立ち上がりと、目安ライン1と2 | t-yokomoのブログ

t-yokomoのブログ

ブログの説明を入力します。

 

今回コース幅が広いという事もあり、目安のラインを2か所設けています

 

カットしたら減点というよりは、この二か所のラインにバンパーを合わせると、審査員の理想的なラインに乗せやすい!

というラインです

 

 

先週の走行日や昨日の☆38審査員との話し合いで

赤いライン(目安ライン1にリヤバンパーを寄せる)で加速させてくると、2クリップにドンピシャで入ってきます

 

それに対して目安ライン1を大幅に跨ぐと、青いラインのようになってしまい、2クリップに流されラインで入ってしまい、減速コントロールをしなければならなくなり、ラインを取れても、スタイルジャッジで減点されてしまいます。

 

実はこの点は、目安ラインの問題では無く、1クリップに壁に寄れているかで決まります

 

 

この黄色で示した、3本線にきっちりと合わせられると、赤いラインに乗り

この部分が小さいと、青いラインに流されてしまいます

 

 

それを踏まえると、昨日の☆38審査員ブログhttps://ameblo.jp/rc926/もより分かりやすいと思います

 

目安ラインは「 審査席から見える走りと、操縦台から見える走りの共通化 」をはかるために作ったもの!と思っていただければと思います

 

 

 

今回のレイアウトは、単純そうに見えて奥が深いので、長文になりましたが

記事にしてみました!

 

 

今週は土曜日のチャレンジYDS終了後、15時~一般走行可能なので、是非皆さま

練習に来てください!

 

 

お待ちしてます♪