今日はJGCについて! | アラフィフ主婦のWDWへの道・・それから他の旅行も

アラフィフ主婦のWDWへの道・・それから他の旅行も

WDWに、7回行き、香港もパリもアナハイムも制覇。
あとは、上海でワールドディズニー制覇です!
ディズニーワールドや、その他の旅行のこと、書いています。

今は、介護のお話メインですが・・・
よかったらお付き合い下さい!!

実家当番は、続いていますが、ブログでは気分転換シリーズ第2弾。

 

今回は、JGCについて。

 

よく飛行機に乗る方にとっては、知ってること、常識ばかりなのでスルーしてくださいねグラサン

 

 

 

私は、JGCのカードホルダーです。

 

旅行記にも、「JGCなのですぐにチェックイン」とか、「JGCで優先搭乗」なんて、よく書いています。

 

JGCって、何?

 

 

これは、JAL GLOBAL CLUB の、略称です。

 

 

で、JALグローバルクラブってなんやねん??

 

 

それは、JALのステイタスを持っている人だけが作れる、クレジットカードのこと。

 

 

航空会社のステイタス、というのは、いわゆるマイルをどれだけ貯めたかで決まる、その航空会社にとっての、自分の位、というんでしょうかね。

 

たとえば、年に1,2回しか飛行機に乗らない人と、毎月2回くらい乗る人では、航空会社にとってのお得意様度が違いますよね。

 

たくさん飛行機に乗る人には、それなりのプレゼントがありますよ、というのが、JALではJALマイレージバンクと、いう、会員制度です。

 

まずはこれに入会すると、JAL、およびJALと同系列の航空会社(ワンワールド、といいます。アメリカン航空や、キャセイパシフィック航空などが加盟)を利用した際、その距離や購入金額によって、マイルが貯まる制度です。

 

そして、このマイルを貯めることにより、無料航空券に交換したり、商品に交換したりできます。

 

 

マイルが、1年の間にある一定量を超すと、JALの場合は、まず「クリスタル」というステイタスがもらえます。

 

クリスタルは、1月から12月までの搭乗が、30,000フライオンポイント(だいたい3万マイル、と思っていてOK)以上、または30回以上の搭乗で、かつ10,000フライオンポイント以上。

 

これがどのくらいのマイル数かというと、たとえば、関西空港から台北まで、片道が安い航空券なら、533マイルです。

 

往復でも、1000マイルほどにしかなりません。

 

ハワイまで行っても、片道2000マイルくらい。

 

なので、最初に3万マイル貯めるのが、意外に大変だということがお分かりいただけると思います。

 

ちなみに、クリスタルのステイタスでは、あまり特典がありません。

優先搭乗手続きくらいかな。

 

ただ、クリスタルになると、フライオンポイントの率がアップします。

 

片道2000マイルのホノルル線、普通の人ならそれだけなのですが、クリスタル会員ならば、2400フライオンポイントに。

 

つまり、次にもまた、ステイタスを取りやすくなるのです。

 

 

そして、このクリスタルをクリアすると、次にやってくるのが、「サファイア」

 

このステイタスを取ることが、とっても重要なんですよハート

 

 

サファイアのステイタスを取ると、その時から、サクララウンジをはじめとする、航空会社のラウンジを利用できるようになるのですラブ

 

 

昔、ビジネスクラスでハワイに行ったり、バリやグアムに行くとき、利用したことのある、サクララウンジ。

 

そこは、空港の何もない待合室とは違い、お酒やコーヒーなどの飲み物、そして食べものもあり、ゆっくりと飲食を楽しみながら、出発を待つことのできる、夢の場所でした。

 

更に、国際線ならば、まだ、ビジネスクラス利用で入れるラウンジですが、不可解だったのが、国内線のラウンジ。

 

いったい、中はどうなっていて、どんな人が、何をしに行ってるんだろう・・・と、昔は思っていたものです。

 

もちろん、国内線のラウンジも、ドリンクと簡単なおつまみサービスがある、普通の待合室でしたがニヤリ

 

image

 

これは沖縄、那覇空港のサクララウンジにて。

 

 

我が家は、2014年に夫が、会社の出張で毎月東京往復するようになり、それに加えて、その年の海外旅行に、2回、JALビジネスクラスで行くハワイ、を利用したことで、サファイアステイタスをゲット。

 

サファイアの会員は、同行者を1人、ラウンジに連れて行くことができるため、私はそれ以降、夫とともに、海外、国内、いずれの時にもラウンジ利用できるようになりましたルンルン

 

ちなみに、サファイアステイタスを取るには、50,000フライオンポイント、または50回以上かつ15,000フライオンポイントが必要です。

 

また、サファイアの上には、ダイヤモンド、プレミア、とあり、これらのステイタスを持つ人は、ファーストクラスラウンジに入れますクラッカークラッカー

 

もちろん、我が家には縁がないので、ファーストクラスラウンジには踏み入ったことはありませんえーん

 

いいです、サクララウンジで十分です。

 

 

そして、いよいよ、ここからが本番です!!

 

 

サファイアのステイタスを取った人にだけ、JALから届くのは、JGCカードの申込書なのですキラキラ

 

そう、いくらお金を払っても、JGCカードには入会させてもらえないのです。

 

とにかく、サファイアステイタスを取らなければ。

 

そして、ひとたび、JGCカードを作成すれば、カードを退会しない限りはずっと、サファイア会員と同じサービスを受け続けることができるのです!

 

そのサービスは、優先チェックイン、優先搭乗、ラウンジの利用、専用デスクの利用(電話がつながりやすい)、手荷物優先サービス(個数も重さも、さらに到着空港で早く出てくる)などなど、たくさんグッ

 

 

そんなJGCカードに、私も申し込めるようになったのは、2017年。

 

この年は、夫が退職し、旅行三昧しよう!と、海外旅行10回、沖縄4回、北海道1回、と、飛行機に乗りまくった1年。

 

とはいえ、海外のうち、台北2回は特典航空券で、マイルの対象外。

 

ハワイに2回、パリに2回、ラスベガスに2回、オーランドとベトナムに1回ずつ。

 

このうち、パリの2回めは、サファイアになるために行っちゃおう、と追加で予定したのですが、行く前にサファイアステイタスになれました。

 

いずれも、一番安い金額のチケットばかりなので、マイル数自体は少なかったのですが、それでも、これだけ行けば・・・という感じですね。

 

よく、マイル修行、という項目でブログを書いておられる方を見かけますが、このJGCになるために、まずはサファイアステイタスを目指して、旅行しておられるのです。

 

なお、私はJALですが、当然ANAにも同じような制度があり、JALのステイタスホルダーは「赤組」、ANAは「青組」といいます爆  笑爆  笑

 

イメージカラーからですが、よくわかりますよねOK

 

 

image

 

これは、成田空港のアメリカン航空のアドミラルラウンジの朝食

 

 

羽田空港のキャセイラウンジ

 

image

 

成田空港サクララウンジのシャワー

 

image

 

image

 

関空サクララウンジ

 

 

そして、私も最初は知らなかったのですが、国際線のラウンジ、同じワンワールドのラウンジなら、何処を利用してもかまわないのですラブ

 

つまり、アメリカンでシカゴ経由オーランドに行く、という時にでも、アドミラルラウンジだけでなく、サクララウンジでも、キャセイラウンジでも、カンタスラウンジでも、入っていいのです!

 

 

と、いうことで、ラウンジはしご、なんていう楽しみ方をする方もいらっしゃいます。

 

我が家は、羽田空港利用時は、キャセイラウンジが雰囲気も良くて好きなので、サクララウンジとキャセイラウンジを、はしごします。

 

大阪人のため、海外旅行時は東京経由が多いのですが、ラウンジを楽しみたいがため、わざわざ、待ち時間の長い、国内線のフライトを予約しています爆  笑

 

 

すでにステイタスホルダーの皆様には、釈迦に説法、知ってることばっかりで失礼しましたタラー

 

 

でも、よく飛行機を利用される方には、絶対にお勧めですよールンルン

 

ただし、せっかくJGCを持っているのだから、ということで、ワンワールド系列の航空会社しか利用したくなくなる、という欠点はあります。(航空会社の思うつぼ・・・笑)

 

いくら安くても、LCCでは、手荷物の優先もない、重さ制限も厳しい、ラウンジも使えない、などなど考えて、やっぱり高くてもJALにしようか、と・・・・

 

 

さて、私たちは夫婦そろって、JGC。

 

同じ日に、同じ場所に向かう人、2人まで一緒にラウンジに行けますよおねがい

 

今度の旅、ご一緒しませんか爆  笑グッ(いつになるか、わからんけど・・・笑)