JRAオンラインビギナーズセミナーにご参加下さったみなさん、ありがとうございました!

おさらい編と自分で予想を立てよう編ということで、ちょっと詰め込み過ぎたかなぁと思いましたが、思ったよりもアンケートは好評で(^-^)
やっぱり丁寧に細かく、ですよね。
ビギナーズセミナーのサイトにアーカイブ化された“おさらい動画”があります。それで勉強してみて下さい!
あと、講座でご紹介した『KEIBA CATALOG』ですが、JRAのHPからもダウンロードできるそうです。ご活用下さい。
『究極の競馬ガイドブック』もよろしければ(^-^)v
それでは日曜の気になる馬たちです!



東京11R
日本ダービー
◎18イクイノックス
○12ダノンベルーガ
▲15ジオグリフ
☆13ドウデュース
△3アスクビクターモア
△7オニャンコポン
△5ピースオブエイト
△6プラダリア
△17ロードレゼル
△1アスクワイルドモア

過去10年、前走皐月賞から〔785〕。2/3が“王道”皐月賞組を占めている。
皐月賞の着順で見ると、勝ち馬6頭、2着4頭、3着4頭、4着1頭、5着1頭。掲示板確保の馬で16頭。
残る4頭は、1番人気6着、2番人気6着、1番人気7着、4番人気8着の馬。
この20頭中、前々走で重賞連対馬が17頭、重賞1番人気で掲示板が2頭、OP勝ちが1頭。
皐月賞4着以下からダービー連対は4頭。そのうち3頭は勝ち馬から0秒4以内。1頭は0秒8差7着も皐月賞は1番人気だった。
皐月賞組で4着以下から巻き返すには、高いハードルを設定していいとデータは語る。
また、1~5番人気でのワンツーが9回と、馬連の大波乱は稀。
逆に、6番人気以下〔106〕。3着に伏兵狙いか。

◎は18イクイノックス。
「皐月賞キャリア2戦での馬券圏内はない」というジンクスを破った馬。
ジンクスを破るのは相当強いことの証し。
皐月賞に続く大外18番枠も、オークスでこの不利な枠からスターズオンアースを優勝に導いたルメール騎手の手綱。再現に期待したい。

○は、同様にキャリア2戦で皐月賞4着に頑張った12ダノンベルーガ。
差は僅かでも、こちらはジンクスを破れなかったのも事実。その分の2番手。
しかし、東京で新馬勝ちの後、キャリア1戦で共同通信杯に出走。15ジオグリフ以下を破っているのだから、素質はかなりのもの。
皐月賞は小回り中山の最内枠。それでいて、一瞬突き抜けるかと思わせた。得意の東京なら、戴冠も。

▲は素直に皐月賞馬の15ジオグリフ。
木村厩舎の2頭なら、完成度は18イクイノックスより、こちらが上だという声が多数聞こえてくる。
父ドレフォンは距離に不安があれど、母アロマティコは秋華賞、エリザベス女王杯3着。近親にはステイヤーの名もたくさん。父がスピードを伝えているとすれば、ポジティブな要素になる。

☆は13ドウデュース。
皐月賞3着に追い込んだが、母ダストアンドダイヤモンズはスプリント血統。前走、武豊騎手は距離不安を考えて後方の位置取りを選んだとの話だが、ダービーを考えて、脚を測った可能性も。
中山の短い直線であの末脚なら、東京で届いても不思議はない。
重たい印は、素直に皐月賞上位組に打つ。

皐月賞4着以下から巻き返せる条件を満たす。3アスクビクターモア、7オニャンコポン。
昨年優勝のシャフリヤールと同じ、毎日杯勝ちからの5ピースオブエイト。
青葉賞1、2着の6プラダリア、17ロードレゼル。
京都新聞杯勝ちの1アスクワイルドモアまで、△を打つ。

馬券は、
1218の馬連、ワイド。
3連単フォーメーションで、1218→1218→1315を厚めに、1218→1218→1356717も。
加えて、1218→1315→1218も押さえたい。



東京12R
目黒記念
◎17パラダイスリーフ
○4ベスビアナイト
▲9ディアマンミノル

波乱のハンデ戦。
過去10年で、前走OPか3勝クラスからの馬が〔574〕。格上げ初戦も〔210〕。穴はこのあたりにいそう。

◎はその格上げ初戦馬、17パラダイスリーフ。
2年以上の休みを経て、1、3、2、1着でOP入り。ここまで3着を外したことのない堅実派。
唯一のディープインパクト産駒。55キロなら。

○も格上げ初戦の4ベスビアナイト。
久々がいいタイプで、鉄砲は〔3100〕。
最後方ではなく、中団から伸ばす末脚は、破壊力抜群。持ち時計からも、一発やってくれそうな気がする。

好相性のOP、大阪―ハンブルクC勝ちの4ベスビアナイトに▲。
同じく、メトロポリタンS2着の18フライライクバードに☆。

以下、穴パターンのベテラン7歳馬、1ゴールドギア。
府中巧者の3バジオウ。
重賞で安定の2ボッケリーニに△を打つ。

馬券は、印7頭の3連複BOX(35通り)で。



東京10R
むらさき賞
11シンボ
前走から距離短縮組がよく、さらに東京続戦組がいいレース。
府中Sの3着2プレイイットサムと、5着11シンボが、それ。
特に、11シンボは武豊騎手の連続騎乗。1分58秒3の前走タイムはOPでもやれる。
穴の匂いがする14ウエストンバートと、3頭で上手く馬券を組み立てたい。



新潟9R
石打特別
3ブリンク
心房細動明け。
5月15日のレースは感冒で取り消したが、2週間乗り込めたと陣営。
平坦の芝2000m向きだけに、狙って面白い。



新潟10R
清津峡特別
4セシリア
格上げ初戦だが、左回りの芝は〔1420〕。右回りの〔1006〕と比べると一目瞭然。事実、2戦2着2回と、新潟は合う。
52キロなら、いきなりも。


good luck!