習慣化で人生を変える!「続ける習慣」ブログ

習慣化で人生を変える!「続ける習慣」ブログ

習慣化コンサルタント古川が綴る「人生を変える習慣」
人生が変わった!という深い感動を共に味わう
を使命に、日々の気づきを発信しています。

今度こそ続けたいあなたへ 自分を変えたいあなたへ 人生を変えたいあなたへ

テーマ:

 

 

習慣化コンサルタントの古川です。

 

 

早起きは、

習慣化の中でも「最難関」です。

 

理由は3つ。

 

1つは、睡魔との戦い。

 

眠さを意思の力で吹き飛ばすのは

簡単なことではありません。

 

睡眠負債を貯めると、3日で累積負債でダウン。

 

 

2つ目は、寝る時間を早めるのが難しい。

 

早く起きるためには、早く寝ることが

センターピンです。

 

ただ、「早起き」より「早寝」の方が難しい。

 

帰ってから寝るまでに、

やるべきこと、やりたいことがあります。

 

そんなことを無意識にやっていると、

気がつけば、あーもう23時だ、24時だ・・・

となってしまいます。

 

 

3つ目は、イレギュラーの予定に変動させられること。

 

生活習慣はとにかく、複雑系。

 

飲み会、残業、家族との予定など

夜の時間は一定にならず、変動するがゆえに寝る時間は

遅くなりがち。

 

そして、なかなか起きる時間を安定させることができない。

 

 

これが、難しい理由ではないかと思います。

 

 

ここからは

スーパー一人称で

私の過去の例を紹介します。

 

あくまで、これは私がやってよかった方法です。

ご参考になれば。

 

 

まず、

6時起き、7時仕事スタート

のリズムをつけるべく改造を始めました。

 

子供が小さいので風呂に入れたり、

その後妻と会話をしたりすると

どんどん夜の時間は後ろ倒しになっていきました。

 

それによる弊害は、

朝起きるのが遅くなる。

 

そうなると、

午前中というクリエイティブで

エネルギーがある時間が短くなるのです。

 

たとえば、

極論9時半に仕事をスタートすると、

12時まで、2時間半しかありません。

 

これでは、

執筆やメソッド開発などの時間が

取れません。

 

7時にスタートしてしまえば

午前中のゴールデンタイムが5時間取れます。

 

これだけあれば、

創造的ルーティンを回して、

十二分にR&Dの時間が取れるのです。

 

 

ただ、そうするためには、

まず家族との調整が必要です。

 

妻も、早く寝かしつけたい!

という希望があったので、

 

18時に子供を風呂に入れて

19時には寝かしつける

 

これができれば、

22時には寝ることができます。

 

6時に起きても8時間は睡眠がとれます。

(寝入りと起き抜けの時間を含めるて8時間)

 

 

そのためには、

仕事を16時に切り上げるリズムが必要です。

 

そうしなければ18時に風呂に入れることが

できないし、私の場合は空手のトレーニングの

ための時間も必要なので、自宅に帰ってその時間も確保します。

 

16時に仕事を終えるリズムを

徹底して守る。

 

オーバーフローしている仕事があっても

残業すると、結局すべてが後ろ倒しになるので、

朝残業に回してしまいます。

 

かなり首が締まっても、

「あー、これって朝だけで間に合うかな・・・」

と不安でも切り上げて帰る。

 

そうすることで、緊張感で

朝起きることができます。

 

こうやって徐々に朝型シフトをしていきました。

 

 

やっぱり、

センターピンルールと強制力。

 

私にはこの方法がベストでした。

 

皆さんにとってベストな方法を

性格に合わせて選んでみてください。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス