自灯明寺

自灯明寺

釈 正輪 オフィシャルブログ


【愚かさを知ることの大切さ】  

 世の中、賢い人が実に多くなりました。
誰もが皆、自分は賢いと思って、自分の意見を貫こうとします。
しかし、本当に賢い人は、いつも素直で、そして謙虚な振る舞いをするのです。
今回は、お釈迦さまの、愚かな弟子の一人をご紹介いたしましょう。

               合掌

 釈迦の十大弟子の一人、シュリハンドクは、自分の名前も覚えられぬ生来の知恵遅れでした。
さすがの兄も愛想を尽かし追い出しました。
門の外で泣いているシュリハンドクに

「なぜ、そんなに悲しむのか」

お釈迦様は親切にお尋ねになりました。
正直に一切を告白し

「どうして私はこんなにバカに生まれたのでしょうか」

さめざめとシュリハンドクは泣きました。

「悲しむ必要は無い。お前は自分の愚かさを知っている。世の中には、賢いと思っている愚かなものが多いのだ。愚かさを知る事は最も悟りに近いのだよ」

釈迦は優しく慰められて、一本の箒と

『塵を払わん。垢を除かん』の言葉を授けられました。

シュリハンドクは、清掃しながら、与えられた聖語を必死に覚えようとします。

『塵を払わん』を覚えると、『垢を除かん』を忘れ、『垢を除かん』を覚えると、『塵を払わん』を忘れる。

 しかし彼は、それを二十年間続けました。その間、一度だけ、お釈迦様から褒められたことがありました。

「お前は何年掃除しても上達しないが、上達しないことにくさらず、よく同じことを続ける。上達することも大切だが、根気よく同じことを続けることはもっと大事なのだ。これは他の弟子には見られぬ殊勝なことだ」

 釈迦は彼のひたむきな精進を評価されたのでした。
やがて彼は、塵や埃はあると思っているところばかりにあるのではなく、こんなところにあるものか、と思っているところに、意外にあるものだということを知ったのです。

 そして「俺は、愚かだと思っていたが、俺の気づかないところに、どれだけ俺の愚かなところがあるかわかったものではない」と驚いたのでした。

 ついにシュリハンドクに、阿羅漢(あらかん・仏教の修行の最高段階。またその段階に達した人)の悟りが開けたのでした。

 良き師、良き法に出会い、良く長期の努力精進に耐えた結実にほかなりません。

            釈 正輪 拜





ちょうちょ講話会

どなたでもご参加いただけます。
お気軽にお越しください。

◯3月4日(月)19時より
 東京都中央区 新富区民館
◯3月15日(金)12時より(ランチ講話会)
 横浜市青葉区あざみ野 
◯3月22日(金)19時より
 大阪市住之江区 フラミンゴカフェ
◯3月23日(土)10時より
 兵庫県宝塚市 戸島雅美様サロン
◯3月24日(土)13時より
 大阪市 鶴見区民センター
◯3月24日(日)18時より
 京都市上京区 

ふんわり風船星武道礼法 体験してみませんか?
◯3月7日(木)12時から
 横浜市青葉区青葉台

是非お問い合わせ下さい


クローバー記載責任者

シャムロッククリエイティブ株式会社

釈正輪 秘書 赤荻由那

http://www.shamrock-creative.com

info@shamrock-creative.com


【『徒然草』より生きるとはII  】

 今回も前回に引き続き、吉田兼好の徒然草より、人生の意義について考えてみましょう。
人間とは、実に自分勝手な生き物だということが分かります。他の生き物のように、本能的、機能的に勝手に生きるならばまだよいのですが、人間は脳が発達している分、厄介な屁理屈を言う生き物です。これが物事をややこしくしているのです。

               合掌
 
  第百五十五段

 決意した事はなぜ、すぐに実行すべきなのか

【意訳】

 周囲と調和して生きるには、何事を行うにも、ふさわしい時機(タイミング)を選ばなければなりません。その順序を誤って無理に実行すると、周りの人の耳を驚かせ反感を買って、物事が成就しなくなります。
 しかし、病気になること、死ぬ事は時機を選ぶ事はできません。「今は都合が悪いから、少し待ってくれ」と言っても駄目なのです。

 だから、人生において必ず成し遂げようと決意した事は、時機の善し悪しなどは問題にしておれません。すぐに実行すべきです。世間の習わしや周囲の事情を考えて足踏みしたり、中止したりしてはならないのです。

 なぜ、そこまでしなければならないのか、季節の変化と人生を比較して、もう少し掘り下げてみましょう。

 春が終わってから夏になり、夏が終わってから秋が来るのではありません。春は春のままで夏の気配を誘い出し、夏のうちから秋は既に入り込んでいます。そして秋の冷たさは、そのまま冬の寒さとなっていきます。
 晩秋になれば木の葉が落ちます。これも単に古い葉が落ちて、その後で次の葉が芽生えるのではありません。木の内部に、新たに生まれようとする力が湧き起こり、その勢いに押されて、古い葉が落ちるのです。
 このように、変化を受け入れる用意が同時になされているので、季節の移り変わりはとても速いのです。
 しかし、人間の生老病死の変化は、四季の変化よりもずっと速いと知るべきでしょう。

 自然界には、春の次に、夏、夏の次に、秋、秋の次に冬という決まった順序がありますから、やがてくる暑さや、寒さへの備えをすることができます。
 ところが、人間界の「死」は、順番を守れません。しかも「死」は、人間の予想通りに、必ず前から来るとは限らないのです。
 人は誰でも、「自分もいつかは死ぬ」と頭でわかっていながら、「そんなに急に死ぬはずがない」と信じます。ところが、そんな淡い期待は簡単に裏切られ、ある日、突然死に直面するのです。

 遠浅の海岸には潮が引くと、沖の方までずっと続く干潟が現れます。「死」とは、そんなところで、「岸まで潮が満ちるには時間がかかるだろう」と安心して遊んでいると、いつの間にか磯から潮が差してきて、あっという間に一面、海水に覆われるようなものなのです。

  第二百四十一段

 人生の最期に悔いを残さないために

【意訳】

 満月の丸さはいつまでも続くものではありません。
同様に、私たちの体も病気が重くなると、刻々と悪化して死へ近づいていきます。
 
 元気な時は、世の中のすべてのものは、いつまでも変わらないと思い込んでいます。自分はいつまでも平穏に暮らせると信じ込んでいます。だからまず、自分のやりたいことを成し遂げた後で、心静かに、仏教を聞き求めようと考えているのです。
 しかし、突然病気になって、死の入り口に立たされると、自分の人生に何一つ満足していなかったことが浮き彫りになり、嘆かざるを得ません。

 今更、何を言っても始まらず、ただ長い年月の間怠っていたことを後悔するしかないのです。そして今度もし、病気が治って命を取り留めたら、心を入れ替えようと誓いを立てるのですが、たちまち症状が重くなって死んでしまうのです。

 この事実を至急、皆さんの心に留めておいてもらいたいのです。
 何かを成し遂げて、暇ができたら仏教を聞こうというのでは、いつまでたっても聞くことができません。

 幻のような一生の中で、何を成し遂げたら幸せになれるのか、よくよく考えてもらいたいのです。

        釈 正輪 拜





ちょうちょ講話会

どなたでもご参加いただけます。
お気軽にお越しください。

◯3月4日(月)19時より
 東京都中央区 新富区民館
◯3月15日(金)12時より(ランチ講話会)
 横浜市青葉区あざみ野 
◯3月22日(金)19時より
 大阪市住之江区 フラミンゴカフェ
◯3月23日(土)10時より
 兵庫県宝塚市 戸島雅美様サロン
◯3月24日(土)13時より
 大阪市 鶴見区民センター
◯3月24日(日)18時より
 京都市上京区 

ふんわり風船星武道礼法 体験してみませんか?
◯3月7日(木)12時から
 横浜市青葉区青葉台

是非お問い合わせ下さい


クローバー記載責任者

シャムロッククリエイティブ株式会社

釈正輪 秘書 赤荻由那

http://www.shamrock-creative.com

info@shamrock-creative.com



【『徒然草』より生きるとは】

 NHK大河ドラマの影響もあり、今年は俄かに古典ブームが始まりつつあります。
そこで今回は、吉田兼好の『徒然草』から、「人生とは何ぞや」について考えてみましょう。

 古典『徒然草』は、約七百年前に吉田兼好が書いたエピソードです。
四季の移り変わりや笑える話など、人々の心を惹きつける内容が多く、江戸時代にはベストセラーになるほどでした。
しかし、実はそんな『徒然草』には、難題が記されているのをご存知でしょうか。
兼好法師が意図するのは「人が生きるとはいったい何か」という問いかけです。
『徒然草』は現代の人間社会にもそのまま通じます。
今回は二回(二週)に分けてご説明いたしましょう。

               合掌

  第三十八段

 財産や名誉が増えると、人は幸せになれると思いますか

 【意訳】

 名誉と利益を求める心に振り回され、心が休まる時もなく、一生涯苦しみ続けるのは実に愚かなことです。
財産が多いと幸福になれるのでしょうか。
実際はその反対で、余計に苦しみが増えていきます。なぜなら、財産は盗難等の災いを招き、面倒な争いを引き起こす原因となるからです。
たとえ自分の死後に、北斗七星に届くくらいの黄金を残しても、子孫は決して幸せになれないでしょう。では、名誉を手にすれば幸福になれるのでしょうか。

 名誉を求める心は、人から「よく思われたい」「褒められたい」という気持ちです。ところが、褒めてくれた人も、それを聞いた人も、それほど長くこの世に残っていません。

 悪口を言われたら「悔しい」「恥ずかしい」と思いますが、言った人もそれを聞いた人もすぐに死んでいきますから、気にしなくていいのです。

 自分が褒められると、自慢したい気持ちが出てきます。もっと多くの人に、自分の値打ちを認めてほしいと思います。しかし、すぐに死んでいく人に褒められたとしても、ほんのちょっとの間のことですから、たいした事ではありません。
それよりも、褒められたことが原因となって、周囲から悪口を言われたり、妬まれたりすることがありますので、よくよく気をつけなければなりません。

  第七十四段

 あなたの願いや目的は、本当に叶うのでしょうか

 【意訳】

 人は何のために生きているのでしょうか。
都会の街角に立って考えてみました。
多くの人が、あのように集まって、東へ西へと急ぎ、南へ北へと走って行きます。身分の高い人、低い人、老人や若者、今から出かける人、家に帰る人…。
このように、毎日、朝から晩まで頑張っている目的は何なのでしょうか?
それは、「少しでも長生きしたい」「もっとお金を儲けたい」という心以外にありません。

 では、その願いは叶うのでしょうか。
いいえ、とても叶いません。
なぜならば、私たちの未来に確実に待ち受けているものは、「老い」と「死」、この二つだけなのです。しかも、その到来は実に速く、一瞬たりとも歩みを止めません。これこそ一大事です。こんな一大事を抱えたまま、何を楽しむことができるのでしょうか。それなのに死が迫っていることが眼中にない人があります。名誉や利益に溺れて心が麻痺してしまっているからでしょう。

  第五十九段

 老・病・死を超えて幸せになるには

 【意訳】

 一大事を解決して、老・病・死を超えて幸せになりたい人、浄土往生を願う人は、すべてのことに優先して、仏教を聞き始めるべきです。

「今はやりたいことがあるから、もうちょっと後で」
「まだまだ死ぬとは思えない。そう、慌てる事はなかろう」
などと思っているうちに、日常生活でやるべきことがどんどん増えていくのです。そうやって後回しにしていると、いつまでたっても、仏教を聞くことはできません。

 世間の人を見ていると、「いつかは、いつかは」と思っているうちに、一生が過ぎてしまう人がほとんどです。

 一度足を止めてよく考えてみてください。
例えば、隣の家から突然火が出たらどうしますか。
火に向かって「ちょっと待ってくれ」と言っても無駄なので、恥も外見もなく、必死で逃げるでしょう。どんなに大切な金も財産も、命には変えられないので、置き去りにして逃げるしかないのです。

 同じように、死も待ってはくれません。死は、洪水や猛火が凄まじい勢いで攻めてくるよりも速く、私たちを襲ってきます。
「年老いた親の世話があるから」「幼い子どもがいるから」「大事な仕事があるからもうしばらく待ってくれ」と泣いて訴えても、死は一切聞いてくれません。
情け容赦なく、全てから切り捨てられ、独りぼっちで、死出の山路を行かなければならないのです。
  
        釈 正輪 拜





ちょうちょ講話会

どなたでもご参加いただけます。
お気軽にお越しください。

◯2月17日(土)10時より
 兵庫県宝塚市 戸島雅美様サロン
◯2月17日(土)19時より
 大阪市住之江区 フラミンゴカフェ
◯2月18日(日)13時半より
 大阪市 鶴見区民センター
◯2月18日(日)18時より
 京都市上京区 南進一郎様アトリエ



クローバー記載責任者

シャムロッククリエイティブ株式会社

釈正輪 秘書 赤荻由那

http://www.shamrock-creative.com

info@shamrock-creative.com





 


【豊かってなに?】

 「生きる」ことを、大海を漂う丸太を求めて泳ぐことに例えるなら、私たちが目指している浮遊物の代表は、「お金」ではないでしょうか。

 先進国では、子育てに多額の出資をする傾向があります。小さい頃から良い教育を受けさせることが、将来高い地位に就いて、経済的に豊かになることにつながり、それこそが子どもの「幸せ」だと考えての投資でしょう。

 では、本当にお金が増えれば幸福感も増えるのでしょうか。日本のGDP(国内総生産)は、1918年を基準とすると、それからの五十年間で実に六倍に増えました。
ところが、驚くべきことに、その間の生活満足度は、ほとんど変わっていないのです。

 物質的に豊かになっても、幸福感が増えない現象は世界中で確認されていて、発見者にちなんで「イースターリンのパラドックス」と呼ばれています。世界各国のGDPと幸福感の関係を調べると、貧困国ではGDPが増えるのにつれて幸福感も増加しますが、ある程度の経済水準に達すると頭打ちになり、GDPが上昇しても、幸福感には影響しなくなってしまうのです。

 ここから、生きていくのに必要なお金さえないのは不幸ですが、必要以上に金銭があったところで、幸福にはなれないということがわかります。

 なぜ経済的に豊かになっても、幸福感は増えないのでしょうか。その原因を探求することによって、私たちが求めている幸福の本性が明らかになります。
欲しいものを手に入れても、「やった」という一時の達成感があるだけで、すぐ色あせてしまう最大の理由は、「慣れ」です。荒波に揉まれ苦しんでいた人が、やっとのことで丸太に泳ぎつけば、「やれやれ」と思うでしょう。しかし、すぐにそれが当たり前になって、もっと大きな丸太が欲しくなります。

 人間の脳は、望んでいたものを獲得してもすぐ飽きてしまうのです。そして、もっと良さそうに見える別のものを追いかけ始めます。これが、「快楽順応」と呼ばれる現象です。最初は新鮮だった快楽も、すぐ慣れて何も感じなくなります。すると今度は、もっと快い刺激が与えられないと反応しなくなってしまうのです。

 どんなに豪華な生活をしていても、時間が経つと、それが当たり前になり、喜べなくなります。人間の欲には限界がないからです。

 スピルバーグ監督の映画『ジュラシック・パーク』(1993年)では、CGの恐竜がまるで生きているように動いて観客を驚かせました。これを可能にしたのが、シリコングラフィックス社が開発した、映像処理コンピューターです。このコンピューターが、その後も映画館で広く使われ、今や映画にCGは不可欠となりました。
そのシリコングラフィックス社を設立し、世界有数の金持ちになったのが、企業家ジム・クラークです。クラークは会社を作る前は、スタンフォード大学の準教授でした。準教授の時は、「もしも一億ドルを手に入れたら、生涯満足して暮らせるだろう」と友人に語っていたそうです。ところが、大学を辞めてビジネスで大成功し、この目標に手が届いてしまうと、今度は十億ドルに目標を変更しました。数十億ドルを手にした後も、クラークの働く熱意は衰えませんでした。一億ドルを手に入れてもまだ足りない。十億ドルでもまだまだ。世界一になっても、欲望は飽くことを知らないでしょう。

 心理学者のマイケル・ノートンは順位資産が百万ドルを超える二万人以上を対象に、「100%幸せになるためにいくら必要か」と尋ねました。ほぼ全員が、今の二倍か三倍は必要だと答えたそうです。お金という丸太は、どんなに大きなものを手に入れても、「この倍は欲しい」と、果てしなく求め続けなければなりません。

 2015年のクレディ・スイス銀行のレポートによって、世界人口の1%にあたる富裕層が、世界の富の50%を独占していることがわかりました。貧富の格差は広がる一方です。

 一億円の資産を、5%の利回りで運用すれば、年間五百万円の利益があります。十億円なら五千万円。その利益を全て投資に回せば、十四年ほどで資産は倍になります。一生の間に使い切れないほどのお金を所有しても、なお上を目指すのが人間です。丸太を追いかけるゲームに、満足というゴールはありません。

 人生の目的を知り、達成してこそ、一日一日が、「人間に生まれて良かった」という大満足に輝くのです。
 
                 合掌

 災禍で苦しむ人々を垣間見て、つくづく思うのは、平素の何気ない生活は決して当たり前ではないということです。当たり前だと思い込んでいた生活は、一瞬にして崩れる去る脆い砂上の楼閣なのです。日々の当たり前の生活は奇跡の連続なのです。それなのに人間は、あれが嫌だこれが嫌だ。あれも欲しいこれも欲しいと、不平不満の連呼です。しかしその奇跡は一瞬にして終わるのです。すべての財産はおろか、大切な命さえ一瞬にして無くなるのです。

 「何故人は生きなければならないのですか?」と聞かれます。
わたしはこのように答えます。
「生かされているから生きる。命があるだけでこの世は丸儲け」だと。

            釈 正輪 拜




ちょうちょ講話会

どなたでもご参加できます。
お気軽にお越しください。

◯2月8日(木)19時より
 東京都中央区 新富区民館
◯2月17日(土)10時より
 兵庫県宝塚市 戸島雅美様サロン
◯2月17日(土)19時より
 大阪市住之江区 フラミンゴカフェ
◯2月18日(日)13時半より
 大阪市 鶴見区民センター
◯2月18日(日)18時より
 京都市上京区 南進一郎様アトリエ

ちょうちょツアーのお知らせ

2月12日(月・祝)筑波山一日ツアー
 (詳しくはブログご参照下さい)


クローバー記載責任者

シャムロッククリエイティブ株式会社

釈正輪 秘書 赤荻由那

http://www.shamrock-creative.com

info@shamrock-creative.com



【智慧(修養)】

 第六の「智慧」は、大宇宙の真理である、因果の道理を明らかに知り、正しく考え、正しく行動することをいいます。真理を知る正しい智慧を得て、身を正す「修養」です。

最上の真理を見ないで百年生きるよりも、最上の真理を見て一日を生きることのほうが優れている

    (『ダンマパダ』)

真実は、実に諸々の飲料のうちの最も甘味なものである。
明らかな智慧によって生きる人は、生きている人々のうちで最も優れた人であると言われる

 (『ウダーナヴァルガ』)

 私たちは智慧がないために、どれだけ愚かな失敗を繰り返しているかわかりません。智慧という「無形の財産」が、いかに大きな幸せをもたらすか、仏陀は『阿育王譬喩経(あいくおうひゆきょう)』に、このような例えで教えています。

 昔、ある賢明な国王が、一層良い政治を行いたいと考え家来に命じました。
「隣の国に行き、わが国にはない物で、何か国民のためになる物があれば買ってくるのだ。値段の事は考えなくて良い。それで皆を幸福にしたいと思う」

 家来は言いつけ通り、隣国をくまなく探しましたが珍しいものは何も見つかりませんでした。やむなく帰ろうとした時、立派な構えの店が目に入りました。

見ると、老翁が座っているだけで、何も商品は並んでいません。ここなら変わったものがあるに違いないと思い、何を売っているのか尋ねると、老人は答えました。
「こちらでは、形のない品物、智慧を売っておりまする」
「それは珍しい。わが国には無いものだ。その智慧とやらは一体いくらか」
「少々高うございますが、五百両頂ければすぐお渡ししましょう」

 金の心配は無用と言われていたので、支払うと、老人は「それではお渡し致します」と言って、こんな言葉を口にしました。
「物事は落ち着いて考え、道理を見極めよ。決してすぐ腹を立てぬように」

 老人は、「今は要らなくても、必ず役立つ時が来ましょう」と付け加えましたが、家来は内心がっかりしました。
「少し高すぎた」と思ったものの、今更取り消すこともできません。この言葉を忘れないよう、頭の中で繰り返しながら帰途に着きました。

 数日経った夜、やっと我が家にたどり着くと、疲れて帰ったにもかかわらず、妻は顔を見せません。玄関には見慣れぬ下駄が一足あります。途端に怒りの炎が燃え上がりました。
「さては、長旅をいいことに、男を連れ込んだな!」
髪を逆立て奥の部屋へ駆け込もうとした時、翁の言葉が思い出されました。
「いや待てよ。五百両の智慧は、いつか必ず役立つといわれていたが、こんな時のことではないか」
直ぐに腹を立ててはならない、落ち着いて考えよ。頭を冷やして、寝室の窓を開けると、妻は夫の留守中に病気になり、やむなく里から母親が看病に来てくれていたのでした。男は突然、家の外に飛び出し大声で叫びました。
「あー、これは安い、これは安い!」

 不審に思った母親が尋ねると、男は智慧を買った経緯を話しました。
「もし私が、五百両であの智慧を買っていなかったら、今頃は、母上も妻も生きてはいなかったでしょう。千万両出しても買えない二人の命が、僅か五百両で助かったのです。これほど安いことはありません」

 これは、一句の智慧が、千金に勝ることを例えたものです。私たちが直ぐ腹を立てず、落ち着いて因果の道理を思い出したら、社会の不幸はどれだけ防げるか分かりません。
正しい智慧から、正しい行いが生まれるのです。

 六波羅蜜は、どれか一つを実行すれば、残りの五つも修めたことになるといわれています。
だから「これなら自分にもできそうだ」と思う、一番行いやすい善を実行しなさいと仏陀は勧めているのです。

 「六波羅蜜」をまとめると、人に親切で言行一致に努め、忍耐強く努力家で、反省を怠らない人に落伍者はありません。
反対に欲深くして施しを知らず、約束を破ってはすぐ怒り散らし、楽に溺れて開き直っている者は、成功するためしは無いということです。

           合掌

心はふるい立ち、思いつつましく、行は清く気をつけて行動し、自らを制し、法に従って生き、努め励む人は名声が高まる。

    (『ダンマパダ』)

身に適した相応しいことを為し、重い荷に堪え努力する人は財産を得る。
真実を守ることによって、善い評価を得、物を与えるならば友好を結ぶ。

(『サンユッタ・ニカーヤ』)

このように仏陀が善を勧めたのは、私たちに実行させるためです。

善く説かれた言葉でも、それを実行しない人には実りがない。(中略)実行する人には実りがある。

    (『ダンマパダ』)

善を実行する人には、必ず幸せの花が咲きます。仏陀が生涯をかけて教え勧めたことです。


              釈 正輪 拜




ちょうちょ講話会

◯2月6日(火)12時より
 横浜市青葉区あざみ野
◯2月8日(木)19時より
 東京都中央区 新富区民館
◯2月17日(土)10時より
 兵庫県宝塚市 戸島雅美様サロン
◯2月17日(土)19時より
 大阪市住之江区 フラミンゴカフェ
◯2月18日(日)13時半より
 大阪市 鶴見区民センター
◯2月18日(日)18時より
 京都市上京区 南進一郎様アトリエ

ちょうちょツアーのお知らせ
2月4日(日)浅草散歩とお話会
2月12日(月・祝)筑波山一日ツアー
 (詳しくはブログご参照下さい)

クローバー記載責任者

シャムロッククリエイティブ株式会社

釈正輪 秘書 赤荻由那

http://www.shamrock-creative.com

info@shamrock-creative.com