話せない!暮らせない!トイレ行けない! | 「儲かりたいなら、経理をやろう!」経営者向け経理ブログ。

「儲かりたいなら、経理をやろう!」経営者向け経理ブログ。

儲かる会社は、経理がスゴイ・・とも限りません。でも儲からない会社は確実に経理がダメです。このブログは、経理を通して会社を勝ち組にさせるためのヒントブログです。


テーマ:
こんにちは、東京都大田区の経営コンサルタント、ティーエーオフィスです。




中学二年の夏。

中国のアモイに飛ばされる私。






初日、やっと寝床につけると思ったものの、やっぱり暑い。


エアコン?そんなのありませんヨ(笑)






暑すぎて暑すぎて、窓を開ける。






網戸ナシ!






ここで私は考える。




①蚊にさされるけど安眠な夜。


②蚊にさされないけど、暑すぎて死ぬ夜。






②を選択するものの、1時間程度でギブアップ。

①を選択!





そして次の日の朝。




100か所は刺されました。。。(汗)








さてさて、2日目の朝は待ちに待った中華料理!






朝→どろっどろのおかゆ・味のない揚げパンみたいなの



-参考画像-

油条。ヨーチャオと読むんだそうです。初めて知りました。味がないんだコレが。。。






昼→白飯・メインのお肉・味のないチンゲンサイのスープ



夜→白飯・メインのお肉・味のないチンゲンサイのスープ








肉といっても大変に粗末。

カルビの焼肉が食いたい。。。と思いながら、泣きそうになるのをこらえつつのご飯。





でも、一週間もしてくると、肉が唯一の楽しみになってきました。












さて、食生活だけではありません。ティーエーさんの情熱大陸は。


トイレ事情まで食い込みます。









こちらの工場のトイレは、ボットンです。


しかも、電気ありません。

http://zatsunen4989.web.fc2.com/hitorigoto/042_toilet.html

(ボットンの画像のブログです。相当汚いので、リンクは貼っていません。ご覧になりたい方だけどうぞ。)





ということは?





夜に行ったら絶対に怖いということ。

夜中では絶対にお腹は壊せないというプレッシャーの中での生活(笑)








はぁ~~~~かえりたい・・・。




中国の公衆便所が大都会に見える設備内容です。


http://oversealove.seesaa.net/article/127024397.html

(アモイの公衆便所を詳しくつづる方のブログです。これも相当汚いので、リンクは貼っていません。ご覧になりたい方だけどうぞ。)






これはオフレコですが。。。休日に公園に連れてってもらった公衆便所、私はもう何を気にすることなく用を足しました。

(いつの間にか耐性が出来てたんですね(笑))










仕事は8時~17時の8時間。

同い年か、小学生の子もいるような職場でした。



コンクリート打ちっぱなしの小部屋につれて行かれ、その密室の中で同僚とお仕事。






彼らは当然中国人で、中国語しか喋らない。


私は、義務教育英語と日本語だけ。







意思疎通、不可能(汗)





そして彼らは、私が中国語が解らない事を察しました。






察した挙句、私をこう呼びました。

「パンダ」か「チーマオ」。




方言なんですかね??

パンツー(胖子)で「デブ」なのは知っていました。




パンダってナニ?と思いましたが、恐らくデブと言っていたのは解りました(怒)

しかし、チーマオが解りません。






その夜。

なにげなくテレビをつけてみると、ドラえもんの中国版がやっていました。





タイトル。

「青猫」





あれっ、なんとなくだけど。。。チーマオって青猫って表記になるかも!?








私の予想通り、連中は、私の事を「デブ」か「ドラえもん」と勝手にニックネームをつけていました。



ドラえもんは中国のお子さまにも人気あるんですね!(怒)










もうあんまりムカついたので、英語の解る正社員に、拙い英語で書いたメモと一緒に手土産を渡しました。




「This is Umeboshi.」 (これは梅干しと言います。)

「This is most popular sweets , in Japan」(これは日本で一番なじみのあるお菓子だ。)

「Give you. Everyone , Eat!」(やるよ。みんなで食え!)




と。







中学二年。


私はアモイの小さい町工場で、日本を知らしめることとなりました(笑)







日本の職場では、お土産を貰えば「ごちそうさまでしたー!」と一声があるものです。


今回は、感謝の声が一つもありませんでした。






「ふーむ、中国人は日本人とは違って、礼儀知らずなんだな。」


と、反省度数ゼロの、体型と同じくフテブテしいクソガキでしたね~(笑)









そして相変わらず話が終わらないので、次回が最終部とします!





経理で勝ち組経営になる!会社の社長のブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります