『死ぬ』『恐れる』『何もしない』『人生』を並び替えるだけで全く意識の違う生き方になる!



『死ぬ』のを『恐れて』『何もしない』『人生』を過ごす。


『何もしない』で『死ぬ』『人生』を『恐れる』


上より下がいいな。

格闘技にのめり込む男は、動物的な雄の本能が強いんだろうなと思う。

身体が小さくても大きくても、若くても年を重ねても、顔がイケメンでもそうじゃなくても、こいつにだけは負けたくないと、口や虚勢ではなく心身の強さで勝負しなければならないからだろう。

そりゃそんな男たちと、パンチやキックしてれば、心も身体も疲れてしまうし、嫌にもなるし、うまくいかなければ、雄として自信が失われてしまう

そりゃ嫌だよね、、、ジャングル的な世界だ笑。

でもその中で頑張っているからこそ、ストレス耐性もつくし、身体も強くなるし、運動能力があがるし、動物的強さを持つ雄になり、人間社会でも心身の強さを生かすことができるんだと思う。
そういう人は仕事もできる。

T-KIX GYM会員さんもフィットネスと言いながらも、ガチでやってる😁
たしかにフィットネスなら、わざわざ殴り愛、蹴り愛するキックボクシングジムにこないで、フィットネスジムに行くもんね。


ストレス社会の現代では、ある物事に対して劣等感を感じネガティブに捉え、すぐストレスになってしまう人が多くなった。

そんなストレスを感じた時は「自分は自分だから」と比較せず考えすぎない、そういう解決方法が最近では良く言われるようになり、多様性が大事ともといわれるようになった。

ただ、こういう解決方法を多様性だから良いという人がよくいるが、それは多様性ではなく単なる逃げだろう。

もちろんストレスの度合いにもよるが、
少しでもストレスと感じたら、なんでも多様性という言葉で逃げ、あげくに本気でやらないことさえも多様性だと言う、、、。

そんな風潮は私は嫌いだ
本気でやらないことも多様性なのか?

戦後教育の衰廃とグローバル的精神思考が良しとされる、比較されるのが嫌いな現代社会ならではの感じだが、まあ、そういう男にはキックボクシングは合わないだろう。

どちらかというとそういう男は女性脳なんだよね。

女性脳は会話中心の横のコミュニティ作りが得意で、男性脳は結果主義で縦のコミュニティが得意。
要は、男は身体で狩りに行き結果が全て、女は会話でコミュニティを守り過程が大事という感じ。

だから、前のブログで書いた「陰口でコミュニティを作っているのが楽しい」って言うのは、どちらかというと女性脳の持ち主で、格闘技をやるには向いていない。

悪い例を出してしまったが、男性脳・女性脳だから悪いとかではなくてね。

この雄の価値観を求めるキックボクシングだから、なかなかやる男が少ないのかもしれない💦

でも、T-KIX GYMに通う男性会員は違うと思う❗️
やる時は全力、自分に甘えない、そういうプライドがある男ばかりである👍

多様性なんて言う楽なワードに流されず、何事にも一生懸命で自分に打ち勝っていると思うし、そういう雄しかいないし、
最終的にはそういう雄臭い雄しか残らない🤣


結果、女性から見ると格闘技をやる男には「頼れる雄」という魅力が溢れ、どんな状況でも、どんな社会でも、生き残れる雄だから安心だと感じるんだろう。

「この人ならどんな状況でも大丈夫そう✨」

なんて言うのも、格闘技の雄あるあるなのかもしれない。


あなたはどんな環境でも生き残れる頼れる男だと思いますか❓
自分がやりたい夢を叶えるために苦境に向かえる男ですか❓
そのような雄だと見られていると思いますか❓


「この不安な世の中、どちらの男と生きていく❓」
と言われた時「ついてく❗️」と言われる頼れる男になりたいね。
そんな価値観の雄をT-KIX GYMでは求めています👍
本気で楽しくやり、苦境を楽しく乗り越える人間になりましょう👊

ただ今、10周年キャンペーンで入会金無料でご入会できます❗️
ご興味ある方、また元会員さんも、入会金無料ですのでこの機会にぜひまた楽しみましょう🤣

そして
そんな素敵な雄と一緒に練習したいと言う雌!いや失礼しました💦
そんな男性を見極められる素敵な女性も大歓迎です😁

お待ちしております❗️

久々のブログです❗️


ブログを書こうと思いながら毎回忘れてしまい、約1年振りの投稿になってしまいました😅

今回も心配になるようなズドンとした直球を投げ込みたいと思います⚾️



最近ニュースで、水泳の池江さんに五輪批判したり、バスケの八村さんへの人種差別など、SNSを使った悪口投稿が問題になっています。

こういう奴を見ると「ほんとおまえ何がしたいの💢」と殴ってしまいたくなります😤

匿名だとほんとデカく出れる奴っていますよね。


そんな記事を見ていた時に、ダークサイドの人間っているよねって感じの話が思い浮かんだので、その話をしようと思います☝️




まあ昔から人の悪口・陰口はあります。

ですがネットコミュニケーションが当たり前になってきた現代では、匿名で誰かわからない人から悪口や陰口をネットで書かれ拡散されたりします。

不特定多数の人の目に止まるので、精神的なダメージはかなり大きく、大きな社会問題になっています。


ただこれだけ多くの悪口や陰口を目にする社会だからこそ、逆にいちいち耳を傾けて反応してしまうのはストレスが溜まる一方です。

ほんと悪口や陰口のネガティブパワーたるや人間の命を左右するくらいの凄まじい力ですよね。。。


なので、この悪口や陰口にストレスを感じるのではく、受け流すことができる能力も、現代に必要な心の技術なんじゃないかなと思います。



で、ですね、ここからが本題なんですが、

悪口や陰口を言う奴の中には

嫉妬と承認欲求が強い

奴がいるって話をしたいんです。


わかります❓

こういう奴やっかいなんですよ、ほんと。


自分よりも活躍してたり、仲間がたくさんいたりする、自分よりも目立つ人(スター)に対して、勝手に自分と比較し、勝手に劣等感と嫉妬を抱きはじめるんです。


そして周りに対して

『俺の方が素晴らしい人間、俺と仲間でいた方がいい❗️』

的なキモい承認欲求が生まれ

かまってちゃん

が誕生するんです😓



僕が中心なんだかんね❗️

周りはみんな悪い人だかんね!

そんな叫びが聞こえてきますw



そして、このかまってちゃんは何をするかというと、自分がスターになれるように仲間『信者』を集め始め、そしてネガティブなグループ『ダークサイド』が作られていきます🌀


スターとの真っ向勝負では勝ち目がないので、自分よりも年下や知識が浅い人やスターの仲間をターゲットにし、スターから離れさせようとします。


離れさせる方法はもちろん悪口や陰口です👿

自分が上にはなれないので、悪口を言って下に見せようとするのです😥


もし失敗した場合は悪口・陰口の力をさらに使い洗脳を再びしてきます。


更には洗脳されない場合は、信者にならないとやばいよぐらいの攻撃をしてきます😳


はあ😩めんどくさいね。



で、残念ながらこんなかまってちゃんの姑息な手に陥ってしまう信者がいるんですが、その特徴は大体、消極的・受動的な自分からライトサイドに行けないタイプです。


そして、ダークサイドの信者になりさがってしまうと、かまってちゃんの言いなりになり、ライトサイドで過ごせるチャンスどころか、楽しささえ見えなくなります😢


ダークサイドマインドに侵されてるので、ライトサイドの人たちを同じように妬み鬱陶しく感じていきます。


自分からライトサイドに飛び込めばいいのですが、かまってちゃんからの攻撃が怖く行動には移せません。。。


そして、信者はダークサイドで時間をただただ費やすだけとなり、つまらない時間が続きます⏰

ダークサイドでは悪口や陰口、、、。

ますます、ライトサイドの人たちを妬み、負のスパイラルに陥ります。

かわいそうですが、自業自得なんだよね。



あなたは信者なの❗️気づいて❓

飛び出すしかないんだよ❗️



と、子供ならダークサイドの信者になってしまっていたならば、こう言って手を差し伸べてあげようと思えますが、大人の場合はいちいち手を差し伸べることはないでしょうね😇



そして最終的にどうなるかというと、ダークサイドのネガティブパワーは通用しないので、余計周りからかまってもらえなくなります。


そして、それがまた悪口陰口を助長します。


「私たちのいる場所でない!」とかなります❗️

「本当わかってないよねー」とかなります❗️


中学女子のイジメっことそれにくっつく女子のグループみたいな感じw


そして最終的には

かまってちゃんも信者も居心地が悪くなり、その場から去っていきます!🏃‍♂️💨



時が経って「ライトサイドにいれば良かった」と後悔すればいいのですが、信者は思えてもかまってちゃんはまず思えないでしょう。


かまってちゃんは永遠にかまってちゃんであり、かまってちゃんでいる限り永遠に輝くことはできないと思います。



さあ❗️

あなたは今どっちサイドですか❓

どのような時間を過ごしたいですか❓





前回ブログで

金融公庫の特別貸付はどのくらいかかるか??

 

『金融公庫の特別貸付はどのくらいかかる??』コロナ禍で、日々運転資金のことや給付金や助成金の検索などで、頭がハゲそうです。もしかしたら、ハゲはじめてるかもしれない。まあ、ハゲたら髪型をどうするか考えない…リンクT-KIX GYM 代表の「直球で心配になるブログ」

 

というタイトルで、金融公庫の特別貸付の申込から着金までどのくらいかかるのかという内容を実際に私の場合をブログで書きました。


その時はまだ着金はありませんでしたが、とうとう先日着金されましたので、その報告をしたいと思います!



▶︎申込から入金までの時系列

4月6日 税理士さんより必要書類のメールがくる

4月10日 必要書類、申込用紙を沼津支店に郵送

4月24日 税理士さんから沼津支店に状況確認

5月7日午前 私から沼津支店に状況確認

5月7日午後 沼津支店から連絡あり、電話で審査

5月12日 決定通知、契約書到着

5月13日午後 東京契約センターに書類を郵送

6月1日 入金

ということで、決定通知から2週間と数日で着金されました!申し込みからだと約2ヶ月ですね!

現在はもっと速いのか遅いのかはわかりませんが、これから借り入れをする方の参考になればと思います。



赤信号みんなで渡れば怖くない!

ビートたけしさんのお笑いコンビであるツービートの漫才ネタの一節。

問題になっているネットでの誹謗中傷によるネットリンチがまさにこれだろう。

島国日本のいわゆる"村意識"はやはり根強く、集団化したら怖いもの知らずになる国民性だ。

もはや遺伝子レベルになりつつあるのかもしれない。

良い意味では一致団結ができる性質であるからこそ、コロナ禍でも感染予防ができたのだろう。
世界から見れば、コロナを国民の意識で防いでいる優秀な国だ。

コロナはさておき。

このネットリンチはもはや、大人の世界だけでないことを理解しなければならない。

LINEやTwitterなど、いや最近ではオンラインゲームもそうだ。
若者が見ず知らずの人と簡単に繋がり、簡単に会話ができてしまう。悪い人間や悪い情報などを手に入れやすく、親が管理できなくなっている。

親としては本当に怖いことだ。

ネットリンチが実際に起きたらどうするのかという問題から、日本も法的整備をやり始めた。
今更遅いがとても大切なことだ。

ただ、大事なことを忘れてはいけない。

あなたの子供がネットリンチをするのは、あなたにネットのリテラシーがないからだ。
あなたのせいだ。

厳しい言い方だが、まさにそうなのだ。

子供にそれを教える機会が少ないからこそ、親が教えなければならない。
そんな親がネットの怖さどころか、ネットサービスの使い方さえわからないから、教えられないと怠慢になっている。

あなたより子供はネットを使える。
そんな子供を誰がコントロールするの?

自分がわからないからって、子供任せにしないで。

この事件の前から、私は自分の子供には、こういうことを話している。
あらためて、今回の事件でまた話しをした。

理性がある大人が過ちを犯すんだから、子供の世界はもっと酷いよ。

ネットリンチをなくすため、まずは親の世代もネットに詳しくならないといけない。

TwitterやLINE、オンラインゲームで何の話をしていて、どんなコミュニケーションをしているか。
わからないからこそ、ネットやネットモラルのリテラシーを。

このブログのシェアをぜひよろしくお願い致します。
最近、テラスハウスに出演中だった女子プロレスラー木村花さんが、テラスハウスについてのネットでの誹謗中傷が原因で、それに悩み自殺し亡くなったというニュースがあり、衝撃的で本当にやるせない気持ちになった。

真実はもちろん知らないので、もし自殺した理由がそれであれば、この社会の精神性の変化が急速に変わってしまったことに、私たちは改めて気づき対応していかなければならない。


インターネットという性質上

誰でも発言できて、誰でも発言を見れる
バカがバカを言えば、賛同するバカたちがバカを言う
そのバカが増えるとマジョリティだと感じる
すなわち
匿名だろが、実名だろうが、
個人対個人ではなく、多人数対個人
になるのだ。


実際、私は超有名K◯選手から、本題とは違う内容で誹謗中傷を受け、それに助長されたファンたちからも誹謗中傷され、弁護士に相談した経験がある。

格闘家なんて相手を傷つけて自分を誇りに思う職業だからこそ、精神性がより問われるし、格闘技界も問われるのだが、結局、世間で話題になるとメディアは利益のためにそいつを出し、そいつはそのまま勘違いし自分は正しいと思ってしまう。

芸能人でも政治家でも、精神性を問われる格闘家でもこうなるんだから、どうしようもない時代だ。

人間教育が大事なんだが、もう戦後の日本じゃ無理で、イタチごっこなんだよな。


まあ要は

こういう世界がもう当たり前になってきているのを、認識しなければならないのだ。


私も自分の経験から、インターネットの特性をあらためて理解したから、誰かがSNSなどで良い事を言おうが、悪いことを言おうが


「その人や情報を受け入れるかどうかのモノサシ」


で取捨選択してから受け入れている。ネット上では簡単に人や情報を信じないようになった。

それが悲しいとか寂しいとかではなく、自分を守ることであり、そんな時代なのだ。
それがインターネットリテラシーで重要な一つなのだ。

だから、ネットでバカなことを言ってる、俺みたいな奴のことは信じないほうがいい笑

ネット上で良いこと言ってるやつなんて信じなくていい。

ネット上で悪口を言ってくるやつならなおさらだ。

匿名だろうが、知ってる奴だろうが、バカなやつらの悪口で、あなたの尊い命をなくすなんてもったいない。

あなたの周りには理解してくれている人がたくさんいるから大丈夫だ。

そして、誰かがそうなってて気づいたら声をあげて助けてあげよう。


あらためて木村花さんのこの事実をしっかりと受け止め考えさせられた。

木村花さんのご冥福をお祈り致します。


【共感して頂けたら拡散・シェアをお願い致します】

コロナ禍で、日々運転資金のことや給付金や助成金の検索などで、頭がハゲそうです。

もしかしたら、ハゲはじめてるかもしれない。まあ、ハゲたら髪型をどうするか考えないと。。。

それはおいといて。


運転資金の借入と借換を検討中も、まだしてない方もいらっしゃると思いますが、なんにしても今は融資決定までに時間が掛かるでしょう。

私は金融公庫で新型コロナ特別貸付をお願いしているのですが、GW明けに沼津支店に電話した時は、たしか5000件くらいの申込がきていて、かなり遅れているとの話でした。

ということで、まだしてないという方へ、今回の私のを例に、どのくらいかかるのかをお知らせしたいと思います。


▶︎申込から入金までの時系列

4月6日 税理士さんより必要書類のメールがくる

4月10日 必要書類、申込用紙を沼津支店に郵送

4月24日 税理士さんから沼津支店に状況確認

5月7日午前 私から沼津支店に状況確認

5月7日午後 沼津支店から連絡あり、電話で審査

5月12日 決定通知、契約書到着

5月13日午後 東京契約センターに書類を郵送

5月19日 本日未入金

通常早ければ書類到着後3営業日後に入金されるので、早くて明日だろうが、今はどのくらいになるのだろう。

現時点で借入を考えてから、約1ヵ月と2週間くらい経ってますが、混雑しているこの状況を考えれば、ここまではそんなに遅い感じでもありません。

毎回、金融公庫は契約書を提出してからの着金は早い印象だが今回はどうだろう。

ぜひ参考にして下さい。



T-KIX GYMでは現在、ジムスペースご利用について、会員様に安心してご利用できるよう下記の感染予防対策と会員様のご利用ルールを作り運営しております。


▶︎ご利用ルール

①健康状態・行動調査による入館規制

②入退館時の手洗い・うがい・手指消毒の遵守

③マスク着用(軍手も極力着用)

④ご利用時間の制限

⑤道場・更衣室の入室定員制限

⑥ソーシャルディスタンスの遵守

⑦ジム器具の使用後の消毒

⑧会員様同士のミット練習及び対人練習の禁止


▶︎ジム対策

①手指用消毒液の設置

②器具用消毒液の設置

③次亜塩素酸水の定期噴霧

④窓開放・換気扇で常時換気

⑤スタッフ毎日健康チェック

⑥スタッフの手洗い・うがい・消毒・マスク着用

⑦来館人数リアルタイム配信

⑧混雑状況確認LIVE配信

⑨クラスLIVE配信


皆様にはご不便をおかけする点もございますが、まだまだ収束が見えないからこそ、この行動習慣になれていくチャンスかと思います。

精神的ストレスや運動不足による病気が最近増えてきています。それらを減らす場所として守り続けていきたいと考えております。


皆様にもご協力いただきますよう宜しくお願い致します。

静岡県ではまだスポーツジムなどに休業要請が出ている。だが三島市は全業種に対し、休業要請がなくなった。


未だに、自粛休業に対しての賛否があるが、もちろんどちらも正しいとは言えないが、下のように言う経営者はもしかすると危険かもしれない。




「休業要請が出ているから休業しないといけない!なぜ周りはしないんだ!」



それはその通りだ!

だが、何度も言うが


①休業・営業の判断は各経営者の判断で、そこを正義として「なぜ周りはしないんだ」と指摘するのはおかしい。


正義感や使命感の強さ、ギリギリでも生活ができるイメージがあるのだろう。

だが、私のジムがある三島市自体が「財政を守らないといけないからこれ以上は無理だ、、、ごめんみんなで頑張って」となっているのだ。

すなわち、周りの経営者に正義を問うのではなく、行政に対して問わないといけない。


私は三島市の判断や行動は正しいと思う。

だから、それなら自分たちも自分で守る判断をするまでで、私も頑張るから、行政も頑張ってねと言うだけである。


私もさいたまスーパーアリーナのK-1開催において行政指示がありながら開催したことを批判し、私は行政の指示があれば従うと断言した。

だが、日が経つにつれ行政の判断はばらばらであり、行政自体が正誤を判断できない状態になっていった。


だから私は約束した通り一度はしっかりと休業を受けいれたが、その後は行政が正誤の判断をつけないなら、自分の考えでいこうと決めた。


そんな感じで私は考えている。



話を戻すが、こういう経営者が無知で無責任で危険だと感じたのが


②休業要請がなくなったら、安全だと勘違いしているかもしれないということ



おそらく17日か30日に休業要請や緊急事態宣言解除となったとしても、ワクチンやPCR検査体制が整わないのは明確で、それ以降安全になるわけじゃない。


もしかしたら、休業要請がなくなったら安全だと思いこんでるのかもしれない。


もし本当に危険だと理解し、お客様やスタッフのことを考えてると言い休業したなら、行政からの休業要請期間など関係なく、ワクチンができるまで休業を貫かなければ嘘になる。



もし、この経営者が休業要請や緊急事態宣言解除があるタイミングで営業再開するとしたら、その場所はもっとも危険な場所になるだろう。。。


そして、


③コロナ感染した場合、それを行政のせいにするかもしれない。



こういう発言をする経営者は、多分マジョリティな思想を正義とする傾向にあり、前回ブログで書いた駄菓子屋に張り紙するやつになりかねない。



ちゃんとワクチンができるまで休業するなら、そういう発言ができる真の正義感のある経営者だと、私は尊敬するが、


もしその休業が、コロナ自体の危険性からでなく、休業要請を理由にした休業であるならば、他の経営者に対して批判してしまうこの経営者は、逆にコロナを広めてしまう可能性が十分にある。


「休業要請がなくなったから営業再開する」なんて理由では再開できないと思う。



まあとにかく、現時点で行政の対応がバラバラであること、そしてコロナ収束が当分先になることを考えれば、行政の休業要請でさえ正誤の判断が難しいのである。


こう言った経営者が



いつどんな理由で営業再開するのか楽しみだ!