将棋界の気になるつぶやき






2017年11月11日

「冬将軍」到来?!。。第76期A級順位戦/6回戦「渡辺竜王-行方八段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)
第76期A組順位戦対戦表

 

 

今回は昨日行なわれました

注目の第76期A級順位戦/6回戦

「渡辺明竜王-行方尚史八段」の模様を

振り返らせていただきます。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: なし

△渡辺竜王: なし

 

先手は行方八段。

その初手は角道を開く▲7六歩から。

対します、渡辺竜王は2手目に飛車先を突く

△8四歩と返し、対局はスタート。。

 

早々と居飛車を明示し

戦型の選択権を先手に委ねた後手に対して

生粋の居飛車党・行方八段の3手目は。。

 

 

 

3手目▲6八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: なし

△渡辺竜王: なし

 

行方八段は1分の少考で▲6八銀と返し

拘りの十八番「矢倉」での勝負を明示しました。。

 

 

 

14手目△7四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: なし

△渡辺竜王: なし

 

早めに飛車先を突き

「早囲い矢倉」を指向する行方八段に対し

渡辺竜王は7筋の歩を突き、急戦投入を示唆。。

先手の駒組みをけん制します。。

 

 

 

21手目▲7八金。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: なし

△渡辺竜王: なし

 

すると、行方八段は

飛車先を突き越してから、居玉のまま囲いを急ぎ

上図で「金矢倉」を完成。「早囲い」から方針を変えて

自陣を手堅く整備し後手の作戦を見極めます。。

 

手番の回った渡辺竜王は、上図から次に。。

 

 

 

22手目△6ニ飛。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: なし

△渡辺竜王: なし

 

飛車に手をかけ、6筋へと振り

対「矢倉」の代表的な後手の急戦策である

「右四間飛車」を投入しました。

 

 

後手の作戦が明らかとなったところで

行方八段は手を止め、9分間の考慮の後に。。

 

 

 

23手目▲2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: なし

△渡辺竜王: なし

 

飛車先2筋の歩を突き合わせ

居玉のまま、果敢に仕掛けを開始しました。。

 

 

 

29手目▲6九玉。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: 歩

△渡辺竜王: なし

 

飛車先の歩を切り、一歩を手にした

行方八段は飛車を元居た2八の地点に引き戻すと

渡辺竜王が玉を3筋へ深く寄せたのに呼応して

居玉を解除し、玉を6筋に寄せました。。

 

次に、渡辺竜王が銀を5筋に繰り出すと。。

(30手目△5四銀)

 

 

 

31手目▲7五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: 歩

△渡辺竜王: なし

 

行方八段は16分の考慮の後

7筋の歩を突き合わせ、後手の5四銀を咎めに出ます。。

 

この手をみて、渡辺竜王は。。

 

 

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: 歩

△渡辺竜王: なし

 

先手の主張をあっさり受け入れ

銀を元居た自陣6筋に引き戻しました。。

 

この局面で

午前の対局は終了、お昼休憩に突入。。

 

【 お昼のオーダー 】

 

行方八段: なし

渡辺竜王: 豚肉と野菜と春雨の中華風すき焼き

 

 

 

34手目△7四同銀。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: 歩2

△渡辺竜王: 歩

 

午後の対局開始の一手で

行方八段が7筋の歩を取り込むと(33手目▲7四歩)

渡辺竜王はこの一手となる△同銀で桂頭の歩を払います。。

 

 

 

35手目▲7五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: 歩

△渡辺竜王: 歩

 

次に、行方八段は

7筋にスイッチした銀の頭上を再び歩で叩きますが。。

 

上図から、以下

△6三銀~▲7九角~△8五桂~▲8八銀~△6五歩~

▲同歩~△5四銀~▲5七銀に下図44手目△6五銀と進行。。

 

 

 

44手目△6五銀。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: 歩2

△渡辺竜王: 歩2

 

渡辺竜王は先手が前に出た反動を利用して

桂馬と銀を位に張り出し、飛車・角のラインを重ねて

圧倒的な攻撃態勢を流れるように築きました。。

 

この局面で、行方八段は手を止め長考へ。。

1時間と2分、時間を費やし熟考に熟考を重ねてから

はっきりと争点となった6六の地点に歩を打ち込みますが。。

 

 

 

46手目△6六同銀。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: 歩

△渡辺竜王: 歩3

 

渡辺竜王はノータイムで、この歩を飲み込み

あっけらかんと、いざ開戦を告げました。。

 

 

 

52手目△3九銀。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: 角、歩

△渡辺竜王: 金、歩3

 

 

6筋で駒を捌いてから

渡辺竜王は銀を当てられた飛車を逃げずに

手持ちの銀を行方飛車の斜め後方に引っ掛け

一気呵成に終盤戦の扉を開くと。。

 

 

 

60手目△2九飛成。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: 角、銀、歩

△渡辺竜王: 金、桂、歩3

 

流れるような指し回しで

渡辺竜王は飛車の敵陣突破に成功し、王手。。

手番とともに形勢をガッチリと掴みます。。

 

 

 

71手目▲8六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: 角、銀、桂、歩2

△渡辺竜王: 金2、香、歩

 

積極的な仕掛けが裏目に出た格好の

行方八段は自玉の頭上に吊るされた8筋の桂馬を

捕獲にも手間取り、苦しい展開に。。

 

桂馬の頭上に突き出した歩が

下駄を預けたようにも見える、上図から次に。。

 

 

 

72手目△7七歩。

 

上図での持ち駒

 

▲行方八段: 角、銀、桂、歩2

△渡辺竜王: 金2、香

 

狙われた桂馬の利きに歩を投入。

行方玉の頭上を叩いて、勝負を決めに出ました。。

 

 

【 投了図・82手目△7六金 】

 

 

 

投了図での持ち駒

 

▲行方八段: 角、銀2、桂2、歩3

△渡辺竜王: 金、香

 

渡辺竜王の厳しい寄せの前に為すすべなく

行方八段は上図の局面をみて、無念の投了。。

 

終局時刻は午後5時44分。

圧巻の勝利を飾った渡辺竜王は順位戦3勝目(3敗)。

一方、敗れた行方八段は2勝4敗となりました。。

 

 

□□□

 

独走か、それとも。。

 

名人挑戦権争いは後半戦へ。。

 

 

 

 

□□□

 

秀英は絶好調

王将戦挑戦権獲得へも大きく前に。。

 

「豊島八段、全勝キープ」

 

 

 

□□□

 

年明けのタイトル挑戦権争いも大詰めへ。。

 

棋王戦/決勝に三浦九段

 

 

□□□

 

タイトル戦で三度、激突。。

 

第25期倉敷藤花戦3番勝負開幕。。

 

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。