第31期竜王戦7番勝負/第1局・一日目「最先端を慎重に。。羽生竜王が封じ手」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年10月11日

第31期竜王戦7番勝負/第1局・一日目「最先端を慎重に。。羽生竜王が封じ手」

テーマ:ブログ

第31期竜王戦中継サイト
中継ブログ

 

通算100期目のタイトル防衛を目指す羽生善治竜王に

優駿・広瀬章人八段が挑戦する、第31期竜王戦7番勝負。

 

大きな期待と注目が集まる将棋界の「冬の本場所」が

本日より、東京都渋谷区「セルリアンタワー能楽堂」にて

いよいよ運命の幕を開きました。。

 

 

 

竜王戦/第1局・柔らかいプレビュー

 

 

振り駒で決まる開幕戦の手番で

幸先良く先手を得たのは、羽生竜王でした。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△広瀬八段: なし

 

羽生竜王の初手は飛車先を突く▲2六歩から。

対します、広瀬八段も2手目に同じく飛車先を突く

△8四歩と返し、対局はスタートとなりました。。

 

 

 

6手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△広瀬八段: なし

 

続く3手目に、羽生竜王が角道を開くと

広瀬八段は2分の少考で飛車先を決め(4手目△8五歩)

羽生竜王に▲7七角(5手目)の受けを強要してから

自らの角道を開き、「角換わり」模様の出だしに。。

 

次に、羽生竜王が銀を6筋に上げ(7手目▲6八銀)

後手からの角交換、あるいは角交換拒否に備えると。。

 

 

 

8手目△3ニ金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△広瀬八段: なし

 

代えて△7七角成、あるいは

△4四歩と角道を止めて角交換を拒むのが主流の局面で

広瀬八段は△3ニ金と返し、先手に手番を渡しました。。

 

この手をみて、羽生竜王は想定の範囲内とばかりに

2分の少考で▲7八金(9手目)とし、再び手番を後手に渡すと。。

 

 

 

10手目△7七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△広瀬八段: 角

 

広瀬八段はこの局面で角交換を敢行。。

手損のない「ノーマル角換わり」となりました。。

 

 

 

17手目▲4七銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△広瀬八段: 角

 

角交換成立後

羽生竜王は銀を中央へと繰り出す動きをみせ

「ノーマル角換わり」の常套手段「腰掛銀」を目指します。

 

一方、先に居玉を解除し(16手目△4ニ玉)

銀の態度を保留する広瀬八段は、この手をみて。。

 

 

 

18手目△7四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△広瀬八段: 角

 

1分の少考で飛車のコビンを開き

「棒銀」、あるいは「早繰り銀」投入を示唆しますが。。

 

 

 

22手目△6三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△広瀬八段: 角

 

広瀬八段は銀を7筋ではなく、6筋に立て

先手と同じく「腰掛銀」模様で駒組みは進行します。。

 

 

 

27手目▲2九飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△広瀬八段: 角

 

番勝負の開幕戦らしく、双方慎重に駒組みは進行し

羽生竜王は飛車先を保留したまま、飛車を引き下げ

最新形である「▲6八玉+4八金+2九飛」型を完成。。

 

この手に対し、広瀬八段は飛車を引かずに

6筋の歩を突き、ジッと位を確保しました(28手目△6五歩)。。

 

 

 

32手目△9四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△広瀬八段: 角

 

次に両者は息を合わせて

両サイドの端歩を突き合い、間合いを計った

上図の局面で午前の対局は終了、お昼休憩に突入。。

 

【 お昼のメニュー 】

 

羽生竜王: チャバタサンドウィッチ

広瀬八段: ずわい蟹と茸のピラフ卵白仕上げ

 

 

 

34手目△3三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△広瀬八段: 角

 

午後の対局開始の一手で

羽生竜王が飛車先を決めると(33手目▲2五歩)

広瀬八段は2筋の「壁銀」を3筋へと繰り上げ

自陣を引き締めました。。

 

この手をみて、羽生竜王は。。

 

 

 

35手目▲5六銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△広瀬八段: 角

 

ノータイムで銀を5筋の戦場に繰り上げ

「腰掛銀」に形を決めました。。

 

駒組みの飽和点が近づく中、次に

広瀬八段が飛車を自陣最下段に引き下げると。。

(36手目△8一飛)

 

 

 

37手目▲6六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△広瀬八段: 角

 

羽生竜王は1分の少考で気息を整えてから

6筋の歩を突き合わせ、仕掛けを開始しました。。

 

広瀬八段は10分の考慮の後、△同歩(38手目)と応じて

以下、▲同銀~△5四銀~▲5八玉~△8六歩~▲同歩~

△同飛~▲8七歩~△8一飛に下図47手目▲7五歩と進行。。

 

 

 

47手目▲7五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角、歩

△広瀬八段: 角、歩2

 

6筋で歩交換を成立させた

羽生竜王は玉を5筋に戻して自陣にバランスを取ると

広瀬八段は8筋から突っかけ、飛車先の歩を切ります。。

 

しかし、8筋の攻防がおさまった直後に

羽生竜王が7筋の歩を突き出し、再度攻勢に転じると

広瀬八段の手が止まり、長考に入りました。。

 

 

 

48手目△8四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角、歩

△広瀬八段: 角、歩2

 

考えること、1時間37分にも及んだ大長考の末に

広瀬八段が飛車を浮かせて桂頭を受けた、上図の局面で

羽生竜王の考慮中に終了時刻(午後6時)を迎え、そのまま

次の手を封じて、一日目は終了となりました。。

 

竜王戦/第1局の棋譜中継はこちら

 

 

互いにしっかりと自陣の駒が組み上がり

戦端が切られたところで迎える、明日は決着の二日目。

まずは羽生竜王の「封じ手」から、目が離せません。。

 

 

 

□□□

 

開幕戦の舞台は、東京。

 

本日より、第31期竜王戦/第1局開幕

 

 

 

羽生竜王の10月分対局を更新。

 

羽生竜王今期成績一覧

 

 

 

□□□

 

王座戦/第3局終局直後の感想

 

味わいは端麗にして、濃厚。。

 

名勝負連発。。

 

王座戦/第3局「中村王座、熱き初勝利」

 

決戦の舞台は杜の都・仙台

 

王座戦/第3局開幕前夜

 

 

 

□□□

 

将棋界は新時代へ。。

 

堂々、豊島二冠誕生

 

王位戦/第7局・一日目の所感。。

 

大一番の関所。。いよいよ決着へ

 

決戦の舞台は首都・東京。

 

王位戦/第7局開幕前夜

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス