51ぱつめ ありがとう

テーマ:

今日の紹介


『ありがとう』をご紹介します。

==========
僕は神奈川に住む高校三年生。

普段ヤンチャばかりしています。
最近では進路も決まって遊び放題。

両親とも会話をしない。
たまに話せば喧嘩になる。
そんな生活でした。

この間も喧嘩をして自分はイライラして部屋に閉じこもりました。

ちょっとのどが渇いたから冷蔵庫へ行くと、母が椅子に座ってテーブルに横たわり寝ていました。

さっき喧嘩したばかりでイライラしている自分。

水を飲んで部屋に戻ろうとすると、ふっと母の顔に目がいきました。

母は寝ているのに目には涙が…。


母は仕事をしていて疲れている。
なのに自分が遊びまくっていて心配してくれている。
喧嘩もしてしまう。

なんて事をしてたんだ俺は!

本当に反省しました。

自分が思ったのは母の仕事を減らし少しでも休ませてあげること。

最近バイト場で覚えた料理。
作ってみようと思って母が起きないよう作りました。

作り終え母を起こし、
そして謝りました。


母は、

『そんなのはいつものことだよ。
親に心配をかけるのが子供なんだ。
気にしないで。』

と…。

僕は涙がでそうで必死にかくそうと、あくびをするふりをして涙を隠してしまいました。

そこでさっき作った料理を母に出しました。


母は、

『ありがと。』

と言いながら食べてくれました。


すると母は泣きながらまた

『ありがとう。ありがとう』

と言ってくれました。


僕もまた泣きそうになったけど笑顔で

『おう!』

と言って料理を食べました。


それからは遊びも程々にし僕の部屋の模様替えも手伝ってもらい、母や父の仕事を少しでも自分も手伝い、今は前よりかずいぶん笑顔、親子の触れ合いのある家族になりました!

これが僕の最近のありがとうです。


これからもたくさん人生、いろんな考え方を勉強させてください。
==========

http://tb.treview.jp/bizmt/mt-tb.cgi/260

いい話


==========

【妻から夫へ 60歳のラブレター】


あなた、あの時は本当にごめんなさい。


22年前息子(11歳)を心不全で亡くしたことは、私たち夫婦にとってまさに青天の霹靂でしたね。


毎日泣いて暮らす私に反して、決して泣かないあなたでした。


そんなあなたを恨めしく「父親は薄情だ」とイヤ味三昧でした。


でも、数ヵ月後のある晩、私が二男(8歳)との会話中ほんの少し笑った時、突然あなたが泣き始めました。


私はおどろきと同時に「今ごろになって泣くなんて……」と冷たく言いました。


あなたは号泣しながら「お前が泣いている間は泣けなかった。お前の笑顔を見てやっと安心して泣けた」


あなたの苦しい胸の内を知った私は絶句しました。


あれ以来、私はあなたに申し訳ない気持ちとあなたの強いやさしさに感謝して毎日大切に生きてきました。


わがままな私ですが、これからも私を支えて下さいね。


あなた、長生きして二人仲良く息子のお墓参りしましょうね。

==========

今日の受売り


『笑顔は筋トレ(^_-)』


ヘラヘラと締まりのない笑顔はなんだかだらしがなく、バカにされている印象を与えてしまいがち。

これを回避するには口角を意識して思い切り上げること。

ニコちゃんマークのようにUの字になれば最高です(^o^)

自分では多少大袈裟かな?

くらいの笑顔で調度いいんです。

省エネは許されません(笑)

なぜなら、嬉しい、楽しいという感情は、悲しい、辛いという感情より相手に伝わりにくいものだからなんですね。

顔には表情筋という筋肉が20種類以上もあり、身体同様、鍛えなければ劣えてしまいます。


因みに表情が乏しくなってしまう原因の第一位は

『コミュニケーション不足』

だそうです。

人と接する機会。

それが笑顔チャンス!

お出迎えの時は

『ようこそおいで下さいました。あなたと会えて嬉しいです』

というおもてなしの気持ちを表情にのせて笑顔度100%を出しきりましょう。

そして楽しい会話の最中でも口角UPを意識すること。

うなづき、あいづちの時には

アイコンタクト+笑顔(^O^)/

こうすると

「この人はしっかり私の話しを聞いてくれているわ」

という印象になり、相手の自己重要感もUP↑UP↑。

あなたのファンが増えてくることでしょう。

最後は「またあなたとお会いしたいです。ありがとうございます」という感謝の気持ちと共に笑顔度120%でお見送り。

最高ですね★

では、笑顔にメリハリをつけるにはどうしたらいいか?

「表情筋を鍛えること」

まず鏡に向かい、真顔チェック。

次に口角をUの字に上げます。


5秒たったら、また真顔に戻します。

この動作を30回繰り返します。

もう1つ、笑顔のポイントになるのは「目」

ウソっぽい笑顔というのは、自分のウソや隠し事を相手に見抜かれまいとし、目の奥でしっかり相手を凝視しようとします。

よって、目が怖い(?)んですね。

ようするに

「目が笑ってない」

この「目が笑ってない状態」にならないようにするには目の周りの筋肉「眼輪筋」のトレーニングが必要です。

眉を上に上げて大きく目を見開き5秒数える。

次にウィンクしたまま5秒。

ウィンクは両方行いましょう。


最初はうまくできなくても、あきらめずに続けることが大切です。

楽しいとき、嬉しいときに笑顔になるのは当たり前。

ほんの子供でもできること。

大人の私達がしなきゃいけないのは、自分「が」辛い、自分「が」悲しいの「我」を取り払い、人に不快な思いをさ


せないようにする「笑顔」

コミュニケーションのための「笑顔」です。

心から笑顔になれないとき…。

そんな時は「笑顔は筋トレ!」この言葉を思いだし、笑顔を作ってみてください。

最初は筋トレから入った笑顔でも、心と体は連動していますので、心も晴れ晴れしてくることでしょう。

楽しいから笑顔になる??

いえいえ、笑顔でいるから楽しいこと嬉しいことが起きてくるのです!!

その笑顔にたくさんの楽しいこと、嬉しいことが引き寄せられてくること間違いなし★


今日も明日も明後日もあなたが笑顔でいれますように…(祈)