タマクローといっしょ♪


    タマクローといっしょ♪ すくパラ子育てブログ大賞 入賞




にほんブログ村


↑ランキング参加してます。 応援クリック、いつもありがとうございます。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-03-17 02:24:45

知らない方がいいこともある

テーマ:タガメ 本日のつぶやき

ずっと登録したまま放置してあったTwitterを

去年くらいから連日見るようになっているタガメ。

 

ブログほど長かったりしないし、

次々にリツイートで他の人からのお勧めが飛んでくるので

呟きをふんふんと読んでいるだけでも

けっこう時間が過ぎてしまう。

 

見ていてたまに思うのは、

「知らなきゃ良かった」ってことも多いなってこと。

 

知らないより知ってた方が良いに決まってるんだろうけど、

例えば、好きな作家さんが差別的なツイートしていたり、

好きなアーティストが政治的に偏ったこと言ってると

 

「え、こんな人だったの?」って

作品まで色あせて興味が失せてしまう。

 

Twitterで名前を書いたら一発でエゴサされて怒られたこともあるんで、

誰が何を言って呆れたかは言いませんけど、

そういうのありません?

 

勝手に思ってた理想と違ったからって、

がっかりする私もどうかと思うけどさ。

 

でもさ。

 

 

2019-03-12 23:17:55

今日はサイフの日 で、ピグ終わるの?

テーマ:タガメ 本日のつぶやき

長財布派?2つ折り派?

 

財布ですか?

片付けられない女、タガメですから、

ごちゃごちゃの汚財布派です。

 

お恥ずかしい。

女の人ってけっこうカードとかいろいろいれる場合は

長財布ですよね。

 

でも、フォーマルとか着て小さいバッグしか持てない時は、

二つ折りとかかなぁ。

 

 

 

さてさて、今日はあのニュースを聞いて

慌てて投稿にきました。

 

ピグ終了のお知らせて!

終了て。

 

あんなに庭を耕し、

部屋を装飾し、

限定の衣装を必死に集め、

ブレイブとか場合によっては課金もしちゃったあのピグが。

 

10年の月日を費やしたピグが。

 

 

タマクロー大ショックですよ。

だって、生まれて物心ついたらお母さんがピグやってて、

それを見てそだって、

いつかサイバーエージェントに入りたいってピグの会社見学にまで行ったんですよ?

 

タマクロー泣きそうですよ。

「ぼく、大きくなってピグのプログラマーになりたかったのに・・・」

 

・・・あれ?電車の車掌さんの夢は?

 

 

そんなタガメ。

過去の出来事を思い返すと、

去年は元旦から早番だから早寝しましたけど、

おととしとか

一昨々年とかは

ずっとピグやりながら年越ししてません?

 

 

 

三年も、ピグやりながら年越ししてるじゃん!

どんだけ寂しい年末なんだ私。

 

10年かぁ。

10年もピグが頑張って続いたと思うべきか、

10年しか持たなかったと思うところなのか。

 

とにかく相当な時間を費やしたことは間違いありません。

クエストをこなすために早起きしたり、

ほんと・・・。

 

ま、息子や、これがゴールのないオンラインゲームの行きつく先だよ。

クエストをクリアしてもクリアしても、

終わりはないからいつか飽きが来る。

 

新しいイベントを用意しても、

疲れてチャレンジしなくなってくる。

 

せっかく頑張ってプログラムしてもね。

 

 

なんだかんだ言っても、

ずいぶん楽しませていただきました。

 

ありがとうございました。

 

でもアメーバ自体は消えないでね。

私の10年の日記が詰まってるし。

 

息子の成長記録でもあるんで!

 

 

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

2019-02-26 23:16:18

DNA

テーマ:一言日記

今日、タマクローが元夫とまったく同じ感じで

 

「やっぱりラーメンは味噌だよなー」って言ったので衝撃を受けた。

 

なにそれソックリなんだけど。

 

ほぼ記憶がないほど接点がないまま別れたのに

超そっくりなんだけど。

 

DNAって怖い。

 

なんか刻まれてるのね。

しょうがないけども。

2019-02-21 23:24:03

図書館の残り香

テーマ:タガメ 本日のつぶやき

図書館で本を借りてくると、

前回に借りた人の貸出票が挟んで残っていることが、

多々ある。

 

今回、京極夏彦先生の

「オジいサン」を借りてみたけれど、

別に

おじいさんが読むべき本、ということではないのだけど、

 

きっと検索して、

お爺さんとかお年寄りという単語が並んだ本を借りたのだろう。

 

前に借りた人の貸出票には

「シニアのための大笑いクイズと大笑いネタ」とか

「認知症を進めないための生活と介護」みたいな、

本当に老後の生活をなんとかしなきゃ、

みたいな本が並んでいた。

 

京極夏彦先生の「オジいサン」は、

そういう本とは、ちょっと違う。

 

 

 

 

事件の解決もないし、

ただ淡々と独身で生きてきた70代男性が

日々淡々と生きていく生活を描いた作品だ。

 

もしかして高齢男性が一人で生きる知恵を得たくて借りたとしたら、

それは違う。

 

認知症になっても、

自分が認知症であることの病識を持つことは

必ずしも簡単ではない。

 

完全に認知症なのに、

「認知症にならないための本」の、

毎日同じページをずっと読んでいたれる方もいる。

 

前の人がいったいどんな本を借りたのか。

 

それも、

実は本を借りた時の楽しみでもある。

 

 

 

 

2019-02-02 22:24:21

今日はバスガールの日 久々の更新

テーマ:タガメ 本日のつぶやき

バスツアーに参加したことある?

 

バスツアーですか?

参加したことありますよ。

 

集合時間とか面倒なので、

もう参加したくないですが。

 

気に入った場所はじっくり見て、

興味ないとこはとばしたいもん。

 

高くつくとしても、

自由に観光したい。

 

 

さてさて、

数日ぶりの更新で申し訳ありません。

 

別にインフルで寝込んでいたわけでもなんでもないです。

寒かったし面倒で、

眠くて疲れていたんです。

 

めんどくさがりですから。

基本、何もしたくない人間ですから、

仕事してるだけでも疲れ果てちゃうので。

 

Twitterの方は、

仕事の休憩時間でもふと呟けるのでついいじっちゃうんですけども、

あれはやばい代物ですね。

 

リツイートされてちょっとしたぼやきがどんどん拡散されていくのって、

けっこうな恐怖。

 

前は好き勝手書いても平気だったんですが、

フォロワーさんが増えてくると

じわっと怖い。

 

読んでくすっと笑って共感してくれる人がいるのは嬉しくて、

やめようとは思わないけれど、

フォロワーさんを増やしたいとかは思わない。

 

世の中の片隅で

ぼそぼそと呟いて、

たまに共感がもらえたら、

それでいいんけどな。

 

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ