「儲かりたいなら、経理をやろう!」経営者向け経理ブログ。

「儲かりたいなら、経理をやろう!」経営者向け経理ブログ。

儲かる会社は、経理がスゴイ・・とも限りません。でも儲からない会社は確実に経理がダメです。このブログは、経理を通して会社を勝ち組にさせるためのヒントブログです。


テーマ:

こんにちは、東京渋谷経理代行の社長の山ちゃんです。

 

 

 

 

 

 

日頃から自分にも言い聞かせているんですけど・・

 

 

ケチな人は絶対に顧客にしてはいけない。

 

 

 

 

 

 

自分の中でのケチという定義は、次のような人を指します。

 

 

 

 

【心がケチな人】

 

自分に極端に甘く、他人に極端に厳しい人

 

とにかく減点法で物事を見て、とりあえず悪いところから見ていく人。

 

 

 

【金銭面でケチな人】

 

なんでもかんでも高いが口癖。

 

すぐに牛丼〇杯分と換算する。

 

 

 

 

 

 

 

先に言っておきますが、個人的には、心のケチと金のケチは連動していて、おおまかに片方だけケチな人は滅多にいないと思います。

 

つまり、心でケチな人は金でもケチ。

 

 

 

 

田村でも金、谷でも金、みたいなモンです(笑)

 

 

 

こんなTシャツ売ってるの?!

 

死んでもいらないけど!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心がケチだと、いちいち面倒くさいんですヨ。

 

 

 

例えばですよ?

 

 

 

 

 

 

 

夜中でも平気で電話&LINEしてくる。

 

土日でも平気で電話&LINEしてくる。

 

「お休みのところスミマセン」の一言もないですからね!

 

 

 

 

 

(先に言っておきますが、現在の山ちゃんのお客さまに向けてはいませんからね?(-_-;))

 

 

 

 

 

打ち合わせ時にも盛だくさん。

 

 

 

 

 

やっちゃダメだよって事をやって、痛い目を見たときにこっちを攻めてくる。

 

(もっと強く止めてくれないと、とか、そんなこと言われていないetc・・)

 

 

 

 

サービスが悪い、こんだけ高額を払っているのだからもっといろいろ提案があってしかるべき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言っときますけどね?

 

税理士のサービスといいますか、腕の見せ所は節税にあります。

 

 

 

 

 

裏を返せば、赤字会社に税理士として提案すべき項目は存在しないってことです。

 

 

 

 

 

さらに言わせてみれば、それだけの売上を持ってこない経営者が、提案がない状態にさせていることに他ならないワケです。

 

 

 

 

 

 

それはそうと、山ちゃんは売上を上げさせる方法は熟知していますから、提案しますよ?

 

 

 

 

 

 

提案したあとの反応ランキング!

 

 

 

 

第三位

 

日本経済が良くなれば、ウチも良くなるんだけどねえ

 

 

第二位

 

今は忙しいからムリ

 

 

第一位

 

うーん・・

 

 

 

 

 

 

 

 

潰れてしまえ!(怒)

 

もう自己破産して、イチ労働者に戻れ!

 

 

 

 

 

 

 

 

・・と言いたいところをこらえつつ、「あーそうですかー」と話を切り上げて帰ると言うね。。。(;'∀')

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、起業した直後だと、いかにも「コイツやだなー」って思うような顧客がいたりするじゃないですか?

 

目先の売上も気になるし、仕方なく受注する。

 

 

 

 

 

これは致し方ないと思います。

 

と言うか、起業直後は、とりあえず取りに行く。とりあえず売上あげる。これに尽きると思います。

 

 

 

 

・・で、予想通り?に精神的に痛い目食らって腹立てて・・。

 

これも一つの経験だと思います。

 

 

 

 

 

 

もし、集客が1周したら、残っている顧客はみんないいひと。保証します。

 

 

 

 

 

 

もし、起業して何年かしても、まだ自分が顧客を選ぶ立場になっていないとしたら、それは非常に危ういと考えて下さい。

 

 

 

 

 

 

山ちゃんは幸いにして、顧客を選ぶ立場になっています。

 

 

昨年暮れぐらいでしたかね?

 

 

見積もりに行ってきたんですよ。

 

すごいムカつくババァのところに(-_-;)

 

 

 

 

一言で言えばヒステリーババアなんですけど、もうほぼほぼ山ちゃんをドロボー扱いですよ。

 

 

 

んで一言。

 

「お金欲しいんでしょ?好きな金額いいなさいよ!」と完全に喧嘩腰。

 

 

 

 

腹が立ったから、相場が20万円のところ・・

 

「60万ッスね!」

 

 

 

 

 

 

「ずいぶん高いじゃないの!!(怒)」

 

 

 

 

 

「好きな金額言えっていったのはオタクですよね?じゃあ無理そうですから帰りますね。さよならー」

 

 

 

 

 

 

と帰宅したんです。

 

(しかし、なぜ喧嘩腰なのに見積もりなんて寄越したんだろう。。。本当にキテレツババァでした。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

・・ということで?

 

顧客は絶対に選んだ方がいいですよ!

 

 

 

 

 

あれ、コイツなんだかおかしいぞって思った時、大体合ってますから!(笑)

 

 

 

 

 

 

今日もお読みくださりありがとうございます!