第44期棋王戦5番勝負/第1局「要所をきっちり、渡辺棋王が白星発進」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2019年02月02日

第44期棋王戦5番勝負/第1局「要所をきっちり、渡辺棋王が白星発進」

テーマ:ブログ

第44期棋王戦中継サイト
中継ブログ

 

7連覇を目指す渡辺明棋王に

広瀬章人竜王が挑戦する、第44期棋王戦5番勝負。

 

将棋界の年度末の風物詩が、本日より

棋王戦の聖地、石川県金沢市「北國新聞会館」にて

開幕の時を迎えました。

 

 

 

棋王戦/第1局・柔らかいプレビュー

 

振り駒で決まる開幕戦の手番で

幸先良く先手を得たのは、広瀬竜王でした。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△渡辺棋王: なし

 

広瀬竜王の初手は飛車先を突く▲2六歩から。

対します、渡辺棋王も2手目に同じく飛車先を突く

△8四歩と返し、対局はスタート。。

 

 

 

4手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△渡辺棋王: なし

 

次に両者は息を合わせて飛車先を決め

まずは「相掛かり」の出だしとなりました。。

 

 

 

10手目△9四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△渡辺棋王: なし

 

最近では

「相掛かり」から「角換わり」への変化も有力ですが

本局は角道を閉じたまま、同形模様で進行します。。

 

互いに角頭を金で受け、右の銀を立ててから

9筋の端歩を突き合った上図から次に、広瀬竜王は。。

 

 

 

11手目▲5八玉。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△渡辺棋王: なし

 

3分の少考で玉を立て、「中住まい」に構えました。

この手をみて、渡辺棋王は手を止めしばしの考慮に耽ります。。

 

 

 

12手目△8六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△渡辺棋王: なし

 

代えて△5ニ玉なら「相中住まい」でしたが

渡辺棋王は18分考慮の末、同形模様に別れを告げ

飛車先から突っかけました。。

 

 

 

15手目▲3六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩

△渡辺棋王: 歩

 

以下、▲同歩~△同飛の進行で歩交換が成立すると

広瀬竜王は突進してきた後手の飛車先をおさめることなく

3分の少考で挑発的に3筋の歩を突き出します。。

 

例によって研究将棋の気配が盤上を覆い始めると

渡辺棋王は用心深く、タダで取れる3筋の歩を取ることなく

ジッと飛車を引き下げました(16手目△8四飛)。。

 

この手に対し

広瀬竜王が角道を開いたのをみて(17手目▲7六歩)。。

 

 

 

18手目△5ニ玉。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩

△渡辺棋王: 歩

 

渡辺棋王も居玉を解除し

玉を立てて「相中住まい」としました。。

 

 

 

23手目▲2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩

△渡辺棋王: 歩

 

あくまでも8筋はケアせず、一歩を手持ちにしたまま

淡々と駒組みを進める広瀬竜王は、上図の局面で

自らの飛車先2筋の歩を突き合わせます。。

 

 

 

26手目△2三歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩2

△渡辺棋王: 歩

 

以下、△同歩~▲同飛の進行で歩交換が成立。

渡辺棋王はノータイムで先手の飛車先に歩を打ち込むと

広瀬竜王はすぐに飛車を2五の地点に引き下げました。。

(27手目▲2五飛)

 

この手をみて、渡辺棋王は。。

 

 

 

28手目△7四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩2

△渡辺棋王: 歩

 

ノータイムで7筋の歩を突いた、上図の局面で

午前の対局は終了、お昼休憩突入となりました。。

 

【 お昼のメニュー 】

 

両者ともに「松花堂弁当」

 

 

 

29手目▲8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩

△渡辺棋王: 歩

 

午後に対局開始の一手で

広瀬竜王は2筋の浮き飛車の横利きを活かして

後手の飛車先に歩を打ち込み、高い位置から咎めます。。

 

渡辺棋王は予想通りとノータイムで

狙われた飛車を元居た8二の地点に引き下げると。。

 

 

 

31手目▲2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△渡辺棋王: 歩

 

広瀬竜王は返す刀で

飛車先2筋で歩を合わせ、仕掛けを開始しました。。

 

渡辺棋王はもちろん△同歩(32手目)と応じて、以下

▲同飛~△2三歩に▲6四飛~△6三銀~▲6五飛~

△7三桂~▲2五飛~△3四歩~▲7七桂~△5四銀~

▲4六歩~△4ニ銀をみて下図45手目▲4七銀と進行。。

 

 

 

45手目▲4七銀。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩2

△渡辺棋王: 歩

 

飛車をダイナミックに動かして模様を解した広瀬竜王に対し

渡辺棋王はその飛車を追いながら駒を盛り上げて行きます。。

すると、飛車を元居た2筋に戻した広瀬竜王も自陣を整備し

神経質な序盤を経て、ようやく駒組みに取り掛かります。。

 

すると。。

 

 

 

58手目△8五桂。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩3

△渡辺棋王: 歩2

 

渡辺棋王はより攻撃的に駒を組み

角を1筋の端からのぞかせると、満を持して飛車先へ

桂馬を軽やかに跳躍させ、攻勢に転じました。。

 

 

 

58手目△4六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩2

△渡辺棋王: 歩

 

広瀬竜王は同桂とは応じずに

8筋に歩の盾を配置すると(57手目▲8六歩)

渡辺棋王は10分の考慮で4筋を叩きます。。

 

 

 

62手目△7七桂成。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩2

△渡辺棋王: 桂、歩

 

広瀬竜王が狙われた銀を5筋の戦場に繰り上げると

渡辺棋王はすかさず桂馬を飛び込み、桂交換を成立。。

攻守の切り替えテンポ良く、いざ開戦を告げました。。

 

 

 

67手目▲5五銀。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩2

△渡辺棋王: 歩

 

飛び込んで来た後手の桂馬を払って(63手目▲7七同角)

ここまで沈黙していた角が、いよいよ戦列に参加した広瀬竜王は

その角のライン上から激しく反撃し、攻め合いの終盤戦に。。

 

 

 

77手目▲4ニ歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 金、銀、歩

△渡辺棋王: 角、銀、桂、歩

 

広瀬竜王はそのまま一気呵成の踏み込みで

覚悟の角切りから露骨に後手玉へと迫ります。。

 

が、しかし。。

 

棋王戦/第1局の棋譜中継はこちら

 

 

【 投了図・84手目△4六桂 】

 

 

 

投了図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 金、銀、歩2

△渡辺棋王: 角、金、歩

 

盤上の主導権を握っていたのは、渡辺棋王。

先手の猛攻が途切れたところで、鋭く反撃に転じると

上図の局面をみて、広瀬竜王は無念の投了を告げました。

 

終局時刻は午後6時ちょうど。

広瀬竜王のプラン通りの進行にも終われましたが

渡辺棋王均衡を保ちながら要所を締め、つけ入る隙を与えず。

強さをみせつけ、大事な開幕戦を後手番で制しました。。

 

 

 

□□□

 

開幕戦は聖地にて

 

棋王戦/第1局開幕前夜

 

 

 

□□□

 

 【速報版】「直接対決、豊島二冠が制す」

 

 

 

□□□

 

王将戦/第2局終局直後の印象

 

決断の封じ手、思わぬ大差。。

 

 

王将戦/第2局・一日目の所感

 

振り飛車不満なし。。渡辺棋王の構想や

 

 

王将戦/第2局は大阪決戦

 

王将戦/第2局開幕前夜

 

 

 

□□□

 

今泉四段、待望の戦術書第三弾!

 

11月21日発売!「自由自在! 中飛車の新常識 」

 

 

 

□□□
 

谷川浩司九段は「光速流」

では、実兄・俊昭氏のキャッチフレーズは。。

 

悪魔の一着、ここに極まれり

 

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス