SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


今日はクラフトマンが使っている、ある道具にスポットを当ててみたいと思います。

その道具はこちら▼



「スーベルナイフ」というレザーカービング(革への彫刻)専用のナイフです。

このスーベルナイフを使って革を切り込むことで輪郭線を彫り、

その内外を刻印で叩いて図柄を表現するのが、簡単に言うとレザーカービングの基本です。

小学校の図工の時間で彫った木版画でいうと、「小刀」のポジションですね。



このスーベルナイフは、輪郭線を彫る以外にも色々な使われ方をしているんです。

カービングに細かな表情をつけるのにも使われています。

こちらの写真は、SWLを代表するフェザーカービングの最終工程。

羽のラインをスーベルナイフで彫っているところです。

間隔は1mmに満たない、繊細で緊張感のある作業です。



こんな風に仕上がります。

この繊細なラインが有るのと無いのとでは、迫ってくるものが違ってくると思います。



スーベルナイフは革に文字を彫るのにも使います。

オーダーメイドでレザーアイテムをおつくりする時、

多くの方が名前を彫るカスタムを希望されます。

SWLのネーム彫りは、アルファベットのスタンプを押すのではなく、

スーベルナイフで革に筆記体で彫る手法で製作しています。

こちらが文字彫りをしている写真です。

持つ部分を回転させながら、曲線をなめらかに刻むのは、

なかなか鍛錬の要る技のようです。



こちらは、美容室をされているご夫婦のための名刺入れ。

店名を彫りを表に彫ることで、誰が見てもオリジナル名刺入れと分かる、

オーダーメイドならではの一品です。



あとは、スベールナイフで革を刻む「カットワーク」だけで図柄を彫ることもあります。

こちらのパスケースは、唐草模様をカットワークで彫らせていただきました。

刻印で革を叩いて立体感をつける手法とは、また一味違ったさりげなさが魅力の、

SWLがご用意しているカスタムの1つです。



こんな風に、SWLの製作の中では欠かすことのできないスーベルナイフ。

クラフトマンが研ぎながら大切に使っている道具です。

この道具とそれを使いこなすクラフトマンの技で、

革に表情が刻まれたり、名前が刻まれた一点モノが生まれたりするわけです。

私はそれを見ていて、

道具とそれを使う職人の関係って、なんか素敵だなぁと感じます。

道具と職人が生み出した物を使う方にも、そんな素敵な関係が伝わればいいなと思います。

たまには、道具にスポットを当ててみたブログでした!

ではまた ^^ /~~~



SWLの製作手法についてまとめたページがあります。
興味のある方はぜひ一度ご覧ください↓↓↓

>> SWLこだわりの手仕事




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


WEBSITE ☛☛ http://www.swl-web.com
レザーアイテムの一覧・詳細・ご注文・製作実例・お客様の声はこちらから

   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント