今日のスイッチ!

今日のスイッチ!

スイッチカンパニー代表 芝が更新しています。

ブログにご訪問いただき、ありがとうございます!

ここでは、スイッチカンパニーしばの、日々の「気づき」や「つぶやき」、また「お役立ち情報」の発信を行っています!


Shiba's work


スイッチカンパニーとは、愛媛と愛媛の若者を元気に!を合言葉に、企業やそこで働く人たちが、イキイキと仕事ができる環境や、その仕組みづくりのために、採用・教育・研修などを通じて、「人」から組織を活性化するためのお手伝いを行っています。また、若者たちが、自信をもって夢への一歩を踏み、成長していくきっかけ創りを提供しています。


スイッチカンパニーホームページ →  パソコン


愛媛の就職情報サイト『理解ナビ』 → オレンジ


愛媛の学生による愛媛の学生のための情報サイト『switch!』 →http://ehime.switch-net.co.jp/キラキラ




テーマ:

4月になりました。

世間では、昨日4月1日が入社式だったところも多いのではないでしょうか。

 

残念ながら、スイッチカンパニーは今年の4月の新規入社は新卒・中途ともにありませんが、社内はいつもより少し丁寧に掃除をして、整理整頓をして、気持ち新たな4月のスタートとなりました。

 

そして、4月の恒例行事のひとつである、【砥部焼の絵付け】にも行ってきました!



3年前から入社式のイベントとして、

1年目は湯飲み

2年目はどんぶり

3年目はお皿

を作成します。

長く会社にいると、食器がどんどん増えていくということになります(笑)

食べることが好きなスイッチならではの企画だと思います。

 



来年は、何を作ろうかなと思いながら、会社の食器棚は、みんなの食器でいっぱいです・・・(笑)

 



そして絵付けのあとはみんなで軽くランチに!

新入社員がいるときは張り切って予約して特別な食事を食べにいくのですが、今年はとくにお祝い事はなかったので、普通のランチになりました。

 



そしてそして、今年の4月下期キックオフのレクレーションは、「人狼ゲーム」でした。

いや~面白かった!性格でますね~。

これは、社内のコミュニケーションやまたそのトレーニングのためにも結構役にたつんじゃないかとおもいます。

一緒に、人狼ゲームしてくれる人、モトム(笑)

 

 

 


テーマ:
スイッチでは、いつもイベントの際にお世話になっている施設があります。
松山市総合コミュニティセンター企画展示ホールです。
私たちの会社からも近いことはもちろんなのですが、松山駅からも近く、学生さんも必ず知っている場所なので、いつも学生さん向けのイベント会場はここを抑えさせていただいています。
 
そしてこの度、いつもお世話になっていた職員のMさんが、定年退職をされるということで、スイッチのメンバーで、サプライズで事務所を訪問してきました。
▼わざわざセルフィーを持参して撮影したみんなでの写真(笑)

そして今回は、Mさんとの思い出やメッセージ、日ごろから本当にお世話になったお礼を込めて、手製のアルバムを作成しました。
喜んでくれるかな・・・(笑) 
※すでに写真でMが誰かわかってしまいましたがご了承ください(笑)
そして、実施させてもらったイベントでの写真や弊社スタッフたちとの写真もアルバムに収めました。
メッセージも一人一人が書きました。
施設をお借りするときのやり取りだけでなく、ときに上司のように、同僚のように、父のように、兄のように、近所の知り合いのおじさんのように・・・(笑)
若いスイッチメンバーにとって、とっても頼りになって心強い存在として、いっぱい甘えさせていただきました。
ご退職ということで、今後お仕事でご一緒する機会がないのは寂しいですが、仕事を抜きにしても、これからもきっとスイッチカンパニーのことを気にかけてくれるのではないかと思います(笑)
私たちはもちろん、そのつもりです。
 
Mさん、
これまで本当にお世話になりました
ご無理もたくさんお願いしましたが、Mさんがいたからこそ、私たちはどうにかこうにかイベントを通じていろんなチャレンジをしてくることができました!
長いご勤務、本当にお疲れさまでした!
まずはひと段落ということで、十分リフレッシュしてくださいね。
そしてそのあとはゴルフ行きましょうね!
 
ありがとうございました(^^)
 
スイッチカンパニー一同
 

テーマ:
昨日からの出張があけて、今日も1日東京です。
仕事の情報収集や情報交換をするために、滞在時間をのばしているのですが、今日はまた違う経験をしました(笑)
 
お世話になっているSさんおすすめの「キッチン南海」で、ランチです。
土曜日のお昼前だというのに、すごい行列で、中には食べ歩き本などを片手に長蛇の列に並んでいる人も!

すごい老舗感です。
そして懐かしのメニュー紹介↓
こちらの有名品は、カレーなのだそうです。
店舗内では、おおよそ20人までもは入らないであろうテーブルとカウンターがあって、相席もバンバンしながら、熟練の「ウエイター(というのだろうか)」のお姉さんが、お客さんをさばいていきます。
それもすごいスピードで。
あの店で、15分以上の滞在は、許されない雰囲気。
そしてそのルールにもれず、私たちもこの量をすぐさま完食!
右は普通サイズのカツカレー。左は100円プラスのカツカレー大。
こえは750円と850円です。
コスパ半端ありません。(笑)
こんな量をスピーディーに完食すると、午後から仕事になる気がしません。。
 
そんなこんなで、瞬殺のランチでしたが、ディープなお店を体験できてよかったです。
おなか一杯でした!
カレーのルーがかなり手が込んでいるんのか、スパイスの香りはもちろん、つるつるに輝く真っ黒なルーでした。
 
神保町あたりでは、別の人気店もたくさんあって、すごい長蛇の列だったので、次回また出張の際には、ぜひとも体験したいと思います。
 

テーマ:
2ヶ月に1回、東京で私たちも所属している「ふるさと就職応援ネット‐ワーク」の例会のために出張しています。
全国からHR事業者の大先輩たちが集まり、それに交じって、情報交換や勉強会に参加させてもらっています。
所属している委員会もあるため、毎回朝から晩までガッツリ会議に参加しています。
 
今年の状況はもちろんですが、すでに議論の的は、2020卒・2021卒に関してのこと。
それくらい、年中休みなくいろいろな情報が行き来していますが、休んでいる暇はないなということと、今はまれにみる超売り手市場の時期なので、かなり先手先手を打ちながら、また既成概念にとらわれない採用の取り組み方をご提案していくことが求められていると、強く感じます。
 
サイトや合同説明会では、なかなか母集団が確保できない時代になりました。そんな中で、私たちに期待いただくこと、求められることもハードになってきています。それを理解しているからこそ、歩みを止めずに、チャレンジを続けていかなければならないなと思います。
 
 
そして話は変わりますが、さすがに東京出張の日は、軽く1万歩を歩きます。荷物をできるだけ少なくして出張することに決めていて、比較的
たくさん歩くように心がけています。
この写真は、1万歩歩いた時に表示される1万歩達成祝いの画面です。
ちょっとテンション上がります(笑)

 

東京での例会後の懇親会では、北海道をテーマにしたお店で海鮮がふんだんに入ったお鍋でした。
私は残念ながら海鮮が苦手で、とくに鍋に入ったえびやカニは絶対に食べません(笑)アレルギーではないのですが、幼いころに許容量以上を食べたことと、海のそばで育ったので、採れたてのもの以外は食べないという、ただの我儘だという説もありますが(笑)
そしてこのFネットには、ひっそりと「肉部」なるものがあり、私は部長を務めています。
ということで、お昼ご飯は、委員会の打ち合わせが終わった先輩たちと「いきなりステーキ」ならぬ「やっぱりあさくま」へ。
いつも通りの450グラムの大量の肉を完食しました。ごはんを食べなければ、意外といけるものです。でも私はいきなりステーキ派です。
とまあ、そんなこんなで東京出張は終了しました。
 
今回も収穫はたくさんありましたが、大事なのはどのようにその情報を租借して次に生かすか?ということです。
 
愛媛だからできないのではなく、愛媛だから出来る方法を見つけながら、他にないものを形にして、既成概念にとらわれない企画やサービスを提供していければと思います。
 
東京出張で気合も入りました。
月末まであと数日ですが、上期もしっかりやり切れるように頑張ります!
 

テーマ:

2011年3月11日。

この日は、忘れもしない東日本大震災が起こった日です。

 

あっという間に7年が経ちましたが、私は愛媛にいたので被災はなかったものの、被災して、この地震によって人生が大きく変わった方もたくさんいらっしゃったことを思うと、胸が痛みます。

 

7年前のこの日、私は朝から営業に出ていました。

夕方会社に戻った頃には、社内のメンバーがテレビをつけて、燃え上がるコンビナートの映像を見て、「これは本当にヤバいのでは?」という話をしていました。

その時点でも、まだ私には大地震という実感がなく、震源地であった東北で仕事をする知り合いの会社に、連絡が通じたという話をきいて、ホッとしていたのを思い出します。

 

時間が経つにつれて、その地震の被害の大きさと、日本を襲ったこの災害の恐ろしさを、嫌でも感じることとなりました。

 

それから7年。

スイッチカンパニーでは、冗談半分にやっているように思われますが、社員全員にヘルメットを用意し、定期的な避難訓練をしたり、会社にも災害に合った時用の保存食などを準備しています。

もし、責任者不在時に被災した場合の、連絡網や避難先、会社に掲示しておく張り紙などまで用意しています。

 

会社にいるときは日中なので、心構えをしていれば多少なりとも対応できるかもしれませんが、これが深夜や明け方だったりすることを想像すると、危機感が募ります。

 

自然災害ですから、防げるとことと、そうでないところはあるかもしれませんが、何事も事前に意識しておくだけで、そのときに気丈な判断ができるのかもしれません。

 

日本は地震大国です。

そして、今や、いつ東京直下地震や南海トラフがきてもおかしくないといわれています。

そういう環境の中で、日々の生活をしているということを理解して、防災対策にもあたりたいと思います。

 

そして、こういった災害で、一瞬で未来を奪われた人たちの無念を思うと、今こうやって自分自身が生かされていることにも意味があると思いたいと思います。

 

毎年、3・11はそういった、防災への意識を高めながら、自分が生かされていることに感謝をして、そのことについて向き合って考える時間にしたいと、思っています。

 

時間が経っても、癒されることはないのだと思いますが、被災された方々のご冥福と、ご家族ご関係者の皆さんにとって、少しでも安らかな未来が訪れることを願っています。

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス