「A列車で行こう」でハイボール&塩バニラアイス&うまい棒 | 車内販売でございます。

車内販売でございます。

車内販売を10年間で8000回を利用してきた「車内販売大好きな乗客」が書くブログです。 各地の観光列車に乗り鉄しています。

今回は「A列車で行こう」に乗った話。 

 「A列車で行こう」は、JR九州の観光列車です。

熊本と三角(みすみ)の間を走る2両編成の観光列車です。

熊本県の天草に行くには、三角まで列車で行って乗り換えます。

 

【1】黒い車体

車体の色は、黒を基調にしていてカッコイイです。

ロゴのマークが好きです。

私は「A列車で行こう」に乗るのは、今回で3回目(3往復なので6本)になります。

久しぶりの乗車です。

 

【2】座席

車内は、基本的にリクライニングシートの指定席です。

座席の柄は、何種類かあります。

テーブルもあり、車内販売の飲み物を置けます。

 

中には、テーブルがついたボックス席もあります。

子供用の席も、3席あります。

ここの指定席は、買えないようですね。

 

【3】キレイな車内

販売カウンターの近くは、特にキレイです。

水戸岡車両だけあって、独特の格天井です。

「16世紀の天草に伝わった南蛮文化」がテーマの観光列車だけあって、西洋風の装飾がなされています。

ソファーでひと休みしたくなりますね。

水戸岡車両の定番になっている地元の品が並んでいます。

これは、隠れキリシタンかな?

「A列車で行こう」のグッズもあります。

非売品かな?

 

販売カウンターは、こんな感じです↓。

(↑この写真だけは2014年2月撮影)

 

【4】車内販売

JR九州の観光列車には、車内販売があります。

おススメ品と言えるのが、ハイボールです。

3種類のハイボールが車内で作られます。

私は、チョコとのセットを頼みました。

ハイボールはあまり飲まないのですが、この列車の名物ハイボールを飲むべきでしょう。

往復しましたから、帰りにも車内販売を利用しました。

天草の地アイスなら、食べるしかありません。

「塩バニラアイス」310円は、塩がきいている不思議なアイスです。

「まるごとぎゅーっとゼリー」360円は、ぷにゅぶにゅして柔らかい食感です。

 

メニューは、こちらです。↓

販売カウンターの上には、グッズが並んでいました。

やはり、列車のグッズはカッコイイなら買おうという人もいますから、目につくのが大切ですね。

塩キャラメルまでは手を出せませんでした。

 

 

【5】サービス品

4月上旬の乗車でしたが、無料サービスの品もありました。

1つは「うまい棒」です。

九州新幹線が全線開業して10周年を記念した品で、1人1本無料でした。

袋を開くと、中にエビマヨネーズ味が入っていました。
ちなみに「あそぼーい」は牛タン塩味でした。

特注で単価2倍の20円としても、1万本で20万円ですから、費用の割には効果あると感じます。

 
もう1つは、飴です。
やはり、800系新幹線は、JR九州の色彩が強くて良いですね。

帰りの熊本行きで、車内販売で塩アイス等を買って、食べながら乗っていました。

すると、アテンダントさんが飴を配りに車内を回ってきました。

その際、私が持っているお手振り用の「手」が、半分カバンからはみ出ていました。

すると「マツコの知らない世界」で見た車内販売マニアだと気付かれてしまいました。

カウンターで販売していた際も、「どこかで見覚えが・・・」と感じたそうですが、感激です。

4月初めの九州乗り鉄3日間では、「36プラス3」で2人のアテンダントさんに覚えられ、「ゆふいんの森」でも声かけられました。

すごい記憶力とサービス精神だと思います。

 

【追加】

沿線の景色も美しいです。

↑この日は曇りであまり写真うつりは良くありませんでした。

↓2014年の乗車では、晴れて海が美しかったです。