鬼神降臨。。第59期王位戦挑戦者決定リーグ・紅組/最終戦「羽生竜王、衝撃の逆転勝利」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年05月17日

鬼神降臨。。第59期王位戦挑戦者決定リーグ・紅組/最終戦「羽生竜王、衝撃の逆転勝利」

テーマ:ブログ

第59期王位戦中継サイト

挑戦者決定リーグ対戦表

 

 

 

本日、行なわれています

第59期王位戦挑戦者決定リーグ・紅白組の

最終戦/5回戦・一斉対局。

 

紅組の優勝争いに絡んだ注目の一戦

「羽生善治竜王-松尾歩八段」は、羽生竜王が先手。

その初手は角道を開く▲7六歩から。。

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△松尾八段: なし

 

対します、松尾八段は

2手目に同じく角道を開く△3四歩と返して

対局はスタートとなりました。。

 

 

 

6手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△松尾八段: なし

 

次に両者は息を合わせて飛車先を決め

いざ、「横歩取り」を目指す序盤の出だしに。。

 

 

 

14手目△8六飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩2

△松尾八段: 歩2

 

そのまま定跡手順の進行となり

互いに角頭を金で受け、飛車先で歩を交換して

迎えた上図から次に、羽生竜王は。。

 

 

 

15手目▲3四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩3

△松尾八段: 歩2

 

2筋の浮き飛車でお隣り3筋の歩をかすめとり

おなじみの手順で戦型は「横歩取り」に決定しました。

 

次に、松尾八段が3筋に回った先手の飛車先を

現代の主流である角で受けると(16手目△3三角)。。

 

 

 

18手目△5ニ玉。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩3

△松尾八段: 歩2

 

羽生竜王は玉を立て

「中住まい」に構えます(17手目▲5八玉)。。

すると、松尾八段も10分の考慮の末に先手に追随。

同じく玉を立て、「相中住まい」となりました。。

 

 

 

20手目△3六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩3

△松尾八段: 歩

 

飛車を浮かせたまま駒組みを進める

羽生竜王が3筋の歩を突くと(19手目▲3六歩)

松尾八段は返す刀で、がら空きの2筋を狙って

嫌らしく歩を垂らしました。。

 

羽生竜王が、この手に対し

銀を立てて受けた(21手目▲3八銀)

 

次の瞬間

 

 

 

22手目△8八角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩3

△松尾八段: 角、歩

 

松尾八段は1分の少考で角交換を敢行。

後手番ながらも積極的に模様を動かします。。

 

 

 

24手目△2七歩成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角、歩3

△松尾八段: 角、歩

 

角交換成立直後

松尾八段は事前に垂らした2筋の成り込み

先手の駒の連係を乱すと(25手目▲同銀)。。

 

 

 

26手目△5五角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角、歩4

△松尾八段: 歩

 

松尾八段は手にしたばかりの角を

天王山・5筋の位に投入し、攻勢を強めます。。

 

序盤は受ける展開となった羽生竜王は

20分の考慮の後、後手の浮き飛車目掛けて

銀を突き立て、さらなる攻めを呼び込みました。。

(27手目▲8七銀)

 

 

 

28手目△8七同飛成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角、歩4

△松尾八段: 銀、歩

 

ここで飛車を逃げては気勢が削がれるとばかりに

松尾八段は何と、1分の少考で飛車切りを敢行。。

強い踏み込みに盤上は一気にスパーク。。

 

羽生竜王の▲同金(29手目)をみて、以下

△9九角成~▲7七角~△8九馬に、下図33手目

▲1一角成と激しく進行。。

 

 

 

33手目▲1一角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 飛、香、歩4

△松尾八段: 銀、桂、香、歩

 

互いに角を敵陣に成り込み

早くも終盤戦模様に突入した、上図の局面で

午前の対局は終了、昼食休憩に突入します。。

 

【 昼食のオーダー 】

 

羽生竜王: かた焼きそば

松尾八段: 鶏せいろそば

 

 

 

34手目△6九銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 飛、香、歩4

△松尾八段: 桂、香、歩

 

午後の対局開始の一手で

松尾八段は羽生玉目掛けて銀を投入。。

早くも寄せの準備に取り掛かります。。

 

 

 

36手目△6七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 飛、銀、香、歩4

△松尾八段: 桂、香、歩2

 

羽生竜王の▲同玉(35手目)をみて

松尾八段は角をヒラリと敵将の頭上に翻し

華麗に王手・飛車取りの大技を掛けました。。

 

が、しかし

 

 

 

37手目▲5六香。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 飛、銀、歩4

△松尾八段: 桂、香、歩2

 

羽生竜王は飛車と後手の馬との間に

手持ちの香車を投入し、反撃の狼煙を上げました。。

 

 

 

47手目▲5三香成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 飛、角、銀、香、歩4

△松尾八段: 飛、金、桂、歩2

 

直後に飛車と角の交換が成立。。

もやは後戻りの出来ない一大決戦へ突入。。すると

羽生竜王が内に宿す、鬼神がここで目を覚まします。。

 

 

「羽生竜王-松尾八段」の棋譜中継はこちら

 

 

【 投了図・55手目▲8三角 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 飛、銀、歩4

△松尾八段: 飛、角、金、桂、香、歩2

 

後手に攻防のいとまさえ与えることなく

羽生竜王は有無を言わせずあっという間に敵将を封じ

上図の局面で、松尾八段を投了へと追い込みました。。

 

終局時刻は午後5時26分。

序盤の作戦が功を奏して、後手ペースかと思われた

終盤戦で、桁違いの大局観と勝負根性をみせつけた

羽生竜王が圧巻の勝利で最終戦を飾りました。

 

この結果、羽生竜王はまずプレーオフ以上が決定。

「木村一基九段-村山慈明七段」の結果いかんで

本日、紅組優勝が決まる可能性を残します。 

 

 

 

□□□

 

未完の大器が本領発揮。。

 

「西山奨励会三段、完勝でタイトルに王手」

 

 

 

マイナビ女子OP/第3局開幕前夜

 

 

□□□

 

名人戦は第3局まで進行中。。

 

羽生竜王が2勝目、番勝負を再びリード

 

名人戦/第3局時系列のまとめ

 

 

 

 第2局は佐藤名人が先手番で初勝利

 

名人戦/第2局時系列のまとめ

 

 

□□□

 

叡王戦/第3局は宮城県にて。。

 

「最終盤戦で千日手・指し直しに」

 


 

 

□□□

 

女流王位戦は波乱の幕開け。。

 

その頃、事件が札幌で。。

 

 

慶春onLINE

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス