TONE RT SYNCEDGE 4413のブログ

TONE RT SYNCEDGE 4413のブログ

チームの情報発信中

皆様、こんにちわ!新型コロナウィルスの勢いが止まらない状況となり先行きが不透明な状況ではありますが、
2021年の全日本ロードレース選手権シリーズ参戦体制が決まりましたのでお知らせします。
チーム名:TONE RT SYNCEDGE4413 BMW
参戦クラス:ST1000クラス
ライダー :星野 知也(ほしの ともや)
       渥美 心(あつみ こころ)
チーム監督:山下 祐(やました ゆう)

チーフメカニック:高村 嘉寿(たかむら よしひさ)

使用マシン: BMW S1000RR

 

昨シーズンは新型コロナウィルスの影響によりレーススケジュールが大きく変更となりレース数も4戦となった中で、新設されたST1000クラスに星野 知也選手が参戦し、初戦のSUGOでいきなり2位表彰台を獲得しました。そしてスポット参戦(もてぎ、オートポリス、鈴鹿)の渥美心選手も常に高いレベルでの走りを見せて大きなインパクトを残す事ができました。
2021年はBMWを知り尽くしたベテランライダー星野選手と、成長著しい渥美選手の2台体制で、ST1000クラスチャンピオン獲得を目標として全力で戦いますので、応援のほど宜しくお願いします!
併せて鈴鹿8時間耐久レースにも参戦し、スーパーストッククラス2連覇を目指します。(8耐の参戦体制は決定次第、お知らせします)
又、レースクィーンも「かすみん」こと塚田 果澄(つかだ かすみ)さんの続投が決まり、今年もレースを盛り上げてくれます。 
星野知也選手コメント
「2021年もTONE RT SYNCEDGE4413 BMWからST1000とEWC鈴鹿8時間耐久レースに参戦する事となり、チームやご協力頂きましたスポンサー様に感謝致します。

2020年はチャンピオンを目標に戦いましたが、コロナウィルスにより大幅なスケジュール変更、また自身も怪我に苦しめられるシーズンとなってしまいました。

2021年は渥美選手と2台体制になる事で、よりチーム力を活かし、チャンピオン獲得に向け頑張って参りますので応援宜しくお願い致します。まだコロナウィルスが収束していないのが心配ではありますが、レースが無事開催される事を祈る共に、応援して頂いている皆様とサーキットでお会い出来るのを楽しみしています!」

 

 
渥美 心選手コメント
「TONE RT SYNCEDGE4413 BMWとタッグを組んで4年目の今シーズンは、鈴鹿8耐SSTクラス参戦に加え、全日本ST1000クラスにフル参戦させていただきます。各レースで優勝、そして年間チャンピオンを目指して全力を尽くします。

コロナ禍で厳しい日々が続いておりますが、そのような中でもチーム、スポンサー様をはじめ多くの方のご協力のお陰で今年もレースを戦わせていただける事に大変感謝しております。

ライダーとしてできる事は元気を与えられる走りをする事です。

精一杯頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

皆さん、サーキットでお会いしましょう!」

 
 

山下 祐監督コメント
「数多くのスポンサー、サポーター、レースファンの皆様のおかげで2021年の特別なシーズンを迎えられる事を心より感謝申し上げます。今年は星野、渥美の最強コンビでST1000クラスのチャンピオンを目指してBMW S1000RRと共に全日本選手権を戦います。鈴鹿8耐においてもSSTクラス連覇を目指して挑戦します。

さらに、欧州参戦という目標に向けて体制の強化に取り組み、少数精鋭での効率的なチーム運営を目指して挑戦を続けてまいります。

コロナが世界中に影響を与える中、我々は自らのレース活動を継続することでこの活動にご協力いただいている皆様とともに発展、成長していければと考えています。

今シーズンの当チームの活動にぜひご注目ください!!」

 

高村 嘉寿チーフメカニックコメント
「世界中がコロナ禍の状況になっていますが、レースは続いています。チームとして、2021年はヨーロッパの世界耐久参戦という目標がありましたが、今の状況では難しいと判断しました。2022年のヨーロッパ参戦を目標に活動していきたいと思います。

自粛、自粛の風潮がありますが、できる事、やれる事を常に全力でやって行きたいといつも思っています。

全日本のST1000クラスに星野知也 渥美心の2台体制でフル参戦します。そして、鈴鹿8耐 SSTクラス優勝目指します

メカニックとしては、チームメンバーのメカニックのスキルアップもテーマに置き、出来るだけの活動とインパクトのあるレースを皆さんにお見せできたらと思います。BMW S1000RRのポテンシャルを引き出し戦います。星野にはベテランらしいクレバーな走りでチャンピオン争いを、渥美には若手らしく元気のある、インパクトのある走りを。

2人のライダーが交わった時に見せるワクワクするレース、2人がチャンピオン争い出来るように全力でチーム力を上げていきます。

情勢が厳しい世の中だからこそ、頑張って戦いたいと思います。

皆さん、現地で生の音や匂いや気迫を感じ取って下さい。

サーキットでお待ちしていますので、応援宜しくお願いいたします」

レースクィーン塚田 果澄コメント
「2021 TONE RT SYNCEDGE 4413 BMWレースクイーンを務めます、塚田果澄です。昨年に引き続き今年も大好きなチームに携わることができ、大変光栄に思います。

こんな時代ではありますが、チームの一員としてファンの皆さんに希望を与えられるよう頑張ります。応援よろしくお願いいたします!」

 

 

オートサロン2021TONEグッズ、工具福袋絶賛発売中!