全日本ロードレース最終戦 鈴鹿決勝レース 最高の結果です! | TONE RT SYNCEDGE 4413のブログ

TONE RT SYNCEDGE 4413のブログ

チームの情報発信中


テーマ:

更新が遅くなってしまいすみません!日付が変わってしまいましたが、昨日は全日本ロードレース選手権、決勝レースが行われました。

既にレース結果はチーム公式ツイッターでお知らせしていますが、

チームにとって最高の日となりましたキラキラ

チームを応援してくれていますスポンサー各社様とサポーターの皆さん、本当に1年間ありがとうございました!

まずはJ-GP2クラスレース結果からご報告します。

朝の走行時は雨、昼のピットウォーク直後に行われたレースは12周から10周に変更となりました。雨は止んでいるものの、WET宣言が出されレースはスタートしました。三原選手は上手くスタートを切り、周回毎に順位を上げ4周目に3位となります。その後も激しい攻防が続いてハラハラドキドキでしたがそのままチェッカー!!

目標としていた表彰台GETしましたクラッカー

表彰台での三原選手、本当に嬉しそう

記者会見での三原選手ダウン
スターティンググリッドでもリラックスした様子の三原選手ダウン
そしてJSB1000クラスの決勝レース1は10周のスプリントレース。
午前中の路面は完全なウェットで、星野選手は7列目後方からのスタートでしたが、1周目には13位までジャンプアップ~その後1つポジションを上げて12位でフィニッシュしました。これでも今のJSB1000クラスの状況を考えると凄い事なのに、決勝レース2では更なるドラマが生まれました!レース1スターティンググリッドダウン
シーズン最後のレースとなるJSB1000クラス決勝レース2、このレースも周回数が20周から18周に変更となりました。雨は止んでいましたが、まだ路面は濡れている部分が多い難しい状況、星野選手はインターミディタイヤを選択してレースに挑みました。
スタート後、周回ごとに順位を上げて6周目には8位とシングルポジションとなり、その後も更にペースアップ!14周目に6位となり、前を走るのはヤマハワークスの野左根選手、チームスタッフも声を上げての応援となりました。そして16周目に野左根選手を抜き去り5位に!思わず拍手です音譜ゴールまでの時間が長く感じられました。
星野選手にとっては今シーズン2回目の5位、でも今回の5位は価値のある5位で、表彰台に匹敵する結果だと思います。
本当に頑張りました!!
シリーズランキングはJ-GP2クラス三原壮紫選手は6位、
JSB1000クラス星野知也選手は12位となりました。
お昼に行われたピットウォークには沢山のファンの方が立ち寄ってくれました。皆様の応援がチームの原動力となったと思いますので、これからもTONE RT SYNCEDGE 4413 の応援を宜しくお願いします。

TONE80周年大感謝セール第3弾開催中!

TONE株式会社

SYNCEDGE4413さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス