかどうか、訪れた感覚に繋がってそっと寄り添ってみてください。体内のエネルギーを遮断したり、遠ざけたり、否定したりするのではなく、そっと心を開いてみてください。好奇心と共に注意を払って、それを流すことができますか?それが表現したいことを表現し、そのホームであるプレゼンス(いま)に戻ってくるように、そのライフサイクル全体に存在していますか?すべての感情は、あなたの中に家を探しているだけです。未完成で行き詰まった感情、抵抗されたエネルギー、押しのけられたエネルギー、否定されたエネルギー、追放されたエネルギーは、実際には消えません。彼ら(感情)は無意識の闇の中で生き続け、ホームレスのように愛に飢え、人間関係や身体、世界での仕事の糸を引き、喜びの邪魔をしています。冥界の奥深くで注目を集めようと叫ぶ彼らは、私たちの活力や自己表現力を奪い、反応的になったり、強迫観念に駆られたり、落ち込んだり、不安になったりして、最終的には身体の健康にまで影響を及ぼします...すべては私たちに耳を傾けさせようとするためです。しかし、ある日、深い瞑想の中で、私たちは、すべての感情は神聖なものであり、最も厄介で最も不便で苦痛なものであっても、私たちの中に存在する権利があることを思い出すのです。煩悩即菩提です。そして、自分の感情から逃げるのではなく、そちらに向かうことを思い出すのです。感情を麻痺させたり、無視したりするのではなく、そのためのスペースを作ること。飢えた亡霊、迷子の子供たちは、 私たちの愛、暖かい注意、好奇心、プレゼンスで養われ、私たちの中に保持する環境を与えられて、ようやく休息することができます。彼ら(感情)は、もはや私たちの人生を引っ張る必要はありません。彼らは今、いつも憧れていた暖かさと共感を持っています。私たちの貴重な生命力、プラーナ、聖なるエネルギーの多くは、感情を押しのけ、「どこか他の場所」に行かせようとする 作業に費やされています。しかし、彼らはどこに行くのでしょうか?そこには自分しかいません。感情を押しのけても、それは自分の中に押し込まれるだけです。自己放棄と抑圧という古くからのパターンを断ち切り、恐怖に満ちた条件付けを超えて、全く新しいことに挑戦するとき、多くの創造性が解放され、多くの安心感が得られます。ご好評のインナーリトリートインナーリトリート10月分の募集開始しましたしみずたいきのmy PickAmazon(アマゾン)愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある587〜3,850円Amazon(アマゾン)孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる250〜5,297円Amazon(アマゾン)「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則196〜5,500円Amazon(アマゾン)行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫)1〜2,635円

  • 08Aug
    • ライオンズゲートとシュラヴァナ月の画像

      ライオンズゲートとシュラヴァナ月

      カップ麺は線よりも少なめにお湯を入れる派…しみずたいきです。7/26〜8/12まで宇宙の特別な天体配置になっていて、「ライオンズゲート」と呼ばれています。ピークは8月8日で、今日は「しし座の新月」であり、 「一粒万倍日」と「神吉日」が重なっています。さらに、伝統的なインドのヨーガの教えでは 7/25〜8/22は1年の中で最も神聖な月【シュラヴァナ月】になっています。    それだけ8月というのは重要な月で、新しいゲートウェイが開こうとしています。それは 私たち自身にとってのビックバンを引き起こし、すべてに影響します。今地球に生きている我々は、魂の契約として、この大きな変革を目撃するために来ています。(心身の次元では)エネルギーシステムの再構築を行っていて、体の中に根深くあるプログラムを浄化しています。ですから、いま自分の古傷や前世の傷、苦手なパターンが表面化してきている人も多いかもしれません。それらは受け入れられて、統合されるために浮上してきています。また 1995年頃から マイナスで重い波動を発している人も増えてきており、また 肉体から離れた霊が成仏できず、この地上で彷徨う浮遊霊や憑依霊になっている者もかなり増えちゃっているようです。今後 富士山に動きがあったり様々なイベントが起きると思われますが、地球は波動的に危ない状態になっています。まず第一にいま世の中が混乱している理由は、我々の生き方が、自然(宇宙)と調和していないからです。人間業界においてもオリンピック問題などありましたが、いま、誤魔化しがきかない時代が訪れていて、否応ない力で偽の仮面が取られて、本音で生きるよう促されています。個人レベルでは、「本当にしたいこと(want to)」と「しなければならない事(have to)」の間での葛藤が浮上してきたり、自分の欲求を押し殺して、 社会用の偽の仮面の自分を生きていた人は我慢してきた「感情」が表面化してきたり、人生の断捨離(デトックス)が起きたりします。でも すべては「新しいあなた」に なるために起きていること。人は自分の本当の気持ち(本音)を生きたとき、幸せや満足、 生きがいを得られるようにできています。あなたの中では 「新しい扉」がすでに開いています。8月22日までの間あなたの人生にこれまでとは全く質の違う「変化」が起きてくる可能性があります。この期間にやった方がいいことは、・仮面を取って 自分の本心と繋がること。・自分の古傷が浮上してきたら、 傷を受け入れ、許し 解いて 手放していく。・瞑想すること。・感謝すること。・魂の願いを想い描くこと。 ・自然界との調和です。この期間の過ごし方が未来に10倍影響すると言われています。良い行い(ダルマ)も悪い行い(カルマ)も10倍です。エネルギーの影響で 人によっては体調不良、眠気、新しいステージへのエネルギー調整が行われているので、そんな方は ゆっくり休んでください。 ちなみにスパイクタンパク(コロナ)から身を守る数列のエネルギーは「2487498」です。自分の心身を 整えて 「新しい時代のエネルギー」を 受け取る準備をしておきましょう(*´꒳`*)一人一人が自然と調和し、内なる知性と調和した生き方に目覚めれば、  問題は 問題として外側に投影されなくなります。大切なことは、何かを加えて傷を守ろうとするような恐れを前提としたエネルギーではなく、傷と同化してることに気づき、受容し、不要なものを手放してゼロ地点に戻ること…個人セッションを再開してますインナーリトリート〜しみずたいき個人セッション〜 しみずたいきのmy Pick Amazon(アマゾン) 愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある 230〜4,972円 Amazon(アマゾン) 孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる 179〜5,271円 Amazon(アマゾン) 「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則 140〜5,500円 Amazon(アマゾン) 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫) 102〜4,024円

  • 19Jul
    • 「未来の医療は音である」の画像

      「未来の医療は音である」

      「未来の医療は音である」エドガーケイシー神のことばを写す文字こそ、古代の文字のそのままに神のことばを読み解く鍵なり。ことばの意味は浅きもの。真の深さは音にあり。音の奥底、音霊にこそ、神の響きは今も伝えり。(神誥記)より人体は多くの音を奏でるオーケストラ私たち人類の耳に聞こえる周波数は20〜2万ヘルツです。2万ヘルツより大きく、20ヘルツより小さいとき、私たちには聞こえません。しかし、私たちの耳には聞こえないだけで、このような周波数も、私たちの生活、健康に深い影響を与えていて、私たちは、いついかなる時も音の世界に生きているのです。たとえば、人体の内臓の固有の周波数(0.01〜20ヘルツ)は、超低周波(20ヘルツ以下で、波長が長く 遠くまで伝わり、強力な貫通力をもつ)に近く、もし外から伝わってきた超低周波と内臓の固有の周波数が共振するようなことがあれば、内臓に損傷を引き起こし、ときには 生命を脅かします。さまざまな周波数の音波と、私たちの内臓の間には、密接な繋がりがあります。私たちが「オギャー、オギャー」と生まれたその日から呼吸が始まり、血液が流れ、臓腑が活動し、身体が動き、空腹時には腹が「グーグー」鳴り、走ったら「ハーハー」と喘ぎ、興奮時には心臓が「ドキドキ」します。人間の身体が チャクラという7つの次元の音を 奏でる楽器であり、人間の臓器1つ1つが音を鳴らしているリズム隊だとすれば、「健康の乱れは 体内の音楽(周波数)の乱れ」と言い換えることもできます。体内音楽(周波数)の乱れを整える(調律する)ことで 体の症状も整っていきます。肝腎要の臓器を癒す音カラダにとって肝腎要である肝臓と腎臓は 沈黙の臓器と言われてきました。その理由は、肝臓や腎臓の病気はある程度進行しないと症状が出現しないことが多いからです。その前にサインとして、(首後ろからの)頭痛やお腹の痛み、残尿感などの形であらわれることがしばしばあります。または 指先のしびれ として現れることもあります。私自身が長年の頭痛持ちでして、ずーーっと姿勢や気圧変動、肩や首のこりのせいだと勘違いしてきましたが、ヒーラーのAさんに「(頭痛の要因が)肝臓か腎臓が原因じゃないか」と指摘されるまで気づきませんでした。食生活や感情の蓄積により、肝臓や腎臓が本来の音(周波数)からズレてきてしまったせいで沈黙の臓器が「頭痛」という形でサインを送ってきていたのです。そして、肝臓と腎臓を癒す音(光の言語)や周波数を定期的に流すことによって 頭痛の回数が激減したのです。このように私たちの身体は、それぞれの組織が独特の音を奏でています。私たちの身体も、全ての細胞が独特の波動を持っているのです。肝臓の周波数、腎臓の周波数、骨の周波数…それはちょうど、オーケストラで、フルートやコントラバスなど様々な楽器が必要なのと同じです。 異なる音色が調和を生み出し、美しいハーモニーとなって交響曲を生み出しているのです。共振共鳴体内だけではなく、私たちの周囲のさまざまな音の振動も、私たちの身体に影響を与えています。どの種類の音も、それぞれ周波数を持っていて、私たちの身体に入ってくると、身体の各器官の振動の周波数との間に関係が生じ…影響が生まれます。これが一般に言う「共鳴」です。たとえば、強いリズムのEDMが流れるクラブなどでは、私たちは思わず動きたくなりますが、優雅で軽やかなゆっくりしたリズムの下では、私たちは逆に鎮静状態になります。私たちがある人たちに対して、初対面でも声を聞くだけで懐かしく感じたり、逆に反感が生まれたりもします。ある音は、私たちを楽しくさせ、ある音は 私たちに恐怖や焦りを感じさせます。このような現象さ周波数をもった情報が私たちに伝わってきて生まれる結果なのです。「未来の医療は音である」「がん細胞はある周波数の音(特に人間の声)を嫌う」ことがファヴィアン・ママンの研究により明らかになってきています。エネルギーの行き先を確立するための パワフルな方法は、「音(マントラ)」です。その理由として、のどの周辺には体のどの部分よりも筋肉が密集していることが挙げられます。シュタイナーは「進化した人類の生殖(創造)器官は喉になる」と予言しています。音、マントラ、光の言語を出すとのど周辺のすべての筋肉が動き、活性化します。人間の声に限った話ではなく、例えば、水を張って 音(振動)を与えると下記のような波紋ができます。そのバイブレーションが花の模様や亀の甲羅などすべての命の形態にあらわれます。もしももの(身体)が音や振動を生み出すだけではなく、音や振動が もの(身体)を生み出すのだとしたら 音による心や身体の治癒の効果は計り知れません。私たちの身体は、素晴らしい  多次元のオーケストラなのです。心と身体の健全な状態は宇宙とつながった素晴らしい交響曲です。・・・ところが、楽器の一つのチューニングが狂って、不協和音を奏でたら全体のシンフォニーはぶち壊しになります。人間の健康と病気も同じです。健康は素晴らしいハーモニー、病気や不調は調律されていない音色・・・その音を整える一つが、マントラ瞑想です。マントラ瞑想を通して、自分が後付けでインプットしてきたものから自由になると、自分が消え、周り(他人)への意味付けが消えます。すると、「それ(恩寵)」がここにあります。自分自身というのは、自分が思ってきるような自分ではない…ことに気づきます。そして、真の眼で見る時、自分の周りにあるすべてが恩寵(神)です。大いなる「それ(恩寵)」は、それを見る目をもちさえすれば、至る所に存在します。好ましい瞬間が恩寵であり、辛い瞬間が恩寵であり、混乱する瞬間も恩寵です。ありとあらゆるもののなかに、「それ」は宿っています。個人セッションを再開します。8月枠募集開始インナーリトリート〜しみずたいき個人セッション〜 しみずたいきのmy Pick Amazon(アマゾン) 愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある 381〜5,270円 Amazon(アマゾン) 孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる 170〜5,271円 Amazon(アマゾン) 「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則 230〜4,841円 Amazon(アマゾン) 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫) 1〜4,024円

  • 05Jul
    • 人間の四つのタイプの画像

      人間の四つのタイプ

      四大元素と四つの気質この記事では、四気質について説明します。気質とは、私たちが持って生まれた肉体そして精神のタイプのこと。四気質は、万物は「火・土・水・風」の四つの元素から成り立っているというヨーロッパの根本的な考え方である四大元素説と密接な関わりがあります。また、アリストテレスによる四大元素説における「熱・冷・湿・乾」の思想も、この流れを汲んでいます。四気質のそれぞれの特徴ある小さな事件が起こった時、四つの気質により、それぞれ特徴的な行動をします。例えば、神社内のベンチで、誰かがたばこのポイ捨てをしました。あなたはどうするでしょう?1. イラっとして、相手に注意、 ダメ出しする。(したくなる)2. 悲しい気持ちになるが、何も言えない。時代を憂う。(何も言えなかった自分と相手を心の中で責める)3. ポイ捨てした人物がいなくなってから、そっと灰皿に捨てる。4. 空想に浸っていたり、空を見上げていてそもそも たばこのポイ捨てに気づいていない。1は「エンペラー(リーダー)気質」、2は「リアリスト(学者)気質」、3は「スター(人気者)気質」、4は「巫女(スターピープル)気質」の特徴です。エンペラー(リーダー)気質 火エンペラー(リーダー)気質の人は、明るく、自分らしさを大切にします。カリスマ的で、行動的です。権威的なもの・絶対的なものに惹かれる傾向があります。自我を押し通そうとする面もあります。4元素では火に相当し、自我・メンタル体が強い(不健全になると、短気になって 孤立しやすい。一皮剥けると、カリスマ的リーダー、CEOになる。)・わりと赤ら顔。・肩や首の周りの筋肉がたくましい。・動作は激しく、てきぱきしている。・踵で地面をけって歩く感じ。・愛憎が激しく、怒りやすいが、正直で誠実。・把握力に優れ、はっきりとした結論を出したがる。・決断力に富み、他人に対し影響力を行使しやすいが、権力的になりやすい。・他人に対して厳しい評価を下しやすい。・断り方もきつい傾向。・自分のやりたいことを押し通す。・革命家のような人が多い。・外との世界の関わりが激しい人です。長所:有能、男前リアリスト(学者)気質-土現実主義で、批判精神をもっています。自分自身のポリシーに忠実で、頑固な面も。自分の内側にいつも痛みを感じているため、社会の痛みなどにも敏感。そのため、いつも憂鬱な気分が押し寄せてます。また、それを押し返すのにとても忙しいのです。4元素では土に相当し、肉体との結びつきが強い。(不健全になると、頑固な批肉家になる。一皮剥けると、有能な学者、職人、アーティストや審神者になる。)・骨格ががっしりしている。・脂肪はあまりなく、痩せている。・うつむき加減に歩く。・血色はあまりよくない。・小さな字を書く。 失望してしまったり、苦悩に陥ったり、非社交的で孤独。・持続力があり、注意力が発達している。・独創的で、想像力が豊かな反面、・固定観念にとらわれることがある。・生活が単調になりやすい。・整理整頓がきちんとできる。・何か言われると傷つきやすい。・喋り方はゆっくりで硬い印象。・外の世界から入ってくるものを あまり楽しいとは感じない。・食べることがあまり好きではない。長所 : 天才スター(人気者)気質 風センスがあり、社交的。情報通。柔軟でフットワークが軽いです。飽きっぽく、感情やイメージ、アイデアの波に翻弄されます。同じことを続けるのは得意ではありません。つかもうとすればするほど逃げる恋人みたいなタイプ。感情を動かすために多くのエネルギーを使います。4元素では風に相当し、アストラル体が優位。(不健全になると、落ち着きがなくなり、肝心なことが疎かにになりやすい。本来の輝きを取り戻すと、アイドル、スター、人気者の講演家になる。) ・スタイルがよい ・一箇所にとどまっていられない風のような人。 ・外にすぐに反応する人。 ・注目を集めるのが好きな人。 ・つま先立って宙に浮くように歩く。 ・人当たりがよい。 ・飽きっぽい。 ・喜びや悲しみに対して敏感。 ・楽しいことが好きで、すぐ始めるが、 飽きてやめるのも早い。美的感覚が鋭い。 ・同情心があり、奉仕することがすき。 ・子どもの時の性格で、そのまま 大人になったようなところがある。 ・部屋を片付けるのが苦手。 ・オッチョコチョイで軽はずみな所がある。 ・色んな場所へ行きたがる。 ・あっちにもこっちにも興味がいきがち。長所 : 魅力的巫女・スターピープル気質―水穏やかで、いつも夢を見ているようなところがあります。感情を理解し、内省的です。決断することは得意ではありません。自分の外の世界との関わり方がゆっくりしています。自分の内なる聖域を大切にしています。4元素では水に相当し、・生命体(エーテル体)が優位。(不健全になると、現実逃避気味になり、追い詰められるまで、何も決断・行動を起こせなくなる。統合されと、優れたヒーラー、セラピスト、カウンセラーになる。)・太りやすく、血色もよい。・大人になっても童顔。・ものに動じない。・テンポがゆったりとして、鈍重な感じ。・ゆったりと歩く。・粘り強い。 カッとなることが少ない。・思考力があり、冷静で、持続力がある。・待つことが得意で、何かいい機会があると それを逃さない。・楽な状態に安住することが得意だが、一度やる気を起こすと大きな事を持続してすることが出きる。・いい方向に向けば、正義感が強く、公正な態度がとれるが、逆の場合は、冷たい残酷な態度をとる。・昔の幸せな思い出に浸ってるのが好き。・外から入ってくるものは楽しいけれど、 ゆっくり じっくり味わう。・ 人よりも自然が好きで、 自然に触れていないと元気がなくなる。・外の世界にそれほど関心がない。長所: 癒しの力話し方の4つの気質【リーダー・エンペラー気質】 要点、結論、結果から単刀直入に話すので短い断定口調【学者・リアリスト気質】順を追って論理的に話そうとするので長い説明や情報が含まれる【人気者・スター気質】話があちこちに飛び、展開させるので長い明るく楽しく 抑揚がある。【巫女・スターピープル気質】・穏やかに話す。・「わぁ」「へぇ」など感嘆文多め。・全ての事を話すので長め  恐れていること【リーダー・エンペラー気質】・人の裏切り ・孤立・誰もついてこない【学者・リアリスト気質】・底が浅い事を見透かされる・知性に欠ける人だとレッテルを貼られる【人気者・スター気質】  ・必要とされない。注目されない。(好きな相手限定。嫌いな相手はどうでもいい)【巫女・スターピープル気質】・自分の内なる聖域が侵害される。・人前に出ること(目立つこと) 。・スピードや変化を求められること。各気質に対するNG行為エンペラー気質に対してコントロールしようとするときリアリスト気質に対して適当/いい加減に扱うときスター気質を無下に否定し、責めるとき巫女・スタピ気質に対して意思疎通を取らず、勝手に進めるとき波長が下がってくると【リーダー・エンペラー気質】・ケガをしやすい・短気になって、孤立しやすい・より支配的になる・忍耐力がなく、飽きっぽくなる【学者・リアリスト気質】・頑固で批判家おやじ(おばさん)になる。・悲観的になったり、心配しすぎる。・皮膚の問題やトラブルが多い・歯のトラブルや悩みが多い【人気者・スター気質】・コロコロ気移りしやすい・肩がこりやすい・落ち着きがない・刺激に夢中になり、肝心なことが疎かになる・眠れなくなる【巫女・スターピープル気質】・現実逃避しがち。・人との関わりを避けがち。・受け身的で、周りの影響を受けすぎる。・やらなきゃいけないことがある時、 無性に眠たくなる。・追い詰められないと、行動を起こさない。この記事を読んだ時の反応反応◎の場合【リーダー・エンペラー気質】これ、めっちゃ使えるぅぅ!!【学者・リアリスト気質】これはすごく学びになりますね。【人気者・スター気質】これ面白ーい♪ (誰かにシェアしたい♪)【巫女・スタピ気質】これ、みんなの役に立ちそうですね^^反応×の場合【リーダー・エンペラー気質】こんなもん使えるか!【学者・リアリスト気質】この情報が正しいという根拠を具体的に説明して下さい。【人気者・スター気質】難しくてわかんなーい(>_<)【巫女・スタピ気質】「......。」個人セッションを再開します。(満席)数名枠追加インナーリトリート〜しみずたいき個人セッション〜 しみずたいきのmy Pick Amazon(アマゾン) 愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある 438〜5,270円 Amazon(アマゾン) 孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる 170〜5,271円 Amazon(アマゾン) 「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則 228〜4,841円 Amazon(アマゾン) 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫) 1〜4,024円

  • 02Jul
  • 30Jun
  • 29Jun
    • 「性エネルギーは自己超越の扉」の画像

      「性エネルギーは自己超越の扉」

      神事=セックス太古の昔、最も神の存在を近くに感じる方法のひとつは、セックスをすることでした。その役割を巫女が担っており、祭祀で神をその身に降ろしていました。つまり、エクスタシーに達した時のトランス・瞑想状態が最も神の世界に近づく瞬間だったのです。別の言い方をすれば、「セックスは自己超越の扉でもある」ということ。そして、セックス(性)と神(聖)の間には梯子が必要で、その梯子とは 愛であり、瞑想でした。性は 愛と瞑想の梯子を通して、創造になります。日本神話も、イザナミとイザナギの性交によって、国は生まれますが、これは、「性」は創造性を司るエネルギーであることを意味しています。現代ではアダルト産業、風俗産業などでは、性を消費されるものとして扱われていますが、 本来、性は単に生殖のためや性的快楽のためじゃなく、国を生んだ創造的かつ神聖な行為でもあることを 思い出す必要があるかもしれません。3種類のオーガズム性的なエネルギーが下に向かえば、それは生物学的な働きをし、上に向かえば、それはスピリチュアルな働きをします。オーガズムには三つのタイプがあります。1● 性器のオーガズム=一般的なもの。一瞬で終わり、一時的にスッキリする。2● 全身のオーガズム=性エネルギーが脳、そして全身を循環することによって生じるエネルギーオーガズム。終わりがなく続くオーガズム。3● 魂のオーガズム=パートナーとの性エネルギーの交換、身も心も融合することにより起こる。瞑想的な魂の交合。ひとつめはよく知られている興奮のクライマックス体験です。でも、クライマックスを迎えると緊張は解けますが、終わりもやってきます。エネルギーが、じぶんの中にやって来て、出て行ってしまいます。それによって、あなたはスッキリして、眠りにつきます。全身オーガズムと九浅一深押突法第二のオーガズムは、「波動エネルギーオーガズム」とも「全身のオーガズム」ともいいます。全身のオーガズムは、快感とヒーリングエネルギーを高め、高次の霊的エネルギーへと変容するためのエネルギーをさらに多く得る手段です。陰陽に分割されていないシャクティ(クンダリニー)の力は全身に快感と解放をもたらします。その中に「九浅一深押突法」という方法があります。一回一回が愛の突き… だと意識しながら、女性が独自の神秘的な9の周期に従って目覚めていく方法で、字のごとく、九回浅く突いて、最後の一回を深く挿入する、というものです。浅くつく時は、Gスポットを刺激し、最後の一回で 奥を刺激するのですが、急がずに女性に少しずつ灯りをともしていくような感覚で行います。男性が、射精が近いと感じた際は、挿入をやめて、精液を出すのではなく、呼吸法でエネルギーを百会変まで引き上げます。女性も、子宮と下丹田のエネルギーが高まったら、中丹田(ハート)と上丹田(頭部)に波状にパワーを上昇させます。女性の側に、エクスタシーの波がきたらそのまま身を任せて 大丈夫です。なぜなら、女性は通常の性行為でもほとんど エネルギーを失わないからです。男性側は、少し落ち着かせてから、再び挿入して、また上方へ引き上げる…これを繰り返すうちに、お互いの性エネルギーは2倍、3倍に増えます。射精しないのがポイントです。エネルギーが全身を循環器しはじめると相手は「全体性(存在)」への扉になります。男性と愛を交わしているとき、あなたは、存在そのものと愛を交わしています。深い交合の中にとどまるなら、相手は「男神、女神」のようになり、相手は「全体」の顕れになります。このオーガズムでは、波動のエネルギーの波のうねりが全身に広がり続けて、内収オーガズムが30分、1時間、2時間、あるいはそれ以上に引き延ばされていき、エクスタシーも徐々に高まって最終的には極めて大きなエクスタシーを享受することになります。この方法がうまくいくと、快楽のための代価として生命エネルギーを支払うことなく、いつまでも続けることができます。健全な性行為のことを英語で「メイキングラブ」と言いますが、私たちはその時、まさに「愛を作っている」のです。セックスは、第ニの全身のオーガズムを通して、愛に変容されます。そして、愛もまた第三のオーガズムを通して、光に、瞑想体験に、究極の神秘に変容されます。男性と女性の外側(身体)での結合によるオーガズムは一時ですが、内側の結合は身体の重なりは必ずしも必要でなく、ふたつの分かれた男性性と女性性が一つなるとき起こります。 第一のオーガズムを「終わりのある頂上」のオーガズムとするなら、第二の全身のオーガズムを「終わりなき頂上」のオーガズム。そして、第三の魂のオーガズムは「谷(静寂)」のオーガズムです。情念の炎だったものが、愛の光に変わるのも、この第二と第三の領域です。行為を性急に終わらせなければ、それは次第に霊的になっていきます。 性器も互いに融け合い、深く静かな合一が、ふたつの肉体的エネルギーのあいだに起こります。第一の段階では、最初 ふたつの興奮、緊張した個人として出会います。そこには、つねに思考と世間(人の目)があります。思考の多くは、過去の未完了のまま残された出来事であったり、あなたが将来必要とするものです。だから、マインドは計算し、準備しています。でも 愛の中に深く入っていくとき、つまり、いまに在り相手に対する恐怖やジャッジもなく、自分一人でいるように感じるとき、第二、第三のオーガズムに入る準備ができます。第三のオーガズムは、深い谷でくつろいだ瞑想になります。 人体は多次元構造これら「3種類のオーガズム」を知る上で、人体は多次元構造になっていることを理解する必要があります。人間のカラダは 7つの身体で成り立っています。第一身体 ・(肉体)第二身体 ・(エーテル体)第三身体 ・(アストラル体、星気体)第四身体 ・(メンタル体)男女の違いの最終。第五身体 ・(コーザル体)男女の違いが無くなり二元性の終わり。両性具有。アートマン。在る。第六身体 ・(ブッディ体)どんな二元性も無い。ブラフマン。存在だけ。 第七身体 ・(ニルヴァーナ体)非存在への旅。何も語りえない。実在と非実在が同時に生じている。そして男性の 第一身体は男(陽)、第二身体は女(陰)第三身体は男(陽)、第四身体は女(陰)。女性の 第一身体は女(陰)、第二身体は男(陽)第三身体は女(陰)、第四身体は男(陽)です。なので、か弱い女性の体の背後には、強い陽性の体があるので、痛みへの忍耐力は男性より遥かに上で、男性には肉体的、体力的に強さがあるが、その背後には、脆く繊細なエーテル体があるので、男性は痛みや不快感に弱い人が多い。自分の中の異性性に近いものを持った相手と出会うことで、自分の中の男と女の融合が起こり、エネルギーは活性します。特に女性が彼への愛の中に完全に明け渡すとき、四つの身体はすべて結びつき、彼女は 第五身体の入り口に立っています。他の瞑想者が 長い時間 努力をして得るものを、女性は愛を通して、いとも簡単に感得します。普通の性行為(性器のオーガズム)と本物の瞑想(魂のオーガズム)の大きな違いは、性行為が 愛のエネルギーの流れを下に向けて浪費するのに比べて、瞑想では、愛のエネルギーを上に向けて昇華させていることです。瞑想によって、性行為での絶頂よりも遥かにパワフルな絶頂体験をすることが可能になります。チベットには、テルマという将来役に立つことを見通して、マスターたちが聖典や教えの痕跡を、時空を超えて封印しておく伝統があります。それが必要な時期になると意識の深いレベルで封印を解かれるものがあり、これを意識のテルマと云う。「コアスター瞑想」などは、意識のテルマの一つで、桜の花が適切な時期になれば、自然と開花するように、個人の霊的成長に応じて、解かれるように仕組まれています。7/30(金) 13:30〜17:30コアスター(魂の目的)に目覚める瞑想ワークショップハート、第5、第6チャクラのエネルギー調整とコアスターに目覚めるワーク。人生のテーマを思い出し、魂の目的に目覚める。コアスター瞑想の目的の一つは、あなたがもっとハッピーバージョンのあなたに進化(深化)するということです。 【アルクトゥルス瞑想のご感想】Aさんの感想Rさんの感想 Nさんの感想 しみずたいきのmy Pick Amazon(アマゾン) 愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある 659〜5,270円 Amazon(アマゾン) 孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる 180〜5,271円 Amazon(アマゾン) 「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則 34〜4,841円 Amazon(アマゾン) 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫) 19〜4,024円

  • 26Jun
  • 24Jun
    • 神聖幾何学とゲートチャクラの画像

      神聖幾何学とゲートチャクラ

      男は陽である。陽の特性ゆえに、男はすぐさまその気になる。しかし、男は、その気になっても、すぐさま退却してしまう。女は陰である。陰の特性ゆえに、女はその気になるのに時間がかかる。しかし女は、その気になると、なかなか退却しない。(漢代の道士、呉仙)この世界は、すべてが「螺旋(らせん)」構造です。宇宙の根源が 螺旋のエネルギーの動きなので、そこから生み出された森羅万象のすべてが、 らせんの性質を帯びています。これは「神聖幾何学」ともいわれ、エネルギーは形になり、形はエネルギーを生み出すのです。アルクトゥルス瞑想などでは 螺旋、神聖幾何学の力学も利用します。男女の性交も、「らせん」の性幾何学です。性における「坎(かん)」と「離(り)」「水」と「火」、「女」と「男」のエネルギーが混ざり合うことで、螺旋状の性的電気が活性化し、ヒーリングが起こります。エネルギーは攻める側から受ける側の方に流れていく性質がありますが、パートナーとのまぐあいを 瞑想やヒーリングに昇華していくための最初のステップは、まず男性の射精をコントロールすることです。なぜなら、男性は主に射精によって性エネルギーを失うからです。これに対して、女性は、オーガズムでエネルギーを失うことはほぼありません。その代わり、女性は主に生理と出産によって、精気が減少します。ふつうのセックスでは、エネルギーが生殖器のみに向けられ、射精によって大量のエネルギーが失われますが、瞑想修行者たちのオーガズムは、性器に集まったエネルギーの螺旋(龍)に意識を集中し、それをからだ全体、オーラ全体に広げていく錬金術です。これをエネルギーオーガズムといいます。この性的電気によって、からだの中の数多くの経穴やチャクラが活性化され、息を吹き返します。まず あなた自身のハートを開き、パートナーの愛のエネルギーを受け取ることができたとき、次はパートナーの方が、あなたのエネルギーを受け取るために自分自身を開きます。男性と女性の両者が(射精やクリイキではない)エネルギーオーガズムを感じ始めると二人は互いに溶け合っていき、これまで経験したこともないような親密さ、神聖さを味わうことができます。二人のエネルギーオーガズムは、その土地を浄化し、 空間を祝福して、二人の愛は周囲の人たちまでも豊かにします。「全身が性感帯」になり、霊的な愛の花が咲き、幾何学のグリッドが構成されます。 我々の本性は「光の聖感帯」です。この光輝くグリッドを乙女ソフィアのカラダ(涅槃寂静)ともいいます。 この時「 私はあなた、あなたは私 」「 私は 地球、地球は私 」というフィーリングがやってくるかもしれません。乙女ソフィアのカラダが目覚める時、これまで封印されてきた第七チャクラの上方にある三つのトランスパーソナル(超個的)チャクラの花が長い時を経て、眠りから覚め 再び活性化します。私たちの銀河は一つのサイクルを終え、 新時代を迎えています。目覚めの鍵は、 第七チャクラの上方にある三つのトランスパーソナル(超個的)チャクラにあります。ずっと古い時代には、12チャクラシステムが活性化されていて、その頂にあるゲートチャクラは誰でも開いていて、「我々が同じ一つの存在である」という認識を可能にしていました。分離のゲームがはじまったとき、  まず最初に失われたチャクラの一つが ゲートチャクラです。完全に機能していた当時、人々は今よりずっと大きな頭蓋骨と脳を持っていました。以下の写真は 2005年ツタンカーメンのミイラに 初めてCTスキャンによる調査が行われた時のものです。これはツタンカーメンの頭部のCT写真ですが、後頭部が長いです。そして、ツタンカーメンの父といわれている古代エジプト第18代王朝の王アクエンアテンの頭蓋骨がこちら↓ さらに、ツタンカーメンの実の妹であり、第18代王朝の王アクエンアテンの娘であるメリタテンと言われている像がこちら↓またエジプトの壁画にも頭の長い神々がよく登場します。彼らはレムリア・アトランティス人の末裔で、この古い種族は、高次元のエネルギーが地球に注がれている時代に宇宙から転生してきました。そこから1万年以上が経ち、物質的な世界に埋没するなかで、過去の記憶は薄れてゆき、やがて忘却の時が訪れたのです。しかし 再び高次元のエネルギーが地球に注がれている今…人々は目覚めつつあります。頭頂部(クラウン)の後方…人によっては頭から 10センチ離れたところにコーザルチャクラがあります。アトランティスの黄金時代では、このチャクラは脳内に組み込まれていました。色は純白な輝く光を放っているコーザルチャクラは光の存在たちや霊的な世界との扉になっているチャクラです。ここは完全に忘れられたチャクラなのですが、銀河のマントラによって活性化すると、それが天使界の入り口になり、光の存在たちと交信が起こります。ゲートチャクラ、ソウルスターチャクラ、コーザルチャクラが再び目覚めた時、人は「自分とは誰なのか?」、無、ワンネスを真に理解します。では、また明日【 アルクトゥルス瞑想のご案内 】アルクトゥルス瞑想の後、前より軽く感じる、輝きが増したように感じるという報告を、よく受けます。また、頭頂の意識に留まり、これまでと全く異なるヴィジョンから世界を見るようになります。新しいレンズを通して自分の人生を見るからです。もし 「したいこと(want to)」と「しなければならない事(have to)」の間での葛藤があったり、自分に嘘をついてきたなら、この嘘は露わにされるかもしれません。そして、いつもながら真実がその人を自由にします。OKではないのに、すべてがOKであると偽ることは、その人に癒しの機会を与えません。数多くのヒーリングや瞑想関連のワークショップには、その場限りこ癒しが与えられるものも多いのではないでしょうか。「よかった、癒された」と感じたとしても、数日経つと、ワークショップで感じたハイな感覚は消えるかもしれません。本当の瞑想は、あなたの本来の姿へと誘い、本当の癒しは、何があなたを悩ませているか明らかにし、理解して、それをクリアにすると起こるのです。そうすれば一時的なハイ(自由)はもう無くなります。アルクトゥルス瞑想に入っていくと、至福への執着、目覚めへの執着も最終的に手放す段階が訪れます。そして、それが肯定的なものであれ、否定的なものであれ、  どんなものでも すべてのエネルギーは生命エネルギーの一部だと理解します。怒りや、不安などネガティブなものも、いまという場に現れては消えていくことが赦されていることがわかります、瞑想やエネルギーオーガズムを通してそれらを癒し、赦し、愛し、周りの人に、環境に、地球に、美しいエネルギーを届けたいですね。7/30(金) 13:30〜17:30コアスター(魂の目的)に目覚める瞑想ワークショップハート、第5、第6チャクラのエネルギー調整とコアスターに目覚めるワーク。人生のテーマを思い出し、魂の目的に目覚める。コアスター瞑想の目的の一つは、あなたがもっとハッピーバージョンのあなたに進化(深化)するということです。【アルクトゥルス瞑想のご感想】 Nさんの感想Aさんの感想Rさんの感想 しみずたいきのmy Pick Amazon(アマゾン) 愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある 140〜5,270円 Amazon(アマゾン) 孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる 226〜5,271円 Amazon(アマゾン) 「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則 1〜4,841円 Amazon(アマゾン) 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫) 38〜4,024円

  • 21Jun
    • 第三チャクラ(黄)からコアスター(金)への画像

      第三チャクラ(黄)からコアスター(金)へ

      今日は夏至ですね。最も太陽の力が高まる日です。夏至は人生の転換期になる時期であり、だるさや眠気なども感じやすい時期です。夏至前後の一週間の間よく眠れてるのに、それでも強い眠気を感じる人も多いかもしれません。これは 新しいステージへ進むための準備・調整が行われているからです。また現状を突破するためのサインが届いたり、不思議なシンクロが起きているかもしれません。いま地球は大きな転換期を迎えていて、宇宙の流れも《眠りのサイクル》から《目覚めのサイクル》へとシフトしている真っ只中です。この時期 多くの意識達が深い眠り(ストーリー)から、目覚めようとしているサインです。「目覚め」といっても「個人が何かに目覚めていく」のではなく、「個人(自己)の不在に目覚める」のですが…今日は夏至ということで、太陽と関連が深い 太陽神経叢(第三チャクラ)とコアスターについて解説します。第三チャクラとコアスター呼吸を意識することは、いまここに還るためのもっとも効果的な方法です。呼吸は常にここにあります。ただ 大部分の人は 肺の上半分でしか息をしていません。その理由は意識的に 腹まで呼吸すると、蓋してきた感情を刺激するからです。大人になった私たちは、苦しみや悩みに満ちた状況にさらされた時、そういった苦しみを感じたくないために、深く息をしないように 私たちは息を浅くします。息を浅くすることで、私たちはあまり生命を取り込まないようにして、苦しみや悩みを経験しないようにするのです。それが問題を引き起こすのは、苦痛の記憶や感情が、呼吸が到達したがらない太陽神経叢に蓄積されてしまうことによって、下の各チャクラ(現実チャクラ)とハートを基盤とする上の各チャクラ(霊的チャクラ)との間にブロックを作り出してしまいます。太陽神経叢にエネルギー的緊張やこわばりがあると、天のパワーと地のリアリティを統合することが難しくなります。肉体を癒し、上下のエネルギーセンターのバランスを取るために、マントラやエネルギー瞑想によって 太陽神経叢に蓄積されている感情を放出させて、潜在意識から古い記憶を解き放つ必要があります。自信がない、緊張しやすい…無気力…胃や肝臓にトラブルが起きやすい…なども個人のパワーを司る第三チャクラが原因です。「自分軸」と呼ばれるものも、このチャクラが関係しています。第三チャクラが不活性なときは、自分の内に中心軸を置いていないため、自分の内側に力があるとは思えなくなり、自分の外側にいつも何かを探し求めてしまっています。第三のバランスが崩れた場合のパートナーシップ「1」第三チャクラが開きすぎる人: ジャイアン怒り。支配的。仕事中毒。傲慢で意見を押し付ける。「2」.第三チャクラが閉じ気味の人:召使い他人の考えを意識しすぎる。一人になるのを恐れる。不安。つねに安心を求める。「3」.第三チャクラが整ってる人:魂の戦士自己と他者を尊ぶ。個人の力を持つ。束縛されない。「1」の開きすぎの ジャイアンと「2」の閉じ気味の 召使いは、磁石のように 引き寄せ合いやすく、これを「カルマの出会い」といいます。第三チャクラが開きすぎの人は閉じている人に対して、攻撃的・支配的になり、過剰に「できる」役割を演じます。一方の第三チャクラが閉じてる人は開きすぎの人に対して、無力な「召使い」になり、「できない」役割を演じてしまう関係になります。「2」の「召使い」は、他人に服従し、金銭面・精神面で依存することで、自分の幸せに対する責任を譲り渡してしまいます。その結果、召使いは 威張りちらす支配的なパートナー(ときに暴力的)や、控えめで扱いやすい「召使い」を利用しようとする同僚を引き寄せます。また、太陽神経叢のチャクラは 消化器系と深く関係しています。カラダの鋭い感覚を無視したり、拒んだり、抑圧したりすると、その部分に滞りが生じ、胃腸炎や胃潰瘍、消化不良、肝臓のトラブルなどを起こします。各チャクラを調整し、さらに内なる変容の旅へ移行するに三慧(つまり聞き、意図して、瞑想する)を使います。各チャクラの特性や教えを聞き、意図することは、ガソリンを満タンにし、最適な地図を手に入れ、大いなる旅行に必要なものを全部買い揃えるようなもの。ですが、本当の旅が始まるのは、マントラやエネルギー瞑想が起こるとき…つまり、実際にエンジンをかけて、瞑想が起こり、内側に導かれるときです。人間のエネルギーの階層は大きく四つあります(細かく言うと7つですが、)1: 身体(肉体・物質レベル) 2: 心体(オーラ・感情・思考レベル)3: 霊体 (原因体・コーザルレベル)4: コアスター(存在レベル)1.2は「私(個人)がいて、あなたがいる」という分離前提の世界です。3.4の領域に入っていくと、その個別の存在が消えます。 最初に解説した第三チャクラは自我(個人)に関するチャクラであり、2:心体の二元的な領域にあります。個人は常に「足りないもの」を抱えていて、外側の未来に…何かを探し求めています。私たちが物質的・精神的な幸せ、安心感を求めて外側(時間と空間)の世界へと向かうのは、この「足りないもの(欠乏感)」を満たすものを探しているからてます。私たちは 壮大なホームシックを感じて、神、スピリットとの一体感を求めたり、銀行口座を満たすことを求めたり、ソウルメイトと一体になることで自分を完全にしようとしています。この不完全だという分離感覚によって、私たちは「将来」完全になることを求め始めます。「将来 愛する人が見つかったら、私は完全になる」「将来 成功したら、私は完全になる」「将来 認められたら、私は完全になる」個人(自我)は 実は無意識に「いまここという光から未来という時間の概念」へ逃れようとしています。ですが、無力感やネガティブな感情を否定している事実にただ気づいてみてください。いまから逃げているのが 見えてくると、それから逃げる必要はないことも見えてきます。この瞬間に無力感やネガティブを感じても、心から大丈夫であること…無力感を感じている最中にも言葉にならない喜びや至福さえあることが見えてくると、もう無力感があなたを支配することはなくなります。というのも、無力感やネガティブな感情はいまここの場の中に 現れては消えていくことが赦されているからです。強さは 弱さの対極ではなく、本当の強さ(光)は、弱さ(闇=瞑想)を完全に受け入れたところにあります。チベット語では、「瞑想」を意味するgomは、本来は「なじむ」という意味です。瞑想を通して、それまでなじみのなかった内なるオーラ体、内なるコーザル体になじんでいき、内なるコアスター(宇宙)への奇跡の旅へと連れ出してくれるのが瞑想です。みぞおちチャクラ(黄色)のさらに奥に金色の光…コアスターがあります。コアスターは、変わることなく『今ここに在るもの』、これこそ内なる力の源泉です。コアスターへと通じる内面の通路を開くと、愛、真実、創造、ヒーリングエネルギーが自動的に4つの次元すべてに顕れます。コアスターは、永遠にかわらない何か、時間、空間、魂の概念をも超えた存在であり、生命の源(宇宙)そのもの。光の言語は、コアスターの中の愛へとつながります。何かをこの世界に創り出す時に、コアスターを見出すことが 重要だと思いますコアスターは、本当の自分である「空」とつながる扉です。ああ!これか!このことか!!なーんだ、そうだったのか・・!これが起こった瞬間「変えよう」とかじゃなくて 変わっているのです。そんな体験をぜひしてほしいなと思います。7/30(金) 13:30〜17:30コアスター(魂の目的)に目覚める瞑想ワークショップ第4、第5、第6チャクラのエネルギー調整とコアスターに目覚めるマントラワーク。人生のテーマを思い出し、魂の目的に目覚める。7/30 コアスター(魂の目的)に目覚める瞑想ワークショップin芦屋こちらからメッセージをお送りください。ws.formzu.net【前回のアルクトゥルス瞑想のご感想】 Nさんの感想Aさんの感想Rさんの感想三つの講座 すべて受けられた方は、一ヶ月間メールによる質疑応答と30分のオンラインフォローアップセッションが受けられます。 しみずたいきのmy Pick Amazon(アマゾン) 愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある 98〜5,270円 Amazon(アマゾン) 孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる 186〜5,271円 Amazon(アマゾン) 「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則 1〜4,841円 Amazon(アマゾン) 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫) 150〜4,024円

  • 09Jun
    • 369の日の画像

      369の日

      今日は令和3年6月9日369(ミロク)の日で、時代の転換点です。369は、エネルギーの法則、摂理を司っています。古来の暦では、1年を360日としていました。他にも人の平均体温は約36度。呼吸は一分間に18回。平均脈拍数は72回。3の倍数に繋がっていきます。3+3=66+6=12 (1+2=3)12+12=24(2+4=6)24+24=48(4+8=12 →1+2=3)48+48=96(9+6=15 →1+5=6)96+96=192(1+9+2=12 →1+2=3)このように3(陽)と6(陰)を無限に繰り返します。世の中の現象や社会の奥には正と負、陰と陽、凸と凹、表と裏、和魂と荒魂、が潜んでいます。ここにまだ「9」は出てきません。「9」を倍にしていくと9✖️2=18 (1+8=9)18+18=36 (3+6=9)36+36=72(7+2=9)72+72=144(1+4+4=9)永遠に9が続きます。円も同様です。円を想像してみてください。形も同様です。三角形 = 60°✖️3 =180°(1+8+0=9)四角形 = 90°✖️4=360°(3+6+0=9)五角形 = 108°✖️5=540°(5+4+0=9)六角形= 120°✖️6=720°(7+2+0=9)八角形= 135°✖️8=1080°(1+0+8+0=9) すべての形に9が内在しています。春分の日に東から上る太陽にもっとも近い星座が次の星座に 移り変わるのに、2160年かかります。【 2160…2+1+6+0=9】さらに12の星座全部が1周するには、2160×12=2万5920年かかります。【25920…2+5+9+2+0=18…1+8=9】この天体のリズムが人間のリズムと不思議な一致をしており、人間が1日に行う呼吸数を、人間の1分間の呼吸数18回で計算すると、18×60[分]×24[時間]=2万5920回になる。不思議なことに9にどの数字を足してもその数字に戻ります。9+4=13 (1+3=4)9+5=14 (1+4=5)つまり 9は 存在しているようで、同時に存在していない(0)わけです。別な言い方をすると「私は全て【色(きゅう)】であると同時に 0【空(くう)】でもある」ということ。ちなみに1.2.4.5.7.8はどれだけ足しても 3.6.9にはならない。また あらゆる数を7で割ると1/7=0.142857142857142857…2/7=0.2857142857142857…3/7=0.42857142857142857…4/7=0.571428571428571428575/7=0.7142857142857…と3.6.9を除いた1→4→2→8→5→7の循環小数になります。これは「輪廻の循環」を意味します。そしてトーングラムの世界観では、1.4.2.8.5.7.は「物理世界」を表し3.6 は「スピリットの世界、法則」を表し、9 は 「涅槃の世界(空)」を表しています。「9」は、善か悪か、右か左かという二元論にならないこの宇宙を司る絶対的な存在です。人は探している何かを「いつか」見つける(得る)ことを望んでいるのではありません。人が本当に望んでいるのは、自分はすでに探しているものそのもの(9)であることを見つけること。これを頭の理解ではなく、体感していくのがエネルギー瞑想になります。【皆さんのご要望につき、前回大好評だった ワークショップまたやります】このマントラを利用して瞑想することを意図し 目を閉じると、自ずとその波動が「無限の空(9)」から肉体次元にまで流入してきて、意識の一定量が、その無限の空へと引き込まれ、その空との融合状態が、数分後には起こるようになります。その空(9)との融合こそが、本格的な瞑想の状態です。7/10(土) 13:30〜17:30アルクトゥルス瞑想伝授ワークショップ in芦屋第7.8チャクラのマントラ伝授と空との融合、ライトランゲージに特化した内容です。【主な内容】・ライトランゲージ・銀河由来のマントラ・空を体験する「光の言語(舌のラティハン)」・エネルギーアチューメント・ガイドの繋がるソウルスターチャクラ…等7/10 アルクトゥルス瞑想ワークショップこちらからメッセージをお送りください。ws.formzu.net7/22(木) 12:00〜16:00願望実現・瞑想伝授ワークショップ in芦屋物理次元に対応する第1、第2、第3チャクラのマントラ伝授。性と願望実現。7/22 願望実現瞑想ワークショップこちらからメッセージをお送りください。ws.formzu.net7/30(金) 13:30〜17:30コアスター(魂の目的)に目覚める瞑想ワークショップ第4、第5、第6チャクラのマントラ伝授。人生のテーマを思い出し、魂の目的に目覚める。7/30 コアスター(魂の目的)に目覚める瞑想ワークショップin芦屋こちらからメッセージをお送りください。ws.formzu.net しみずたいきのmy Pick Amazon(アマゾン) 愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある 550〜5,270円 Amazon(アマゾン) 孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる 186〜5,271円 Amazon(アマゾン) 「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則 64〜4,841円 Amazon(アマゾン) 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫) 77〜4,024円

  • 27Mar
    • 正四面体とアンドロギュノス神話の画像

      正四面体とアンドロギュノス神話

      見えないもの、余白とされるものが 実はもっとも重要なのです。 老子はこう言う。『粘土で器を作る。しかし、 粘土が包む虚無の空間が器の本質なのだ』 ミヒャエル・エンデ(ものがたりの中の余白)この世界は 幻想の上に成り立っている。それなのにこの世界を人は現実と呼ぶ。それが目に見え、直接感覚に訴えてくるからだ。そして、 この世界の存在の源となる形而上的なものを幻想と呼ぶ。本当は反対なのだ。この世界こそ幻想である。 (ルーミー語録)ヒーラーでチャネラーであるAさんは テレビの歌番組を見ているときに登場して歌うアーティストに「あの人はキテル」「あの人はキテナイ」と思いながら 見ているそうです。「キテル歌手」とは「神や人霊を憑依させて歌ってる歌手」のことで、目の焦点がどこかズレていてトランスしてる様子で、代表的なのがCoccoさんや椎名林檎さん等だそうです。「神さま(霊)キテナイ歌手」は、目が普通で、歌も技術的に作り込んだ様子で冷静に歌う、といいます。そんなAさんですが、「正四面体には不思議な力がある」といいます。「正四面体には 不思議な力があると感じていて、 私…2017年に願い事を紙に書いたんですよ。 「芦屋か西宮の阪急沿線に住む」「誰かに引き上げられる形でヒーラーになる…」   って紙に書いて、 正四面体のワークをしたんです。 いま思うと 全部叶ってるんですよ」細かい部分は省略して、要約すると「正四面体のワークは ・病気になりにくくなるし、 ・若返るし、 ・願望実現がスムーズになる」そうです。この話が いつも以上に印象的だった理由は、表情が男性(宝塚の男役)みたいな顔になっていたのと Aさん自身は 感覚的な人なのに、幾何学について事細かに語っていたからです。その話を聞いてから一週間後、なんとカタカムナの丸山修寛氏も「正四面体ってすごい力があるのよ」という話をされてるのを偶然耳にし…さらに その数日後バックミンスター・フラーは、正四面体を、宇宙の基本座標とすべきだって提案していたことを知り、このシンクロやばい?ってなり、そういえば…あのシュタイナーも四面体について言及していたのを思い出して調べてみたら…ビンゴだったシュタイナーは、1924年の連続講義の中で、『地球の形と人体』と題して、地球を四面体のピラミッドとして認識した時、その頂点は日本になると語っています。以下に、その講義の一部を要約して抜粋「地球は球体であり、球体として形成された、と言われています。 しかし、地球が球体であると言うのは正しくありません。地球が実際には本来どのようなものか、説明してみようと思います。地球が球体だというのは、空想にすぎません。地球の形態を正しく描きましょう。四面体と呼ばれている形態です。四面体は、このように見えます。 三角形が四つあります。底辺に三角形があり、さらに三つ、三角形があって、ピラミッド形になっています。正三角形が四つ堺を接しているのが正四面体です。地球を四面体のピラミッドとして認識した時、その頂点は日本になります。」さらにシュタイナーは興味深いことを述べています。「火山の分布を調べると、地球は正四面体である、 ということが分かる。火山の噴火は常に、太陽と星との位置関係によって生じるのです。人間は 自分の形態のなかに、宇宙を模造します。人間は頭に宇宙を模造します。ですから頭は 丸い宇宙に従って、丸くなっています。顎の逆三角形は地球の正四面体の形を模したものです。」ルドルフ・シュタイナー(自然と人間の生活より)この正四面体が上向き(太陽正四面体)と下向き(地球正四面体)で重なるとスターテトラヒドロン (星型二重正四面体)になります。「昔、人間は男女背中合わせで一体であった」というギリシャ神話のアンドロギュノスをご存知でしょうか?「昔の人間」は、<わたし(男)>と<あなた(女)>が背中合わせで ひとつの形態だったが、人間の力が強くなったのを嫌った神々が、その力を弱めようと、2つに割ったために、今の人間になった…以来、2つに割られた人間は、 失った半身を恋焦がれて彷徨うようになった」と。 この「失った半身」が、「赤い糸」や「ツインソウル」の伝説になりますが背中合わせで一つだった<わたし>と<あなた>を幾何学的に浮かび上がらせると「星型二重正四面体(スターテトラヒドロン)」になります。別名「マカバ」です。<わたし>と<あなた>を統合する鍵であり、<生まれて死んでいくアナタ>と<生まれても死んでもいないワタシ>を統合する鍵です。先日「マンダラとマンドルラの秘密」の中で左(火)は エネルギーを 天に上げる「男性性(神官)」を表し、右(水)は エネルギーを天から下ろす「女性性(巫女)」を表す言いましたがこれも幾何学で説明すると星型二重正四面体(スターテトラヒドロン)になります。<あなた(正四面体=身)>の背中合わせに、失われた半身である<わたし(後ろの正四面体=霊)>が張りついています。「人は失くした半身を求めて恋をする」その失くした半身が 本当は一度も失われていない<わたし>だとしたら?最初のAさんによる正四面体瞑想の情報源がどうやらアルクトゥルスであることがわかり、そこに音と幾何学、ライトランゲージなどを加えてさらにブラッシュアップしてアルクトゥルス瞑想が誕生したのでした。瞑想に来れない人に 最後に面白い話を…シェアします。願い事を書いた紙を正四面体の中に入れてみてくださいそれが 深層意識のあなたが合意するものなら通常より10倍早く 叶うと思いますYO!(知らんけど)男性性の強い人は、具現化力があると言われますが、正四面体は火のエレメントを司る男性的な力だからです。一時期 流行った「引き寄せ」の上手な人、結果を出す人って 正四面体のエネルギーを無意識にうまく活用している方だと思います。逆に正四面体を見て、苦手に感じる人は、もしかすると男性性や力に対するブロックがあるかもしれません。今日のまとめ…#正四面体しか勝たん🥺今回の記事も反響があれば、残し微妙であれば、アメンバー限定記事にします。 しみずたいきのmy Pick Amazon(アマゾン) 愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある 1,053〜5,270円 Amazon(アマゾン) 孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる 699〜5,150円 Amazon(アマゾン) 「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則 296〜4,802円 Amazon(アマゾン) 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫) 56〜3,986円

  • 25Mar
    • 深呼吸和歌集の画像

      深呼吸和歌集

      大事なのは、「何を言うか」よりも「何を言わないか」。「いかに気の利く一言を言えるか」よりも「いかに余計な一言を言わないか」。 無意識に相手を傷つける鈍感な人は、 気が利かないのではなく、 大抵 余計な一言を言っている。男性の「ゆるす。は心のコップに貯まった水をすべて捨てること…女性の「ゆるす」は心のコップのふちを盛り上げて許容量を増やすこと…って言われるように、女性の「平気」や「大丈夫」は「それぐらいなら我慢できるから」っていう意味であって、全く問題がない訳じゃない。コップの水が残っていることを男は忘れてはいけない。疲れたら 休めばいいし、元気になったら また始めればいい。弱った自分を痛めつけてまで、頑張る必要はない。あなたは生きているだけでもう十分頑張っている。自信を深めるていくと「生きてるだけでスゲー」ってなり、愛を 深めていくと「生きててくれるだけでありがとう」になる。「ごめんね」とあなたに別れを告げた相手に「ありがとう」と感謝する人が2人います。1人は これからあなたが出会う運命の人。もう1人は その運命の人に出会った未来のアナタ。もし 幸せになりたいなら待たせない人と一緒になること。LINEの返信、待ち合わせ、次の約束、相手を待たせているにも関わらず、そのことへの罪悪感のない人は、結婚や大事な約束も待たせるから待つ方は 心がすり減って人生の貴重な時間(命)が奪われるんだよあなたに本気じゃない男性はあなたに疑問を与えるけど、あなたを本気で愛している男性は あなたに確信を与える。一番のパートナーとは、一番 スペックの高い人ではなく、自然体の自分で「愛されている」という 確信を与えてくれる人。運命の相手なら、話せば話すほど 関係が深まり、運命の相手じゃないなら、話せば話すほど 関係が悪くなります。順縁の相手なら正直になるほど 関係が深まり、逆縁の相手なら、正直になるほど 関係が悪化します。たった一人でたくさんの女性を愛そうとする男性よりも、たった一人の女性をたくさんの方法で愛する男性を大切にしてください。失ってみないとキミの大切さに気づかない人より、一緒にいるときにキミの大切さに気づいている人がキミにとっての大切な人。 愛に飢えるとき、人は過食になり、愛に裏切られたとき、人は拒食になる。ものを捨てられない人は「過去を思い出を捨てられない人」で、ものを捨てすぎる人は「実は他に手放したいことがある人」。余計なものを買い込む人は、「将来に不安を感じている人」で、高価なものやブランド品ばかりを欲しがる人は「本当に欲しいものが手に入らない人」。 本当の意味で「強くなる」とは、 「何かに勝ち続ける」ということではなく、「何も気にならなくなる」ということ。それは勝ちと負け…強いと弱い、善いと悪い…という二極性を越えていくこと。【神話のあいうえお】はじめに 愛ありき「愛」の次に「意識(命)」があり、「意識(命)」の次に「宇宙」がある。「宇宙」の次に「縁」があり、「縁」の次には「音(思い)」がある。「音(思い)」の次には「感謝」があり、「感謝」の次には「奇跡」がある。◎良縁・幸運がやってくる前兆   ・ゾロ目をよく見かける・神社などで結婚式を目撃する・(嗅覚ではない)良い香りがしてくる・久しぶりの人から連絡がくる・ペアのものハート形のものをよく見かける・シンクロが増える…    ◎人生が好転する前に現れるサイン   ・人が離れる(または離れたくなる)・無性に眠たくなる・誕生日の数字を頻繁に見かける・もの(機器)がよく壊れる、大切なものを失くす ・人生の断捨離(デトックス)が起こるあなたの悲しみは 喜びと 手を繋いで 戻ってくる。切ない別れは 出会いと手を繋いで 戻ってくる。「最悪の瞬間」の裏には必ず 「最高の瞬間」が隠れていて、好きな人と離れてしまったとしても、愛する人と巡り会う未来が待っていることを魂のあなたは知っている。あなたと私の最大公約数は、「心配」ですか、それとも「信頼」ですか。「友情」ですか、それとも「愛情」ですか。「相変わらずの日々」ですか、それとも「愛変わらずの日々」ですか。物語の最後のページから遡って考えるあと何年、一緒ににいられるだろうか。あと何年、笑っていられるだろうか。あと何年、あなたを忘れずにいられるだろうか。あと何年、あなたは忘れずにいてくれるだろうか。人は期間限定商品には弱いのに、人生は期間限定であることを忘れがち。今日と同じ明日はもう二度と こないし、今この瞬間の 自分ももう二度と 戻ってこないこのことを深く理解するとき、奥深くで新しいエネルギーが流れはじめる。 しみずたいきのmy Pick Amazon(アマゾン) 愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある 1,053〜5,270円 Amazon(アマゾン) 孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる 617〜5,150円 Amazon(アマゾン) 「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則 296〜4,826円 Amazon(アマゾン) 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫) 39〜4,009円

  • 23Mar
    • 70億人の世界(水平次元)とたった一人の宇宙(垂直次元)の画像

      70億人の世界(水平次元)とたった一人の宇宙(垂直次元)

      素直な生き方ができていないとき、【心臓】に問題が起きやすくなる。考えすぎて、感じることを無視していると、【頭痛】になりやすくなる。人に頼ったり、甘えることができないと、【肩や首の後ろ】に問題が起きやすくなる。言いたいことを言えずにいると、【のど】に問題が起きやすくなる。現状を消化できずにいると、【胃】に問題が起きやすくなる。不満や怒りを抑圧していると、【肝臓】に問題が起きやすくなり、 恐れを溜め込んでいると、【腎臓】に問題が起きやすくなる。人や社会を拒絶していると【皮膚】に問題が起きやすくなり、「いい人」を演じて、本音を無視していると、【心の病】になりやすくなる。「これをやらなきゃいけないけど、 本当はこれをしたくない…」「 want to 」と「 have to」の狭間でカラダはいつも隠してきた本音を語っている。  ( しみずたいき )一日に一度だけ、太陽と海は とろけ、ひとつになります。太陽が沈み、夜になると海だけになります。太陽と地球は 一日に一度まぐあっています。通常、太陽は男性性、地球は女性性で表現されますよね。でも、日本の天照大御神は、太陽神なのに女性で描かれている理由の一つは、太陽光が地球に届くと、女性性に変化するからで、それはテラ(地球)が 女性だからです。古代人の世界観では、呼吸という運動も 風とカラダのまぐあいでした。呼吸として風が体内にはいり、 吐き出された息が風となって巡る。こちら側とあちら側の「あいだ」に生じるこのような感性を風のアニミズムといいます。言語(アルファベット)を獲得する前、人類は風のアニミズムを持っていました。しかし、自然の中の音や声から完全に独立した言語テクスト(情報)が立ち上がって、自然(空気や風)からできていたはずのアニマが自然の中に存在しなくなったのです。書かれた言語によって風から切り離され、アニマ(魂の力)が失われた。つまり、エゴが強力になるに従ってかつて自然の中にあったアニマは、人間の頭蓋骨の中に徐々に監禁され、自然との対話力が失われていったのです。エゴは自分に何かを加えることで、つねに自分を拡大しようとしています。もっと情報を入れれば、もっと健康になれば、もっと愛されれば、もっとお金が手に入れば、そうすれば安らぎが得られて、 不安がなくなるとエゴは思っています。問題は(学校や社会で習った)何かを加えるというのは、やすらぎの反対方向だということです。これは極めて重要で、安らぎを見出すというのは、足し算ではなく、引き算になるはずです。この引き算にあたるものが、瞑想やヒーリングになります。ユングは幼少の頃、「石も「私」であると思えたし、石もまた私の上に坐っている」という感覚が離れなかったと回想していますが、これが主体と客体が分離していない言語化以前のハート(いまここ)の純粋経験です。ハートから離れてマインド主体の我々が普段生きている社会は1のような世界の中で生きています。1★水平次元「3次元空間の中に自分がいる世界」ある場所、ある時間の空間。他人に見られる世界(流れる文字は湧いてくる想念)↑目醒めやワンネスという言葉も、概念に過ぎない。2★垂直次元:「ハート(いまここ)の世界」非局所。「私の中に世界が在る」私たちの人生の方向は、   基本的に1の水平次元です。でも、スピードを落とし、より注意深く、よりくつろぐことで、瞬間の持つ深さ ――垂直の次元(2)――を発見します。 水平次元は時間と空間のある物質的な次元で、そこには感情や解釈の経験の世界も含みます。その時間は過去と未来があり、時間は水平的に一直線に進むものなので、水平的なのです。それに対して、瞑想の次元は垂直です。1(解釈の世界)と2の世界(そのままの世界)の二つが重なっていると感じてみてください。「起きているけど(2)、起きていない(1)」たとえば、肝臓あたりに痛みが起きたとします。痛みはその瞬間に起きたことに対するものです。(2)その痛みを、エゴは過去や未来の幻想の世界へ投影します。(1)「病院に行かなければ」という思いが湧いてきて、さらに「病院行ってガンと診断されたら、どうしよう」という不安、恐怖が湧いてきます。エゴの反応によって、痛みは苦しみに変換されて、恐れを増幅させます。しかし、実際には「痛みは起きているけど(2)、 (エゴの言う不安や恐怖は)起きていない(1)」1と2のどちらがリアルかというと2です。 1の脳の幻想が溶けて、2を思い出すのが「意識の目覚め」「悟り」と言われるものです。もう一度1と2の写真を よーく見てみてください。 この「見るということ」の何が 不思議なのかというと、よーく 見てみると「私」がいるはずだって思っている所に「私」はいないのです。自分の頭があるはずだって思っている所に自分の頭はないってこと。そして、頭蓋骨の中から世界を見ている(1)のではなく、肉体を越えた次元から世界を認識している(2)のが 瞑想を続けていると わかってきます。ユングの言う「石も「私」であると思えたし、石もまた私の上に坐っている」というのは、写真2で言うところの目の前に広がる田園は「私」であり、海も「私」であり、空も「私」であるとリアルに感じます。世界とあなたの「あいだ」でディープタントラが起こると、「わたし」は消えて「それ」になります。※4/22にはリベラシオン・ヒーリング3.0 講座です。(凄腕ヒーラーのAさん主催で、少人数でリベラシオン ヒーリングを直接学ぶことができます。※しみずたいきは参加しませんのでご注意ください)4/22 リベラシオンヒーリング講座(芦屋)13:30〜18:30 ( 一粒万倍日 )残席2名 しみずたいきのmy Pick Amazon(アマゾン) 愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある 1,053〜5,270円 Amazon(アマゾン) 孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる 600〜5,150円 Amazon(アマゾン) 「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則 296〜4,826円 Amazon(アマゾン) 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫) 164〜4,009円

  • 21Mar
    • アルクトゥルスとハートの岩戸開きの画像

      アルクトゥルスとハートの岩戸開き

      遥かなる太古のむかし・・・大いなる静寂の中・・・ひとつの音であるオモイカネが鳴った。そして 音の波は 渦になり、一つの銀河になった。その巨大な銀河は 次第に 男と女の性質に分かれて、アンドロメダと 天の川の二つに分かれた。アンドロメダは男性の銀河の音になり天の川銀河は女性の銀河の音になった。そこに数多のいのちが生まれた。いのちは数えきれないほど 旅を続け、そして美しい青い星(子宮)をみつけた。いのちはその星で ゆっくり休むことにした。いのちはその星でハートで歌い、踊り、文明を発展させてきた。しかし、13000年前に 人工マカバにより次元間に穴が開いてしまい、青い星の周りに張りめぐらされていたグリッドが破壊されてしまった。この大事故で、人々の意識の中心が ハートから飛び出して脳へ移行していった。いつの間にかハートの歌は 聴こえなくなり、 いのちは眠ってしまいじぶんがどこからきたのかじぶんのオモイカネを わすれてしまった・・・あるとき夢の中で 闇の中から小さな音が聴こえてきたその響きは 渦となりいのちを目覚めさせたそしてふたたびいのちは 旅立つことをこころに決めた・・・【この史実を 日本の神話に置き換えると】スサノオが大暴れして、  地球のグリッドが破壊されてしまいアマテラスは ハートを閉ざしてしまい、岩戸に閉じこもってしまった…それによりヒトの意識は眠ってしまった。そこで 神々は第八チャクラ(八意思兼命)の知恵を借りて、第五チャクラの喉を通して 祝詞や踊り、歌をうたった。無意識の中にある『記憶の音』を引き出し、プリミティブな「音の場」をつくり出した。そうして アマテラスは再び岩戸(ハート)を開けた。…という風にイメージにしてみると、  喉のセンターとハートのセンターの重要性がわかります。この話の鍵は神々に知恵を貸した第八チャクラ(八意思兼命)で、ベツレヘムの星と繋がっています。ベツレヘムの星は キリストの故郷ともされ、八芒星の形で表記されている。現在では アルクトゥルスという名で呼ばれている。ふだん私たちが見ている夢の多くは、過去の記録を整理する「脳が見ている夢」です。よくあるのが、潜在意識に抑圧された情報が現れます。もう一つ私たちがたまに見る夢で「ハートが見ている夢」があります。ハートが見ている夢は、 耳では聞こえない 魂の音楽が聴こえたり、色鮮やかな世界でスピリットとの交流あったり、この世のものとは思えない感動が感じられる夢です。子どもの頃は、ハートから夢を見ることが多かったのですが、社会的自己(脳)が形成されてくるに従って、脳が見る白黒の夢が増えてきます。思考は 現れては消える実体のない幽霊で、ハートは いまここに在る霊(スピリット)です。(よく「亡くなっても成仏できない」なんて言われるのは、肉体を脱いでからも 生前の「自意識」はそのまま続くからです。これが現幽界、幽界の拡大につながりました。)この傾向は、約13000年前から始まったもので、それ以前の人々は、ハートから世界を創造していました。13000年前にグリッドが壊れる大事故があり、その衝撃で 人々のスピリットはハートから脳へと移動してしまったのです。「マカバ(星型正八面体)」をイメージしてみてくださいもともと私たち人間の周りには、ハートを中心とした「星型正八面体(マカバ)」の電磁場が存在していたのですが、約13000年前にこのエネルギー場の活動が停止してしまったのです。マカバは「肉体とスピリットを内包した逆回転に回転する光のエネルギー場」のことを言います。上向きの三角形(正三角形)と下向きの三角形(逆正三角形)を合わせたこの形は、『火と水』、『肉体と魂』、『男性性(脳)と女性性(ハート)』、『物質と霊性』、『能動と受動』など、さまざまな“相対するもの”の統合と調和・新たな次元のへの創造的な力を象徴しています。ここで一番重要なポイントは、現在の人類は、「肉体(脳)が私」、「私の選択が現実を能動的に創っている」、「脳(社会的自己)が能動で、ハートは受動」と思い込んでいますが、実はこれがまったく逆です。実際は、すべて反転していて、「ハートが能動で、脳が受動」です。「マインドが主導なのではなく、 ノーマインドが主で、マインドが従者」です。ハートの電場は脳の60倍、磁場は100倍あり、直感は、まず心臓がキャッチしてから 脳へと伝わることが実験で確かめられています。心臓や内臓一つ 自分でコントロールできないし、思考を止めようとしてもできないように、脳(私)は「自分で創造したつもりになっているだけ」で、実際に現実を創造しているのは、ハートです。胸をなでおろす心を開く胸に手を当てて考える胸が張り裂けそう胸の奥にしまう胸がときめく胸のつっかえが取れる胸騒ぎがする…など など昔の人は 心臓(ハート)には知性があることを知っていたのではないかと思われる言葉や慣用句がたくさんあります。風の時代とは、地のマインド中心の時代からハート中心の時代へのシフトです。(風の時代だからといってマインドがなくなるわけではなく、軸が ハートに移行し、マインドが道具になる。)『子どもは、風の子』という 諺がありますが、実は風のエレメントは 子どもに相当します。あらゆる現象の背後には正四面体・火のエレメント( 男性性 )正六面体・地のエレメント( 男性性 )正八面体・風のエレメント ( 子ども・中性 )正二十面体・水のエレメント ( 女性性 )正十二面体・空のエレメント ( 女性性 )という 五つのエレメントが あります。高次元と繋がるキーを握ってるのが風のエレメント(子ども)です。キリストは地上を天国にしたければ”子ども達のように生きなさい”と言いました。ハートをひらく鍵は、子どものような純粋意識、内なるアーティスト性が握っています。つまり、風の時代は 子ども=純粋意識から新しい創造が立ち上がってくる時代です。新しい自分、これまで気づかなかった本音というのは、感情が揺さぶられてきる時や新しい風(純粋意識)と共にふっと立ち上がってきます。自分の内なる悩みや葛藤があったもしてもそこを掘り下げていくと、普遍的な何かと繋がる時がきます。究極の個の問題は、全体の問題とひとつであることが 見えてきます しみずたいきのmy Pick Amazon(アマゾン) 愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある 822〜5,270円 Amazon(アマゾン) 孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる 450〜5,150円 Amazon(アマゾン) 「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則 68〜6,087円 Amazon(アマゾン) 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫) 299〜3,986円

  • 19Mar
    • 【春分の日】ハートが甦る分岐点の画像

      【春分の日】ハートが甦る分岐点

      今日は一粒万倍日で、明日は春分を迎えますね。新たな方向性が見えてきて、新しいことが始まっていく分岐点になります。この時期に「卒業式」があるように過去の点と点が線(気づき)になり、迷い続けていたことへの「結論」がでたり、停滞していたところから抜け出していく…そんな 卒業(終わりと始まり)の季節です。また 春分の日は、次元が変わる節目でもあるので、エネルギーの転換が起こります。このとき、それまでの古い時代のエネルギーをデトックスするために起こるのが 浄化です。新しいものを「生み出す」前の 「膿出し」です。人生が好転する前に現れるサインとして無性に眠たくなったり、よく物や電化製品が壊れたりしますが、1.「人間関係の見直し時期」か2. 「自分自身のHP(体)とMP(気力)が疲れている時期」3. 「人生の大きな節目」のいずれかのサインかもしれません。なので、先月から今月にかけて 人生の断捨離が起きたり、周りで体調不良になる方がいたり、人間関係のドタバタがあったかもしれません。「本当にしたいこと(want to)」と「しなければならない事(have to)」の間で葛藤したり相手のことは好きなのに、 なぜか今は会いたいと思わない…。連絡をせず一人でいたい…。あるいは 逆に連絡が来なくなる。そんなことが起きてきた人もいると思います。これは お互いの波長(振動数)の違いが生んだ「すれ違い現象」です。なかなかタイミングが合わない時期は、神さまの時間調整が入ったのだと思って自分のハート(本心)に回帰するのが大事です。このような調整のとき、いろんな人に相談したり、SNSの投稿を読んでもしっくりこないことがあります。いくら考えても答えが見つからないとき、いろんな本を読んでも 解決策が見つからないとき、自分のためを思って言ってくれる助言も心の奥に少しも響いてこないとき、それは、“感じることを大切にして”“本当の自分(ハート)にちゃんと向き合ってごらん”“これからやってくる新しいステージ(未知)は’ 過去の記録の中にないよ’’というメッセージ。もし 人生のサインを感じたら、・「しっくりこないことからは一旦 離れる」・「タイミングが合わないときは、  神さまの時間調整だと思ってリラックスする」・「自分の価値を下げてまで、現状に執着しない」・「悩むくらいなら、よく眠ること」・「いま感じていることを大切にする」 「もう必要ない旧時代の重い荷物をおろして  軽やかなあなたに生まれ変わりましょう」という時代からのメッセージです。春分点から 流れがどんどん良い方向に変わると信頼してください。旧い時代のエネルギーを手放し、「新しい風」をとりこんでいる人は、その風にのって どんどん上昇していきます。巷では、風の時代で土の時代の物や不動産などの 所有が中心だった世界から、体験や情報中心の世界へ移行していく…と言われていますが、個人的な感覚としては、「情報」経済の時代は終わり、「エネルギー」が経済になる時代の到来で、「愛の情報」を提供している人よりも、「愛のエネルギー」を提供している人の方が、 風に乗っていく時代…そんな感覚の方がしっくりきます。そうしていく上で 必須なのが、脳とハートの蜜月関係(コヒーランス)をつくること。時代、文明、宗教を問わず、さまざまなマスター達が、「外にではなく、ハートに従え」と私たちに訴えてきています。(ハートについては次の機会に詳しく書きます)※ハートセンターを春色で満たす木花咲耶姫のワークまず 頭蓋骨の中に閉じ込められていた自分の意識が、四方八方に広がっていくイメージをしてみてください。頭が消えて空間全体になったイメージでも構いません 今度は ハートに30センチくらいの桜色の 光の球をイメージしてみてください。 叶ったら最高にうれしいことを… リアルにイメージして、 叶った時の感情・気分を味わってみてください… 次に ハートにある 桜色(ピンク色)の光の球を どんどん大きく広げていきます。 桜のピンク色は「愛の色」です。 あなたの周り、建物、地域、日本へと… 愛と希望が広がっていくイメージをします。 あなたのハートの愛は世界に浸透していきます。  ハートチャクラの風通しがよくなり、 こころが開きます。  こころが開けば、「自分(マインドの幻想)」が溶けてきて、 ハート(ノーマインド)が主人になります。 このハートこそが 世界を映し出す 創造の源であることを 静かに感じてください。春のエネルギーに乗って、ここから魂の望む現実が目の前に広がっていくあなた史上最高の1年となりますように。  ※4/22にはリベラシオン・ヒーリング3.0 講座です。【リベラシオン・ヒーリング とは?】..Anyさんによる人体の記録(データ)やDNAに入っている不要なもの(アプリ)を消去して叡智の《記憶》を呼び覚ますエネルギーワークです。【リベラシオン・ヒーリング 3.0講座内容】◎リベラシオン・ヒーリングとは?◎ヒーリング のポイント◎ヒーリング実践、◎ライトボディ活性ワーク◎インナーチャイルドヒーリング◎観念浄化ワーク◎幾何学シンボルヒーリング◎エネルギーアチューメント(伝授)リベラシオンエネルギー のご感想↓ご感想②4/22 リベラシオンヒーリング講座(芦屋)↑申し込みはこちら  しみずたいきのmy Pick Amazon(アマゾン) 愛を知ったネコ----しあわせは今ここにある 1,053〜5,270円 Amazon(アマゾン) 孤独の夜に寄り添う117の言葉~明日いいことが必ず起こる 700〜5,150円 Amazon(アマゾン) 「本当の自分」に目覚める本: 宇宙とつながる気づきの法則 296〜4,802円 Amazon(アマゾン) 行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。 生きる答えが見つかる117のメッセージ (だいわ文庫) 124〜3,986円

  • 17Mar
  • 13Oct
    • しっくりくる感覚は 未来情報の画像

      しっくりくる感覚は 未来情報

      はじめて訪れた土地なのに「この場所 知ってる」とかはじめて会った人なのに「この人と結婚するな」と予感してからその後 その通りその人と結婚した…なんて 経験をした人は少なからず いらっしゃると思います。これは時間を越えたエネルギー的知性からのものです。自分の中の知性と、空間の中の知性が引き合う時の感覚というのは、それは、間違いようのない、しっくりくる感覚があります。知性とは「すでに知っている感覚」の事。どこかで悩むとか妥協するとかありえないのです。住居であれば、この物件は私が住むために、今、空室になったのか?と思うほど、気に入るし、予算もピッタリだし、次を探そうとか、悩むとかそれすらないのです。“もうこれしかないでしょ”というくらい「しっくりくる」「すでに知っている感覚」なのです。選ぶ理由は「だってこれだから」としか言いようがない感覚であり、これは、体験したらわかります。しっくりくる感覚は未来からの情報なのです。愛を知ったネコ----しあわせは今ここにあるAmazon(アマゾン)1,540〜4,466円【去年トーングラムで講演した内容より一部抜粋】・大気中には 静寂の知性があり、 耳では聴こえない音が振動している。・その耳では聴こえない音を観るのが“観音”。・すべての存在は 耳では聴こえない音楽を奏でている。星も、天空も、マカバも、獣たちも、神々も、あなたのオーラも…。つまり 全宇宙が歌っている。・自分の放つオーラの音色に惹かれて 天使や妖精、精霊が寄ってくることもある。・「健康の乱れは 体内の音楽(周波数)の乱れ」 体内音楽(周波数)の乱れを整える(調律する) ことで 体の症状も整ってくる。・ガン細胞は ある特定の周波数の音楽を嫌う・音の振動数が『440〜493HZ』付近の間で、ガン細胞はこの音との共鳴効果に耐えきれずに、崩壊し始める。これは赤ちゃんの泣き声に近い周波数。・ある実験では、587.33Hzの時に ガン細胞は 14分で破壊された。・いろいろな楽器が使われたが、ガン細胞に一番 効果的だったのは、『人間の声(マントラ&アカペラ)』・空海も 日蓮も マントラ(人間の声)を重要視したが、本来マントラとは、言葉自体のことではなく、その音を発した後に生じてくる微細な波動のこと。・音楽療法CDのようなもので ただ聞くだけよりも、全身に響かせるように歌ったり、マントラを唱えて 瞑想した方が 効果的。・嗚咽しながら泣くという行為は、 第3チャクラをマッサージする効果がある。・感情の波が激しい人は、人生の波も激しい。感情の激しい人は 決断も早く、性エネルギー(シャクティ)を利用して、人生がスピーディに展開するが、中には 自ら破滅を招く人も。リーダー気質(アニキ・姉御気質)でスサノヲ、龍神と縁の深い人が多い。・感情の波が穏やかな人は、人生の波も穏やか。そういう人は 慎重で 亀のようにゆっくりと人生が展開していくので、大器晩成型が多い。アマテラスや妖精、天使と縁の深い人が多い。・男性性の性欲は秩序を破壊、 転落の方向に向きやすく、 女性性の性欲は秩序を修復させる 方向に向かいやすい。・本来のツインソウルとは 相手の中に異性として見つけるのではなく、 自己の中に異性を見つけるということ。つまり、まず 自分が両性具有者になることで、真の共同創造が起こる。・ある巫女さんに 鈴が内側に付いたお面を被せる👺その鈴が高周波を出し、巫女さんが、トランスに入る。一滴のしずくが 波紋をつくるように一人(中心)がトランスするとその周りにいる集団も トランスしやすくなる。・作曲家のシリルスコットによれば、「人類の魂(世界)が 集団的に 大きな動きを見せるときには、いつも決まって その前に音楽が革新されてきた」という。時代の変化の前には まず作曲家や芸術家、作家や映画監督といった一般人に比べて より繊細で見えないものを感じる巫女体質の人間に 情報が降ろされ、その後 それらが作品になって、世の中の人々に伝わり、生活に浸透していく。・『未来の医療は音楽である(エドガーケイシー)』本来音楽医療の大元は リラとベガに由来しており体の細胞を共鳴させたら、ガンだけでなくいろいろな病気が治る可能性がある。好評発売中愛を知ったネコ----しあわせは今ここにあるAmazon(アマゾン)1,540〜4,466円