営業職 転職アドバイザー

営業職 転職 面接のアドバイザーが

あなたの転職 面接の悩みを3分で解決!
30代・40代の(男性・女性)営業職向けです。

お気軽にご診断ください。


$営業職 転職アドバイザー




【今さら聞けない、転職 面接のルール 基本編】
無料PDFファイルをお受けにとりになられる場合は

        こちらから

        ▼ ▼ ▼
$営業職 転職アドバイザー










Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2012-03-31 17:41:52

30代面接 企業が求める人材は?

テーマ:30代 面接

30代の転職が20代に比べると不利になるという理由は何があるのでしょうか。
企業が経験よりも若さや意欲を期待している。
若くて素直に上司に従うような人材を求めている。
給与が安く使える社員を希望している。


たしかにこの3点を見てみると、30代は20代の求職者に比べて

転職に不利ということができます。
30代での転職を成功させるためには、

最初からこのような求人をパスする必要があります。
求めているものが自分にない求人は、

応募するだけ時間の無駄になってしまいます。


現在は、かつてのようにハローワークやだけでなく、

インターネットや転職サイトなどで求人情報を得ることができます。
そうしたツールを上手に使いこなすことが、30代の転職を成功させる方法ということができます。


本当に、30代転職 は20代に比べると不利なのでしょうか?
不利と思われる理由を挙げてみると、「求人はあるが資格や経験が重視される」
「給与の問題で若い求職者を探している企業が多い」などの理由が挙げられます。


特に、未経験の業種や職種への転職では、30代は20代よりも

圧倒的に不利な立場にあることも否めません。
しかし、「30代転職はあきらめなければいけないのか」というと、

必ずしもそうとばかりはいえないようです。


その理由としては「多少、給与が高くでも経験者が必要」、

「意欲があり有望な人材ならば年齢にはこだわらない
とする企業も少なくないからです。


最初から「30代は20代よりも転職では不利である」とは決めつけず、自分の持つ
経験値を信じてトライすることが重要といえるでしょう。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ