きてくださってありがとうございます!



昨日の記事にたくさんコメントありがとうございました。


本当に嬉しかったです。もう全部読みましたが何回も読みます。



色んなことを教えて下さってありがとうございました。


3箇所にわけて置いてる本屋さんがあったとか(申し訳ないわ。絶対困ってるやんそれ)


図書委員の壁新聞で紹介しました、とか(図書委員!!一体何歳の方が読んでくれてんねやろ)


中学生のエロ本並みにバイブルです!とか(ゆらさーん)


今夜パーティするんでよかったらきてくださいとか。(住所はー!)



本当に何年も前から読んでくださってる人のコメントにも感激しました。



深夜番組もゴールデンにきたら面白くなくなるから


これからも変わらずウンコ連発でお願いします!!



というコメントがあったんですが、めっちゃわかりますその気持ち。


私の場合は私1人が書いてるんで大丈夫ですが


番組ってそのパターン多いですよね。残念ながら。


いつの間にか番組の趣旨と違う1つのコーナーだけで番組が構成されてたりな。なんでなんやろ。



苦情を気にしたら面白いものは産まれへんけど(でも苦情を言う視聴者も視聴者な気がする)


そんなことは絶対にみんなわかってる上でも、色んな事情があるんやろな。予算も然り。


よく、番組でもミュージシャンに対してでも、すぐ「もう終わった」とか言う人いるけど


制作側も絶対「これやっとけばまあ一定の視聴率取れるやろ」「売れるやろ」みたいな感じじゃなくて


ものすごい色んなこと考えてると思うし、しんどいと思うし


おそらく視聴者よりもさらに番組や音楽を愛してるから、色々ジレンマに苦しんでると思うねんけど


違うんかな。全然違ったらすみません。恥ずかしいわ。



本当にありがとうございました。(脈略ー!)

山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

このブログは、どこにでもある材料で、できるだけ安く、誰にでもできる料理を載せていきたいので、

◆大さじ1杯の生クリーム
◆卵黄5個分
◆ローリエ、バルサミコ酢、八角、渡り蟹、ワインビネガー、備中ぐわ、千歯こき・・・・

なんかは使いません。


どうぞゆっくりしていってください。軽い気持ちで。足をくずして。季節風の影響を受けて。
山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

包み焼きました。ハンバーグを。(倒置法)


ホイルをあけたら熱々のソースととろりと溶けるチーズ。


ハンバーグが笑っていました。(擬人法)


笑い方はまるでラクダのようでした。(直喩)


ハンバーグはラクダだ。(隠喩)


ハンバーグはラクダだ。ハンバーグはラクダだ。(反復法)


ハンバーグはラクダ。(体言止め)


ハンバーグは・・・・(省略法)


※ハンバーグとラクダを用いた国語の表現技法講座は終了させて頂きます



今日は包み焼きハンバーグです。


フライパンで焼き色をつけたハンバーグを、ソースと一緒にアルミホイルに包んでオーブンで焼きました。


そのままフライパンで最後まで火を通せば、洗い物もひとつですみ


時間もオーブンよりずっと短時間でできると気づき


包んで焼く意味はーーー!


ってなったわ。


でも、包み焼きにすると、ふっくら仕上がると思います。気のせいやったらごめん。


気のせいやったとしてもたまらなく嬉しくなるからそれもまた私にとって真実ですけどね。(ミスター!!!)←ミスチルと略せ



あと、「いただきます」っていうときに開けてホワ~ン!ってなる感じがご馳走っぽくていいと思う。



今回、びっくりするぐらい薄く切ったバゲットを添えましたが、ごはんにもよくあいます。


何このバゲット。最高にパサパサそう。
山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba
<材料>(2人分)

●合いびき肉・・・・・・220gぐらい
●塩・・・・・・少々
●玉ねぎ・・・・・・4分の1個。玉ねぎ大好きさんは1/2個
●卵・・・・・・1個
●パン粉・・・・・・大さじ3ぐらい
●牛乳・・・・・・大さじ3ぐらい

<ソース>

●しめじ・・・・・わこっと取れた量
Aケチャップ・・・・・大さじ4ぐらい

Aウスターソース・・・・大さじ3ぐらい

A酒(できれば赤ワイン。今回トップバリュの料理酒)・・・・・大さじ2ぐらい

A水・・・・50ccぐらい

Aみりん・・・・大さじ半分ぐらい

Aインスタント珈琲の粉・・・・・少々。いれすぎたら苦くなるんで、いれすぎそうなら抜いて下さい。(何それ)


<作り方>

玉ねぎはみじん切りにして炒め、狐色になったら取り出して冷ましておく。パン粉は牛乳でふやかしておく。

耐熱容器(グラタン皿など)にアルミホイルを敷いておく。


ボールにひき肉と塩をいれてよーく練る。指の間からはみ出るひき肉の感触を楽しむ。

玉ねぎ、卵、ふやかしたパン粉をいれてよく練り、2つに分けて丸くまとめる。

フライパンに油(分量外)を熱してタネをいれ、こんがりしたら裏返し、弱火で3~4分焼く。

両面焼き色がついたらアルミホイルに乗せる。

油が異常なほど出ていたら軽くふきとって、しめじを炒める。

Aを加えてとろみがついたらバーグにかける。(バーグて)

とろけるチーズを好きなだけ乗せ、包んで、200度のオーブンで20分ぐらい焼く。


↓包む前、こんな感じ
山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

何この写真。もう完成と同じやん。


そして包む。
山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

これグラタン皿に直接いれてもいいんでは?



という質問は現在受け付けておりません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


お粗末なブログながらランキングに参加させてもらってます。
お手数ですが、最後に下の2つのバナーをクリックして応援頂けると嬉しいです。
                 

レシピブログのランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ

料理ブログ おうちカフェ よろしくお願いいたします!


ブログを続ける励みになります。本当にありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

返信はできなくて本当に申し訳ないのですが、気軽にコメントしていただけたら嬉しいです。

無人の野菜売り場」のような個人個人の秩序で、ずっといい雰囲気を守って頂いてますので、完全公開です。

(コメント欄に、「コメントは管理者により確認されています。掲載されない場合もありますので、

あらかじめご了承ください。」と出てきますが、このブログに関しては、関係ないです!)

また、他の方のコメントに対する返事など自由にしていただいたら嬉しいです。

質問はコメント欄内でほとんど答えますので、気長に待って頂けたらありがたいです。

AD

コメント(61)