ドライボーンズ  Collarless Engineer Jacket DJ-991 インディゴ | アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

 

襟無しジャケット、そして癖のあるシルエッが魅力。



ドライボーンズのデニムのエンジニアジャケットをご紹介します。


襟無しのタイプであるとともに、後ろ身頃のトップが高めの癖のあるシルエットが魅力です。



「ドライボーンズ  Collarless Engineer Jacket DJ-991 インディゴ」 です。


1950年代頃のヴィンテージを基に製作したエンジニアジャケットで、短めの着丈やカラーレス(襟無し)の形状が特徴的です。





年間を通して着用可能なライトオンスの一重ジャケットです。


春秋は羽織ものとして、冬場はインナー使いにもお勧めです。








懐中時計用のウォッチポケットや、錆びの浮いた雰囲気の月桂樹ボタンがオールドワークスタイルの雰囲気を醸し出します。







左右にシンプルな大き目のポケット、二つボタンのクラシカルなカフスです。






後ろです。


着た時には後ろ見ごろのトップが高くなるように作ってあり、後ろから見ると襟付きのようにも見えます。





真鍮製の尾錠も古臭い雰囲気を演出しています。






ワイドパンツとも相性が良いですね。





あまり復刻されていない襟無しの独特の形状が新鮮です。







新品なのでかなり後ろ高に見えますが、着込んでいくともう少し落ち着きます。


とは言え後ろの襟は隠れるくらいの後ろ高ですよ。





襟無しショート丈、後ろ高の独特のシルエットを持ちながら、クラシカルな雰囲気が滲み出るデニムエンジニアジャケットです。


ベスト代わりにインにも着れますし、カバーオールと同じように一重のジャケットとしても使えます。


ドライボーンズらしい癖のあるCollarless Engineer Jacket、是非実物をご覧ください。



24900円 + TAX です。


http://www.t-w-wolf.jp/?pid=124772221









マスターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります