アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。



広島にアメカジを!







アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。







住所 広島県広島市南区段原南1丁目10-11 




OPEN 11時~20時   定休日 毎週火曜日、第三水曜日 (祝日は除く)




TEL 082-568-7133




e-mail t.w.wolf@kbh.biglobe.ne.jp







ザ ホワイツ ウルフHP




     ↓





$アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記







 

クッシュマンのサングラスが好評です。

 

眼鏡の世界も奥が深いですが、眼鏡好きの方が見てもコストパフォーマンスの高さも分かっていただけるロングセラーのモデルです。

 

このボリューム感のあるウエリントンをかけると、ぐっと雰囲気が締まってきますよ。

 

これは是非実物を見ていただきたい逸品です。

 

 

また明日。

 

 

 

 

 

このサングラスはいい!

 

 

好評のクッシュマンのサングラス、再入荷と新入荷です。

 

MADE IN JAPANの物作りの象徴の一つでもある福井県鯖江(サバエ)市の職人によるサングラスです。 

 

形は一番人気のWELLINGTONです。

 

癖がありながらも合わせやすい形です。

 

再入荷は「ブラックフレームXグリーンレンズ」、新入荷は「ブラックフレームXクリアーレンズ」です。

 

「Cushman サングラス  BLACK FRAME WELLINGTON 29030」 です。

 

 

こちらがブラックフレームXグリーンレンズです。

 

一番人気のカラーリングです。

 

 

 

厚みのあるアセテートのフレームは高級感が漂い、フロントの厚い部分で約7mm薄い部分で約5mmです。

 

 

 

ヘルメットを被ったままで付けやすいストレートテンプル。

 

 

 

可動部分の仕様は、ビィンテージ特有の7バレルヒンジ。

 

ここ価値ありポイントですね。

 

 

 

 

そしてこちらは「ブラックフレームXクリアーレンズ」。

 

もはやアイウエアは日よけだけではありませんね。

 

癖がありながらも知的な雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

さらに店頭在庫は「ブラックフレームXブラウンレンズ」と「トータスフレームXクリアーレンズ」もあります。

 

 

 

トータスフレームはいわゆるべっ甲タイプですよ。

 

 

 

 

日本の職人技も魅力のサバエのアイウエア。

 

存在感が有りビンテージ感が滲むサングラスは、オールシーズンでコーディネートのアクセントに使えます。

 

勿論眼鏡屋さんで度入りレンズを入れる事も出来ます。

 

ご存知のように名のあるブランドの上質なアセテートフレームは高額ですが、このクオリティーでこの価格はコストパフォーマンス的にも高いと思います。

 

17000円 + TAX です。

 


ザ ホワイツ ウルフ HP

 

 

 

 

広島在住の作家M.O.Sさんに制作をお願いし、「THE WHITE`S WOLF」と「M.O.S」のWネームでバングルを作ることになりました。

 

単独でも重ね付けでも使えるシンプルな中に、M.O.Sワールドが感じられるバングルになると思います。

 

M.O.Sさんのインスタの写真によると、シルバーの材料が入り制作がスタートしたようです。

 

 

102991643_2288542998121402_7891517449704215502_n

 

 

どんなバングルが出来上がるか、制作過程も掲載してくれるそうですのでご期待ください。

 

 

 

王家の紋章入りの高貴な…。

 

 

オールオーバーパターンのサンサーフのアロハシャツをご紹介します。

 

オールオーバーパターンは総柄とも言われ、全体に一定のデザインが散りばめられるオシャレ感のあるパターンです。

 

今日ご紹介するのは1950年代前期の「ポイ・パウンダー・トッグ」の復刻柄です。

 

サーフィンを楽しむ情景や熱帯魚、ハイビスカスにアロハタワーなど、ハワイを代表するモチーフが多く使われています。

 

さらにハワイアンクレスト(ハワイ王家の紋章)も描かれており、ヴィンテージではこのハワイアンクレスト

が描かれているものが珍しく、希少価値が付くと言われます。

 

ベースの色合いも珍しく、サンサーフではあまり見たことがないパープルのようなブラックです。

 

このベースの色合いとハワイアンクレストがあることから、トロピカルな中にも貴賓高い雰囲気も漂う一着です。

 

「サンサーフ アロハシャツ "ALOHA HAWAII " SS38313-119 ブラック」 です。

 

 

 

色番的にはブラックですが、写真のとおりのパープルがかった高貴な感じもするカラーです。

 

 

カメハメハ大王の像や伝統的なカヌーを漕ぐロコボーイ。

 

ハイビスカスも良く映えていますね。

 

 

 

ダイアモンドヘッドは夕日に照らされているように見えます。

 

イエローの文字が間に入ることで、オシャレ感が出ていますよ。

 

 

日焼けしたサーファーは、ロングボードに乗っていますね。

 

 

左の建物は1926年に建てられたホノルル港のランドマークでもあるアロハタワーです。

 

 

 

そしてこれがハワイアンクレスト(ハワイ王家の紋章)です。

 

なにしろハワイ王家の紋章ですので、あまり簡単には使われないデザインです。

 

そのためこれがあるとヴィンテーでは希少価値が付いてきます。

 

 

 

ボタンはココナツボタンです。

 

 

後ろも全面に50年代のハワイの楽し気な様子が描かれています。

 

 

 

貴賓高い雰囲気を活かして前を閉めてきっちりと着ても良いですが、今日は逆に崩し感を出して前を開けて着せてみました。

 

パンツはジェラードのテーパードパンツの名品「カタリナ」です。

 

アーバンアウトサイダーな雰囲気を持ったリゾートパンツです。

 

前を開けることでトップスが少し大きめに見える効果があります。

 

このパンツならサイズを上げて着ても良いですね。

 

 

 

 

 

 

深みのあるパープルのようなブラックに、古き良き時代のハワイの風景が散りばめられた50年代前期の柄復刻です。

 

元気なデザインでありながらもノストラジックな雰囲気が漂う素敵な一着です。

 

色々な着方でお楽しみください。

 

10800円 + TAX です。

 

ザ ホワイツ ウルフ HP


曇り空の広島です。

しそうでしない梅雨入りですが、湿度がかなり高くなってきたので、こちらもいよいよかもしれません。

夏バテしないように、バランスの良い食事、睡眠、運動に気を付けながら、体を馴らしていきましょう。

それでは、本日も宜しくお願い致します。


今日も良い一日を。



















 

今年はまだ店内でクーラーを使っていません。

 

店内の窓と店頭の扉を開けておくと、空気が流れるので意外に過ごしやすいです。

 

先人から受け継いでいたのに忘れていた生活の知恵が、色々ありそうですね。

 

 

また明日。

 

 

 

 

 

 

 

UESらしいアメカジ感一杯の…。

 

 

UESのヒッコリーストライプのメッシュキャップが入荷しました。

 

オーソドックスなアメカジワーク感が逆に新鮮ですよ。

 

「UES  メッシュキャップ  82MC  ヒッコリー」 です。

 

 

メッシュ部分がホワイトとネイビーがありますので、ホワイトでご覧ください。

 

 

UESのキャップは、雑誌のショップ紹介等でスタッフがよく被っていますね。

 

特にこのブランドロゴはバランスと配色が良いので、Tシャツやスウェットのデザインでも好評です。

 

上質な刺繍パッチですよ。

 

 

 

ネイビー部分はインディゴですので、色が落ちてくるとサックス(水色)になっていきますよ。

 

 

後ろまでオールメッシュの涼しい仕様です。

 

 

 

 

 

使いやすいベルクロ式です。

 

 

さりげないピスマークも、バックスタイルのアクセントです。

 

 

 

つば裏はレッドの布張りにUESのネームです。

 

夏にチラリと見えるとハットする色ですね。

 

 

 

 

 

スベリ部分はヘリンボーン生地を使っています。

 

 

 

UESらしいベーシックなアメカジ感が魅力です。

 

ヒッコリーストライプですので、シャンブレーシャツやTシャツに相性抜群ですね。

 

 

 

被らないときはバックやパンツにぶら下げておいても様になります。

 

 

 

ベーシックなアメカジ感が魅力のUESのヒッコリーストライプのメッシュキャップです。

 

夏のお供にいかがでしょうか。

 

6400円 + TAX です。

 

ザ ホワイツ ウルフ HP