手縫いの魅力を感じてほしい | SWL leather&silver's BLOG

SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


今日は工房をのぞいてみたいと思います。

突然ですが、こちらは何を製作しているところか分かりますか?



この大きさで2種類の革を組み合わせている、といえば、、、

そうです!トートバッグの製作過程の写真です。

本体の革「エルバマット」と、底の革「Sベンズレザー」を縫合しているところです。



先に「Sベンズレザー」を染めて、底とハンドルをつくり、
コバ(革の裁断面)も仕上げておきます。

そして各パーツに縫い穴を開けるのですが、トートバッグくらいの大きさになると、
この穴を開ける作業も一苦労、、(⌒-⌒; )

その後、各パーツを縫い合わせていくのですが、ミシンなどの機械を使わない、
このアナログな縫合方法を「手縫い」と呼んでいます。

底と本体が縫い合わさったら、次は本体にハンドルを縫い付けていきます。



縫い糸のシニューは断面が正確な円ではないため、キレイな縫い目にするのが難しいんですよね。

だから一針縫う度に、縫い目の状態を確認しながら、縫い進めていきます。



ハンドルを縫い合わせた後は、マチをひたすら縫い合わせていき、

マチを縫い終わったらバッグをひっくり返し、最後に口を縫合という、

とにかく縫って、縫って、縫いまくる、手縫い地獄が続きます。笑



こうして平面だった革のパーツが縫合され、立体的なバッグになりました。



「手縫い」による縫合は丈夫なのはもちろん、

その縫い目がかもしだす、手縫いならではの雰囲気も魅力だと感じています。

力強く温かみがあり、量産品とは違った雰囲気を感じていただけると思います。



量産品とは一味違う革製品を使ってみたいという方に、おすすめしたいバッグです。

すごく存在感がありますよ。



このトートバッグの詳細・オーダーについてはこちらをご覧ください▼▼▼
☛☛ トートバッグのアイテムページ



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


WEBSITE [ SWLのホームページ ] ☛☛ http://www.swl-web.com
レザーアイテムの一覧・詳細・ご注文・製作実例・製作秘話などはこちらから

   





SWL leather worksさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント