電撃再び。。第32期竜王戦ランキング戦1組/1回戦「羽生九段-阿部七段を振り返ろう」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2019年01月17日

電撃再び。。第32期竜王戦ランキング戦1組/1回戦「羽生九段-阿部七段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第31期竜王戦中継サイト

第32期ランキング戦1組トーナメント表

 

 

 

 

今回は、昨日行なわれました

注目の第32期竜王戦ランキング戦1組/1回戦

「羽生善治九段-阿部健治郎七段」の模様を

振り返らせていただきます。。

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: なし

△阿部七段: なし

 

本局の先手は羽生九段。

その初手は角道を開く▲7六歩から。

対します、阿部七段も2手目に同じく角道を開く

△3四歩と返して、対局はスタート。。

 

続く3手目に

羽生九段が▲2六歩と飛車先を突くと。。

 

 

 

4手目△8八角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: なし

△阿部七段: 角

 

阿部七段はすかさず角交換を敢行。。

「4手目一手損角換わり」を投入しました。。

 

 

 

12手目△6三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角

△阿部七段: 角

 

角交換成立後

両者は居玉のまま、行を合わせて銀を繰り上げ

「腰掛銀」模様の進行となりました。。

 

 

 

30手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角

△阿部七段: 角

 

しかし、両者は右銀を自陣に保留したまま

左の銀も自陣三段目まで繰り上げ、居玉を解除し

序盤はほぼ同形模様の進行となります。。

 

角交換で一手損した分だけ駒組みが遅れる

阿部七段は上図でようやく飛車先の歩を突きました。。

 

 

 

33手目▲5六銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角

△阿部七段: 角

 

同形模様に別れを告げた後、羽生九段は

銀を中央5筋へ繰り出し、「腰掛銀」に形を決めます。。

 

この手をみて、阿部七段は。。

 

 

 

34手目△5一玉。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角

△阿部七段: 角

 

4筋に構えた玉を手損覚悟で

5筋に引き下げ、「右玉」投入を示唆しました。。

 

 

 

41手目▲6九飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角

△阿部七段: 角

 

後手が右玉に構え直す間に

羽生竜王は銀を下げ、桂馬を跳ねてから(39手目▲7七桂)

上図で飛車を敵将の頭上となる6筋に合わせます。。

 

すると、次の瞬間

 

 

 

42手目△5五銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角

△阿部七段: 角

 

阿部七段は天王山・5筋の位で銀をぶつけ

気合も十分に、いざ開戦を求めました。。

 

羽生九段は▲同銀(43手目)と応じて、以下

△同歩~▲2五歩~△3三桂~▲6五歩~△同歩~

▲同桂~△同桂~▲同飛をみて、下図52手目

△6四銀打と進行。。

 

 

 

52手目△6四銀打。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角、銀、桂、歩

△阿部七段: 角、桂、歩

 

6筋で桂交換が成立すると

その流れで突進してきた先手の飛車を、阿部七段は

手持ちの銀を投入し、手厚く押し返します。。

 

 

 

58手目△2七角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角、歩

△阿部七段: なし

 

6筋の攻防が穏便におさまると

羽生九段も手持ちの桂馬と銀を自陣に打ち込み

まずは守りの態勢を整えますが、上図で手番の

阿部七段が先手陣に角を投入したのをみて。。

 

 

 

59手目▲2六角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 歩

△阿部七段: なし

 

羽生九段も手持ちの角を

後手の角と背中合わせで2筋に投入。。

桂馬越しに後手玉を射抜きます。

 

この手に対し

阿部七段が玉を動かし(60手目△7二玉)

角のラインから外すと。。

 

 

 

61手目▲4四角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 桂、歩

△阿部七段: なし

 

羽生九段は、見切り良く

桂馬との交換で角切りを敢行しました。。

 

 

 

66手目△3九角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角、桂、歩

△阿部七段: なし

 

羽生九段はすぐさま飛車を2筋に移動させ

すぐさま後手の角を捕獲しますが(65手目▲2七飛)

ここで手番の阿部七段は好所に手持ちの角を投入し

負けじと機敏に切り返しました。。

 

 

 

67手目▲5九角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 桂、歩

△阿部七段: なし

 

手にしたばかりの角を惜しげもなく

自陣最下段へと投入し、金にヒモをつけつつ

後手の攻勢に備えますが。。

 

 

 

78手目△5七歩成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角、桂、歩2

△阿部七段: 歩2

 

阿部七段は構わずアクセルを全開に。。

金との交換で角を捌くと、手にした金を起点として

先手陣へと襲い掛かります。。

 

 

 

94手目△5七歩成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角、金2、銀、桂、歩5

△阿部七段: 飛、金

 

執拗に絡みつく後手の攻めを凌ぎながら

ギリギリで均衡を保つ羽生九段は、機をみて馬を作り

来るべきチャンスを待ちますが、しかし、阿部七段も

良く手が伸び、白熱にして緊迫の終盤戦へ。。

 

自玉に「詰めろ」がかかった上図から

次に、羽生九段は。。

 

 

 

95手目▲7三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角、金2、桂、歩5

△阿部七段: 飛、金

 

敵将の頭上にガッツンと銀を叩き込み、王手。。

この一手が先手の勝負手、盤上に稲妻が走ります。。

 

素直に△同玉と応じると

▲6五桂からいきなり詰み筋となる阿部七段は

△8三玉とかわして、最後の勝負に出ますが。。 

 

「羽生九段-阿部七段」の棋譜はこちら

 

 

【 投了図・119手目▲8四銀 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲羽生九段: 金、歩8

△阿部七段: 桂

 

自玉の「詰めろ」を解いた羽生九段は

鋭く、厳しく、後手玉を仕留め上げ、上図の局面で

阿部七段は万策尽き果て、無念の投了を告げました。。

 

27年ぶりの無冠転落からの再出発となった2019年

羽生九段は圧倒的な読みと切れ味で電撃の連勝を飾り

力強く、誰も想像すらできない未来をじっと見据えます。。

 

 

□□□

 

再出発は気持ちよく快勝。。

 

【速報版】A級/7回戦「羽生九段、電撃の勝利」

 

 

 

 

□□□

 

王将戦/第1局終局直後の感想

 

見慣れた豪腕、完全復活。。

 

 

 

 

開幕戦の舞台は静岡

 

頂上決戦、再び。。王将戦7番勝負開幕

 

 

 

 

□□□

 

名人相手に問答無用の圧勝。。

 

棋王戦挑戦者は広瀬八段に決定!

 

 

 

□□□

 

今泉四段、待望の戦術書第三弾!

 

11月21日発売!「自由自在! 中飛車の新常識 」

 

 

 

□□□
 

谷川浩司九段は「光速流」

では、実兄・俊昭氏のキャッチフレーズは。。

 

悪魔の一着、ここに極まれり

 

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス