レザーアイテムの雰囲気を左右する◯◯◯について | SWL leather&silver's BLOG

SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみ たしまいづみ です。


世の中にたくさん存在する革製品。
その革製品の個性を特徴づけているものって何でしょう?

革の種類や色や質感、形や組み合わせなどのデザイン、
型押しやボタンなどの装飾、、、

レザーアイテムの個性となっている要素はたくさんありますが、
その中の一つに「縫い目」というのもあると思います。

縫い糸の質感や色や太さ、縫い穴の間隔など、
レザーブランドによって、縫い目には様々な個性があります。

実はその縫い目の表情が、レザーアイテム全体の雰囲気を左右している
要素の一つだと思うんです。

SWLの縫い目はこんな感じです。



SWLでは、一穴ずつ開けた縫い穴に糸を通して縫合する
「手縫い」で仕立てています。

「手縫い」で仕立てているレザーブランドでも、縫い糸のチョイスは様々です。
麻糸や、ポリエステル・ナイロン糸などがありますが、

SWLで使っている糸は「シニュー」というこちらの糸です。



シニュー「sinew」とは、腱(けん)という意味です。

昔、革を縫うのに使われていた動物の腱(けん)を化繊で再現したもので、
髪の毛よりも細い糸の集合で成り立っています。
これを割き、太さを調整して使うんです。

割くのに手間がかかったり、縫い目が整いにくかったりと、
決して扱いやすい糸ではないのですが、

丈夫さはもちろん、シニューの縫い目のもつ独特の雰囲気に惚れ込み、
SWLでは、ずっとシニューで縫い続けてきました。



こちらは、昨日ご紹介したI氏のオーダーウォレットを仕立てているところ。

▲縫い目が見えにくい、内部パーツを縫合する時も、

▼ウォレットの顔とも言える、一番表の革を縫合する時も、

一穴ずつ開けた縫い穴に、シニューを通し縫い合わせます。



動物の腱を再現したシニューを手縫いで縫ったその縫い目には、
ネイティブな雰囲気というか、ワイルドでタフな雰囲気があり、
その縫い目が、レザーアイテム全体に独特の雰囲気を与えてます。

シンプルなウォレットも、上品になり過ぎないタフな雰囲気を感じます。
また量産品にはない、手仕事の力強さも感じてもらえると思います。



一度、お使いの革製品の縫い目にも注目してみてください。
そこにレザーブランドの個性が表れていて、比べてみると面白いかもしれません。

SWLでは、手縫いだけでなく、手染め・手彫りなど
手仕事にこだわってレザーアイテムを製作しています。

その製作手法についてまとめたページがありますので、
興味のある方はこちらからご覧ください▼▼▼
☛☛ about SWL
http://www.swl-web.com/pg257.html



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レザーアイテムについての詳細・お問合せ・ご注文は、
SWLホームページをご覧ください。こちらをクリック▼▼▼

SWL leather & silverさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント